【2021年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も

ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、おすすめのダイワのリール、2021年シーズンに向けた新製品のダイワのリールをご紹介します。

リール
スポンサーリンク

ダイワのリールの特徴

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 月下美人X 2000S-P (2020モデル)

タックルの心臓部ともいえるリールは数多くの釣り具メーカーが独自技術を開発し、日々進化を続けています
その代表的なメーカーがダイワです。

ダイワのリールはドラグ性能や巻き心地といった基本的な性能が高いレベルにあることはもちろん、耐久性や重量といった使いやすさにも定評があります。
数あるリールメーカーとの違いを紹介します。

リール行う釣りに合ったものを選ぶことが重要ですので、ダイワのリールの特徴をしっかりと押さえておきましょう。

他メーカーとの違い

ダイワのリールが他のメーカーと違うとされるのは耐久性と軽さ、独自技術という3点です。
ダイワのリールはその圧倒的な耐久性の高さで多くの釣り人に愛されています。

それは構造的な部分に現れており、ボディとフレームを一体化させたモノコックボディーを採用することで部品数を少なくしてトラブルを少なくしています。
ダイワのリールでLTという名前が付いているシリーズがありますが、これはダイワが大切にしている「軽量(Light)&タフ(Tough)」を両立するというコンセプトです。

また、独自技術の多さにも定評があります。
磁石の力で防水性のを高めるマグシールドや、ドラグを自動調節してくれるATD(オートマチックドラグシステム)という他のメーカーにはない独自技術が詰まっています。

スポンサーリンク

ダイワリールおすすめ人気8選

ダイワ 21 エメラルダス エア FC LT2500S

それではダイワのオススメリールを紹介していきます。
2020年以降にモデルチェンジ、発売された商品を中心に選んでいますので、日々進化するリールの技術を楽しんで見てください。

なるべく汎用性の高いのリールを紹介していきますので、幅広く使っていけると思います。
釣れるターゲットやどんな釣りに向いているかも併せて解説します。

ダイワのおすすめスピニングリール4選

まずはダイワのおすすめスピニングリールを4つ紹介します。

【ダイワ】月下美人X

ダイワの月下美人はライトソルトゲームで活躍するブランドです。
特にアジングやメバリングにはおすすめのリールです。

月下美人Xは1万円前後という価格設定ながらも、マグシールドやオートマチックドラグシステムを搭載するモデルです。
これからライトソルトゲームを始めようという方にも、長くアジングを楽しんでいる方にもおすすめできるコストパフォーマンスの高い人気のスピニングリールです。

【ダイワ】エメラルダスエア

ダイワのエメラルダスはエギングを楽しむために作られたブランドです。
鮮やかなエメラルドグリーンの配色が釣り人のテンションを上げてくれます。

特にエメラルダスエアはエギングリールでの史上最軽量モデルとなっており、自重は160gと驚異的な軽さとなっています。
ダイワの独自テクノロジーもきっちりと搭載しており、軽さという武器で高い感度を誇るエギング専用リールとなっています。

【ダイワ】ソルティガ

ダイワのソルティガシリーズはヒラマサやクロマグロ、GTゲームなどの大物ゲームにおいてより大物を目指すためのリールで、ダイワのフラッグシップモデルとなります。
ダイワの技術を全て積み込んだリールで、どんな大物でもしっかりとファイトすることができます。

2020年にモデルチェンジした最新ソルティガはモノコックボディとなり、ギアサイズが大型化しました。
これにより、元々高かった耐久性やパワーが格段に上がった最強モデルへと進化しました。

【ダイワ】ルビアス エアリティ

ダイワのルビアスはソルトゲームからフレッシュウォーターまであらゆるフィールドで使うことができる万能リールです。
万能スピニングリールの中でもスペックが高く、あらゆる釣りを一つのタックルで攻めていきたいという方に向いてます。

その中でもルビアスエアリティは軽さを求めたモデルとなっており、170gという自重で取り回しの良さも特徴となっています。
軽いながらもフルメタルモノコックボディで耐久性も高く、長く使い続けることができる万能リールと言えるでしょう。

ダイワのおすすめベイトリール4選

次にダイワのおすすめベイトリールを4つ紹介します。

【ダイワ】スティーズ リミテッド SV TW

ダイワのスティーズはバスタックルシリーズのフラッグシップモデルです。
バスタックルシリーズですが、その完成度や性能でソルトウォーターにも対応しているハイスペックベイトリールがスティーズリミテッドSVTWです。

近年のベイトリールはトラブルレスのブレーキ性能が売りですがその反面でキャスト後半ではブレーキがかかってしまい、伸びが少ないという弱点がありました。
しかし、SVブーストという新設計のテクノロジーを搭載することで、弱点であった後半の伸びもしっかりと両立することができるようになったリールに仕上がっています。

【ダイワ】アルファス SV TW

ダイワのアルファスはミドルクラスベイトリールの中でも中心的存在として位置づけされているリールです。
フレッシュウォーター・ソルトウォーター問わず使えるバーサタイルリールとして人気です。

2021年モデルとして発売されたアルファスSVTWは駆動系と耐久性を見直し、強く・軽く・滑らかにをコンセプトにするハイパードライブデザインを採用しています。
使いやすさと剛性の高さを両立しているのでバーサタイルリールとして活躍してくれるでしょう。

【ダイワ】ジリオン SV TW

ダイワのジリオンはタフのジリオンと呼ばれるほど耐久性に定評のあるベイトリールです。
ハイエンドモデルであることから、技術が詰まったタフマシンとして人気です。

2021年モデルにモデルチェンジしたジリオンSVTWはコンパクト且つ軽量化に成功しており、自重は175gと前モデルから20gも軽量化しました。
独自技術も盛り込まれており、SVブーストやTWSという機能でストレスなく釣りを楽しむことができます。

【ダイワ】シーボーグ 300J

シーボーグはダイワがリリースする電動ベイトリールブランドです。
シーボーグ300Jは2021年に発売された軽量コンパクトな電動ベイトリールとなります。

自重は560gと快適に釣りを楽しめる重量であり、軽いゆえに感度が高く細かいアタリもしっかりとキャッチすることができます
船からのスルメイカを狙っていく釣りなどに向いている電動ベイトリールです。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのダイワのリール3選

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ソルティガ 14000-XH (2020モデル)

ダイワは2020年以降に多くのリールを発売、モデルチェンジを行ってきました。
その中でも特にオススメのリールを2つ紹介します。

釣具の中でもリールは特に日々進化するタックルですので、2021年シーズンは新作リールで釣りを楽しみましょう

【ダイワ】セルテートSW

大型ソルトウォーター用スピニングリールとして人気のセルテートが2021年にモデルチェンジ・発売されました。
その特徴は何と言ってもタフであることです。

2021年モデルとなりギアにジュラルミン製ギアを採用するなど、更なる強度を求めて進化しています。
大物狙いのオフショアキャスティングゲームにぴったりなリールです。

【ダイワ】スティーズA TW HLC

ダイワのスティーズは先ほども紹介した通り、最高峰モデルと言えるベイトリールです。
このスティーズのモデルに付いているHLCはハイパーロングキャストの略で、スティーズの中でも遠投性能が強化されたモデルとなっています。

最高峰モデルということでATDやTWSといった独自技術もしっかりと搭載されています。
特にシーバスゲームには相性の良いリールに仕上がっています。

【ダイワ】ティエラ IC 150H-DH

こちらは2021年にダイワから発売されたベイトリールになります。
自重165gという軽量かつコンパクトなボディに加え、ICカウンター機能搭載で快適な釣りを実現させてくれるでしょう。

また、クイランクハンドルのため、軽やかな巻き上げが特徴で繊細はティップエギングやライトゲームでは魚に違和感を与えずに引いてくる事ができます。

スポンサーリンク

ダイワリールのメンテナンス方法

ダイワ 21 ルビアス エアリティ FC LT2000S-P

リールは駆動部であることから、こまめなメンテナンスが必要な道具です。
高額であることも多いリールを長く大切に使い続けるためにもメンテナンス方法を知っておきましょう。

ダイワリールのメンテナンス方法を簡単に紹介します。

ダイワのリールのメンテナンス方法は、マグシールド搭載機種かそうでないかで分かれます。
マグシールド非搭載の機種は釣りの後は水洗いをして乾燥させた後、駆動部に油をさすという日々のメンテナンス方法になります。

マグシールドはメンテナンスフリーという考えで開発された技術であり、搭載機種であれば日々のメンテナンスは基本的に水洗いのみです。
しかし長く使い続けるには年に一回程度、メーカーにメンテナンスを出してオーバーホールをするほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

ダイワリールについてまとめ

ダイワ スティーズリミテッド SV TW 1000HL 左ハンドル (ベイトリール) [2020年モデル]

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も」というテーマに沿って、

  • ダイワのリールの特徴
  • ダイワリールおすすめ人気8選
  • 【2021年新作】おすすめのダイワのリール2選
  • ダイワリールのメンテナンス方法

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介
ダイワのベイトリールは、多くのラインナップを揃えており、釣り人からも非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのベ…
【2021年】ダイワの電動リールおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介
船釣りに欠かせない電動リールですが、どのメーカのものを選べば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか?今回、釣…
【2021年】ダイワのエギングリールおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品も
エギングは非常に人気の高い釣りであり、中でもダイワのエギングリールは非常によく使われる釣具です。今回、釣りラボでは、ダイ…
ダイワのリールメンテナンス方法!プロにお願いする流れと自身でのやり方ご紹介
ダイワのリールメンテナンスはどこでしてもらえる?長持ちさせるためにプロによる点検、自身でのこまめな手入れどちらも大切です…
【2021年】ダイワの高級リールおすすめランキング11選!新製品や人気シリーズも
ダイワからは多くの高級リールが販売されており、どれも釣り上級者の方を中心に、非常に高い支持を得ています。今回、釣りラボで…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン