【2020年】イカメタルにおすすめのリール9選!電動・ベイト・スピニング

イカメタルは、スッテを用いてケンサキイカやアオリイカなどを釣る釣り方です。そんなイカメタルはロッドやリールの選び方次第で釣果が変わってきます。今回釣りラボでは、イカメタル用のリールに焦点をあて、人気の高いリールや選び方、2020年の新作、代用品などをご紹介しています。

リール
スポンサーリンク

そもそもイカメタルとは?

イカ

出典:写真AC

イカメタルは、鉛スッテと呼ばれる、カンナがついた棒状の金属を仕掛けの本線端末につけ、その1m程度上に、ウキスッテと呼ばれる軽量スッテをエダスの先に取り付け、イカをオフショアで狙う釣りです。

イカメタルは、もともと若狭湾で流行っていた鉛スッテの単独使用によるイカ釣りをベースに、釣具メーカーのダイワが改良し、ゲーム性を高めたものと言われています。

イカメタルの魅力は、イカの群れを探し出してスッテ仕掛けを直撃させるため、数釣りが期待できることです。
上手い人は100パイ以上釣り上げることもあります。

イカメタルで釣れるイカの種類

イカメタル仕掛け自体はどんなイカでも釣れますが、オフショアで魚探を使い群れを探し出して仕掛けを投入する釣りですので、基本は大きな群れを作るイカがターゲットとなります。

具体的にはヤリイカ、スルメイカ、ケンサキイカあたりとなるでしょう。

イカメタルの時期・時間帯

イカメタルの時期は、ターゲットとするイカの種類によります。

地域差はありますが、一番早いのがヤリイカで、冬〜春にかけてがシーズンとなり、次にスルメイカが春〜夏にかけて、最後にケンサキイカが夏〜秋にかけてシーズンとなります。

時間帯は、基本は夜釣りです。
船から集魚灯を海面に照射し、光に集まってきたプランクトンを捕食しに来たベイトフィッシュを狙ってイカが中層以上まで浮いてきます。
そうしたイカを狙います。

昼間のイカメタル船もありますが、日中は基本ボトム狙いとなります。

スポンサーリンク

イカメタル用のリールの選び方

リール

出典:写真AC

イカメタルに使用するリールは、ベイトリールをおすすめします。
ラインキャパは現場の水深の2倍が最低必要量です。

スピニングリールでもできなくはないですが、イカメタルはバーチカル(垂直方向)を攻略する釣りですので、糸ヨレがほとんど起こらないベイトリールの方がトラブルが少ない釣りができます。
また、カウンター付きのベイトフィッシュであれば、魚探でサーチしたイカの群れの中に正確にスッテを投入でき、効率の良い釣りができます。

選ぶポイント1:リールタイプ

イカメタル専用のリールというものはありませんが、リールタイプはベイトリールを選びましょう。

カウンター付きのベイトリール

糸が出た長さを計測して表示するカウンターがついたベイトリールがイカメタルの理想のリールです。

カウンター無しのベイトリール

カウンターが付いていなくてもベイトリールを選びましょう。
5m毎に色分けされ、さらに1m毎にマーカーがついたラインを使用すれば、それなりの精度で糸の出た長さを測ることができます。

スピニングリール

スピニングリールは基本、おすすめできません。
糸が出た量を把握することが難しいのと、糸ヨレが起きやすいことが理由です。

唯一、使うケースがあるとすれば、スッテを船上からキャストするようなケースですが、めったにあることではありません。

選ぶポイント2:ラインキャパシティ

ラインキャパシティは、現地の水深によりますが、イカメタル仕掛けに使う鉛スッテは、あまり重量がなく、潮の影響で流されやすいため、少なくとも水深の2倍は必要です。

選ぶポイント3:リールの番手

イカメタルは、ゲーム制の高い釣りで、ポイントに投入したスッテにアクションを加えるため、大きくて重いリールは使いづらいでしょう。

ラインキャパとの兼ね合いもあり、番手選びは難しいのですが、水深100m未満の海域であれば1000番(ダイワでは10番台)、100〜300m程度であれば2000番(ダイワでは20番台)、それ以上の水深の場合は5000番以上の電動リールを使用しましょう。

選ぶポイント4:リールの重量

リールの重量は、軽ければ軽いほど良いのですが、ボディ材質により、剛性を確保するためのハウジングの肉厚が変わってきますので、一概に軽ければ良いというものでもありません。

1000番クラスのベイトリールであれば200g前後が良いと思います。

選ぶポイント5:巻き上げの力とスピード

巻き上げの力と巻き上げのスピードは反比例します。

ギア比が低ければ、巻き上げスピードは遅いものの、バワフルな巻き上げが可能となります。
ギア比が高ければ、巻き上げスピードは速くなくなるものの、パワーは低下します。

イカメタルでは、ハイギアタイプのをおすすめします。
イカの群れに当たったら、手返しよく釣りたいですので、少しでもスピードのあるリールを使って、仕掛けを打つ回数を増やしたいです。

選ぶポイント6:ハンドルの位置

ハンドルは、エギングなどではおなじみのダブルハンドルと、通常のシングルハンドルがありますが、正直、一長一短です。

ダブルハンドルは、ハンドルストロークが短いため、アングラーの回転が等速で安定しやすいメリットがありますが、ハンドルノブが二つ付いているのは正直邪魔です。
シングルハンドルは、ハンドルストロークが長いため、パワフルな巻きが可能ですが、回転が安定しないデメリットがあります。

イカメタルでは、ダブルハンドルを使う人が圧倒的に多いと思いますが、好みで使えば良いと思います。

有名なリールメーカーから選ぶという手も

イカメタル専用リールというものはありませんが、イカメタルに適しているリールを販売しているメーカーはたくさんあります。
というより、すべてのメーカーでイカメタルに使えるリールを販売しているでしょう。

そんな中で、イカメタルゲームを開発したダイワを筆頭に、シマノ、アブガルシアのベイトリールに定評があります。

スポンサーリンク

おすすめのイカメタル用リール7選

リール

出典:写真AC

ここから、イカメタルに適したリールを紹介していきます。

【ダイワ】LIGHT SW X IC (カウンター付き)

剛性の高いメタルフレームを採用し、たわみのないパワフルなやり取りができる、ハイコストパフォーマンスのカウンター付きベイトリールです。

【ダイワ】スパルタン IC (カウンター付き) 150H (右ハンドル)

スーパーメタルフレーム採用でさらに剛性を高めたライトSWゲーム用カウンター付きベイトリールです。

【ダイワ】ティエラ IC (カウンター付き) 105XH (右ハンドル)

ダイワ独自開発のカーボン繊維強化プラスチック・ZAIONをメインフレームに使用し、自重165gという驚きの数字を叩き出したハイスペックモデルです。

【シマノ】バルケッタ BB(カウンター付き) 300HGDH(右ハンドル)

シマノのカウンター付きハイコスパベイトリールです。
シングルハンドル仕様のパワーギアモデルもあります。

【シマノ】グラップラー CT(カウンター付き) 150XG(右ハンドル)

フォールスピードを変えられるレバーがついた攻撃的モデルです。
HAGANEギアとロングシングルハンドルの組み合わせでパワーを活かしたファイトが可能です。

【アブガルシア】REVO ALC IB7(左ハンドル)

アルミフレームと超々ジュラルミンの組み合わせで、剛性を確保したまま大幅な軽量化を達成、驚異の149gを実現しました。

【アブガルシア】REVO BEAST 41HS-L(左ハンドル)

オールアルミフレームと大口径ギアにより、大物との激しい攻防を可能にしたパワーモデルです。
さらにパワフルなファイトを可能にするスペアハンドルが付属されています。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめイカメタル用リール2選

イカ

出典:写真AC

続いて、2020年に発売された新製品のイカメタルリールを2つご紹介します。

【UncleHu】FB100

ハンドルはシングルハンドル、ダブルハンドルの2個付き、スプールもディープスプールとシャロースペースの2個付きで、幅広い釣りに対応する、低コストベイトリールですが、価格を感じさせない質感とパワーを兼ね備えたモデルです。

メカニカルブレーキとマグネットブレーキの2種のブレーキを備え、キャストも可能です。

7.1:1のハイギアタイプのため、イカメタルのみならず、タイラバ、ひとつテンヤ、ジギングなどもこなし、使い勝手の良いベイトリールです。

【BARSDAR】CLAMBER

バス用のベイトリールでありながら、イカメタルゲームも十分にこなせる汎用性の高い中国メーカー製リールです。
アマゾンレビューのポイントの高さが最大の魅力です。

防食性の高いボールベアリングを9つも使用し、滑らかな回転性能が長く続く耐久性を有しています。

ボディコアにはアルミ合金を、ボディカバーにはカーボン繊維強化ナイロン樹脂を使用し剛性を確保しています。
それでいて、自重169gの軽量設計です。

ラインキャパもPE8lbで200m巻くことができますので、水深100m程度までのオフショアも対応可能です。

スポンサーリンク

イカメタルのリールは他リールでも代用できる?

リール

出典:写真AC

イカメタルのリールは、タイラバ用、あるいはひとつテンヤ用のベイトリールでも代用が利きます。

【ダイワ】紅牙 IC (カウンター付き) 100P-RM (右ハンドル)

カウンター付きのタイラバ用ベイトリールです。
ギア比4.9:1のパワーギアタイプでイカの連掛けにも慌てずに対応出来ます。

【シマノ】炎月BB 100HG(右ハンドル)

シマノ独自開発のカーボン繊維強化プラスチックであるCl4+をボディ材質に使用し、185gの自重を達成したハイコスパタイラバリールです。
カウンターは非搭載です。

スポンサーリンク

リール以外のイカメタルに必要な道具・仕掛け

リール

出典:写真AC

最後に、リール以外でイカメタルに必要な道具・タックル・仕掛け・スッテを紹介します。

イカメタル用のロッド

ロッドはイカメタル専用のものが各社から発売されています。
いかイカメタル用ロッドは、ティップの感度が非常に重要になります。
出来ればソリッドティップのロッドが良いでしょう。

【アブガルシア】オーシャンフィールド IKAMETA OFIS-682LS

イカメタル専用ロッドですが、ボートアジング、ライトタイラバ、ひとつテンヤなど、さまざまなオフショア釣りに対応するハイコスパロッドです。

【メジャークラフト】3代目 クロステージ 鉛スッテ CRXJ-B702H/NS 7.0フィート

イカメタルの中で、オモリグという、中オモリ式のスッテ仕掛けに特化したロッドです。
これまでは気づかなかった小さなアタリを確実に捉えます。

イカメタル用のライン・リーダー

イカメタルでは、メインラインはPE0.4〜0.8号くらいまでの細いものを使います。
イカメタル専用のラインは、高張力・高密度で編み上げられたものが多く、同じ号数でも、引っ張り強度が強いものが多いです。

【ゴーセン】PEライン イカメタル 0.4号(8lb)210m

イカメタル専用の高張力ラインです。
3色にカラーリングされたラインは他のラインとは少し使い勝手が異なるため、慣れが必要です。

【DUEL】フロロライン 3号 イカリーダー スナップ付 1本枝

全長1mのリーダー部の先端に鉛スッテを、鉛スッテの80cm上部からエダスが1本出ているので、そこにウキスッテを取り付けます。

鉛スッテ・浮きスッテ(仕掛け)

鉛スッテは現地の水深によって重さを使い分けますが、ロッドの錘負荷を越える重量のものは避けましょう。
ロッドが破損する恐れがあります。

【ダイワ】エメラルダス イカメタルスッテ リフレクト夜光 75g (20号)

夜釣りに威力を発揮する夜光タイプの鉛スッテです。
以下のものは刺さりの良い「SaqSasカンナ」で、フッキング率、ランディング率が向上しています。

【ヨーヅリ】浮きスッテカン布巻 TY2 4.0号

吸水性ゼロの布巻き浮きスッテです。
水深150mまで沈めても水圧で潰れない構造をしています。

スポンサーリンク

イカメタルのリールのまとめ

リール

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】イカメタルにおすすめのリール9選!電動・ベイト・スピニング」というテーマに沿って、「そもそもイカメタルとは?」「イカメタル用のリールの選び方」「おすすめのイカメタル用リール7選」「【2020年新作】おすすめイカメタル用リール2選」「イカメタルのリールは他リールでも代用できる?」「リール以外のイカメタルに必要な道具・仕掛け」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
【2020年】おすすめのベイトリール9選!選び方・使い方・投げ方もご紹介
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2020年】スピニングリールおすすめ10選!特徴・選び方・使い方もご紹介
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…
【2020年】シマノ・ダイワのおすすめ電動リール6選!選び方や使い方もご紹介
電動リールは、電動で巻き上げを行うことができるリールのことです。今回、釣りラボでは、電動リールについて、ジギング・ワカサ…
【2020年】おすすめのタイラバリール12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品をご紹介
近年全国で人気が急上昇中のタイラバ(鯛ラバ)。今回、釣りラボでは、タイラバリールの選び方、人気メーカー、コスパ抜群のおす…