タイラバケースおすすめ7選!選び方や100均を利用した自作方法もご紹介!

タイラバタックルはパーツが多くて絡まったり、どこにいったか探したりするので収納ケースがあるととても便利です。今回、釣りラボでは、タイラバを綺麗にすっきり収納できるケースを紹介するとともに、自分好みのケースができる自作する方法も解説します。

タイラバ タイラバ
スポンサーリンク

タイラバケースとは?

ダイワ(Daiwa) タイラバ ケース 紅牙

タイラバケースとはどのようなものでしょうか。
タイラバは、真鯛をターゲットとしたルア-の一つで人気があります。

タイラバは鯛ラバヘッド(ヘッド)といわれるオモリの他に、スカート、ネクタイ、フックによって組み立てられており、それらを保管しておくのがタイラバケースです。

タイラバは、その日の状況に応じてヘッドや、スカート、ネクタイの組み合わせを変えることもあります。

特にスカートやネクタイは絡まりやすく、またヘッドは転がるので、汎用のケースに入れておくと、ポイントに付いた際に、ケースの中が乱雑になってしまいます。
タイラバには専用のケースを使うとタイラバの整理ができおすすめです。

スポンサーリンク

失敗しない!タイラバケースの選び方

メイホウ(MEIHO) VERSUS WAVE 鯛ラバストッカー 2020NS

失敗しないタイラバケースの選び方について解説していきます。

ケースのタイプで選ぶ

失敗しないタイラバケースの選び方のひとつめはケースのタイプで選ぶというものです。
ケースのタイプには、ハードケースやポーチタイプなどの種類があり、どちらも人気があります

ハードケースタイプ

ハードケースタイプは、プラスチック製の硬質プラスチック等でできており、衝撃などでケースそのものが壊れることの少ないタイプです。

ケース内に仕切り板などを設け、ヘッド、ネクタイ、スカート、フックなどを収納することが可能です。

ポーチタイプ

ポーチタイプは、樹脂等の柔らかい素材でできたポーチ状のカバンにタイラバのヘッド、スネクタイ、スカート、フックなどを保管しますが、トレーがあり、個別に収納できるのが特徴です。

トレーは、ヘッドやネクタイなどが動きにくいような形状になっているので、移動中などにヘッド等が乱雑になってしまうことが少なくなっています。

サイズで選ぶ

失敗しないタイラバケースの選び方のふたつめはサイズで選ぶというものです。
安易に選んでしまうと、収納できないといった事態が起きてしまうかもしれません。

特に注意が必要なのは、ケース高さ(深さ)です。
タイラバの部品の中で、ヘッドはオモリの役目をしており、球形をしています。

ケースの高さ(深さ)が足りないと、ヘッドが収納できない場合があります。
ケースを選ぶ場合には、ヘッドの大きさ(高さ)をよく確認し、収納できるサイズのものを選ぶようにしましょう。

収納スペースで選ぶ

失敗しないタイラバケースの選び方のみっつめは収納スペースで選ぶというものです。
タイラバのケースは、収納に関しても、様々な工夫が施されています。

フックを整然と保管できるように、スリット入りのスポンジがあるものや、ヘッドの収納用にスポンジに丸く穴を設けたもの、複数個のトレイがあり、重ねてしまえるものなど様々です。

収納したいタイラバの個数や、持ち運ぶ個数なども考慮し、どのような収納スペースの物が良いか検討しましょう

スポンサーリンク

タイラバケースおすすめ7選

YFD(山田化学) 鯛ラバケース24 NO.8047

タイラバケースおすすめ7選をご紹介します。
ハードケースタイプとポーチタイプに分けてご紹介しますので参考にしてみてください。

【ハードケースタイプ】タイラバケースおすすめ4選

タイラバはダイワでは紅牙、シマノは炎月、ジャッカルはビンビンなどのブランドで販売されています。

メーカーによっては専用のケースを提供しているところもありますが、もちろん他のメーカーのタイラバを保管することができます。

ハードケースタイプのタイラバケースおすすめ4選をご紹介します。

【ダイワ】紅牙タイラバケース

タイラバのヘッド、ネクタイ、スカート、フックなどを保管できるタイラバ専用ケースです。

仕切りの位置を変更できる構造になっているので、保管するものの大きさや量によって思い通りに使い分けることができます

【メイホウ】VW-鯛ラバストッカー 2020NS

マット部分にポリエチレンを採用し、タイラバのヘッド部分をしっかりと固定することができます。

タイラバを組み立てた状態で保管できるので、スカートやネクタイがからんだりすることも少なくなっています

【山田化学】タイラバケース24

大小2種類の仕切り板を組み合わせることで、ヘッドの他にラバーやネクタイなどを保管することができます

ウレタンシールが付属しており、ヘッド部のがたつきを抑え、傷がつくのを防ぎます。

【タカ産業】鯛ラバーケース A-0042

ヘッド部分を5個収納できる機動性に富んだタイラバケースで、ヘッド収納部分にはスポンジがあり、ヘッド部分が固定されます。

部品毎に分けて収納もできますが、タイラバに組んだまま保管することも可能になっています。

【ポーチタイプ】タイラバケースおすすめ3選

ポーチタイプのタイラバケースおすすめ3選をご紹介します。

【タカミヤ】タイラバシステムケース TYPE-1 REAL METHOD

フック、スカート、ネクタイ、ヘッドを別々のトレイに収納でき、持ち運ぶのも容易なポーチタイプのタイラバケースです。

フックキーパーはスポンジタイプで、取り外すことも可能なので、使った後のフックやネクタイなどを保管することもできます。

【タカ産業】タイラバシステムボックス CN-208

2段になっているタイラバシステムボックスなので、多くのタイラバを収納することができます。

スカートやネクタイなどのラバー製品専用のトレイで、おりぐせが付きにくいのでおすすめです。

【モアバイツ】タイラバフィールドケース

ヘッドを最大で11個保管することができる樹脂製のトレイを持つ、ポーチタイプのタイラバケースです。

スリットタイプのフックキーパーもあり、タイラバをコンパクトに収納することができます。

スポンサーリンク

タイラバケースを自作する方法を紹介

タカ産業(TAKA SANGYO) タカ)鯛ラバーケースA‐0042

タイラバケースは各メーカーから製品として提供されていますが、自作することも可能です。
タイラバケースを自作する方法をご紹介します。

必要な材料

鯛ラバケースを自作するのに必要な材料はダイソーなどの100均で揃えることができます
準備するものは、ファイルケース、すき間テープです。

タイラバケースの作り方

タイラバケースの作り方について解説します。
使用するファイルケースの内側の長さにあわせて、すき間テープをカットします。

すき間テープを、ケースに貼り付けます。
ヘッドを置く部分のすき間テープに穴(くぼみ)を作ります。

作り方の参考となるyoutube動画のURLを添付します。

【自作のすすめ】えっまだ市販のタイラバケース使ってるの!?

スポンサーリンク

タイラバケースについてまとめ

TAKAMIYA(タカミヤ) REALMETHOD タイラバシステムケース TYPE-1 JM-2019 ブラック

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「タイラバケースおすすめ7選!選び方や100均を利用した自作方法もご紹介!」というテーマに沿って、

  • タイラバケースとは?
  • 失敗しない!タイラバケースの選び方
  • タイラバケースおすすめ7選
  • タイラバケースを自作する方法を紹介

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

タイラバとは?釣り方のコツやおすすめの仕掛け・タックル・時期をご紹介
鯛ラバ(タイラバ)は、初心者でも挑戦できる真鯛の釣り方の一つです。今回、釣りラボでは、そんなタイラバについて、おすすめの…
【2021年】タイラバロッドおすすめ人気17選!コスパ最強商品から最高峰ハイエンド製品まで
マダイを釣る時に利用するタイラバロッド。今回、釣りラボでは、タイラバロッドの選び方、マダイ以外に釣れる魚、人気メーカー、…
【2021年】タイラバリールおすすめ人気ランキング18選!ダイワ・シマノのコスパ最強製品をご紹介
近年全国で人気が急上昇中のタイラバ(鯛ラバ)。今回、釣りラボでは、タイラバリールの選び方、人気メーカー、コスパ抜群のおす…
タイラバ仕掛けの自作方法を徹底解説!手順やおすすめの材料・工具をご紹介
タイラバ仕掛けは、実は非常に簡単に自作することができます。今回、釣りラボでは、タイラバを自作するために必要な材料や工具を…
【2020年最新版】タイラバにおすすめなショックリーダー5選を紹介!ラインとの結び方や選び方も
真鯛をメインターゲットとするタイラバは近年人気の釣りのひとつです。今回、釣りラボでは、タイラバ用のショックリーダーに着目…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン