【2021年】ロックフィッシュにおすすめのリール8選!コスパ最強の商品をご紹介

ロックフィッシュは、海で行うルアー釣り。それに必要なリールは、スピニングリールかベイトリールです。とはいえ、どちらを選べばいいのか、迷ってしまいますよね。今回、釣りラボでは、釣り方に合わせたリールの選び方や、人気商品を紹介していきます。

リール
スポンサーリンク

ロックフィッシュリールの種類

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 レガリス LT3000-CXH (2018モデル)

ロックフィッシュゲームは、岩礁地帯や藻場などに棲息する、アイナメやカサゴ、キジハタなどの根魚を、ジグヘッドリグやワームで狙う釣り方ですが、その釣りは常に根がかりとの戦いでもあります。
従って、ラインを通じてロッドやリールに過大な力が加わることを考慮し、引張り力に対しての耐性が要求されます。
スピニングリールでもベイトリールでもロックフィッシュゲームは可能ですが、それぞれに注意すべき点がありますので、以下に解説して行きます。

スピニングリールの特徴

ロックフィッシュゲームに使うスピニングリールの特徴は、根ズレを考慮し、フロロカーボンもしくはナイロンラインの使用がメインとなります。

摩擦に極端に弱いPEラインはロックフィッシュゲームには向きません。
キャスト性を要求される場合はPEラインを使うこともありますが、必ず先端にリーダーを結びましょう。

ロングキャストを必要とする場合は、ベイトリールよりも有利になることが多いでしょう。

また、スピニングリールには、あまり太いラインは向かないため、太いライン(5号以上)を使う場合は4000番以上の大きめなスピニングリールを使いましょう。
小さいスプールではラインに巻き癖が付きやすく、トラブルの原因になりやすくなります。

ベイトリールの特徴

ベイトリールでロックフィッシュを狙う際は太いラインを扱いやすいため、よりハードで厳しい場所を攻める場合は向いています
具体的には深さのある場所でのアイナメのブラクリ釣りや、ショートキャストでハタなどを狙う場合に向いています。

ベイトリールは、ラインの巻き方向がラインの出て行く方向と同じのため、巻き癖が付きにくく、ライントラブルが起こりにくいメリットがあります。
オフショアライトジギングのようなバーチカルな釣りに最適です。

また、ベイトリールはスピニングリールよりも巻き上げ力が強いため、大物への対応力もスピニングリールよりも優れています。
3g以下の軽量リグを投げる場合は、ベイトフィネス対応のリールを使いましょう。

スポンサーリンク

ロックフィッシュのリールの選び方

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール スーペリア Superior 3000MSH

ロックフィッシュ用リールの選び方について解説して行きます。
選ぶポイントとしては、番手、ラインキャパ、ギア比、価格帯、ダイワ・シマノ・アブガルシアなどのブランド、ネットサイトのロックフィッシュ用リールの人気ランキングなどを総合的に勘案し、コスパや性能など、自分の優先順位の高い要素を判断基準にして選べば良いと思います。

番手で選ぶ

番手については、スピニングリールなら2500番、3000番、4000番がおすすめです。
穴釣りなど、足元を狙うような釣りであれば2000番でも問題ありません。
ベイトリールであれば、100番、150番などの小型リールで問題ありません。

糸巻量で選ぶ

糸巻量(ラインキャパ)で選ぶことは重要です。
ターゲットのサイズや使用するリグ(仕掛け)から、メインラインの太さを決定し、だいたいの距離と水深をイメージし、少なくとも必要なライン量の2倍以上の長さを巻けるものが理想です。
ロックフィッシュゲームは根がかりによりラインが切れたり、根ズレによる仕掛けの交換が頻繁にありますので、釣りを続けて行くにつれ、ライン量は短くなって行きます。

価格帯で選ぶ

ロックフィッシュゲームは、タックルにとってかなりハードな力がかかります。
また、リールやロッドがキズ付きやすい釣りでもあります。
どんなに気をつけていても、ある程度は仕方ありません。

そのため、ロックフィッシュゲーム専用で、信頼できる商品の型落ちモデルや中古品など、安いものを入手しておくのも手です。
かといって、メーカー名もわからないような激安リールは避けましょう。

人気メーカーから選ぶ

シマノ、ダイワ、アブガルシアといった、実績と信頼のあるメーカーの商品を選んでおけば、よほどの激安グレードでない限り、問題なく使用できるはずです。

スポンサーリンク

ロックフィッシュのリールおすすめ6選【コスパ最強】

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 16 ナスキー C3000HG シーバス

ここからは、ロックフィッシュ釣りにおすすめのリールをタイプ別に紹介して行きます。

ロックフィッシュにおすすめのスピニングリールの人気3選

ロックフィッシュにおすすめの、コスパの高いスピニングリールを紹介します。

【ダイワ】レガリス LT3000-CXH

2018年モデルでLTコンセプトが導入され、軽さと剛性に磨きがかかり、このクラスのスピニングリールではトップクラスのコストパフォーマンスを実現しました。
エキストラハイギアタイプのため、沈み根などを素早く回避できます。
エギング、スーパーライトショアジギングにも使えます

【アブガルシア】スーペリア 3000MSH

ライトショアジギング用のコスパの良い、パワフルなスピニングリールです。
ドラグワッシャーの順番を入れ替えるだけで、ドラグ強度を半分にして、より細かいドラグセッティングが可能となる、同社オリジナルの2wayドラグシステム対応です。

【シマノ】ナスキー C3000HG

コンパクトなボディながら、HAGANEギアによる強靭なドライブギア、ローラークラッチ部へのコアプロテクト防水など、機能充実のスピニングリールです。
ハードなロックフィッシュにも十分対応できるパワーを備えたコスパの良いスピニングリールです。

ロックフィッシュにおすすめのベイトリールの特徴3選

続いて、ロックフィッシュにおすすめの、よりタフでハードな場面で威力を発揮するベイトリールを紹介します。

【シマノ】スコーピオン MGL 150 右ハンドル

シマノの定番のロックフィッシュ用ベイトリールです。
マイクロモジュールギアを採用し、なめらかな巻心地を実現し、かつ小型軽量で、高性能の遠心ブレーキを装備し、キャスティング性能も高いモデルです。

【ダイワ】アルファス CT SV 70H 右ハンドル

コンパクト&タフを表すアルファス CTに、SVスプール(ストレスフリー・バーサタイルスプール)を装備した、非常に使いやすいベイトリールです。
ブレーキの初期設定さえ正しく行えば、バックラッシュなどのトラブルが大幅に低減できます。

【タカミヤ】REALMETHOD ギガソルト PG 右ハンドル

北九州市に本社を置き、釣具量販店「釣具のポイント」を展開する、株式会社タカミヤのオリジナルブランド品です。
オリジナルブランドとは思えない質感と機能で、ロックフィッシュを岩陰から引きずり出すパワーも十分です。
1万円以下のベイトリールの中では他のベイトリールを圧倒している、超ハイコスパ機種です。

スポンサーリンク

【2020年〜2021年新作】ロックフィッシュにおすすめのリール2選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 19 スコーピオン MGL 150 右 バス釣り ロックフィッシュ

では、最後に2020年以降に発売されたおすすめのロックフィッシュリールを2つご紹介します。
※2021年の最新情報は、随時更新していきます。

【ダイワ】20 タトゥーラ SV TW 103XH 右ハンドル

Tウイングシステムという、上下に可動する特殊なレベルワインダーにより、キャスト中はラインがレベルワインダーに触れることなく、フリクションフリーなライン放出を実現。
さらに前モデルよりボディもコンパクト化し、自重190gと軽量モデルに仕上がっています。

【アブガルシア】レボ ビースト ロケット 41 左ハンドル

ギア比9.2:1、ハンドル1回転あたり108cm巻き上げる超ハイスピードベイトリールです。
遠心ブレーキとマグネットブレーキを組み合わせたブレーキで、最適なブレーキングにより、ライントラブルを極力減らしてくれます。

スポンサーリンク

ロックフィッシュのリールについてまとめ

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 アルファス CT SV 70H (2019モデル)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】ロックフィッシュにおすすめのリール8選!コスパ最強の商品をご紹介」というテーマに沿って、

  • ロックフィッシュリールの種類
  • ロックフィッシュのリールの選び方
  • ロックフィッシュのリールおすすめ6選【コスパ最強】
  • 【2020年〜2021年新作】ロックフィッシュにおすすめのリール2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】ロックフィッシュ用ベイトリールおすすめ8選!コスパ最強の製品をご紹介
引きが強いロックフィッシュ釣りに、パワーのあるベイトリールを使う方が増えています。今回、釣りラボでは、ロックフィッシュ用…
ロックフィッシュとは?釣り方のコツやおすすめタックル・仕掛けをご紹介
ロックフィッシュ釣り(ゲーム)は、近年とても人気が上昇している釣りの一つです。今回、釣りラボでは、ロックフィッシュ(根魚…
【2021年】おすすめのロックフィッシュロッド12選|ダイワ・シマノの人気商品も
ロックフィッシュロッドは、人気の根魚を狙うことができます。今回、釣りラボでは、ロックフィッシュロッドの特徴、選び方、人気…
【2021年】ロックフィッシュワームおすすめ8選!選び方やコスパ最強の製品をご紹介
ロックフィッシュ釣りにはワーム(ソフトルアー)が使われることが一般的です。今回、釣りラボでは、選び方からおすすめのロック…
ロックフィッシュラインの太さ・素材の選び方を徹底解説!おすすめのPE・フロロライン6選も
ライン選びの難しいロックフィッシュ。各ラインの特徴を理解して、釣り場や狙う魚によってラインを選ぶ必要があります。今回、釣…