ヒラメの泳がせ釣りにおすすめの餌を紹介!餌の付け方や選び方もご紹介

ヒラメ釣りは堤防やテトラポットなど身近な場所で釣ることができ、気軽に楽しむことができます。そんなヒラメ釣りにはどんな餌を使えば良いのかご存じでしょうか?今回釣りラボでは、ヒラメ釣りにおすすめの餌や付け方などを解説しています。

釣り餌
スポンサーリンク

ヒラメ釣りとは?

ヒラメ

出典:写真AC

ヒラメ釣りとは、スーパーなどによく並ぶヒラメを狙うことができる釣り方です。
一般にヒラメ釣りは難しいと思われがちですが、仕掛けや注意点をよく知っていれば、普段の釣りと変わらずに釣ることができるので、ぜひこの記事を見て挑戦してみてください。

ヒラメの生態

ヒラメは主に海底の砂地などに潜んで生活していて、日中などはあまり活発に動かず夜になってから捕食活動のために活発に動き始めるとされています。

ヒラメが餌として主食とするものは主に小魚やカニやエビなどの甲殻類を捕食します。
しかし、幼魚の時には小魚などではなくケンミジンコやイソメなどの多毛類を捕食します。

ヒラメは普段は、比較的水深が浅い場所で生活していますが、特に冬の時期なると水深がより深い場所に移動します。

ヒラメ釣りを行う場所

ヒラメは、海底の砂地で生活する魚なので前提として海底に砂地がある場所でないと釣りにくいです。
例えばテトラ付近や岩が多い場所などで釣ろうとしても、おそらく釣れることはほぼないと思います。

そのため、ヒラメを狙う場合には海水浴場などのサーフ(砂浜)や比較的砂が多い河口などで釣ることをおすすめします。

ヒラメ釣りの代表的な釣り方・仕掛けの種類

ヒラメ釣りでの代表的な釣り方及び仕掛けは代表的なのが2つあります。

ヒラメの釣り方1:泳がせ釣り

1つ目は泳がせ釣りという釣り方です。
この釣り方では、主に活きエサとしてアジなどの生きた小魚を使います。

この活きエサにも2パターンあり、現地の釣り場でサビキを使って用意するものと魚屋さんやあれば釣具屋さんにて購入して用意するものがあります。

活きエサをサビキで捕まえるメリット・デメリット

前者の場合は、まず活きエサとしての魚を買うためのエサ代が浮くというメリットがあります。

さらに、アジがかかったらそのまま放置して置くだけで釣ることもできるのでアジがかかってからは手間がかからないというのも一つのメリットとしてあります。

しかし、釣り場の環境や時期などによってはアジなどの小魚がかかりにくかったり、サビキを放置してヒラメを狙う場合は、サビキなどの針は小さいので大きめのヒラメがあたったときなどにバレてしまうこともあるので注意が必要です。

活きエサを釣具店で購入するメリット・デメリット

後者だと、エサ代はかかってしまいますが質が良くて状態のいいエサを仕入れることができます。

さらに、時期によっては肉厚で脂ののったいいアジなども出てくるので、より高い釣果を期待することができます。

しかし、1匹当たりの単価は他の活きエサと比べると高く、さらに釣りに対して時間がかかればかかるほど弱っていってしまうので、どのくらいのエサが必要になるかを見極める必要があります。

ヒラメの釣り方2:ルアー釣り

2つ目はルアー釣りという釣り方です。
この釣り方は、名前の通りルアーを使って釣る釣り方で、ヒラメの場合は特に小魚などを主食にしているため、小魚に似たルアーを使うのが一般的です。

ルアー釣り自体、慣れが必要で特にサーフからのルアー釣りは慣れていないと難しいので、何度もやって練習することをおすすめします。

ヒラメ釣りの注意点

ヒラメ釣りでは、投げ釣りを行うのでまず周囲に人がいないか、周囲が安全かをしっかりと調べた上で釣り始めるようにしましょう。
また、その地域の釣り場のルールに従うようにしましょう。

サーフなどで釣りを行うときには海が少しでも荒れてるときには、海に入らないようにしてください。

そして、もし海の中に入るときは、ひざ下までにしてかけあがり(ブレイクライン)と呼ばれる急に深くなっている場所のそばには近寄らないようにしましょう。

ヒラメはフィッシュイーターと呼ばれる種類の魚で基本肉食のため、歯が非常に鋭く針を外すためでも不用意に指などを近づけてしまうとかまれてしまうことがあるため、針を外したり持ち上げるときには、専用の魚つかみやペンチなどでつかむようにしましょう。

ヒラメ釣りでおすすめの道具・装備

ここでは、ヒラメ釣りでのおすすめの道具を紹介します。

【Wild Scene】メタルジグ 5個セット

このルアーは、ルアーの色がそれぞれ特徴的で魚へのアピールをしっかりとしてくれます。
さらにコスパもよく、作りも頑丈なため買って損はないルアーだといえます。

【ダイワ】快適ヒラメ仕掛SS シリーズ

この仕掛けは、シングルフックとトリプルフックの2種類があり、ヒラメ釣りにおいて最適な仕掛けで針がとても鋭いため、一度ヒラメが食いついたら確実に食い込むような作りになっています。

スポンサーリンク

ヒラメの泳がせ釣りにおすすめの餌と付け方

ヒラメ

出典:写真AC

ここではヒラメの泳がせ釣りにおすすめの活きエサとつけ方を紹介していきます。

イワシ

ヒラメ釣りでは一番オーソドックスなエサの一つです。
イワシの付け方は種類がありますがその中でおすすめなのは、鼻掛けと呼ばれる掛け方です。

この掛け方は、イワシの鼻の穴に針を通すように掛ける掛け方で、元々身が弱いイワシに最適な掛け方になっています。

なお、この掛け方は生きているイワシだけでなく冷凍イワシなどにも使える掛け方なので、おすすめです。

【ハマイチ】冷凍イワシ(レギュラーサイズ)

この冷凍イワシは、鮮度が高い状態のイワシを冷凍しているので魚の食いつきがよくとても扱いやすい釣り餌となっています。

マアジ

マアジもヒラメ釣りではよく使われるエサの一つです。
しかし、イワシと比べると身は強いためどの掛け方を使ってもいいでしょう。

その中でも私がおすすめするマアジの付け方は、上あご掛けという掛け方でアジの上あごの真ん中あたりから鼻の間らへんに針を通す掛け方です。

この掛け方は、イワシでも使われますが、イワシなどの身が弱い魚の場合は下あごと一緒に通して掛けるほうがより餌持ちが良くなるそうです。

【メジャークラフト】ジグパラ マイクロ スリム

この商品は、アジによく似た色でヒラメに対してのアピールがよく、トリプルフックもついているので食いついたときにしっかりと掛かるようになっています。

シロギス

シロギスもヒラメ釣りでは餌にすることができます。
しかし、イワシ同様身が弱いため釣り餌として使うときは、鼻掛けが好ましいです。

シロギスの付け方もイワシ同様に鼻を通すように掛けますが、もし仕掛けなどに孫針(まごばり)と呼ばれる二本目のシングルの針がついているときはシロギスの肛門を通すようにして孫針を刺すようにしましょう。

なお、イワシの場合もどうように刺してください。
しかし、孫針がトリプルフックの場合は、身が弱ってしまうので掛ける必要はありません。

【メジャークラフト】メタルジグ ジグパラ SURF

こちらの商品は、サーフにいるキスのような見た目をしていて、ただ巻きでもしっかりとアプローチしてくれる便利なルアーとなっています。

ハゼ

普段ヒラメは海底にいるため、海底に潜むハゼなどの魚はよく捕食されます。
そのためハゼはヒラメにとって格好の餌であるため、ハゼでも釣ることができます。

ハゼの掛け方もキスやイワシ同様、身が弱い魚ですが頭の骨は硬いため、アジと同じような上あご掛けをしてみましょう。

このときに、ハゼなどを使うときには水中で止めるのではなく海底まで落としてしまうようにしましょう。
そうすると、ヒラメが食いつきやすくなります。

【コアマン】バイブレーションジグヘッド カッパークローム

このルアーは海底に潜むハゼによく似たルアーで、ソフトルアーとなっているためより動きがリアルになり、確実に魚にアピールすることができます。

メゴチ

メゴチもハゼ同様にエサとして使用することができます。
しかし、ハゼとは違いメゴチは骨が硬いため上あご掛けなどをするときは、少し力が要ります。

メゴチの付け方で針を刺すときは、安全のため軍手をして刺すようにしましょう。

【メジャークラフト】ワーム 浜王ヒラメセット

この商品は、ヒラメを狙うのにうってつけのルアーで見た目もメゴチに似ており、さらに色でアピールすることができるので、おすすめなルアーとなっています。

ヒイラギ

ヒイラギは地域によって異なりますが別名ジンダベラなどとも呼ばれる魚です。
よくサビキやちょい投げなどで釣れる外道の1つとなっています。

ヒイラギもイワシやアジなどと同様に、ヒラメに捕食される生き物の一つなのでエサにすることができます。

しかし、イワシやアジなどのメジャーな釣り餌に比べると食いつきはあまりよくないです。

ヒイラギの掛け方は、シンプルに背掛けなどでいいです。
元々生命力は高いため、ある程度なら生きのいい状態でアプローチしてくれます。

【メジャークラフト】ジグパラ ブレード

この商品は、海での小魚のメイン色である銀色を使っていてヒラメなどの魚にキラキラと光り、しっかりとアピールしてくれるルアーです。

ドジョウ

ドジョウは淡水魚なので海水では使えないと思っている方がいうと思いますが、実は海水でもエサとして使うことができます。

しかし、ドジョウはエラ呼吸ではなく口から呼吸するため、魚にしっかりとアピールしてもらうため10~15分程度に一度引き上げて呼吸させてあげるようにしましょう。

なお、ドジョウの付け方は頭に刺すと死んでしまうので、しっぽのあたりにチョン掛けの要領で刺してあげるようにしましょう。

エサ用ドジョウ/どじょう(10匹)

こちらの商品は、生きたままの活きのいいドジョウを発送してくれるお店の一つで、しっかりとした元気のいい個体を選んでくれるのでおすすめです。

スポンサーリンク

ヒラメの泳がせ釣りで使う餌の入手方法

ヒラメ

出典:写真AC

ヒラメ釣りで使うエサは、基本的に生きているエサを使うのが一般的なので、あれば釣具屋さんや魚屋さんなどで調達してもよいですが、ヒラメ釣りをやる前にサビキなどで小さな魚を何匹か釣っておくのが理想的だと思います。

現地調達のいい点は、釣ることができれば何匹でも調達することができ、確実に鮮度がいい状態でエサとして利用できる点がいい点です。

しかし、サビキなどでもフグやゴンズイといった毒魚も釣れることがあり、時期によってはあまり釣れないときもあるので、その時は冷凍でもいいので釣具屋さんなどでエサを買うようにしましょう。

ヒラメは、活きエサだけでなく冷凍エサでもしっかりと食いついてくれるので、万が一活きエサが用意できなければ、冷凍エサでも代用することができます。

冷凍エサで代用するときは、エサに動きがないので時々しゃくってあげてエサに動きを付けてあげると、より食いつきがよくなります。

スポンサーリンク

ヒラメの泳がせ釣りに使う餌についてまとめ

ヒラメ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ヒラメの泳がせ釣りにおすすめの餌を紹介!餌の付け方や選び方もご紹介」というテーマに沿って、「ヒラメ釣りとは?」「ヒラメの泳がせ釣りにおすすめの餌と付け方」「ヒラメの泳がせ釣りで使う餌の入手方法」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ヒラメ釣りのコツや仕掛けを徹底解説!ルアー/泳がせ釣りの攻略方法・時期
ヒラメは、釣期が長く、ほぼ一年中釣れる魚です。今回、釣りラボでは、そんなヒラメの釣り方について、ルアー・泳がせ釣りの釣り…
【2020年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
アジの代表的な釣り方4つを徹底解説!おすすめの道具・仕掛け・餌・時期もご紹介
アジは、釣りの対象としてとても人気の魚です。今回、釣りラボでは、そんなアジの釣り方について、代表的なおすすめの釣り方(サ…
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!付け方や自作方法、代用餌までご紹介
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り餌…