釣りにおすすめの餌箱5選!木製のものから自作餌箱の作り方まで徹底解説

釣りをする際に必須となるアイテムのひとつに餌箱があります。ですが、餌箱にも様々な種類があり、どれを選べばよいのか迷いませんか?今回、釣りラボでは、そんな餌箱の種類やおすすめの製品、代用品、自作方法などを紹介していきます。

釣り餌
スポンサーリンク

釣り餌箱の役割とは?

ダイワ(Daiwa) 餌箱 クールベイト 3

釣り餌箱の役割は、餌の鮮度や状態を適切に保つことです。
とくに夏の暑い時期では、餌が傷みやすいですし、生きた餌もすぐに弱ってしまい、魚の食いつきが悪くなってしまいます。
また購入時の簡易パックのままですと、餌が風に飛ばされる、生きた餌が脱走するなどのトラブルが起こります。

スポンサーリンク

釣り餌箱の種類

シマノ(SHIMANO) 餌箱 サーモベイト ステン X CS-132N アイスホワイト

釣り餌箱には、素材によって次のようなタイプがあります
それぞれ特性が違いますので、使う餌によって餌箱を使い分けることをおすすめします。

なお、どちらの餌箱を使っても、使ったら定期的に洗うなどして、メンテナンスを怠らないようにしましょう。

木製の餌箱

木製の餌の特徴は、通気性が良く、適度な温度と湿度を保てることです。
イソメ、ゴカイなどの生きた餌に向いています。
特に桐でできた餌箱は、断熱性が高いので、おすすめです。

木製の木箱は、前もって餌箱を水で湿らせておくことが重要です。
熱を奪って水分が蒸発するため、冷却効果があります。
さらに餌箱を新聞紙で包んで、クーラーボックスの中で管理すれば完璧です。

プラスチック製の餌箱

プラスチック製の餌箱の特徴は、耐水性、気密性があること、軽いことです。
比較的安価なので、破損したり汚れがひどい場合は、新しく買い替えても負担になりません。
中にすのこや仕切りがあるタイプなど、色々な機能があるものが多いです。

スポンサーリンク

釣り餌箱を選ぶ4つのポイント

黒鯛工房 オリジナルエサバコ EB-1(M) レッド 限定復刻

色々なタイプがある釣り餌箱ですが、次に紹介する4つのポイントで選んでみてください

選ぶポイント1:入れる釣り餌の種類に合わせる

釣り餌には次のような種類があり、それぞれ餌の特性にあった餌箱を選びましょう

  • 虫餌、生き餌(イソメ、ゴカイ、マムシ等)は、木製の餌箱
  • 保存餌(冷凍されたオキアミやアミエビ、イカ等の切り身等)は、プラスチック製の餌箱
  • 人工餌、練り餌は、プラスチック製の餌箱

選ぶポイント2:箱の大きさ

少し大きいサイズの餌箱を選ぶのがポイントです。
なぜなら、小さいサイズの場合、中に指が入らず餌を取り出しにくい場合があります。
また大きめの餌箱の方が、安定感がありひっくり返ったりしません。

選ぶポイント3:保冷能力

気温が高い季節になると、保冷能力の有無も重要なポイントです。
保冷剤を入れるスペースがあるもの、または断熱素材を使った餌箱がおすすめです。

選ぶポイント4:持ち運びしやすいか

釣りのポイントを探すために移動する場合もあるので、持ち運びしやすいものがおすすめです。
また餌箱をベルトに通したり、ホルダーに固定するための器具があるかどうかも重要です。

スポンサーリンク

釣り餌箱の入手方法

メイホウ(MEIHO) ベイトクーラー 204 グレー

釣り餌箱を入手するには、ネット通販で購入するのが、一番おすすめです。
様々なタイプのものが販売されているので、比較しやすいです。

例えば、ダイワの以下の商品であれば、Amazon・楽天市場・Yahooショッピングなどのネット通販で購入することができます。

スポンサーリンク

おすすめの釣り餌箱5選を紹介

ナカジマ 桐 エサ箱 L

アマゾンから、おすすめの釣り餌箱を5つ選びました。
それぞれ特徴をまとめましたので、是非、参考にしてください。

【シマノ】餌箱 サーモベイト ステン

サイズは、15×11.6×7.6cmで、ちょうど女性の手のサイズほどです。
素材は外側はプラスチック、内側はステンレス製になっているので、臭いも付きにくく、お手入れも簡単で衛生的です。

断熱構造になっており、仕切りの付いたすのこの下に保冷剤を入れるスペースもあるので、気温の高い季節でも安心です。
蓋はマグネットで開閉できる仕組みになっており、簡単に蓋を閉めることは簡単にできます。
ステンレス素材やマグネットを使用しているので、餌箱の中では高価な部類に入ります。

【黒鯛工房】オリジナルエサバコ EB-1

これは黒鯛釣りの専門メーカーが作ったプラスチック製の餌箱です。
サイズは、10×17×8cmで、割としっかりした作りになっています。
仕切りとすのこが付いており、すのこの下に保冷剤を入れることができます

また、蓋の上には小物を入れるスペースがあり、ラインやハリなどを保管することができます。
ベルトに取り付けることができ、蓋のストッパーも開け閉めがしやすいタイプなので、ストレスなく釣りに集中できます。

【メイホウ】ベイトクーラー 204 グレー

サイズは、18.2×11.8×9.2cmで、素材はプラスチック製です。
中に小さなトレーが装備されているので、餌を使い分けることができます
すでに紹介した餌箱より比較的安価なのも、ポイントです。

断熱素材が使われており、さらに上部に保冷剤を入れるスペースがあります。
但し、保冷剤をいびつな形で凍らせてしまうと、蓋が閉まらない場合があるので、注意しましょう。

【メイホウ】VERSUS VS-L430 リキッドパック

このリキッドパックは、液体がもれないよう完全に密閉できる容器です。
アジングやシーバス釣りで使用するワームをガルプ液に漬けて保存するのに使います。
ガルプ液は独特の臭いがあるので、もし漏れたら大変なことになりますが、このリキッドパックなら問題ないです。

容器の口が大きいので、ワームの取り出しに手間取ることもありません。
傾いたり逆さになってもガルプ液がこぼれる心配もいらず、持ち運びも安心です。

【ナガシマ】桐 エサ箱 L

このエサ箱は桐で出来ているので、普通の木箱よりも湿度と温度の急激な変化を防いでくれます
前日に餌箱を水に浸し、当日は新聞紙で包んでクーラーボックスの中で保管すれば、生きた餌を良い状態で保つことができます。

ただし、ベルトなどに取り付けたりする器具はありません。
また、蓋をロックすることができないので、持ち運びには注意してください。
使用後はしっかり乾かすなどお手入れをする必要があります。

スポンサーリンク

釣り餌箱は自作できる?

釣り餌

出典:写真AC

市販の釣り餌箱は種類も豊富ですが、実際に使用してみると、満足できない部分がでてきます。
そのような時は、釣り餌箱を自作してみてはどうでしょうか

一から釣り木製自作餌箱を作る

一から釣り木製自作餌箱を作るメリットは、思い通りのサイズの餌箱を作ることができる点です。
使用しているクーラーボックスにぴたりと挟まれば、餌の管理や取り替え作業も快適です。

材料となる木材、釘などは、ホームセンター、100均のお店で調達できます。
注意点は、錆びないようにステンレス製の釘を使用することです。

100均の釣り餌箱を改良する

100均のお店では、釣り用の餌箱が販売されていることがあります。
その餌箱を改造すれば、もっと簡単に餌箱を作ることができます。

改造するポイントは、下記の3点を参考にしてください。

  • 蓋が開けやすいかどうか
  • 作りが雑ではないか
  • 仕切りや、小物入れが必要であれば作る

気になる部分をサンドペーパーで削ったり、釘で補強したりすると良いです。

スポンサーリンク

釣り餌箱の代用できるものを紹介

釣り餌

出典:写真AC

釣り専用の餌箱ではなくても、下記のもので代用することができます。

  • 100均で売っている木製のコレクションケース
  • 食品保存用のタッパー
  • 発砲スチロールの箱

ただ、専用の餌箱の方が、やはり使い勝手は良いです。

スポンサーリンク

釣り餌箱のまとめ

釣り餌

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「釣りにおすすめの餌箱5選!木製のものから自作餌箱の作り方まで徹底解説」というテーマに沿って、「釣り餌箱の役割とは?」「釣り餌箱の種類」「釣り餌箱を選ぶ4つのポイント」「釣り餌箱の入手方法」「おすすめの釣り餌箱5選を紹介」「釣り餌箱は自作できる?」「釣り餌箱の代用できるものを紹介」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!付け方や自作方法、代用餌までご紹介
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り餌…
釣り餌の定番「生き餌」とは?生き餌の種類や付け方・コツを徹底解説!
釣り餌の定番と言えば生き餌ですが、生き餌と一言で言っても様々な種類があります。今回釣りラボでは、そんな生き餌の種類や付け…
サビキ釣りにおすすめの餌をご紹介!自作撒き餌の作り方や保存方法、餌なしで釣る方法も
サビキ釣りは子供や初心者でも気軽に楽しむことのできる釣りの基本中の基本です。今回釣りラボでは、そんなサビキ釣りに使う餌に…
ウナギ釣りにおすすめな餌をご紹介!付け方や保存方法、使い分け方も解説
夏がシーズンのウナギ釣りですが、ウナギが一体どんな餌に食いつくのか気になりませんか?そこで今回釣りラボでは、釣果が上がる…
穴釣りにオススメな最強餌5選!スーパーの代用餌や自作餌の作り方もご紹介
穴釣りはテトラポットの隙間に仕掛けを落として魚を色々な種類の魚が釣れる、人気の釣り方の一つです。今回、釣りラボでは、そん…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン