【2021年】ルアーにつけるスナップおすすめ11選!結び方・付け方もご紹介

ルアーにスナップをつけると、釣りの効率が良くなります。とはいえ、釣り方によっておすすめのスナップが違うのが難しいところ。そこで今回、釣りラボでは、釣り方に合ったスナップの選び方、人気商品を紹介していきますね。

ルアー
スポンサーリンク

ルアーにスナップをつけるメリットとは?

ダイワ(DAIWA) D-スナップ ライト M 徳用 867528

ルアーにスナップをつけるメリットは、ルアーチェンジが素早くできることにあります。
ルアーフィッシングは如何に手返しよくルアーチェンジを行うかが勝負となります。
そのため、スナップをリーダーに結び、スナップにルアーを取り付ける必要性があります。

ルアーの交換が簡単になる

ルアー仕掛けにスナップを使うと、ルアーの交換が容易になります。
ルアーをリーダーに直結していたのでは、ルアーチェンジに手間取ってしまい、手返しの良い釣りができません。

スナップを使い、ルアーを付け替えする場合、ある程度慣れも必要ですが、少し慣れれば数秒でルアーチェンジが出来るようになります。

自然なルアーアクションになる

リーダーの先にサルカンタイプのスナップ(スイベルとも呼ばれます)をつけることで、ルアーが水中で回転するウォブンロールの動きに合わせてアイが回転するため、自然なアクションになり、リアルベイトに近い泳ぎ方をします。

ワイヤーの代わりになる

歯が鋭い魚がルアーに食いついた場合、ルアーアイにリーダーが直結されていると、歯で切られてしまいますが、スナップがあることでわずか数cmですが、リーダーの結び目をルアーアイから離すことで、魚の歯からリーダーを守ることにも繋がります。

スポンサーリンク

ルアーに付けるスナップの種類と特徴

スミス(SMITH LTD) SPスナップ #2

ひとくちにスナップと言っても様々なタイプがあります。
それぞれのスナップのタイプ毎の特徴を説明します。

ラウンドタイプのスナップの特徴

ラウンドタイプのスナップは、バネ鋼を楕円形に曲げて、中心にロック機構があるタイプです。
一本の鋼を曲げて作られているので、強度は比較的高く、軽いためルアーの挙動にも影響を及ぼしにくいスナップです。
ライトショアジギングを始めとして、青物、シーバス釣りなど、あらゆる釣りに使えます。

ワイドタイプのスナップの特徴

ワイドタイプのスナップは基本、ラウンドタイプと同じ形状をしたものですが、より太い線を使い、強度が高くなっています。
大型青物、シイラなどのジギングに向いています。

サルカン付きのスナップの特徴

サルカン付きのスナップの最大の特徴は、サルカンのアイが回転することです。
スナップ側にルアーを、サルカン側にリーダーを結びますが、サルカンが自由に回転するため、糸ヨレが起こりにくいメリットがありますが、サルカンとスナップの2つが連結されているため、重量があり、ルアーの動きに影響を及ぼすこともあります。

釣り方別の専用タイプもある?

近年は、様々な釣り方専用タイプのスナップも多数販売されています。
軽量ルアーを扱うことの多いトラウト用スナプ、ライトゲーム専用の超小型軽量スナップ、細線を使用し、重量やエギの姿勢に影響を及ぼしにくい、エギング専用のエギスナップ、フルキャスト時にかかる強い力でも壊れない、サーフジギング専用のDスナップや八の字スナップなどがあります。

スポンサーリンク

ルアーに付けるスナップの選び方

オーナー針 クイックスナップ P-02 1号 NO.72802

ルアーに付けるスナップの選び方、使い分けの方法について説明します。

ターゲットに合わせた強度を選ぶ

まずは、ターゲットを何にするかで、スナップの要求強度が決まってきます。
マグロ狙いや大型青物狙いの場合は、スナップが伸びてしまうことが考えられますので、溶接リング+スプリットリングなどを使い、スナップは使わないケースもあります。

シイラや中型青物、ナマズ釣りなどの場合は、線形が太く、強度あるスナップを選びます。
ベアリングがついているスナップは非常に高価ですが、強度が強いものが多くおすすめです。

要求強度は、素材、線径、形状によって異なりますので、メーカー発表の強度表示を信用するしかありませんが、小さいスナップであれば、ひとつ犠牲にして破壊してみるのも悪くありません。

ルアーとのバランスで選ぶ

ルアーは、沈むスピードやスイム姿勢、水中でのアクションなどを緻密に計算されて設計されているものがほとんどです。
そのため、スナップの重量や表面積によってはルアーのバランスが崩れてしまうものもあります。
特に渓流ルアー釣りなど、小さくて軽いルアーを使用する場合は、影響が顕著に出ます。

人気メーカーから選ぶ

ダイワ、シマノ、がまかつなど、日本の人気釣具メーカーから選んでおけば間違いない選択ができるでしょう。
その他、ロッドやリールなどは扱っていなくても、ルアーをたくさん製造しているメーカーには、専用の金具類が販売されていますので、調べてみてください。

スポンサーリンク

ルアーに付けるスナップおすすめ9選

エバーグリーン(EVERGREEN) EGワイドスナップ エコノミーパック #2

ここからは、ルアーに取り付けるおすすめのスナップ製品を形状ごとに紹介して行きます。

ラウンドタイプのスナップ3選

まずは最もスタンダードなラウンドタイプのスナップを紹介します。
このタイプはアイテム数も多く、コスパの良いものがたくさんあります。

【ダイワ】ダイワ D-スナップ ライト M 徳用

最もスタンダードなラウンド型スナップです。
あらゆる釣りに使える万能型スナップです。

【スミス】SPスナップ

スミスの日本製ラウンド型スタンダードスナップです。
一般的なスナップと比較して全長が短く、ルアーのアクションに影響を及ぼしにくいスナップです。

【オーナー】クイックスナップP-02 1号

オーナーのクイックスナップシリーズは、耐久性の高さと、リーダーの結びやすさが特徴です。
パロマーノットが特に結びやすいスナップです。

ワイドタイプのスナップ3選

続いて、ワイドタイプのおすすめのスナップを紹介します。
ワイドタイプのスナップは、青物釣り、バス釣り、シーバス釣り、ヒラメ釣りなどの大型のルアーを使う時に向いています。

【エバーグリーン】EGワイドスナップ

イワナ、ヤマメ、ニジマスなど渓魚釣りに向いている細身で小型のワイド型スナップです。
45本入りでコスパ最強です。

【ダイワ】SW-Snap T-3 徳用

破断強度70lbの高強度スナップです。
サーフからの青物狙いのショアジギングに最適です。

【がまかつ】音速パワースナップ L

破断強度100lbの超高強度スナップです。
60gのメタルジグまで対応可能で、青物、マダイなどのオフショアジギングゲームなどにも対応できます。

サルカン付きのスナップ3選

続いて、サルカン付きのおすすめのスナップを紹介します。
潮の流れが複雑で、ラインがルアーに絡みつくなど、思うように操作できないような場合は、回転するサルカン付きのスナップが有効になります。

【AMYSPORTS】ボールベアリングスイベル

ボールベアリング入りのSUS304鋼のボディに破断強度が大変強力な溶接リングをつけたハイパワーサルカン付きスナップです。
あらゆる釣りにの対応可能です。

【Wild Scene】クイックスナップボールベアリング スイベル25個セット 9サイズ

回転性能に優れたベアリング入りサルカンにスナップが取り付けられた高機能スイベルです。
破断強度66kgで、大型青物にも対応可能、パワフルなジギングに最適です。

【SHADDOCK】スナップ付き ボールベアリングスイベル

破断強度120lbの強力なスナップ付きベアリングスイベル です。
高強度胴合金にニッケルメッキを施し、耐食性、防錆性が高い製品です。

スポンサーリンク

【2020年〜2021年新作】おすすめのルアースナップ2選

ダイワ(Daiwa) スナップ SW-Snap T-3 徳用 779098

最後に、2020年以降に発売された、おすすめの最新スナップを紹介します。
※2021年の最新情報は、随時更新していきます。

【Fishing Fighters】鉄腕スーパーSUSスナップラウンドタイプ

特殊ステンレス鋼を使用し、同じ線径のスナップと比較して破断強度が2倍に強化されているスナップです。
ワンサイズ下げたものを使うことができ、ルアーのアクションをより自然に見せることができます。

【AMYSPORTS】エギング ローリングスナップ

スナップのロックがなく、アイを通してからエギをくるくる回転させてスナップのリングに落とす仕組みのローリングスナップです。
少し慣れが必要ですが、一度コツを掴むと非常に手返しが早くなるスナップです。

スポンサーリンク

ルアーのスナップの使い方・結び方

がまかつ(Gamakatsu) スナップ 音速パワースナップ L 100lb 45.3kg 7個 67850

リーダーにスナップを結ぶ、スナップとルアーを接続する際は、まず、リーダーとスナップの接続に細心の注意を払います。
太いリーダーでパロマーノットなどは意外と大変なので、リーダーの太さに関係なく、簡単に結べて強固な締結ができる「イモムシノット」をおすすめします。
イモムシノットは、正しい手順でしっかりと締め込みが行われた場合、直線強度100%を超えます。

入門者必見!青物ルアー向け 簡単ノット解説

釣り方で付け方・結び方を変える

強度がそこまで必要がない場合、リーダーが8lb以下など細い場合は、ダブルクリンチノットやユニノットでも問題ありません。
また、実釣中にルアーを付け替える際は、毎回、ラインの状態をチェックしましょう。

ラインの損傷を確認して使う

ほとんどの場合、リーダーにはフロロカーボンが使われていると思いますが、フロロカーボンは比較的根ズレに強いとは言われていますが、ささくれたようになってしまうと、切れやすくなってしまいます。

ルアーチェンジの際はリーダーを指でつまんて軽くしごいてみて、傷の有無を目視とともに確認します。
指に引っかかりがあればリーダーが傷のついていますので、当該箇所は切り落としましょう。

スナップが閉まっているかを確認して使う

にわかには信じられないかも知れませんが、意外と多いポカが、スナップのロックをし忘れてキャストしてしまい、水中でルアーが外れるトラブルです。

原因で一番多いのが、「ロックをかけたつもりだったが実際はかかっていなかった」ということです。
これは、目視で確認するしかありません。
面倒がらずに必ず確認しましょう。

スポンサーリンク

ルアーに付けるスナップについてまとめ

AMYSPORTS 高強度 ステンレス スイベル 耐腐食 海釣り 釣り道具 ルアー スナップ ボールベアリングスイベル ボール ベアリング 釣り 仕掛け

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】ルアーにつけるスナップおすすめ11選!結び方・付け方もご紹介」というテーマに沿って、

  • ルアーにスナップをつけるメリットとは?
  • ルアーに付けるスナップの種類と特徴
  • ルアーに付けるスナップの選び方
  • ルアーに付けるスナップおすすめ9選
  • 【2020年〜2021年新作】おすすめのルアースナップ2選
  • ルアーのスナップの使い方・結び方

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】エギングスナップのおすすめ8選!選び方・結び方・人気商品を紹介!
エギングスナップはいらない。そう思っている人がいるなら、それは間違いです。エギングスナップには、エギの交換がしやすくなる…
アジング用スナップおすすめ5選!選び方や必要性、結び方・付け方もご紹介
アジングにおいてスナップを使用するかしないで悩む方は多いかと思います。好みにもよりますが、多くのメリットがあるためスナッ…
スナップの結び方を徹底解説!簡単かつ最強のノット6選をご紹介
スナップは、釣りを快適に行うためにはなくてはならない接続金具です。今回、釣りラボでは、そんなスナップの結び方について、釣…
【2021年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…