ジャッカル(JACKALL)のおすすめバッカンと使い方を徹底解説!

バッカンは釣り人にとって欠かせないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、ジャッカル(JACKALL)から発売されているバッカン 、「タックルコンテナ」と釣具収納ケース、「タックルポーチ」についてご紹介します。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

バッカンとは

バッカン

出典:写真AC

バッカンとは釣りの際に使用するプラスチック製の容器のことです。
耐久性・耐水性に優れた素材で作られていて、様々な用途に使用されます。

バッカンの使い方・使い道

バッカンには以下のような使い道があります。

  • タックルの収納
  • コマセ作り
  • 生き餌や釣った魚の保管
  • 水汲みや、釣った魚の血抜き

バッカンの選び方

ここでは、バッカンの選び方についてまとめています。

選ぶポイント1:サイズ

バッカンは横幅36cmと40cmのものが使いやすいサイズで、販売されている種類も多いです。
ほかには、20cm前後の小さなサイズと45cm以上の大きなサイズがあります。

36cm、40cmのバッカンは汎用性が高く、一つは持っておきたいバッカンです。
20cmほどの小型のバッカンは海水を汲むのに便利です。
45cm以上の大きなタイプは、荷物の多いオフショアゲームでタックルケースとして活躍します。

選ぶポイント2:ハードタイプかソフトタイプか

バッカンには、耐久性の高いプラスチック製のハードタイプとビニール製で折り畳めるソフトタイプがあります。

タックルケースやコマセ作りに使用するならハードタイプ、水汲みに使用するならソフトタイプが適しています。

選ぶポイント3:機能性

バッカンの中には便利な機能がついているものがあります。
選ぶ前に、どの機能が付いているかを確認するようにしましょう。

ショルダーベルト付き

バッカンを肩にかけて運べるので持ち運びが楽になります。
ベルトは耐水性がある素材で作られているので海釣りでも安心です。

ロッドホルダー付き

一時的にロッドを差しておけるロッドホルダーが付いているバッカンです。
ロッドを地面に直置きしないので、ロッドやリールが傷つきません。

エアーポンプ収納スペース付き

釣った魚や活き餌を生かしておくためのエアーポンプを設置できるバッカンです。
活かしバッカンとも呼ばれています。
中で魚が泳ぎ回っても傷つきにくい丸型の活かしバッカンもあります。

スポンサーリンク

【ジャッカル(JACKALL)】タックルコンテナ(バッカン)

バッカン

出典:写真AC

ルアーフィッシング用品に定評のあるジャッカルが販売している、ハードタイプのタックルバッカン。
黒地に白抜きのジャッカルのロゴが印象的です。

ジャッカルのタックルコンテナは耐水性に優れた素材で作られており、場所を選ばず使用できます。
また長さの調節がワンタッチでできるショルダーベルトと、小物を仕分けるのに便利な専用トレーが付属しています。

ジャッカルのタックルコンテナには、サイズが異なる3つのモデルがあります。

ショアゲームモデル

1つ目はショアゲームモデルで、管理釣り場や岸で行うライトゲームに最適です。

バッカンの横幅は34cmで使いやすい大きさです。
ジャッカルのタックルコンテナの中では、機動性の高さが魅力のモデルです。
2本のロッドホルダーが標準装備されています。

ボート&カーモデル Mサイズ

2つ目はボート&カーモデルMサイズです。

ジャッカルのボート&カーモデルMサイズは、横幅が50cmの大型のバッカンで車に積み込んで持ち運ぶのを想定して作られました。
荷物をまとめて収納でき、レンタルボートで行うバス釣りやコンパクトな装備で行うオフショアフィッシングに適しています。

ボート&カーモデル Lサイズ

3つ目はボート&カーモデルLサイズです。

横幅は同モデルのMサイズと同じ50cmですが、高さが約4cm高くなっています。
タックルコンテナボート&カーモデルLサイズは、本格的なオフショアゲームや、ビッグベイトゲームといった必要な道具が多い釣りで活躍するでしょう。

スポンサーリンク

【ジャッカル(JACKALL)】タックルポーチ

タックル

出典:写真AC

タックルポーチは、ルアーやライン、ハサミなどの小物を収納するポーチです。
タックルポーチの大きさにはSとLの2種類があります。

SサイズはタックルコンテナのショアゲームモデルM・Lサイズに4つ入れるのにピッタリの大きさです。
Lサイズはタックルコンテナのボート&カーモデルM・Lサイズに4つ入ります。

タックルポーチは便利なだけではなく、手頃な価格も魅力です。
まとめて購入して、釣りの種類やアイテムごとに必要なものを収納しておけば、タックルポーチごとタックルコンテナに詰めることができるので準備の手間が省けておススメです。

スポンサーリンク

ジャッカル(JACKALL)のおすすめバッカンまとめ

バッカン

出典:写真AC

スポンサーリンク

バッカンとは

バッカン

出典:写真AC

バッカンとは釣りの際に使用するプラスチック製の容器のことです。
耐久性・耐水性に優れた素材で作られていて、様々な用途に使用されます。

バッカンの使い方・使い道

バッカンには以下のような使い道があります。

  • タックルの収納
  • コマセ作り
  • 生き餌や釣った魚の保管
  • 水汲みや、釣った魚の血抜き

バッカンの選び方

ここでは、バッカンの選び方についてまとめています。

選ぶポイント1:サイズ

バッカンは横幅36cmと40cmのものが使いやすいサイズで、販売されている種類も多いです。
ほかには、20cm前後の小さなサイズと45cm以上の大きなサイズがあります。

36cm、40cmのバッカンは汎用性が高く、一つは持っておきたいバッカンです。
20cmほどの小型のバッカンは海水を汲むのに便利です。
45cm以上の大きなタイプは、荷物の多いオフショアゲームでタックルケースとして活躍します。

選ぶポイント2:ハードタイプかソフトタイプか

バッカンには、耐久性の高いプラスチック製のハードタイプとビニール製で折り畳めるソフトタイプがあります。

タックルケースやコマセ作りに使用するならハードタイプ、水汲みに使用するならソフトタイプが適しています。

選ぶポイント3:機能性

バッカンの中には便利な機能がついているものがあります。
選ぶ前に、どの機能が付いているかを確認するようにしましょう。

ショルダーベルト付き

バッカンを肩にかけて運べるので持ち運びが楽になります。
ベルトは耐水性がある素材で作られているので海釣りでも安心です。

ロッドホルダー付き

一時的にロッドを差しておけるロッドホルダーが付いているバッカンです。
ロッドを地面に直置きしないので、ロッドやリールが傷つきません。

エアーポンプ収納スペース付き

釣った魚や活き餌を生かしておくためのエアーポンプを設置できるバッカンです。
活かしバッカンとも呼ばれています。
中で魚が泳ぎ回っても傷つきにくい丸型の活かしバッカンもあります。

スポンサーリンク

【ジャッカル(JACKALL)】タックルコンテナ(バッカン)

バッカン

出典:写真AC

ルアーフィッシング用品に定評のあるジャッカルが販売している、ハードタイプのタックルバッカン。
黒地に白抜きのジャッカルのロゴが印象的です。

ジャッカルのタックルコンテナは耐水性に優れた素材で作られており、場所を選ばず使用できます。
また長さの調節がワンタッチでできるショルダーベルトと、小物を仕分けるのに便利な専用トレーが付属しています。

ジャッカルのタックルコンテナには、サイズが異なる3つのモデルがあります。

ショアゲームモデル

1つ目はショアゲームモデルで、管理釣り場や岸で行うライトゲームに最適です。

バッカンの横幅は34cmで使いやすい大きさです。
ジャッカルのタックルコンテナの中では、機動性の高さが魅力のモデルです。
2本のロッドホルダーが標準装備されています。

ボート&カーモデル Mサイズ

2つ目はボート&カーモデルMサイズです。

ジャッカルのボート&カーモデルMサイズは、横幅が50cmの大型のバッカンで車に積み込んで持ち運ぶのを想定して作られました。
荷物をまとめて収納でき、レンタルボートで行うバス釣りやコンパクトな装備で行うオフショアフィッシングに適しています。

ボート&カーモデル Lサイズ

3つ目はボート&カーモデルLサイズです。

横幅は同モデルのMサイズと同じ50cmですが、高さが約4cm高くなっています。
タックルコンテナボート&カーモデルLサイズは、本格的なオフショアゲームや、ビッグベイトゲームといった必要な道具が多い釣りで活躍するでしょう。

スポンサーリンク

【ジャッカル(JACKALL)】タックルポーチ

タックル

出典:写真AC

タックルポーチは、ルアーやライン、ハサミなどの小物を収納するポーチです。
タックルポーチの大きさにはSとLの2種類があります。

SサイズはタックルコンテナのショアゲームモデルM・Lサイズに4つ入れるのにピッタリの大きさです。
Lサイズはタックルコンテナのボート&カーモデルM・Lサイズに4つ入ります。

タックルポーチは便利なだけではなく、手頃な価格も魅力です。
まとめて購入して、釣りの種類やアイテムごとに必要なものを収納しておけば、タックルポーチごとタックルコンテナに詰めることができるので準備の手間が省けておススメです。

スポンサーリンク

ジャッカル(JACKALL)のおすすめバッカンまとめ

バッカン

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ジャッカル(JACKALL)のおすすめバッカンと使い方を徹底解説!」というテーマに沿って、「バッカンとは」「【ジャッカル(JACKALL)】タックルコンテナ(バッカン)」「【ジャッカル(JACKALL)】タックルポーチ」「バッカンとは」「【ジャッカル(JACKALL)】タックルコンテナ(バッカン)」「【ジャッカル(JACKALL)】タックルポーチ」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】釣りバッカンおすすめ12選!選び方や使い方を徹底解説|ダイワ・シマノの人気商品も
バッカンは、餌・タックルの収納や魚の保管などができる、釣り人には欠かせないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、バッカ…
タックルとは?釣りで大活躍のコスパ最強タックル・釣具の選び方をご紹介
どのようなタックルを選ぶべきのか?という問題は、釣り初心者が最初にぶつかる壁です。今回、釣りラボでは、タックルの意味、種…
【2020年】活かしバッカンおすすめ9選をタイプ別に紹介!ダイワ・シマノの人気商品や自作方法も
活かしバッカンは、釣った魚や生エサの保管などができる、釣り人には欠かせないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、活かし…
【2020年】ジャッカルロッドおすすめ16選!バス・ソルト・穴釣りモデルなどを紹介
ジャッカルロッドのおすすめや目的別のモデルはどう選べばいいでしょうか?釣りラボでは今回、ジャッカルロッドについて【bpm…
ダイワ(DAIWA)のおすすめバッカン15選と使い方を徹底解説!
バッカンは釣り人にとって欠かせないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、ダイワ(DAIWA)から販売されているバッカン…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン