【2022年】ヒラメ用ジグヘッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

ヒラメを狙いたい方必見です!今年度激推しのヒラメ用ジグヘッドはこちら!今回、釣りラボでは、ヒラメ用ジグヘッドの特徴、おすすめのヒラメ用ジグヘッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のヒラメ用ジグヘッドをご紹介します。

ジグヘッド
スポンサーリンク

ヒラメ用ジグヘッドの選び方

ダイワ フラットジャンキージグヘッド ダブルトレブルフック 28g

サーフでヒラメや、マゴチを効率良くキャッチするためにワームがよく使用されます。
そこで必要不可欠なアイテムが「ジグヘッド」です。

ワームとジグヘッドを組み合わせたものは「ジグ単」とも呼ばれ、ヒラメ釣りで多用されています。

どれも同じような見た目をしているジグヘッドですが、さまざまな形状や特徴があります。
ヒラメは警戒心がものすごく強いため、ジグヘッドの重さや釣り場のポイントに適したものを選ばないと釣果は一向に上がりません。

そこで今回は、ヒラメ用ジグヘッドの選び方とおすすめの商品をご紹介していきます。
まずはジグヘッドの選び方を簡単に説明します。

選ぶポイント1: ジグヘッドの種類

ヒラメ釣りで使用するジグヘッドは、大きく分けて3種類あります。
それぞれの特徴を理解して選択してみましょう。

スタンダードタイプ

スタンダードタイプはその名の通り、ヒラメ釣りジグヘッドで最もオーソドックスなタイプです。

オモリにストレートフックを搭載しており、フックが上向きなので根掛かり回避能力に優れている特徴があります。

また、フックサイズ、ウェイトの種類が豊富で、値段も安い特徴があります。

マルチアイタイプ

マルチアイタイプは、スタンダードタイプのジグヘッドにもう一つアイが設けられています。

追加されたアイにブレードを追加してアピール力を高めたり、アシストフックを追加してフッキング率を上げたりすることができます。

釣り場の状況に対して、自作アレンジチューニングすることが可能なので汎用性が高い特徴があります。

サーフ専用タイプ

サーフ専用タイプは、ジグヘッドにトレブルフックが2つ標準搭載されています。
フッキング率が高いほか、購入してすぐ使用できるので初心者の方におすすめのタイプです。

選ぶポイント2: 重さで選ぶ

ヒラメ用ジグヘッドは、アプローチしたい場所によって重さを変えていくことが重要です。
基準とされる重さは「20g前後」で、ヒラメ釣りにおいて最も汎用性のある重さです。
飛距離を十分に出すことができ、流れが速い場所でも扱いやすい重さです。

水深が浅く流れの穏やかなポイントは「14g以下」が適しています。
また、ヒラメの活性が低い時などにスローリトリーブでアプローチをかける際にも適した重さです。

水深が深く流れが早いポイントは「28g以上」が適しています。
抜群の飛距離を出すことができるので、広範囲を素早く探ることができます。
また、重さがあると操作性がよくなるので扱いやすくなります。

スポンサーリンク

ヒラメ用ジグヘッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

エコギア(Ecogear) 3Dジグヘッド 7g 1/4OZ 5349

ここからはおすすめの「ヒラメ用ジグヘッド」をご紹介していきます。
実績抜群の人気アイテムから、コスパに優れたものを6つ厳選しました。
購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】フラットジャンキージグヘッド ダブルトレブルフック

標準でトリプルフックが2個搭載しているヒラメ用ジグヘッドです。
通常のジグヘッドに比べ、フッキング率を高め確実にランディングへと持ち込みます。

また、水をよくつかむヘッド形状なため、リトリーブするとメタルバイブのようなスイミングをしてくれます。

エコギア(Ecogear)

【エコギア】3Dジグヘッド

上下にラインアイが搭載されたヒラメ用ジグヘッドです。
片方にラインを結び、もう片方にアシストフックをセットすることができます。

安定した抜群の飛距離とスイム姿勢がよく、扱いやすいアイテムです。
同社の人気ワーム「エコギアパワーシャッド」と相性がよくおすすめです。

Major Craft(メジャークラフト)

【メジャークラフト】浜王ヒラメセット

特殊なアイ形状を採用しているので、飛行姿勢を安定させ抜群の飛距離を叩き出してくれるヒラメ用ジグヘッドです。

ギザギザしたワームキーパーを採用しているので、大遠投してもワームがずれにくく快適に釣りをすることができます。

DUO(デュオ)

【デュオ】ビーチウォーカーハウルヘッド

2つのトリプルフックを搭載したヒラメ用ジグヘッドです。
レンジキープ能力や安定したスイミング姿勢をしてくれるので、誰でも扱いやすいおすすめの商品です。

また、カラーラインナップも豊富なので、幅広いシーンに対応することが可能になります。

Cultiva(カルティバ)

【カルティバ】AXアックス

ヘッド部分にトリプルフックが搭載され、またメインフックには下向きのフックを採用しているので、フッキング性能に優れたヒラメ用ジグヘッドです。

ウェイトの種類が豊富で、値段も安価なためおすすめです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】フラットジャンキーロデムヘッド

ダイワから発売されている、RODEMワームの専用ヒラメジグヘッドです。
アイが2箇所搭載されているので、ただ巻きはもちろんリフト&フォールで誘うことができます。

ワンタッチで簡単に脱着させることができるので、扱いやすくおすすめです。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのヒラメ用ジグヘッド2選

メジャークラフト ワーム 浜王ヒラメセット HMO SET-21#3 PINK IWASHI 21

最後に2021年以降に発売された「ヒラメ用ジグヘッド」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年のヒラメ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

SHADDOCK

【SHADDOCK】ジグヘッド

ジグヘッドにブレードが標準搭載されたヒラメ用ジグヘッドです。
アピール力があるため、より遠く、より深くの魚にアピールすることができます。

また、3種類の重さが10個入っており、ケースも付属しているので購入してすぐ使えるところも魅力のひとつです。

遊心館

【遊心館】鮃達人

スイムベイトが標準搭載されたヒラメ用ジグヘッドです。
大遠投をしてもワームがズレない構造になっているので、長時間快適に釣りを楽しむことができます。

またラインアイが2つ搭載されており、シャローレンジとディープレンジを攻略することができます。

スポンサーリンク

ヒラメ用ジグヘッドについてまとめ

デュオ ビーチウォーカー ハウルヘッド 21g ピンクRB AOA0168

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ヒラメ用ジグヘッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ヒラメ用ジグヘッドの選び方
  • ヒラメ用ジグヘッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのヒラメ用ジグヘッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ジグヘッドおすすめ13選!選び方・付け方・結び方・自作方法もご紹介
アジングなどをする際に活躍するジグヘッド。今回、釣りラボでは、ジグヘッドの選び方、自作の可否、ラインとの結び方、ワームへ...
【2022年】アジングにおすすめの最強ジグヘッド人気ランキング9選!選び方や結び方もご紹介
アジングの際、欠かせないのがジグヘッドです。今回、釣りラボでは、そんなアジングで使うジグヘッドについて、釣果への影響、選...
【2022年】メバリングにおすすめのジグヘッド人気ランキング8選!選び方・結び方
メバリングの際、ジグヘッドを使った仕掛けが人気です。今回、釣りラボでは、そんなメバリングで使うジグヘッドについて、釣果へ...
ジグヘッドワッキーとは?おすすめのフック・ルアーや作り方を徹底解説
バスフィッシングにおいて重宝するジグヘッドワッキーというリグをご存じでしょうか?独特なアクションで魚を誘き寄せることがで...
【2022年】ジグヘッドケースおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
釣り具も大事に扱いたい!今手に入れたいジグヘッドケース厳選集はこちら!今回、釣りラボでは、ジグヘッドケースの特徴、おすす...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ジグヘッド
釣りラボマガジン