釣りを始める人必見!釣り初心者が用意するべき道具とその使い方を全部ご紹介!

釣りを始める人必見!釣り初心者が用意するべき道具とその使い方を全部ご紹介!

釣り道具は様々な種類があり、どれから揃えればいいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、そんな釣り初心者の方に向け、必須アイテムと便利アイテムに分け、初心者が揃えておきたい釣り道具をご紹介します。

初心者におすすめの釣り道具一覧【必須アイテム】

釣具

出典:写真AC

釣りは、道具をそろえれば誰でも気軽に楽しむことができるので老若男女問わず人気のスポーツとして近年人気が高まっています。
今回は釣りデビューをしたいという初心者の方にもおすすめの釣り道具一覧を詳しくご紹介していきます。

まずは釣りの必須アイテムから紹介します。

ロッド・釣竿

釣竿のことをロッドといいます。
対象としている魚や釣る場所によって使用するロッドの長さや種類は異なるので、シチュエーションにあったロッドを選ぶようにしましょう。

堤防からサビキ釣りやウキをつけたフカセ釣りをするときにおすすめなのが磯竿です。
砂浜(サーフ)や堤防から錘をつけた仕掛けを、ロッドを振って遠くに投げて行うちょい投げ釣りにおすすめなのがちょい投げ用竿。
ルアー(疑似餌)をつけて、ルアーを動かしながら魚を誘うためのルアー釣り用におすすめなのがルアーロッドです。

川であれば、リールが必要なく釣り糸に直接仕掛けを装着するタイプの竿がのべ竿、ルアーを用いる釣りにはルアーロッドが初心者におすすめのロッドです。

さまざまな種類があるロッドですが、初めてのかたには汎用性の高い万能竿と呼ばれるタイプのロッドがおすすめです。

【ダイワ】磯釣 スピニング リバティクラブ 磯風

サビキ釣りやフカセ釣り、ちょい投げ釣りなどあらゆるシーンで活躍し、幅広い魚をターゲットにできる汎用性の高いロッドです。
コスパもよく楽天やAmazonでの評価も高いので、多くの釣り人から支持されているアイテムです。

【オルルド釣具】コンパクト延べ竿「ノベルトA」

折り畳み可能なコンパクトな延べ竿です。
管理釣り場や河川、防波堤など川釣りでも海釣りでも使用可能なので、初心者の方にはおすすめです。
ロッドの収納袋つきなので持ち運びも便利です。


>>>こちらの記事も読まれています
【2020年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介

リール

ロッドに装着し、糸をたらしたり巻き上げたりするときに使う道具がリールです。
リールは魚がかかったときに巻き上げるだけではなく、仕掛けを上下に動かして魚にアピールするのにも大事な役割を果たします。

一般的に使われているのは、スピニングリールとベイトリールという種類のリールです。
スピニングリールは、細い釣り糸を使用するのに適しており飛距離がでるリールです。
ベイトリールは、飛距離は出にくいですがパワーがあり大物を狙うときに活躍します。

初心者の方には扱いやすいスピニングリールが適しています。
同じ種類のリールでもメーカーによって巻取りの力や軽さなど異なるので、ターゲットとしている魚や使用する仕掛けの重さにあったリールを選びましょう。
船釣りで沖に行く際は、巻取りを自動で行ってくれる電動リールもおすすめです。

【シマノ】スピニングリール 18ネクサーブ

海・渓流、場所を選ばずに使用できる汎用性の高いリールです。
軽くハンドルを回すことができるので扱いやすく、糸絡みなどのライントラブルも少ないので初心者にも人気があります。

【アブガルシア】スピニングリール カーディナル

手始めに安いリールを購入してみたいという方にはおすすめのリールです。
あらかじめ糸が巻いてあるのですぐに使用することができます。
小さなお子さんでも扱いやすいコンパクトなリールです。


>>>こちらの記事も読まれています
【2020年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方

リーダー

リーダー(ショックリーダー)は、リールに巻き付けている釣り糸(メインライン)と、仕掛けの間に使用する釣り糸のことです。
リーダーは主に、擦れると切れやすいPEラインと呼ばれるメインラインとセットで使われることが多いです。
リーダーを使用することでPEラインの弱点である耐久性をカバーすることができます。

リーダーの太さはさまざまありますが、使用するメインラインより少し弱い強度のリーダーを選ぶのがおすすめです。

【クレハ】シーガー プレミアムマックス

しなやかで強度が高く、多くの釣り人から人気を集めているリーダーです。
岩場など、根掛かりがしやすく糸が切れやすい場所でも安心して使用できます。


>>>こちらの記事も読まれています
【2020年】コスパ抜群のPEラインおすすめ6選!強度の強い結び方や巻き方もご紹介

ライン

リールに巻き付ける釣り糸のことをラインといいます。
このときに使用するラインは「メインライン」「道糸」とも呼ばれます。

ラインは号数によって太さや耐久性が異なります。
数の小さい号数のほうが細くて弱く、数の大きい号数のほうが太くて強度もあがります。
けれども太ければ太いほど魚からラインを見破られてしまう可能性が高いので、釣りたい魚に適したラインを選ぶようにしましょう。

【シマノ】PEライン ピットブル

伸びにくく切れにくい素材を使った、強度のあるラインです。
糸がケバだったりよれたりすることもなく、安定した使い心地で釣りを楽しめます。

フック・針

魚を喰わせるのに使うのがフック・針です。
フックにはシングルタイプ・ダブルタイプ・トリプルタイプがあります。
フックの数が多いほど魚はかかりやすいですが、その分根掛かりしやすいというデメリットがあります。

【オーナー】シングル31バーブレス

消耗品でもあるフックをコスパ重視で選びたいという方にはおすすめのフックです。
価格が安いだけではなく、耐久性も高くおすすめのフックです。
アジやキスなど小魚狙いに最適です。


>>>こちらの記事も読まれています
釣り針の種類と選び方を徹底解説!おすすめ5選や自作方法、結び方もご紹介

ルアー

ルアーを素材別に分類すると、ソフトルアーとハードルアーの2種類になります。

ソフトルアーは合成樹脂など柔らかい素材を使って虫や小魚など魚のエサに似せて作られたルアーで、ワームとも呼ばれます。
テール(尾)部分にヒレがついているタイプや、テールがカールしているタイプなどさまざまな種類のワームがあります。
形状によって水中でのワームの動きが変わってくるので、ターゲットとしている魚に合わせた形状のワームを選ぶようにしましょう。

ハードルアーは、プラスチックや鉄、木材など固い素材を使って魚に似せて作られたルアーの総称です。
ハードルアーのなかでも、ミノープラグ(プラグ)と呼ばれる細身の小魚に似せて作られたルアーと、扁平した形で水を受けて体が小刻みに動くバイブレーションと呼ばれるルアーが初心者向けとして多く使われています。

【ジャッカル】ワーム フリックカーリー

テール部分がカールしたタイプのワームです。
水圧で振動する動きが魚を誘い、初心者でも釣れると人気が高いワームです。

【ラパラ】カウントダウン

アジやメバルなどの小さな小魚からスズキなどの大物も狙うことができる、汎用性の高いルアーです。
値段も手ごろでカラーバリエーションも豊富なので自分のお気に入りのルアーを見つけるのもおすすめです。

釣り餌

普段魚がエサとして捕食している虫や小魚を使って魚を釣る方法を餌釣りといいます。

虫エサで使われるのはゴカイ・イソメという虫が一般的です。
これらは生きた状態でパック詰めされて販売されています。
虫が苦手な方は「パワーイソメ」という、イソメに似せて作られた疑似餌がおすすめです。

オキアミやアミエビなど、冷凍されたタイプのエサも初心者には向いています。
針に刺すだけではなく、撒き餌(コマセ)として海にまくことで魚を寄せることができます。
主にサビキ釣りで使用されます。

【マルキュー】ハイパワー アミエビ

特殊加工されており集魚が強力で、サビキには最適なアミエビです。
絞り出して使えるので解凍の必要がなく、手軽に使用できるのもポイントが高いです。


>>>こちらの記事も読まれています
釣り餌の定番【アミエビ】とは?オキアミとの違い・使い道・入手方法を解説

仕掛け

釣りの種類によって、仕掛けの構造や仕掛けで使用する道具は異なります。
タナゴ用・サビキ用など、釣具店では仕掛けがセットになったものも販売されています。
何をそろえればよいか分からないという方やラインの結び方に自信がないという方はセット仕掛けを選ぶのがよいでしょう。

【釣研】ウキ釣り超入門セット 棒ウキ

糸を通して結ぶだけの、基本的な浮き釣り仕掛けセットです。
取り付け方の説明書もついているので、初心者にも使いやすいおすすめの仕掛けです。


>>>こちらの記事も読まれています
【2020年】釣りウキおすすめ10選を種類ごとにご紹介!選び方や号数・浮力による違い、付け方も

初心者におすすめの釣り道具【便利グッズ】

釣具

出典:写真AC

タックルのほかに、あれば便利な初心者におすすめの釣り道具をご紹介します。

バッカン ・収納ケース

タックルやルアーや撒き餌など、釣りにはさまざまな種類の道具が必要になります。
小物や道具など必要なものを整理して入れておくのに収納ケースがあれば移動がとても楽になります。

バッカンは防水の軽い素材で作られた入れ物のことで、さまざまな形状のタイプのバッカンがあります。
バケツ代わりとして水くみ時やコマセを混ぜるのに活躍します。
ボックスタイプのバッカンはタックルの収納ケースとして使えるなど、用途が広い便利アイテムです。

>>>こちらの記事も読まれています
【2020年】釣りバッカンおすすめ12選!選び方や使い方を徹底解説|ダイワ・シマノの人気商品も

【タカミヤ】H.B CONCEPT ベーシックバッカン

シンプルな構造ですが、耐久性・防水性が高くコスパのよいバッカンです。
持ち手が固定されて持ちやすく、風で蓋が飛ばない仕様になっているなど機能性も高いバッカンです。

クーラーボックス

釣った魚を生かしておくためには、クーラーボックスがマストアイテムとなります。
クーラーボックスがあれば中の温度を一定に保っておくことができるので、低い温度で保管が必要なゴカイやイソメなどの虫エサを生かしたまま保存することもできます。
キャンプなどのアウトドアでも使えるクーラーボックスは人気が高く、プレゼントにもおすすめです。

【ダイワ】クールライン

コンパクトで軽量なので持ち運びがしやすく、電車移動でも携帯することができます。
上蓋を外して水洗いできるのでメンテナンスや手入れも簡単です。


>>>こちらの記事も読まれています
【2020年】釣り用クーラーボックスおすすめ7選!人気かつコスパ抜群の商品をご紹介

タモ網・ランディングネット

釣った魚を取り込むのにあれば便利なのがタモ網(ランディングネット)です。
タモ網があれば、身を乗り出さなくとも魚をすくうことできるので落水の心配がありません。
バッグやカバンに収納できるほどコンパクトな折りたたみ式のタモ網もあるので、せっかくかかった魚を逃がさないためにも携帯するようにしましょう。

【タカミヤ】H.B CONCEPT ラストウィニング ランガンシャフト

コンパクトですが強度があり、使いやすいタモ網です。
ヒラメやチヌなど大物を狙いたいときには接続パーツを装着すれば十分に使用できます。


>>>こちらの記事も読まれています
【2020年】タモ網おすすめランキング6選!選び方や自作方法もご紹介

>>>こちらの記事も読まれています
【2020年】ランディングネットおすすめ7選!使い方や渓流・シーバス向けの人気商品をご紹介!

ハサミ・プライヤー・ラインカッター

ラインは、丈夫に作られている分なかなか切れにくい特徴があります。
引っ張っても簡単には切れないので、ラインが絡まったときなどのためにハサミやプライヤー、ラインカッターと呼ばれる釣り用のハサミを携帯すると便利です。

【ダイワ】ラインカッター エメラルダス プチリガーPS

コンパクトなのでライフジャケットやリュックのポケットにも収容することができます。
サビにも強いステンレスのボディと刃がついています。
フックや伸び縮みする紐がついているなど、機能性も抜群です。

バケツ

水を汲んだり小魚を入れて生かしておいたりするのに便利な道具がバケツです。
ソフトな素材でつくられたコンパクトな折りたたみ式のバケツもあります。
ダイソーなどの百均でも販売されていることが多いので、荷物が多くなるときには現地で調達するのもおすすめです。

【Naturehike】布バケツ 屋外用折り畳み式四角いバケツ

折りたたむと片手でつかめるほどコンパクトな折りたたみバケツです。
中に水を入れてもこぼれない自立式なので、魚を生かしておきながら釣りをすることもできる優れものです。

フィッシュグリップ

フィッシュグリップとは、魚のあごをペンチのような道具ではさむことで片手で魚をもつことができる、魚つかみの道具です。
魚のとげや歯でけがをすることがなくなり、また魚を釣れた記念に写真を撮りたいときに手を汚す心配がないので女子にもおすすめの道具です。

【Philonext】フィッシュグリップ

使わないときには刃をしまっておけるストッパーがついているので安全に持ち運びできます。
ラインカッターやナイフなどもついており、多機能型の便利なフィッシュグリップです。


>>>こちらの記事も読まれています
【2020年】フィッシュグリップおすすめ人気8選!コスパ最強商品の選び方やその使い方を解説

ビニール袋・ゴミ袋

釣りといわずアウトドアに必需品なのがビニール袋・ゴミ袋です。
ゴミを入れるだけではなく、釣れた魚を入れたり濡れた道具を入れたりと用途はさまざまです。
魚のとげで穴が開いてしまわないように強度の高いものを選ぶのがおすすめです。

釣りの最低限のマナーとして、ゴミは必ず持ち帰るようにしましょう。

超極厚 ポリ袋 透明 45L 厚0.08mm

水もれしないように極厚タイプのゴミ袋がおすすめです。
車のトランクに釣り道具を置くとき、濡れないように下に敷くのにも使えます。

タオル

海や川で釣りをするときには必ずどこかしら濡れてしまうものです。
タオルは数枚持参することをおすすめします。
手や体を拭く用のタオルのほかに、道具を拭いたり濡れた道具をくるんだりする用の汚れてもよいタオルの2種類を用意すると便利です。

綿100% フェイス タオル

消耗品のタオルはコスパ重視で選ぶのがおすすめです。
寒い冬は首に巻いてマフラー代わりにもなります。
Amazonやワークマンで大量に激安で購入しましょう。

竿掛け

竿掛けとは、名前の通り竿を掛けて動かないように固定するための道具です。
ポールなどに取り付けるグリップタイプと、地面に自立するロッドスタンドタイプがあります。

ずっと竿を握っている必要がなくなるので、空いた手でスマホを触ったり飲み物を飲んだりすることができます。
魚がかかったときにもすぐにわかるので、疲れを軽減するためにも初心者の方にはおすすめしたい道具です。

【ダイワ】ロッドホルダー ロッドグリップ

ポールに取りつけるタイプの、使い方がシンプルなロッドホルダーです。
マジックテープ式なので初心者でも簡単に装着することができるのでおすすめです。

持ち運び用ロッドケース

移動の時に活躍するのが持ち運び用ロッドケースです。
ショルダーがついているものも多く、片手で持つことが可能です。
せっかく購入した高価なロッドを長く使用するためにも、自分のロッドの長さにあったロッドケースを選ぶようにしましょう。

【OGK】ロッドケース セミハード

スリムな形状で、肩掛け紐がついているのでバイクや自転車移動のときにも活躍します。
ロッドケースの内側にはロッドを固定するためのバンドがついているのでロッドを衝撃から守ります。


>>>こちらの記事も読まれています
【2020年】ロッドケースおすすめランキング11選!自作方法や人気メーカーの商品もご紹介

ライフジャケット

必ず釣りのときに携帯したいのが、万が一落水した時に命を守ることができるライフジャケットです。
近年のライフジャケットはベルトのように腰に巻くだけのコンパクトなタイプや、さまざまなカラーバリエーションでおしゃれなタイプも多いので女子にもおすすめです。
起こりうるさまざまなリスクに備え、レジャー保険に加入してから釣りに臨む人も多いです。

【SuperSunny】ライフジャケット 手動/自動膨張式

紐を引くだけで簡単に膨らむタイプのライフジャケットです。
オシャレなカラーや迷彩柄もあり、ファッション性も優れているので多くの釣り人から選ばれています。

その他便利グッズ

その他、あれば便利な釣りグッズをご紹介します。

長靴

足元を濡らさないためにも、足元が悪い場所で誤って落水してしまわないようにも、底が滑らない長靴を履いて釣りに行くようにしましょう。

サングラス

日中釣りをするときは、水面に光が当たってとてもまぶしいです。
目を傷めずにきちんと釣り竿の先を確認するためにも、偏光サングラスがあれば便利です。

虫除けスプレー

海や山には蚊だけではなく、ブヨなどの虫も生息しています。
刺されると腫れて跡が残ることもあるので虫よけスプレーを持参するのをおすすめします。

初心者におすすめの釣り道具まとめ

釣具

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「釣りを始める人必見!釣り初心者が用意するべき道具とその使い方を全部ご紹介!」というテーマに沿って、「初心者におすすめの釣り道具一覧【必須アイテム】」「初心者におすすめの釣り道具【便利グッズ】」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣具・釣り道具に関する記事一覧

釣具・釣り道具に関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、釣具・釣り道具に関連する様々な記事を多数掲載しておりますので、必要な情報を集めることができます。

【2021年最新】虫系ルアーおすすめ10選!使い方や自作方法も解説

バス釣りやトラウトゲームで欠かせない虫系ルアーはとにかく種類が豊富!釣果を左右することがあるので、ルアー選びは超重要です。そこで今回、釣りラボでは、虫系ルアーをハード・ソフトに分けて厳選してご紹介します。 ルアー バス釣り ...

【2021年】エギング用PEラインおすすめ12選!失敗しない選び方も解説!

エギングでは、PEラインが主流です。釣果を上げるためにもライン選びは重要。ただ、PEラインの種類は多くどれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。今回、釣りラボでは、失敗しないPEラインの選び方や、おすすめのPEラインをご紹介します。 ...

邪道の人気シーバスルアー9選!特徴や種類ごとのおすすめ商品をご紹介!

関西を中心に、釣り人の間で大人気なブランド。それが谷山商事(バレーヒル)のシーバスルアーブランド、邪道です。今回、釣りラボでは、邪道のシーバスルアーの特徴や、売れ筋の人気商品、収納グッズを紹介していきます。 シーバス ルアー ...

【コスパ重視】アジングロッドおすすめ16選!値段別・特徴・選び方も解説!

価格の高いアジングロッドは手が出せないという釣り人の方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、初心者にもおすすめのコスパ最強のアジングロッドを紹介します。絶対失敗しない選び方やそれぞれの特徴も詳しく解説します。 ロッド・釣...

【2021年】シマノのショアジギングロッドおすすめ10選!特徴や選び方も解説

近年、ショアジギングは身近なフィールドで手軽に大物が狙えるので大人気!専用ロッドも多く販売されていますが、どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。今回、釣りラボでは、釣り具で人気のシマノに注目し、おすすめショアジギングロッドを紹介します。...

カーボンロッドのメリット・デメリットを紹介!取り扱いの注意点も解説!

カーボンロッドとは、カーボン繊維を編みこんだロッドのことです。特徴は、軽量で感度が良く、弾性があることです。今回、釣りラボでは、カーボンロッドのメリット、デメリットや、取り扱いの注意点を紹介していきます。 ロッド・釣竿 ...

【2021年最新】サゴシ用ルアーおすすめ10選!タックルや仕掛けについても解説!

サゴシ釣りは初心者でも楽しめるため人気の釣りです。ただ、使用するルアーが合っていないと釣果が下がってしまうので、ルアー選びはとても重要です。今回、釣りラボでは、厳選したサゴシ用ルアーを紹介するとともに、選び方やタックルについても解説します...

【2021年】スピニングジギングロッドおすすめ10選!選び方や特徴も詳しく解説!

スピニングジギングロッドはたくさん種類があって迷ってしまいますよね。そこで今回、釣りラボでは、スピニングジギングロッドの失敗しない選び方を解説します。またおすすめのスピニングジギングロッドを紹介するので、是非お気に入りを見つけてくださいね...

おすすめの釣り用ライフジャケット15選!種類・機能別に詳しく紹介します!

釣りをする際にライフジャケットは必要なのか疑問に思ったことはありませんか?釣りのスタイルによっては、着用しないと違反になってしまうケースがあります。今回、釣りラボでは、そんなライフジャケットの必要性やおすすめ商品をご紹介していきます! ...

虫系ワームのおすすめ商品10選をご紹介!虫系ワームの使い方や付け方も解説

虫系ワームのラインナップは多岐にわたります。姿形、質感、動きなど商品ごとに特徴があり、千差万別です。今回、釣りラボでは、商品の特徴別におすすめ商品をご紹介します。また、虫系ワームの使い方や付け方、虫チューンについても触れていきます。 ...