オキアミとアミエビの違いとは?値段や集魚効果、釣れる魚の種類などを比較

釣り餌の定番として、多くの釣り人に親しまれているオキアミとアミエビ。ですが、この2つの明確な違いをご存じでしょうか?今回、釣りラボでは、オキアミとアミエビの違いについて大きさや値段、集魚効果に着目をして解説していきます。

釣り餌
スポンサーリンク

オキアミとは

出典:写真AC

オキアミとは、形がとてもエビに類似しているプランクトンの一種です。
生物学上では、オキアミ目オキアミ科に属します。

オキアミの特徴・生態

オキアミの一番の特徴は、エビに似た見た目です。
しかし、実際はエビの仲間ではなく、カニやロブスターなどと同じ甲殻亜鋼に属します。

体長は、よく見かけるもので、3センチ程度です。
大きいものでは、15センチ~30センチにもなります。

また、エビとは違い、外エラや活性化された消化酵素を持っています。

オキアミは、非常に大きな群れを作り、群れの長さが6キロメートルになるものもあります。
また、数百万匹が1立法メートル内に集まり、個体密度も非常に高い群れをなします。

全世界の海に生息し、日本近海ではマルエリオキアミやツノナシオキアミなどが生息しています。
オキアミは、海面を漂いながら、植物プランクトンを捕食しています。

南極オキアミのように、寒い海に生息するオキアミもいますが、オキアミには、脂肪を沈着させ、生成する能力がないため、寒さには弱く、冬は流氷の下の喪に隠れて生活をしています。

一方で、オキアミは非常に豊富な成分を持っているため、クジラやペンギン、魚類などの海洋生物のエネルギー源となっています。

オキアミの用途・使い道

オキアミは、主に釣り餌や食用として使われます。
釣りでは、小さいものはサビキのコマセや撒き餌として使用されます。
多きものは、グレ(メジナ)や大型の青物、根魚など様々な狙いで使用されます。

オキアミで釣れる魚の例

オキアミを使用した釣り方で、釣れる魚をご紹介します。

まず、サビキ釣りです。
サビキ釣りでは、サビキカゴにコマセとしてオキアミを使用します。
釣れる魚は、アジやイワシなどの小型の青物や、堤防付近ではカサゴやアイナメなども釣れます。

次にフカセ釣りや穴釣りなどの磯釣りです。
磯釣りでは、3~5センチ程度のオキアミを刺し餌として使用します。
グレ(メジナ)や、アイナメ、カサゴ、また、チヌなども釣れます。

オキアミの入手方法

オキアミは、釣具店や港や海岸など海釣りが可能な近くで入手できます。

オキアミの値段・相場

オキアミの値段は、1キロ未満であれば、500円以下で、3キロ前後であれば、およそ600円~1000円前後で入手できます。

オキアミの入手方法

オキアミの入手方法としては、釣具屋で購入するか、通販で購入するかの2通りの方法があります。
通販で購入するのであれば、以下の商品がおすすめです。

【ヒロキュー】生イキくん

不凍加工された、生の刺し餌として使用できます。
生イキくんは、オキアミの刺し餌として、定番の一つです。

オキアミを使ったレシピ

オキアミは、食用としても使用されます。
数あるオキアミ料理の中から、今回はとても簡単で、手軽な卵焼きのレシピをご紹介します。

材料(2人分)

  • 卵:2~3個
  • オキアミ:大1~2
  • 白だし:小1
  • 砂糖(お好みで):小1
  • 水:大2

作り方

ボールに、卵、オキアミ、白だし、水と、お好みで砂糖を入れよく混ぜます。

フライパンに油を引き、混ぜた材料を流し込みます。

半熟の状態になったら、卵をゆっくり巻いて完成です。

とてもありがちですが、美味なのでぜひ試してみてください。
また、砂糖を入れると甘めの卵焼きにもなります。
お好みで入れてみてください。

参照元URL:
https://cookpad.com/recipe/5669214

※材料の一部を改変しています。

スポンサーリンク

アミエビとは

アミエビ

出典:写真AC

アミエビは、オキアミとは違いエビの一種です。
正式には、アキアミといい、サクラエビ科の一種です。
生息地は、日本や東南アジアなどの汽水域に、幅広く生息しています。

アミエビの特徴・生態

アミエビは、体長10〜30ミリ程度の小さなエビです。
アミエビの主食は海中のプランクトンです。
魚や鳥の餌になるため、繁殖は年に2回あります。

一方、寿命は短く、夏季に繁殖するもので2~3カ月程度、冬季に繁殖するもので7カ月前後しか生きられません。

アミエビの用途・使い道

アミエビは、主にその個体の小ささからコマセとして使用されます。
また、オキアミと混ぜると撒き餌として、魚をより集めやすくなります。

オキアミで釣れる魚の例

アミエビは、コマセや撒き餌として使用するので、サビキ釣りが合っています。
そのため、サビキ釣りで釣れる魚全般が釣れます。
サビキ釣りでは、アジやイワシなどがメジャーです。

アミエビの入手方法

アミエビもオキアミと同様で、釣具店や釣り場近くの関連ショップで入手できます。
また、アミエビは、冷凍ブロックで売られていることが多いです。

アミエビの値段・相場

アミエビは、オキアミに比べ比較的安く入手できます。
1キロ前後の冷凍ブロックなら500円程度で入手できます。

使用する前に解凍する必要があるので、バケツなどの水を入れることができるものを、用意することをおすすめします。

アミエビの入手方法

アミエビの入手方法としては、釣具屋で購入するか、通販で購入するかの2通りの方法があります。
通販で購入するのであれば、以下の商品がおすすめです。

【マルキュー】アミ姫 堤防釣り・サビキ釣り用配合餌

通信販売や街の釣具店で購入する際の定番商品です。
匂いが強く集魚効果が期待できる一押し商品です。

アミエビを使ったレシピ

アミエビを使った佃煮のレシピを紹介します。

材料

  • 干しアミエビ:100g
  • 醤油:50cc
  • みりん:100cc

作り方

  1. アミエビを鍋に入れ、焦がさないように煎ります。
  2. 醤油、みりんを加え、煮汁がなくなるまで混ぜながら煮込みます。
  3. 汁気がなくなったら、完成です。

香りがとてもよく、ご飯のお供にとてもおすすめの一品です。
ぜひ試してみてください。

参照元URL:
https://cookpad.com/recipe/1314245

※一部材料に変更をしています。

スポンサーリンク

オキアミとアミエビの大きな違い

アミエビ

出典:写真AC

オキアミとアミエビの違いについて説明します。

大きさ

まずは、大きさです。

オキアミの体長は、2~6センチ程度の個体が多いですが、中には、30センチを超える種類も存在します。

一方、アミエビは、エビの仲間ではありますが体長はオスで10ミリ程度、メスでも30ミリ以下の個体が大半です。
比較的、プランクトンであるオキアミのほうが、アミエビよりも体長は大きいのが特徴です。

匂いの強さ

次は匂いです。

特徴的なのは、アミエビの臭いです。
アミエビは、強烈な臭いを持っています。
そのため、集魚効果を期待し、撒き餌としてよく使われています。

一方、オキアミは、臭いはありますが、アミエビほどではありません。

撒き餌の沈下スピード

アミエビは、撒き餌としてよく使用されます。
オキアミに関しても、アミエビのコマセに混ぜよく使われます。

撒き餌としての沈下スピードは、オキアミのほうが比較的早いです。
釣りで使用するオキアミは、個体の大きさが2センチ~3センチ程度のものが多いです。

一方、アミエビは、1センチ程度かそれ以下の大きさのものがよく販売され、使用されるため、オキアミに比べ小さく、海面付近で個体が漂います。

そのため、オキアミのほうがやや早く沈み込みます。

釣れる魚の種類

釣れる魚は、オキアミのほうが種類が豊富です。

刺し餌としてオキアミを使用する際、チヌやグレなどの中型の魚も狙えます。
また、根魚も好んで、オキアミを食いに来るので、比較的、堤防や磯釣りでは多用されます。

一方、アミエビは撒き餌やサビキ釣りのコマセとして使用されることが多く、サビキ釣りで釣れる魚が主になります。
例としては、アジやイワシ、サバなどの小型の青魚です。

値段

値段は、同じ重さで比較すると、オキアミのほうが高いです。

購入する場にもよりますが、釣魚施設では、アミエビのコマセが冷凍ブロック一つで500円前後で売られていることが多いです。
内容量もおよそ1キロから1キロ半程度のものが大半です。

スポンサーリンク

オキアミとアミエビはどっちの方が釣れる?

アミエビ

出典:写真AC

オキアミとアミエビの主な用途は違いますが、単純な釣魚数で比較すると、アミエビのほうが釣れるでしょう。

アミエビを強烈な臭いを放つため、海中に落とすと、比較的魚がすぐ集まります。
また、時間帯によって、アジやイワシの群れが近くに来た場合、臭いに釣られ、よくヒットします。

一方、オキアミ単体で使用した場合、アミエビに比べさほど臭いがないため、魚が気づくのを待つことが基本です。

オキアミを使用する場合は、アミエビを共に使用するほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

撒き餌にオキアミとアミエビを混ぜると集魚効果UP

アミエビ

出典:写真AC

オキアミとアミエビの特徴を説明してきましたが、どちらか一方だけを使用するよりも、撒き餌としてどちらも混ぜるほうがより釣果が期待できます。

撒き餌に両方を混ぜることによって、お互いのデメリットを補い、単一で使用するよりも集魚効果が上がります。

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「オキアミとアミエビの違いとは?値段や集魚効果、釣れる魚の種類などを比較」というテーマに沿って、「オキアミとは」「アミエビとは」「オキアミとアミエビの大きな違い」「オキアミとアミエビはどっちの方が釣れる?」「撒き餌にオキアミとアミエビを混ぜると集魚効果UP」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【釣り餌の王道】オキアミとは?餌の付け方・値段相場・使い方をご紹介
オキアミは釣りエサの代表格であり、多くの方が使う万能餌の一つです。今回、釣りラボでは、そんなオキアミについて、オキアミの…
釣り餌の定番【アミエビ】とは?オキアミとの違い・使い道・入手方法を解説
釣り餌の定番として、多くの釣り人に親しまれているアミエビ。今回、釣りラボでは、アミエビとオキアミの違いやアミエビの使い道…
アミエビの飼育方法を徹底解説!アミエビの飼育に必要な道具や注意点を紹介
釣り餌の定番として、多くの釣り人に親しまれているアミエビ。そんなアミエビを飼育することはできるのでしょうか?今回、釣りラ…
アミエビを使った人気レシピをご紹介!佃煮・かき揚げ・パスタ
釣り餌の定番として、多くの釣り人に親しまれているアミエビ。ですがアミエビは釣りエサとしてだけではなく、料理に混ぜて食べて…
アミエビブロックのサイズや値段、解凍方法、使い方などを徹底解説!
釣り餌の定番として、多くの釣り人に親しまれているアミエビですが、四角いブロック状で販売されているアミエビブロックをご存じ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン