【2021年最新】チニングにおすすめのライン10選!選び方のポイントも解説!

チニングのライン選びは釣果に影響するので重要です。ラインの種類はいっぱいあり、どれを選んだらいいのか悩んでしまいますよね。そこで今回、釣りラボでは、チニングにおすすめのラインと選び方をわかりやすく解説します。

ライン・釣り糸
スポンサーリンク

チニングに向いているラインの種類は?

東レ(TORAY) ナイロンライン 銀鱗 スーパーストロング ネオ 150m 2号 ゴールド

チニングとは軽量ルアーを使って黒鯛(チヌ)を狙っていく釣りになります。
軽量ルアーを遠投しながら細かいアタリを拾っていく釣りなので、ライン選びには気を遣います

ラインにはナイロン・フロロカーボン・PEと大きく3種類ありますが、釣り人のスタイルによってチニングに向いているラインとそうでないラインがあります。
それぞれのラインの特徴を簡単に解説しつつ、どのような釣り人に向いているかを紹介していきたいと思います。

ナイロンライン

ナイロンラインの特徴は伸縮性が高いという点です。
ライントラブルが少ないので、絡まりに慣れていない初心者にはおすすめのラインです。

浮力が高いので、ポッパーなどを使ってトップウォーターを攻める場合に向いています。
価格が安いのも嬉しい点です。

しかし、伸縮性が高いことから他のラインと比べて感度が鈍くなることがあります。
チニングでは細かいアタリに反応しなければならないので、この点は少し弱点となるでしょう。

フロロライン

フロロカーボンラインの特徴は耐摩耗性がが高いという点です。
また、比重が重いので沈みやすいという特徴があります。

特徴を活かして岩礁帯やボトムを狙うチニングにおすすめのラインです。

デメリットとして硬く、巻き癖が付きやすいという点が挙げられます。
ライントラブルが比較的多いラインですので、対処するテクニックは必須です。

PEライン

ルアーフィッシングで一番使われているラインがPEラインで、チニングでも最も使用率が高いラインです。
PEラインの特徴は、伸びが少なく引っ張りに強いという点です。

感度が釣果に繋がるチニングでは最も適したラインと言えます。

しかし耐摩耗性能が低いためラインシステムを組むことが必須になります。
また、波や風の影響を受けやすいので使う場所を選んで使う必要もあります。

スポンサーリンク

チニングでのラインの選び方は?

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 3号 クリアー

チニングでのラインの選び方は色々ありますが、簡単には2つです。
狙うターゲット(深度)によって選ぶ方法と、ラインの太さによって選ぶ方法です。

前者はトップウォーターを狙うのか、ボトムを狙うのかという違いです。
ラインの太さは遠投を多用するチニングでは飛距離に直結するため、大切なポイントです。

狙うターゲットによって選ぶ

狙うターゲットによってラインを選ぶ方法ですが、具体的にはどの場所にいるチヌを狙っていくかということになります。

トップウォーターを狙っていく釣りでは比重が軽いナイロンが向いているでしょう。
反対にボトムを狙う釣りであればフロロカーボンやPEラインが向いています。

太さ(号数)で選ぶ

ラインの太さは感度と飛距離に影響します。
どちらもチニングでは大切な要素なので、しっかりと考えていく必要があります。

一般的にチニングに向いているとされる太さを紹介します。
ナイロンラインとフロロカーボンラインは8~12lb、PEラインは0.4~1号を基準とすると良いでしょう。

スポンサーリンク

チニングにおすすめのライン8選!

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 12lb

ここでチニングにおすすめのラインを紹介したいと思います。
ラインの種類別にそれぞれ紹介していきます。

それぞれのスタイルに合わせたライン選びの参考にしてみてください。

チニングにおすすめのナイロンライン2選

まずはチニングにおすすめなナイロンラインからです。
最近はナイロンの中でも吸水性が低く伸びにくいラインが発売されているので、機能性が高いナイロンラインがおすすめです。

【東レ】銀鱗 スーパーストロング ネオ

超撥水機能を持ち、ナイロンの弱点である吸水するという特徴を克服したラインです。
耐摩耗性も強く、使いやすいナイロンラインです。

【ダイワ】ジャストロン

ダイワのジャストロンはナイロンラインの強みであるコストパフォーマンスに優れたラインです。
耐久性もあり、とりあえず始めてみたいという方にはぴったりのラインです。

チニングにおすすめのフロロライン3選

次にチニングにおすすめのフロロカーボンラインです。
根ズレに強い特性を活かしつつ、扱いやすいラインを紹介します。

【クレハ】シーガー R-18 フロロリミテッド

フロロリミテッドはフロロラインの中でも随一のしなやかさを持っているラインです。
トーナメントで使用されるほど実績のあるラインです。

【サンライン】ベーシックFC

ベーシックFCはフロロカーボンラインの中でもコストパフォーマンスに優れたラインです。
75m毎に残量表示が付いているので使いやすくなっています。

【モーリス】バリバス デッドオアアライブ

強靭さを追求したフロロカーボンラインです。
タフさが売りなので、岩礁帯などでのチニングに向いているラインです。

チニングにおすすめのPEライン3選

チニングで最も使われているPEラインのおすすめも紹介します。
PEラインの感度の良さを残しつつ、耐摩耗性も求めたPEラインがおすすめです。

【クレハ】シーガーPE X8

PEラインと言えば絶対に名前が出るほど定番のPEラインです。
価格も安価なので誰にでもおすすめできるPEラインです。

【シマノ】ピットブル8

伸びにくく耐摩耗性が強いといういいとこどりをしたPEラインです。
滑らかな素材で飛距離を出したいときにもおすすめのラインです。

【よつあみ(YGK)】エックスブレイド アップグレードX8

耐摩耗性と引張強度の両立を掲げているPEラインです。
感度も高く、チニングに特におすすめしたいラインです。

スポンサーリンク

【2021年最新】チニングにおすすめのライン2選

サンライン(SUNLINE) フロロカーボンライン ベーシックFC 透明 300m 2号 8lb

ここで2020年以降に発売された新作ラインを紹介したいと思います。
年々進化を遂げるラインを使って2021年シーズンもチニングを楽しみましょう。

【ダイワ】UVFモアザン デュラセンサー X8+Si2

ダイワの人気PEラインであるモアザンX8に耐摩耗性能をさらに高めたラインです。
PEラインでしっかりとカバー周りを攻めていくことができます。

【シマノ】セフィア8+

シマノのセフィア8+は表面の平滑性が更に向上して滑らかな使い心地のPEラインです。
耐摩耗性も高く、チニングでは使いやすいラインです。

スポンサーリンク

チニングにおすすめのラインとリーダーの結び方

VARIVAS(バリバス) フロロカーボンライン デッドオアアライブ 150m 10lb クリスタルクリアー

PEラインを使ったチニングでは必須となってくるのがラインシステムです。
快適にチニングを楽しむためにメインラインとリーダーの結束方法も考えておきましょう

おすすめの結束方法は比較的簡単に結ぶことができるFGノットです。
手順は多くの動画がアップしているので参考にして見てください。

[初心者オススメ] 素早く簡単最強ノット!【堀田式FGノット】※公式最新版

スポンサーリンク

チニングにおすすめのラインについてまとめ

クレハ(KUREHA) PEライン シーガー PE X8 200m 0.6号 14lb(6.4kg) 5色分け

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年最新】チニングにおすすめのライン10選!選び方のポイントも解説!」というテーマに沿って、「チニングに向いているラインの種類は?」「チニングでのラインの選び方は?」「チニングにおすすめのライン8選!」「【2021年最新】チニングにおすすめのライン2選」「チニングにおすすめのラインとリーダーの結び方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

チニングの釣り方を徹底解説!おすすめのルアータックルや仕掛けもご紹介
ルアーフィッシングの中でも特に人気の高いチニング。今回、釣りラボでは、そんなチニングについて、チニングのアクションやおす…
おすすめの最強チニングロッド10選!汎用性の高い代用可能なロッドや選び方もご紹介!
チニングはクロダイ(チヌ)をルアーで狙うとても人気のある釣法の一つです。今回釣りラボでは、そんなチニングにおすすめなチニ…
【2021年】チニングワームおすすめ9選!人気カラーや選び方をご紹介
チヌ・クロダイのルアー釣りとして人気の高いチニングでは、ワーム(ソフトルアー)がよく使われます。今回、釣りラボでは、そん…
【2021年最新】チニングリールおすすめ9選!失敗しない選び方のポイントも解説
チニングはチヌ(クロダイ)のアクティブな釣りを手軽にルアーで楽しめるので、年々人気が高くなってきています。そこで今回、釣…
【2021年】コスパ抜群のPEラインおすすめ7選!強度の強い結び方や巻き方もご紹介
PEラインは、釣りでよく使われるラインの一種です。今回、釣りラボでは、そんなPEラインの選び方、フロロカーボンラインやナ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン