アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!

アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!

初心者でも比較的始めやすく、人気の高いアジング。今回、釣りラボでは、アジングの魅力や釣り方アクションを紹介した上で、アジングにおすすめのタックル・仕掛けをご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。



アジングとは?

アジング

出典:写真AC

アジングとは、ルアーを使ってアジを釣る海釣りです。
アジは生き餌・撒き餌を使ったサビキ釣り・フカセ釣りやジグサビキがポピュラーですが、アジングではオモリと針がセットになったジグヘッドとワームというソフトルアーを使います。
堤防やテトラ、サーフや乗合船からでも行うことができ、初心者でもライトタックルで挑戦できる手軽さが魅力です。

>>>こちらの記事も読まれています
アジ釣りの始め方|おすすめの釣り方4選・道具・餌・時期【初心者必見】

アジの特徴・生態

アジ科にはたくさんの種類のアジがいますが、アジングでターゲットとなるアジはスーパーや食卓でもお馴染みのマアジです。
北海道から九州南部にかけて生息しており、大きいものでは50センチほどに成長します。
10センチ以下のアジは関東では豆アジ、徳島ではアジゴ、逆に1キロ以上のアジは兵庫淡路島の一部ではオニアジとも呼ばれます。

アジの中でも、エサを求めて回遊魚するアジと岩礁帯に居つくアジがいます。
プランクトンやイソメ、エビやカニ、イカや小魚を食べるフィッシュイーターです。
ナイトゲームでは、光に集まったエサ目当てにアジが集まるため釣れやすいという特徴があります。

アジ釣りにおすすめのスポット・釣り場

アジは漁港や堤防、防波堤などのある程度深さのある場所の集まります。
そういった場所は足場も良く灯りもあるので、アジング初心者にはおすすめです。
千葉県の外房・内房、聖地とも呼ばれる福井県敦賀、静岡県沼津港、山形県周防大島、福岡県宗像市、佐賀県呼子などがメジャーな釣り場として知られています。

アジが釣れる時期・時間帯

アジングは一年中楽しめる釣りではありますが、釣れないという場合は釣れやすい時期や季節、時間帯に照準を合わせてみましょう。

時期・季節(春・夏・秋・冬)

春は、アジが産卵を終えているかどうかで食いつきにかなり差が出ます。
産卵前であればエサをよく食べるので、事前にポイントの情報を仕入れましょう。
6月頃の初夏から活性が高くなり、小型のアジが数多く釣れるようになります。

秋はアジの活性も高くサイズも大きくなってくるため、最もアジングにおすすめのシーズンです。
冬になると活性が下がるので釣るのが難しくなりますが、油の乗った大型のアジを狙いたいという場合は挑戦してみてください。

時間帯(朝・昼間・夜)

アジングに最も適しているのは、灯りに集まったエサを食べようとアジが活発になる夜間です。
活性が高く、群れで泳ぐアジの中にキャスティングできるのでおすすめです。
同じくエサにアジが集まる朝マズメの時間帯でも構いません。

昼間でも釣れないことはありませんが、アジが回遊しているところを狙う必要があるため、潮の流れをよく見極めましょう。

アジングの釣り方・アクション

アジング

出典:写真AC

アジングでは、飛距離はかなり重要な要素です。
ジグヘッドを使った仕掛けの場合、遠投性に優れたキャロライナリグにしてみましょう。
体でキャストするのではなく、手首の動きでロッドをしならせて素早くキャストするのがコツです。

アジングのアクションについては、そこまでテクニックを要するものは必要ありません。
基本的なリフト&フォールの動きで十分に釣れます。
途中でロッドを静止させ、アジが食いつくための待ちの時間を取るのが大切です。

分かりやすいYouTubeの動画を紹介しますので、参考にしてみてください。

8:25辺りからが、基本的なアクションについての解説です。
(以下は8:20から再生。)



こちらは1:22辺りからがアクションについての解説があります。
(以下は1:20から再生。)



鮮度を保つため、釣ったアジは早めに血抜きをして氷水で締めましょう。

アジングにおすすめのタックル・仕掛け

アジング

出典:写真AC

アジングにおすすめのタックル・仕掛けを紹介します。
以下のタックルの他にも、フィッシュグリップやタモ・ランディングネット、クーラーボックス、針外しや手袋などの小物も必需品です。

>>>こちらの記事も読まれています
【初心者必見】アジングの仕掛けについて|種類・選び方・作り方を徹底解説

アジングロッド(釣竿)

アジングには、感度が良く軽いロッドが適しています。
初心者の場合は6フィートから7フィートまでの短めのロッドを、遠投性を重視したい場合は、7フィートから8フィートまでの長めのロッドを選びましょう。

エギングロッドやシーバスロッドでも、7フィート前後の柔らかめの竿に重めのアジング仕掛けを使うのであれば、代用は可能です。
しかし豆アジなどの小さなアタリを逃さないためにも、初心者にはアジングロッドをおすすめします。

【アブガルシア】アジングロッド STAS-592LS-KR

6フィートに満たない短さの初心者向けアジングロッドです。
片手で操れる軽さと、軽いジグヘッドでもしっかりアクションさせられる操作性の高さから、豆アジの数釣りに最適です。



>>>こちらの記事も読まれています
エギングの始め方|時期・タックル・道具・仕掛け【初心者必見】

アジングリール

アジングのリールには小型で軽いものを選んでください。
手返しの早いベイトリールでも良いですが、初心者の場合は軽さを重視してスピニングリールをおすすめします。

【ダイワ】リール 18 月下美人 MX LT2000S

アジングと言えばダイワの月下美人を思い浮かべるアングラーも多いでしょう。
自重も巻き心地も軽いライトゲームの定番スピニングリールです。



アジングリーダー

アジングでPEラインを使用する場合、ショックリーダーが必要です。
PEラインとリーダーを直接繋ぐ場合はfgノットや8の字結び、サルカンを使う場合は完全結び(漁師結び)やユニノットなどの結び方が適しています。

【ダイワ】月下美人 リーダー 30m

同じくダイワの月下美人シリーズから、アジング向けのフロロカーボンラインです。
ノットが作りやすい3lb(0.8号)程度の太さを選びましょう。



ライン(PE・ナイロン・フロロカーボン)

PEラインは複数本の繊維で編まれた強度があり細い糸なので、アジングにおすすめです。
アジングには0.2号前後の太さが適しています。

【DUEL】アーマード F アジ

摩擦に弱いという弱点を持つPEラインですが、こちらのラインはフロロとシリコンを融合させており耐久性と滑り性に優れています。
ライントラブルが少なく飛距離が伸びやすい点も魅力です。

ナイロンラインはライントラブルが少なく安価ですが、伸びやすいため感度が悪くいというデメリットもあります。
アジングで使用するのであれば、太さは1号前後を選びましょう。
フロロカーボンラインは根ずれに強いですが飛距離が出ないので、アジングのメインラインには向きません。



ジグヘッド

ジグヘッドは、単体でも仕掛けでも用いるアジンのベースです。
まずは1グラム程度のものから選び、現場の状況によって重さを変えられるようにしておきましょう。
丸型や矢尻型など、形状にも違いがあります。

【JACKALL】スイスイ スイムジグヘッド

アジング用にリリースされたジグヘッドで0.4グラムから2.1グラムまで展開されています。
ワームがずれにくい短めのフックとコスパの良さが魅力です。



アジングルアー・ワーム

アジングの仕掛けには、ワームというソフトルアーを使用します。
アジが吸い込みやすい素材で、真っ直ぐなストレートやピンテールなどのワームがおすすめです。

【エコギア】アジ職人 アジマスト

素材の柔らかさが特徴のアジング用ピンテールワームです。
色のバリエーションも豊富ですが、まずはクリア系を試してください。
アジへのアピール力のあるグロウ系も用意しておくと夜間でも安心です。

ジグヘッドとワームではなく、金属製ルアーのメタルジグを使ってアジを釣ることもあります。
金属製なので飛距離が伸び、素早く仕掛けがフォールします。
アシストフックが必要な点と、重量があるのでライトタックルには適さないことを覚えておきましょう。



アジングの始め方まとめ

アジング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!」というテーマに沿って、「アジングとは?」「アジングの釣り方・アクション」「アジングにおすすめのタックル・仕掛け」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。


スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【初心者必見】アジングの仕掛けについて|種類・選び方・作り方を徹底解説
【アジング初心者必見】アジング専用の仕掛けが近年数多く登場しています。今回、釣りラボでは、アジングの仕掛けの種類(ジグヘ…
アジングラインの選び方|おすすめ8選・PE・フロロ・ナイロン・エステル
アジングをする際に活躍するアジングライン。今回、釣りラボでは、アジングラインの特徴、種類、選び方、リーダーとの結び方、初…
アジングワームおすすめ12選【色・サイズ】|選び方・付け方もご紹介
アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース…
アジングにおすすめのコスパ最強タックルと選び方|ロッド・リール・ライン
釣り初心者でも敷居が低く始めやすいことで人気なアジング。今回、釣りラボでは、そんなアジングに使用するタックルの選び方やお…
アジ釣りの始め方|おすすめの釣り方4選・道具・餌・時期【初心者必見】
アジは、釣りの対象としてとても人気の魚です。今回、釣りラボでは、そんなアジの釣り方について、代表的なおすすめの釣り方(サ…

アジングに関連する記事一覧

アジングに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、アジングに関連する様々な記事を多数掲載しておりますので、必要な情報を集めることができます。

バスロッドのおすすめメーカー13選!選び方や初心者向けも紹介

おすすめメーカーや目的にあったバスロッドはどのように選べばいいでしょうか?釣りラボでは今回、バスロッドについて【人気メーカー】【初心者向け】【コスパ最強】別に解説します。釣り初心者も必見の内容になっていますので、最後までぜひご覧ください。 ...

【ワラサの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、ワラサの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、おすすめのレシピや人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。 ジギング ワラサとは?その特徴・生...

【深海魚】アブラボウズのレシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、アブラボウズの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。 ロッド アブラボウズ...

【2020年】おすすめのベイトフィネスロッド9選|ダイワ・シマノ

ベイトフィネスロッドでは、非常に繊細な釣りを楽しむことができ、人気があります。今回、釣りラボでは、ベイトフィネスロッドの選び方、人気メーカー、バス・トラウト・ソルト別のおすすめのロッド、2020年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。 ...

【次世代の人工餌】パワーイソメの特徴・付け方を紹介|釣り方・仕掛け

パワーイソメというハイブリットな人工餌をご存じでしょうか?本物のイソメに引けを取らない魚の食いの良さでここ近年注目を浴びているワームの一種です。今回、釣りラボでは、パワーイソメの特徴や付け方、オススメの釣り方などをご紹介します。 ...

【2020年】おすすめのライトショアジギングリール6選|ダイワ・シマノ

海釣りで人気の高いライトショアジギング。今回、釣りラボでは、ライトショアジギングリールで狙える魚、選び方、人気メーカー、コスパ抜群のおすすめリール(初心者〜上級者)、2020年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。 ジギング リー...

アジングにおすすめのコスパ最強タックルと選び方|ロッド・リール・ライン

釣り初心者でも敷居が低く始めやすいことで人気なアジング。今回、釣りラボでは、そんなアジングに使用するタックルの選び方やおすすめのコスパ最強タックルをご紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。 アジング アジングと...

ダウンショットリグの作り方と使い方を徹底解説|作り方・アクション

ロックフィッシュ、アジング、バス釣りなどにおすすめのダウンショットリグ。今回、釣りラボでは、そんなダウンショットリグについて、リグの特徴、作り方、使い方、結び方、必要なパーツ、タックルに関する説明をご紹介していきます。 ロックフィ...

【シマノ】スコーピオンロッド|歴代人気商品・最新商品をご紹介

シマノスコーピオンロッドはどのように選べばいいでしょうか?釣りラボでは今回、スコーピオンロッドについて【歴代人気】【最新作】別に解説します。釣り初心者も必見の内容になっていますので、最後までぜひご覧ください。 ロッド ...

【2020年】おすすめコスパ最強のパックロッド4選|ダイワ・シマノ

パックロッドは釣りをより気軽なものにしてくれる非常に便利なものです。今回、釣りラボでは、パックロッドの特徴、活躍の場面、選び方、人気メーカー、おすすめのロッド、2020年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。 ロッド ...