【2020年】アジングにおすすめの最強ジグヘッド人気ランキング7選!選び方や結び方もご紹介

アジングの際、欠かせないのがジグヘッドです。今回、釣りラボでは、そんなアジングで使うジグヘッドについて、釣果への影響、選び方、おすすめ人気6選、2020年の新製品1選、自作方法、結び方、収納ケース・グッズ、飛距離が出ない場合の対処方法、スナップの必要性を解説。

アジング
スポンサーリンク

ジグヘッドでアジングの釣果は変わる?

アジング

出典:写真AC

ルアーでアジを釣り上げるアジングにおいて、ジグヘッドはワームを取り付けるための、オモリとフックが一体となった針のことです。

アジはとても繊細な魚である点と、表層からボトムまで様々なエリアに生息するためジグヘッドの選び方によって釣果に差がでます。

これからジグヘッドについて詳しく紹介していきますので参考にして下さい。

スポンサーリンク

アジング用のジグヘッドの選び方・ポイント

アジング

出典:写真AC

ここからは、アジングに使うジグヘッドを選ぶ際のポイントについて、いくつかご紹介していきます。

ジグヘッドの重さ・サイズ

まずはジグヘッドの重さやサイズについてです。
アジングで使用するジグヘッドは、軽量のものは1g以下の軽量なものから、重いものになると3gや5gなどバリエーションがあります。

重さについては、主に「ルアーを飛ばす飛距離」と「狙いたい深度」に合わせて選ぶと良いでしょう。
より遠くへルアーをキャスティングしたい場合や、深いエリアのアジを狙う際に重いジグヘッドを選ぶイメージです。

その日の釣り場のコンディションや釣果に合わせて柔軟に対応できるよう、まずは1gを基準に3g程度まで、複数のジグヘッドを揃えておくことをおすすめします。

ヘッドの形状

ヘッドの形状は主に「丸型」と「やじり型」の2つのタイプがあります。
丸型についてはもっともスタンダードなタイプでどんな釣り方にも柔軟に対応が可能です。
対してやじり型は丸型に比べ水の抵抗を抑える事ができ、水流をワームへダイレクトに伝える事ができます。

それ以外にも特殊な形状のジグヘッドも販売されていますが、これからアジングを始める方は、まずは丸型から始めると良いでしょう。

フックの形状

フックの形状は「オープンゲイブ」と「ストレートゲイブ」の2種類があります。
オープンゲイブは針先が開いているタイプのものを言います。

反対にストレートゲイブは針先が真っ直ぐになっているタイプのものです。
アジは食いつきが浅い際に針を吐き出す事がありますので、吐き出した際に引っかかりやすいオープンゲイブが好んで使用されます。

シャンクの長さ

シャンクはジグヘッドのオモリから先の真っ直ぐな部分のことを言いますが、シャンクについても「ロング」「ショート」とタイプが分かれています。

シャンクの長いジグヘッドほどフックポイントを後ろに設定することができますので、ショートバイトに対応がしやすくなり、ショートタイプは飲み込むようなアタリに対応しやすいことが特徴です。

使用するワームの長さによっても最適なものを選ぶ必要がありますので、いずれも持っておくと良いでしょう。

ジグヘッドのデザイン・色

販売されているジグヘッドの中には、デザインや色に特徴があるものがあります。
色については、以下の3種類があります。

  • ノーマル(特に加工されていないもの)
  • グロー(UVライトを当てると蛍光色に光るもの)
  • ケイムラ(UVライトを当てると青白く光るもの)

特に夜釣りでは、発光させる事によりアジへアピールすることもできますので、一度試してみると良いでしょう。

またフック部分も、ノーマルなもの以外に金針が採用されているものもあり、アジへのアピールで工夫することが可能です。

スポンサーリンク

アジング用ジグヘッドおすすめ人気ランキング6選

アジング

出典:写真AC

ここからは、アジング用ジグヘッドの中でも特に人気のある商品を6つご紹介していきます。

【34】ゼログラヘッド

軽量のジグヘッドはレンジキープが難しく苦手な方も多いのですが、ゼログラヘッドは鉛に樹脂コーティングを施す事により、簡単に扱える様にした商品です。
軽くテンションをかけるだけで簡単に扱うことが可能です。

【DAIWA】月下美人 SWライトジグヘッド

こちらはオモリの部部に特徴があるジグヘッドです。
カラーはケイムラレッド、特殊なデザインとなっており、アジへのアピールが可能です。

【オーナー】JH-88 バランサーヘッド

こちらのジグヘッドはワームが刺しやすいように設計されている点や、ストッパーが付いていてワームのズレを防止できる点、極小バランサーウエイトによって自動的に水平姿勢を保てる点など、各所に工夫が施されています。
初心者の方でも簡単に扱うことができる為おすすめです。

【TICT】アジスタ!

アジスタ!は鋭い刺さりと針先の強さをあわせもつ、ハイカーボン素材の金針を採用しているジグヘッドです。
ショートシャンクでアジの口にすっぽりと入る為、アタリを逃しにくい作りになっています。

【ジャッカル】ジグヘッド スイスイ スイムジグヘッド

シンプルな丸型のジグヘッドです。
適度な水の抵抗を感じられるような設計と、フックに角を設ける事によってワームが外れにくくなっています。
初心者の方でも快適にアジングを楽しむことができる為、最初に購入するジグヘッドとしておすすめです。

【34】ジャストパック2

初めてアジングに挑戦を考えている方には、ジグヘッドとワームがセットになったものも販売されています。
ワームの刺し方などアジングについての解説もついているので、どれを購入すれば良いかわからないという方は、こちらのパックから始めてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめアジング用ジグヘッド1選

アジ

出典:写真AC

続いて、2020年に発売された新製品のアジング用ジグヘッドを1つご紹介します。

【シマノ】ソアレ カケガミ JK-210T

カケガミは口が柔らかく、フッキングが難しいアジング用に開発されたジグヘッドです。

アタリに合わせてうまくアワセが入れられなかったり、バラしてしまうことが多くてお悩みの方におすすめ。
独自のアシストフックがしっかりとアジの口の中に入り込み、フッキングがきまってバレにくくなります。

オリジナルワームキーパーにより、何度食いつかれてもワームがずれにくいのも特徴です。
アジング以外にメバル釣りにも使えます。

スポンサーリンク

ジグヘッドを自作することはできる?

ジグヘッド

出典:写真AC

ジグヘッドは自作する事が可能です。
簡単に作ることができ、既製品を購入するよりも安価に用意することが可能です。

簡単に作り方を紹介すると、以下の手順になります。

  • 針(ジグフック)を用意し、オモリをつける部分に接着剤をぬる
  • オモリになる部分に中心を開いたガン玉をつける
  • ペンチなどで挟み、しっかりと固定すれば完成

詳しくは動画でもご確認ください。

アジングに最適!オープンゲイプの自作ジグヘッドは簡単に作れるよ♪
スポンサーリンク

アジング用ジグヘッドの正しい結び方

アジング

出典:写真AC

ジグヘッド の結び方でもっとも基本的なクリンチノットをご紹介します。

  1. ラインを針の穴に通す
  2. 通した糸を本線に3〜5回ほど巻きつける
  3. 糸の先端を針の穴にできた糸の輪に通す
  4. 本線を引いてできた穴に糸を通す
  5. 本線を締め上げて、余分なラインをカットすれば完成

詳しくは動画でもご確認ください。

クリンチノット 【釣りで使う結び方基礎知識】
スポンサーリンク

ジグヘッドのおすすめ収納グッズ・ケース

ジグヘッド

出典:写真AC

複数のジグヘッドを管理するために、専用の収納ケースも用意しましょう。
おすすめを2つご紹介します。

【メイホウ】スリットフォームケース F-9

安価なジグヘッドケースであればこちらがおすすめです。
シンプルな作りながら、スリットが見やすいように特殊な加工がされています。
ポケットに入れられるくらいコンパクトなためアジングに適した収納ケースです。

【ダイワ】ジグヘッドケース アジング メバリング 月下美人W

こちらはジグヘッドの収納に加え、ワームや小物も収納できる両面タイプになっている収納ケースです。
サイズによって仕分けがしやすい仕切り板もあり、使い易い工夫がされています。

スポンサーリンク

アジングで飛距離が出ない・飛ばない場合の対処方法

アジング

出典:写真AC

アジングで飛距離が出ない場合はいくつか対処法がありますが、まずは使用するジグヘッドを重いものにすると良いでしょう。

ジグヘッドの重さ以外では、使用するラインを細くて強いPEラインに変更したり、ロッドは短いものより長いもの、ティップはチューブラーよりもソリッドを使用するなど工夫が可能です。

スポンサーリンク

アジングにスナップって使っても良いの?

アジング

出典:写真AC

アジングにおいてスナップは問題なく使用が可能です。
スナップのメリットはリグ(ジグヘッド)の交換が容易になる点があります。

アジングにおいては、スナップを使用すると操作感が下がってしまうという方もいますが、リグの変更時に毎回直結するのが手間な場合はスナップを活用するとストレスなく釣りができるでしょう。

スポンサーリンク

アジング用ジグヘッドについてまとめ

アジング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】アジングにおすすめの最強ジグヘッド人気ランキング7選!選び方や結び方もご紹介」というテーマに沿って、「ジグヘッドでアジングの釣果は変わる?」「アジング用のジグヘッドの選び方・ポイント」「アジング用ジグヘッドおすすめ人気ランキング6選」「ジグヘッドを自作することはできる?」「アジング用ジグヘッドの正しい結び方」「ジグヘッドのおすすめ収納グッズ・ケース」「アジングで飛距離が出ない・飛ばない場合の対処方法」「アジングにスナップって使っても良いの?」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!
初心者でも比較的始めやすく、人気の高いアジング。今回、釣りラボでは、アジングの魅力や釣り方アクションを紹介した上で、アジ…
【2020年】おすすめアジングロッド12選!コスパ最強の商品からハイエンドまで
アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方…
【初心者必見】アジングの仕掛けについて|種類・選び方・作り方を徹底解説
【アジング初心者必見】アジング専用の仕掛けが近年数多く登場しています。今回、釣りラボでは、アジングの仕掛けの種類(ジグヘ…
【2020年】おすすめのアジングリール12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
アジングをする際に活躍するアジングリール。今回、釣りラボでは、アジングリールの選び方(番手・種類・ギア比)、人気メーカー…
【2020年】アジングラインおすすめ10選とその選び方|PE・フロロ・ナイロン・エステル
アジングをする際に活躍するアジングライン。今回、釣りラボでは、アジングラインの特徴、種類、選び方、リーダーとの結び方、初…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン