【2024年】安いキャリーカートおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も

アウトドアシーンであると便利なキャリーカート。できるだけ安く手に入れたい方必見です!今回、キャンプライクでは、安いキャリーカートの特徴、おすすめの安いキャリーカート、コスパ最強製品、2024年シーズンに向けた新製品の安いキャリーカートをご紹介します。

スポンサーリンク

安いキャリーカートの選び方

TMZ アウトドア用キャリーカート 折りたたみ式 アウトドアワゴン 屋根付き 100L 大容量 耐荷重120kg 組み立て不要 ワイルド マルチキャリー(グリーン)

キャンプやピクニックなどアウトドアを行う際は、キャリーカートが1台あると荷物の持ち運びに便利です。
しかしアウトドアの頻度は多くないから、キャリーカートを買おうか迷っているという方も多いのではないでしょうか。
本記事ではそんな方のために、安いキャリーカートをご紹介します。

選ぶポイント1:大きさで選ぶ

まずはじめに安いキャリーカートを選ぶ際の1つ目のポイントは、大きさで見て選ぶということです。
積載量の多いキャリーカートの方が荷物を沢山積むことができ、一見便利にみえるかもしれません。

しかし、大きすぎるキャリーカートは本体重量が重く、持ち運びを不便に感じることもあるでしょう。
普段何をキャリーカートに入れるのか考えて、大きさを選ぶことが大切です。

選ぶポイント2:耐荷重で選ぶ

次に安いキャリーカートを選ぶ際の2つ目のポイントは、耐荷重です。
キャリーカート内に収まるものでも、耐荷重以上の荷物を入れてしまうとタイヤが折れ使えなくなってしまう可能性があります。
どれくらいの重さのものを入れるのか想定しながら、安いキャリーカート選びを行いましょう。

選ぶポイント3:使用用途で選ぶ

最後に安いキャリーカートを選ぶ際の3つ目のポイントは、使用用途です。
キャリーカートはワゴンタイプのものやボックスタイプのものなど、形状が豊富です。
使用用途にあったキャリーカートを選ぶことで、快適に利用することができるでしょう。

スポンサーリンク

【2024年最新版】安いキャリーカートおすすめ人気6選

JPROYI 超コンパクトキャリーカート 折りたたみ式 軽量 クロストート4WD 旅行用品 固定ロープ付き 静音 ハンドキャリー(贈り物:ナップサック)(S)

前述では、安いキャリーカートを選ぶ際のポイントについてご紹介しました。
しかし、安いキャリーカートで調べると種類が多すぎて、どれを選んで良いのか分からないという方も多いはずです。

ここでは2021年2022年のデータをもとに、最新版おすすめ人気の安いキャリーカートをご紹介します。
ランキング上位のものや新作のものも紹介しますので、ぜひ安いキャリーカート選びの参考にして下さい。

JPROYI

【JPROYI】超コンパクトキャリーカート

バラエティハンドルとマルチ調整ノブの2種類がついているのが特徴の安いキャリーカートです。
使用用途に合わせて、引っ張って動かすことも押して動かすことも可能です。
日差しの強い日の木陰になったり、小雨の日の雨避けになったりする屋根が付いているのも嬉しいポイントとなっています。

不二貿易(Fujiboeki)

【不二貿易】折りたたみキャリーカート

軽量でコンパクトな形状が特徴の安いキャリーカートです。
折り畳み式で専用のナップサックにすっぽりと収納できるため、持ち運びが便利です。
キャリーカートを使用して、段ボールや箱型のものを移動したいと考えている方に特におすすめのキャリーカートだといえるでしょう。

HUNDRUP

【HUNDRUP】キャンプハンマー

こちら安いキャリーカートは丸洗い可能な生地を採用しているため、お手入れが簡単です。
また、引っ張って簡単に折り畳むことができるのも嬉しいポイントといえるでしょう。
キャンプだけでなくピクニックや釣りなど、さまざまなアウトドアシーンで利用可能な多機能キャリーカートとなっています。

【iimono117】超コンパクトキャリーカート

アウトドアだけでなく、買い物などでも活躍してくれるボックス型の安いキャリーカートです。
プラスチック製となっているため、汚れてもお手入れが簡単です。
ソロや少人数のキャンプでおすすめの安いキャリーカートだといえるでしょう。

Taimonik

【Taimonik】自立式キャリーワゴン

こちらの安いキャリーカートの特徴は、なんといってもその小ささです。
折り畳むと手のひらサイズに収納できるため、普段のリュックや車などに常備しておきたいアイテムとなっています。
耐荷重は20kgと一般的なキャリーカートに比べると少な目ですので、大量に乗せすぎないように注意しましょう。

ノーブランド品

【outdoors107】四輪トロリーカート

こちらのキャリーカートは後ろを倒すことができるため、タープやテーブルなど長めのものも収納可能です。
大型のタイヤを採用しており滑りにくいだけでなく耐久力も高く、どんなシーンでも使用することが出来るでしょう。
これだけ多機能でありながら、1万円を切る安い価格となっているのもこちらのキャリーカートがおすすめの理由となっています。

スポンサーリンク

安いキャリーカートについてまとめ

不二貿易 キャリーカート 折りたたみ ショッピングカート 幅40×奥行30.5×高さ87cm カーキ アウトドア コンパクト 耐荷重25kg 86108

いかがでしたでしょうか?

今回「【2024年】安いキャリーカートおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 安いキャリーカートの選び方
  • 【2024年最新版】安いキャリーカートおすすめ人気6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、キャンプに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、キャンプに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2024年】超軽量コンパクトキャリーカートおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
1台あれば重宝します!超軽量コンパクトキャリーカート厳選集!今回、キャンプライクでは、超軽量コンパクトキャリーカートの特...
https://camp-like.jp/tent/2299
...
https://camp-like.jp/cookware/1732
...
【2024年】安いテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
テントを安く手に入れたいと思っている方にお得な情報をお届けします!今回、キャンプライクでは、安いテントの特徴、おすすめの...
【2024年】安いタープおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
安いタープをお探し方必見!これを読めばお気に入りがきっと見つかります!今回、キャンプライクでは、安いタープの特徴、おすす...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

収納ボックス/ラック
釣りラボマガジン