【2020年】ストリンガーおすすめ人気5選!正しい使い方や自作方法をご紹介

ストリンガーは、できるだけ長い期間、新鮮な状態で釣れた魚を保存するのに最適なツールです。今回、釣りラボでは、ストリンガーの意味や選び方、使い方だけでなく、人気でおすすめの商品や2020年の新製品までご紹介。ぜひご覧ください。 

シーバス
スポンサーリンク

ストリンガーとは?使う意味は?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

UNGLER®︎ support your local(@ungler_____________)がシェアした投稿

ストリンガーとは、釣った魚を水中で繋いで生かしておくための道具です。
ロープにフックが付いた構造になっており、フックを魚の下あごに掛けてロープを固定し、水中に魚を泳がせて使用します。
メーカーによって、フックのサイズやロープの素材などが異なった様々な種類のストリンガーがリリースされています。

すかりやバケツ、クーラーボックスに入らないような大物を元気なままキープしておけるので、釣りの際には持っておくことをおすすめします。

魚・青物を新鮮な状態で保存できる

ストリンガーの一番のメリットは、魚を新鮮な状態で保存できるということです。
すかりやバケツなどの狭いスペースでは、魚が自由に泳ぎまわれずストレスを感じたり、魚同士がぶつかったりしてしまいます。

せっかく釣りあげた魚は、ストレスなどで弱らせることなく、美味しく食べたいものです。
締めるまでの間、釣った魚を新鮮なままキープしておけるのは、ストリンガーのもつ大きなメリットと言えます。

釣りへの影響を減らせる

釣りへの影響を減らせるという点も、ストリンガーのメリットです。
すかりに入れた魚は、中で暴れたりぶつかったりして周囲の魚を警戒させてしまいますが、ストリンガーでは魚が自由に泳ぐのでそれがありません。
釣った魚をその都度締める必要がないので、時合と呼ばれる潮目やマズメのタイミングを無駄にすることもありません。

また、すかりやバケツよりもコンパクトに収納できるので、身軽に移動できるのも魅力的です。

スポンサーリンク

ストリンガーの選び方

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Daisuke Fukatani(@disk_1988)がシェアした投稿

ストリンガーは、フックとロープというシンプルな構造ながら、使用するシーンによって求める機能が異なります。
ストリンガーを選ぶ上で、抑えておくべきポイントを確認しておきましょう。

フックの本数・サイズ・強度

まずは魚を固定するフックの本数・サイズ・強度について見ていきます。

ストリンガーには、3〜10個程度のフックが付いています。
多く釣れた場合にフックが足りなくなるのも困りますが、フック同士が絡むトラブルや重すぎて持ち上げられなくなってしまう可能性もあります。
5個程度に抑えておき、必要に応じてフックを追加するのが便利です。

フックのサイズは、破損したり魚をロストすることがないように、ターゲットとする魚に合ったものを選びましょう。
中型程度の魚であれば、130mm程度が適しています。
素材にもよりますが、基本的にはフックのサイズが大きくなるにつれ太くなるので、自然と強度も増します。

強度面を考えると、魚をフックに掛けた後のロック方法も重要です。
インナーロックスナップ式とバネ式の2種類があるので、用途によって選んでください。
ロックと解除の動作がスピーディなのはインナーロックスナップ式ですが、固定の手間がかかるぶん外れにくいのはバネ式です。

ロープの長さ・素材・ホルダーの有無

続いて、ロープの長さ・素材・ホルダーの有無を確認しましょう。

ロープの長さは、ストリンガーを使う現場によって選んでください。
一般的には、足元から水面までの長さより2m程度長いものを選ぶよう言われていますが、潮の満ち引きを考えると最低でも7m程度あると安心です。

ロープの素材は、ナイロンやワイヤーがポピュラーです。
堤防など擦り切れる可能性がある場所では、耐久性の高いワイヤーをおすすめします。

また、ストリンガーのホルダーの有無もチェックしておきましょう。
ホルダーにはロープを巻いておけるので、長いロープでも扱いやすく便利です。

スポンサーリンク

ストリンガーの使い方

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

keita(@kei.200_fishing)がシェアした投稿

せっかくストリンガーを準備したのであれば、魚を逃したり、弱ったり死んだりすることがないように、正しい使い方を知っておきましょう。

ロープの固定

ストリンガーには、固定しておくためのロープがついています。
フィールドによって、固定方法は多少異なります。

磯の場合(ヒラマサなど)

磯でヒラマサなどをターゲットにした釣りを行う場合、ピトン・ハーケンと呼ばれる道具を用意してください。
ピトン・ハーケンは元々は登山で使用するくさびで、釣りでは竿掛けとして使われる道具ですが、ストリンガーを固定するにも最適です。
磯の隙間に先端を差し込み、場合によってはハンマーなどで固定しましょう。

堤防の場合(ブリなど)

堤防でブリやチヌなどの大物をターゲットにする場合は、磯と同じくピトン・ハーケンに固定しましょう。
柵などがあれば、そちらにロープを結んでも構いません。
船をつなぐための杭に繋ぐアングラーもいますが、迷惑になることもありますのでやめてください。

サーフの場合(ヒラメなど)

サーフでヒラメなどをターゲットにする場合、磯や堤防のように足元に固定するのではなく、カラビナなどでライフジャケットに繋ぐことをおすすめします。
サーフではピトン・ハーケンが抜けやすいことと、ポイントを頻繁に移りながら釣りを行うことが多いので移動しやすい方が良いことが理由です。
サーフに釣った魚が打ち上げられないよう、長めのロープが適しています。

魚の固定

ストリンガーでの魚の固定方法を確認しておきましょう。

まず、ロープを足元やベストに固定したら、フックのロックを開きます。
魚の下あごに外側からフックを刺して貫通させたら、フックをロックしてください。
エラにフックを刺すアングラーもいますが、エラが傷付くと魚が死んでしまうこともあるのでおすすめしません。

フックで魚を固定できたら、そっと魚を水中に戻します。
弱らせないよう、特に足場の高いフィールドでは注意してください。
また、魚に直接刺して固定する仕組み上、リリース前提の魚に対しては使用しないようにしましょう。

スポンサーリンク

ストリンガー人気ランキング3選【コスパ抜群】

出典:写真AC

ストリンガーは、多くのタックルメーカーから様々な種類が展開されています。
中でも人気の、おすすめストリンガーを紹介します。

【がまかつ】チヌストリンガーセット シルバー GM1307

チヌなどの大型魚向けのステンレス製のストリンガーで、フックのサイズは108mm、ロープの長さは10mです。
ビーズによってフックの間隔が広めにとってあるので、魚同士が絡みにくいのが魅力です。

【シマノ】ハンディーストリンガー3.0 RP-211R/RP-212R

フックの固定にはシマノ独自のローススナップ方式が採用されており、フックサイズは2パターンから選べます。
予備のストリンガーとカラビナが付属しているのも嬉しい点です。

【ベルモント】ストリンガー5pcs MP094

フックサイズは100mm、ロープは8m、シーバスやイシダイなどに最適の人気ストリンガーです。
安価でコスパが良く、追加用のフックを別途購入できるので安心です。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめストリンガー2選

出典:写真AC

続いて、2020年に発売された新製品のストリンガーを2つご紹介します。

【ヤマワ】パーフェクトストリンガーセットL

ショアジギングなどの大物にも対応できる太めのロープと、3つのストリンガーがセットになっています。
ロープの長さが10メートルありますので、高い位置でも問題なく使用が可能です。

また、地面に差し込むハーケーンとロープストッパーが兼用になった作りになっており、使用するだけでなく、持ち運びや収納にも便利な作りになっています。

【Largesoy】ストリンガー

フック・フローター・ワイヤー・収納ポーチ・ホルダーがセットになったストリンガーです。
ワンタッチ式のフックが10本ついています。

ワイヤーとフックはステンレス製で、耐久性も考慮された作りになっています。
こちらの商品は非常にコスパに優れているため、安価なストリンガーをお探しの方や、ストリンガーを試してみたいという方には特におすすめです。

スポンサーリンク

自作・手作りのストリンガーを使うのもおすすめ

出典:写真AC

ストリンガーは自作・手作り派というアングラーも少なくありません。
フックの数や大きさ、ロープの長さなど自分好みにできる上、材料も100均やホームセンターで安い値段で入手できるためです。
市販のストリンガーをベースに、改造する方法も存在します。

ストリンガーの作り方は、ある程度強度のあるロープに、フックをセットするだけです。
カラビナをフックの代用にする場合もありますが、できれば専用のものを使いましょう。
フックはストリンガー専用のものが市販されていますし、スイベル付きのブランチハンガーもおすすめです。

必須ではありませんが、浮きの役目をするフロートをつけておくと更に快適にストリンガーを使うことができます。
夜間などの目印になるほか、障害物に引っかかるトラブルを防いでくれます。

スポンサーリンク

ストリンガーまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】ストリンガーおすすめ人気5選!正しい使い方や自作方法をご紹介」というテーマに沿って、「ストリンガーとは?使う意味は?」「ストリンガーの選び方」「ストリンガーの使い方」「ストリンガー人気ランキング3選【コスパ抜群】」「【2020年新作】おすすめストリンガー2選」「自作・手作りのストリンガーを使うのもおすすめ」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

チヌ(クロダイ)の釣り方・コツを徹底解説!おすすめの仕掛け・餌・タックルもご紹介
様々な料理に利用でき、釣りの対象魚としても人気のあるクロダイ(チヌ)。今回、釣りラボでは、クロダイ・チヌ釣りについて、初…
磯釣りとは?釣り方のコツやおすすめのタックル・装備・仕掛け・スポットをご紹介
磯釣りとは、磯で行う釣りの総称です。今回、釣りラボでは、磯釣りで知っておくべき仕掛けや、釣れる魚、必要な道具・装備・便利…
堤防釣りのコツを徹底解説!釣れる魚やおすすめの仕掛け・ルアー・タックルもご紹介
釣り初心者の登竜門として非常におすすめな堤防釣り。今回、釣りラボでは、そんな堤防釣りの魅力やスポット、堤防釣りにおすすめ…
アングラーの意味と由来|プロアングラーになるための方法や収入も解説!
一般的に釣り人を意味するアングラー。今回、釣りラボでは、アングラーの由来や似た用語である「フィッシャーマン」との違い、プ…
ヒラマサはブリと何が違う?|レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説
【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、ヒラマサの特徴、生態、ブリとの違い、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン