【2022年】ジグヘッドケースおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

釣り具も大事に扱いたい!今手に入れたいジグヘッドケース厳選集はこちら!今回、釣りラボでは、ジグヘッドケースの特徴、おすすめのジグヘッドケース、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のジグヘッドケースをご紹介します。

ジグヘッド 釣り針・フック

ジグヘッドケースの選び方

メイホウ(MEIHO) ランガンケース3010W-1

メバリングや、アジングといったライトゲームで使用するジグヘッドですが、サイズが小さいため収納に困る方も多いはずです。

ジグヘッドを快適に管理と収納ができれば、無駄な時間を省略でき効率よく釣りに集中できます。
そこでおすすめなのが、ジグヘッド収納ケースです。

現在各メーカーからさまざまなジグヘッドケースが発売されていますが、費用を抑えたい方は100均のダイソーなどに売られている商品で、自作のジグヘッドケースを作ることも可能なのでおすすめです。

しかし釣具メーカーから発売されている製品は、使いやすさを徹底的に追求し製品化されていますので、クオリティ重視の方は釣具メーカーの製品を購入した方がいいでしょう。

今回はジグヘッドケースの選び方のポイントや、おすすめの商品をご紹介します。
お探しの方はぜひチェックしてみて下さい。

選ぶポイント1:ケースのサイズ

ジグヘッドケースのサイズを選ぶうえで重要になるのが、使用するジグヘッドのサイズに合わせることです。

例えばバスフィッシングでは幅広いワームのサイズがあるため、ジグヘッドのサイズの種類が豊富にあります。

幅広いジグヘッドのサイズに対応するため、収納スペースが多くあるケースを選ぶようにしましょう。

メバリングやアジングでは比較的小さなジグヘッドを使用するので、コンパクトなサイズを選択すると携帯性がよくなり快適に釣りができます。

選ぶポイント2:マット付きを選択する

ジグヘッドにはオモリが付いているため、通常のボックスやケースに収納するとボックスとオモリが当たり、持ち運びの際に不快な音がなります。

ジグヘッドケースには、ボックスの蓋を開けると収納スペースにマットが付いているのでクッションになり持ち運びが快適になります。

ジグヘッドケースを選ぶ際は、マットが付いたものを意識し選択していきましょう。

ジグヘッドケースおすすめ人気6選【コスパ最強】

34 ジグヘッドケースVer.1 クリアピンク

ここからは実際におすすめのジグヘッドケースをご紹介していきます。
使い心地や、コスパに優れたアイテムを中心に6つ厳選しました。
ぜひチェックしてみて下さい。

明邦(Meiho)

【メイホウ】ランガンケース3010

両面収納スペースになっているジグヘッドケースです。
片面にはマット付きのジグヘッド収納スペースがあり、もう片面にはオモリやワームを入れることができます。

34

【34】ジグヘッドケースVer.1 クリアピンク

クリアカラーなので視界が悪い状況の時も、蓋を開けることなく中身が確認できます。
また、細軸のジグヘッドもしっかり固定できるマットを搭載しているので使い心地のいいジグヘッドケースです。

Gamakatsu(がまかつ)

【がまかつ】LUXXE 宵姫スリムジグヘッドボックス LE506

完全防水なため不意な落下でも中身を守り、ジグヘッドのサビを防ぎます。
また、ケースの厚さが16mmと薄型なのでポケットにも入り、携帯性にとても優れたジグヘッドケースです。

明邦(Meiho)

【メイホウ】スリットフォームケース

一見シンプルなケースに見えますが、マットのスリットをわかりやすくするため特殊技術を採用してます。
そのためジグヘッドを収納しやすく、ホールド力も十分なジグヘッドケースです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】紅牙 タイラバフックケース

ジグヘッドの差し込みやすさが抜群にいいジグヘッドケースです。
スリットがはっきり見えるため、スムーズに収納と取り出すことができ、またフック以外にも収納できるスペースがあるので大変便利なアイテムです。

レイン(Reins)

【レイン】アジリンガーBOX III

さまざまな大きさ、形状のジグヘッドを収納するため多くのスリットが入ったジグヘッドケースです。

フックにワームをセットしたまま収納ができるため、ランガンスタイルのアングラーにおすすめのアイテムです。

ジグヘッド以外にも、スモラバやトレブルフックも収納可能なので非常に汎用性が高いのでおすすめです。

【2022年新作】おすすめのジグヘッドケース2選

がまかつ(Gamakatsu) LUXXE 宵姫スリムジグヘッドボックス LE506 ライム

最後に2021年以降に発売されたジグヘッドケースを2つご紹介します。
新製品を使い、2022年シーズン快適に釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。
ぜひチェックしてみて下さい。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】月下美人 ランガンケース175

ライトゲームのランガンスタイルに対応するため、収納スペースにリバーシブルを採用しています。
特殊加工を施したスリット面は、溝が見やすくフックが刺しやすいです。
仕切り面はワームが蓋につきにくくなっています。

プロックス(Prox)

【プロックス】根魚権蔵ジグヘッドケース オリーブドラブ

非常にコンパクトで持ち運びに便利なジグヘッドケースです。
収納スペースのマットにはスリットが入っているので、移動時もしっかりジグヘッドを固定してくれます。

ジグヘッドケースについてまとめ

メイホウ(MEIHO) スリットフォームケース F-9

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ジグヘッドケースおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ジグヘッドケースの選び方
  • ジグヘッドケースおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのジグヘッドケース2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ジグヘッドおすすめ13選!選び方・付け方・結び方・自作方法もご紹介
アジングなどをする際に活躍するジグヘッド。今回、釣りラボでは、ジグヘッドの選び方、自作の可否、ラインとの結び方、ワームへ...
【2022年】アジングにおすすめの最強ジグヘッド人気ランキング9選!選び方や結び方もご紹介
アジングの際、欠かせないのがジグヘッドです。今回、釣りラボでは、そんなアジングで使うジグヘッドについて、釣果への影響、選...
【2022年】メバリングにおすすめのジグヘッド人気ランキング8選!選び方・結び方
メバリングの際、ジグヘッドを使った仕掛けが人気です。今回、釣りラボでは、そんなメバリングで使うジグヘッドについて、釣果へ...
ジグヘッドワッキーとは?おすすめのフック・ルアーや作り方を徹底解説
バスフィッシングにおいて重宝するジグヘッドワッキーというリグをご存じでしょうか?独特なアクションで魚を誘き寄せることがで...
【2022年】マゴチ釣り用ジグヘッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
近年大注目のマゴチ釣り!今年度激推しのマゴチ釣り用ジグヘッドはこちら!今回、釣りラボでは、マゴチ釣り用ジグヘッドの特徴、...
【2022年】サウナハットおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
近年はやっているサウナ。サウナハットを被ることで、のぼせや頭髪が傷むのを防げます。今回、ベストハックでは、サウナハットの...
【2022年】いわしの缶詰おすすめ人気ランキング6選!人気の商品やレシピも
そのままでもよし、アレンジして食べても美味しくて保存に便利ないわしの缶詰はどんな世代にも人気です。今回、ベストハックでは...