【2020年】スーパーライトジギングロッドおすすめ8選!選び方や代用ロッドもご紹介

スーパーライトジギング(SLJ)では、軽量のジグで気軽にジギングを楽しむことができます。今回、釣りラボでは、スーパーライトジギングロッドの選び方、初心者〜上級者向けのおすすめのロッド6選、2020年の新作2選、代用ロッドまでをご紹介。

ジギング ロッド・釣竿
スポンサーリンク

そもそもスーパーライトジギングとは?

ジギング

出典:写真AC

そもそもスーパーライトジギングとは、どのような釣りなのでしょうか?

スーパーライトジギングとは、重さが30g~80g程度の軽いメタルジグを使うジギングのことです。

ジギングの際のメタルジグの重さは、狙う魚の水深によって重さを変えるのが一般的なので、海面に近い魚の狙うジギングと言えます。

スポンサーリンク

スーパーライトジギングロッドの選び方・ポイント

ロッド

出典:写真AC

スーパーライトジギングは、手軽に始められることから人気がますます上がってきているジギングです。

専用のスーパーライトジギングロッドを提供しているメーカーはまだ少ないのですが、それでも少しづつ専用ロッドを販売し始めています。

スーパーライトジギングロッドの選び方やポイントについて解説していきます。

選ぶポイント1:ロッドのタイプ

スーパーライトジギングに使用するリールをスピニングリールにするか、ベイトリールにするかは、とても重要なポイントです。

ロッドは、基本スピニングリール、ベイトリールのどちらか専用になっており、リールによって、取り付け部分の形状や、ロッド自体の形状も異なります。
スーパーライトジギングを始める際は、どちらのリールにするかを決めてから、ロッドを選択するようにしましょう。

リールを、持っている場合は、リールにあったスーパーライトジギングロッドを選択しましょう。

スピニングロッド

スピニングロッドは、スピニングリールを取り付けて使用するロッドです。
ベールを開放してキャストを行うので、ガイドが大きくなっています。

ベイトロッド

ベイトロッドは、ベイトリールを取り付けて使用するロッドです。
スピニングリールに比べて、ガイドが小さく、指をかけておくトリガーがついているのが特徴です。

選ぶポイント2:ロッドの硬さ・パワー

スーパーライトジギングロッドを選ぶにあたり、ロッドの硬さ・パワーは、最も大切なポイントの1つです。

ロッドの硬さ・パワーは、使用するメタルジグの重量で決めるのがおすすめです。
例えば重さが20g以下の軽いメタルジグを用いる場合には、MLかM、20gを超え60gまでならMかMH、80g程度まで使うのならMHを選びましょう。

メタルジグの重量とロッドの硬さが整合していないと、不具合が発生する場合があります。
ロッドに対してメタルジグが重すぎる場合には、ロッドが折れる原因にもなります。

メタルジグが軽い場合には、ロッドの反発力を十分に活かしたスーパーライトジギングができなくなってしまいます。

選ぶポイント3:ロッドの長さ

スーパーライトジギングロッドを選ぶにあたり、どの程度の長さのロッドを選ぶかは、大切な点です。

スーパーライトジギングは、船の上でロッドを取り扱うので、あまり長いと、他のアングラーと交差したりするので、ロッドの長さは6ft~7ft程度を選ぶことをおすすめします。

選ぶポイント4:ロッドのデザイン・色

スーパーライトジギングロッドはメーカー毎に、あるいはモデルごとに様々なデザインや色が提供されています。

基本的には、気に入った色を選択すれば良いのですが、デザインは扱いやすさも考慮し選びましょう。

特にグリップ部分の長さの長短は、シャクリ(ジャーク)の際の固定しやすさにかかわるので注意しましょう。

あまり短いとグリップを脇にはさむ際(はさんでシャクる人は)固定しづらくなる場合もあります。

スポンサーリンク

スーパーライトジギングロッドおすすめ6選

ロッド

出典:写真AC

スーパーライトジギングにおすすめのロッドを、初心者向け、中級者向け、上級者向けにそれぞれ2選、合計6選ご紹介します。

初心者向けのおすすめジギングロッド2選

初心者向けのおすすめジギングロッド2選をご紹介します。

【ダイワ】ブラスト SLJ エアポータブル

ダイワの提供するスーパーライトジギングの基本モデルで6ft3inchの長さで、船上での操作性を考慮しています。

ルアー重量が80gまでのモデルは小型の青物から真鯛まで狙えるオールラウンド対応で、スピニング用とベイト用が提供されています。

【シマノ】グラップラーBB

スピニングモデルとベイトモデルが準備されているシマノのスーパーライトジギングにも対応できるベーシックモデルです。

非常に汎用性が高く、ジグのタイプやシャクリシャクリの方法などに限定されることなく、様々な状況に対応できます。
長さは、6ft3inchに限定されており、船上での扱いやすさが考慮されています。

中級者向けのおすすめジギングロッド2選

中級者向けのおすすめジギングロッド2選をご紹介します。

【メジャークラフト】3代目 クロステージ マイクロジギング

マイクロジギングとありますが、ベイトモデルはルアー重量60gまでの対応モデルもあり、スーパーライトジギングにも十分使用可能です。

スピニングモデルとベイトモデルが用意され、色々なジギングスタイルを楽しんでみたい中級者にもおすすめです。
スピニングモデルはルアー重量45gまで対応しています。

【ダイワ】キャタリナBJ エアポータブル スーパーライトジギングモデル

スーパーライトジギングの楽しみを知りはじめ、旅先でもスーパーライトジギングを楽しみたい中級者向けのスピニング専用2ピースロッドで、航空機や小型の自動車、電車などでも気軽に携行できます。

バリエーションも、ルアー重量10~45gから20~80gまで4タイプを揃え、狙う魚のサイズに合わせて選択できます。

少し扱いに慣れが必要ながら、アタリを敏感に伝えてくれる超弾性メタルトップは、大きな釣果を約束してくれるでしょう。

上級者向けのおすすめジギングロッド2選

上級者向けのおすすめジギングロッド2選をご紹介します。

【スミス】オフショアスティック HSJ スーパーライトシリーズ

スミスのスーパーライトジギングに特化したロッドで、ロッドの先端部分から後端部分まで、接続部分の全くないフルソリッドカーボンを採用しています。

材質の持つ驚異的な粘りにより、スーパーライトジギング専用のモデルであるにもかかわらず、予想しない大物にも十分対応できるモデルです。
ルアー重量によって3種類のモデルを持つスピニング専用のロッドです。

【シマノ】オシアジンガーLJ フルソリッドシリーズ 0パワーモデル

シマノのスーパーライトジギング専用のフルソリッドシリーズで、スピニング、ベイトの2つのモデルを提供しています。

フルソリッド特有の細いロッドにかかわらず、良く曲がりかつ粘り強いという特徴は、10kgクラスの魚に対しても十分対応できる強靭さを備えています。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめスーパーライトジギングロッドをご紹介

ロッド

出典:写真AC

2020年に販売が開始された新作おすすめのスーパーライトジギングロッドをご紹介していきます。

【アブガルシア】オーシャンフィールド スーパーライトジギング

アブガルシアからオーシャンフィールドのスーパーライトジギング専用モデルでスピニングモデルとベイトモデルが提供されました。

アブガルシアからはオーシャンフィールドの専用リールも準備されており、初心者から上級者までスーパーライトジギングを楽しむことができます。

ガイドに富士工業のニューコンセプトガイド、ブランクスにはカーボンXテープ補強を行い、大物がヒットした際にも対応できます。

【ダイワ】ヴァデル SLJ エアポータブル(マルチピース)

ダイワの提供するスピニング対応のスーパーライトジギングのエントリーモデルで、ソリッドディップは食い込みが良く、掛かった魚を逃がしません。

糸が絡むことの少ないKフレームガイドや握りやすいオーバルグリップを採用し、操作性を向上させています。

スポンサーリンク

スーパーライトジギングに使える代用ロッド

ロッド

出典:写真AC

最後に、スーパーライトジギングに使える代用ロッドをご紹介します。

おすすめのシーバスロッド

スーパーライトジギングに使えるおすすめのシーバスロッドにダイワのラブラックスAGS BSの610MBをご紹介します。

約6ftの長さで、ボートでのジギングにも対応しており、使用できるメタルジグの重量も20~80gとスーパーライトジギング対応したベイト用ロッドです。

おすすめのタイラバロッド

スーパーライトジギングに使えるおすすめのタイラバロッドは、シマノの炎月BBをご紹介します。

長さは6ft~7ftまで4種類のモデルは、使用できるメタルジグの重量も20g~130gとスーパーライトジギングに適しています。
タフテックαというソリッド穂先は、大物がかかった時にも十分対応できます。

おすすめのイカメタルロッド

スーパーライトジギングに使えるおすすめのイカメタルロッドは、アブガルシアのオーシャンフィールド イカメタルです。

イカメタル専用のロッドですが、ブランクスはカーボンXテープで補強され、大物にも対応します。

ベイトモデルはルアー重量は10~60gとスーパーライトジギングにも十分使用できるロッドです。

おすすめのティップランロッド

スーパーライトジギングに使えるおすすめのティップランロッドは、メジャークラフトの3代目 クロステージティップランです。

3代目クロステージにスーパーライトジギング対応モデルもあり、スーパーライトジギング対応モデルと同様の技術が採用されています。

ルアー重量MAX45g~90gのモデルもあり、スーパーライトジギングも楽しみたい方は、重いルアー重量に対応したモデルを選んでおくと良いでしょう。

スポンサーリンク

スーパーライトジギングロッドについてまとめ

ロッド

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】スーパーライトジギングロッドおすすめ8選!選び方や代用ロッドもご紹介」というテーマに沿って、「そもそもスーパーライトジギングとは?」「スーパーライトジギングロッドの選び方・ポイント」「スーパーライトジギングロッドおすすめ6選」「【2020年新作】おすすめスーパーライトジギングロッドをご紹介」「スーパーライトジギングに使える代用ロッド」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】おすすめコスパ最強ジギングロッド12選!ダイワ・シマノの人気商品も
大物を狙う時に活躍するジギングロッド。今回、釣りラボでは、ジギングロッドの選び方、人気メーカー、おすすめのロッドを初心者…
【2020年】おすすめのショアジギングロッド12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
ショアジギングになくてはならないショアジギングロッド。今回、釣りラボでは、ショアジギングロッドの選び方、人気メーカー、お…
【2020年】おすすめのライトショアジギングロッド12選!ダイワ・シマノの人気商品も
ライトショアジギングでは、初心者でも気軽に青物を狙うことができます。今回、釣りラボでは、ライトショアジギングロッドの特徴…
スーパーライトジギング入門|釣り方のコツやおすすめのロッド・リール・ラインをご紹介
スーパーライトジギングは、従来のジギングよりも非常に軽く、初心者でも始めやすいことから人気のあるジギングです。今回、釣り…
【2020年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン