シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方

シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方

シーバスとは、スズキをルアーフィッシングする際の通称で使われる用語です。今回、釣りラボでは、シーバス(スズキ)について、特徴や生態に触れた上で、釣り方やおすすめのタックル・仕掛け、食べ方・レシピについて解説していきます。



シーバスとはどんな魚?

シーバス

出典:写真AC

子供や女性からベテランまで楽しめるシーバス釣り。
ルアーフィッシングでは人気の魚です。

まずはシーバスとはどんな魚なのか、見ていきましょう。

スズキの別称がシーバス

海のルアーフィッシングにおいて、シーバスとはスズキを意味します。

スズキによく似たヨーロピアンシーバスという魚から取ったものです。
テレビ大阪の人気番組「The Fishing」のキャスターも務めた西山徹氏が使い始めだとされています。

アメリカ・英語圏でシーバスは何を意味する?

アメリカや英語圏には、日本のスズキは生息していません。
しかし、釣りや鮮魚売り場では”sea bass”(シーバス)というのは親しまれている魚なんです。

アメリカ・英語圏では”sea bass”(シーバス)とはどんな魚を意味するのでしょうか?

それは”Black sea bass”(ブラックシーバス)という、名前の通り黒い魚です。
スズキとは見た目が全く違うハタ科の根魚です。

シーバス(スズキ)の特徴・生態

釣りの知識に入る前に、シーバス(スズキ)の特徴や生態についても知っておきましょう。

特徴

体長は60cm程度から大きいものは1mを超えます。
背中側はやや緑がかった黒や灰色で、腹側は銀白色をしています。

生態

シーバスは肉食の魚で、小魚やゴカイ類(多毛類)、甲殻類やプランクトンなどベイトのバリエーションが豊富です。
夜間やマズメ時に捕食活動をしています。

産卵

10月〜3月に行われ、特に12月〜1月にかけてが産卵の盛期になります。

分布

  • 日本列島:北海道〜九州沿岸
  • 朝鮮半島:西岸、南岸

春〜秋は沿岸に限らず河口にも生息し、冬場は沖の深い所に移動します。

シーバス釣りの時期・シーズン

基本的にはオールシーズン楽しめます。
今回は四季別にポイントを紹介していきます。

春はシーバス釣りで一大チャンス到来の季節です。

何故なら、バチ抜けが起こるからです。
バチ抜けとは、イソメやゴカイ類が産卵をする為に地中から海面に上がり、沖に向かって活発に泳ぎだす時期のことです。

バチ抜けが発生するということは、バチ、つまりゴカイ類を餌にしているシーバスも集まってくるということなのです。

夏になるとシーバスのベイトはイワシや稚アユ、イナッコに変わります。

イワシを狙って漁港や港湾に行くか、アユやイナッコを狙って河口や河川に行くか、作戦を練ってみてください。

夏は日中潮がよく動くので、デイゲームのチャンスも増える季節です。

秋は夏に引き続きイワシパターンやイナッコパターン、更にサヨリパターンなども狙い目です。

秋になるとシーバスは冬の産卵に向けて、荒食いを始めるので普段より多くのシーバスが回遊しています。
とても活性が高まっているので初心者にもおすすめの季節です。

冬、シーバスは産卵のために沖の深場へと移動していきます。
なので岸から釣り上げるのは難しくなっていきます。同時に大型を釣り上げるチャンスが増える季節でもあります。

冬はコノシロが注目のベイトです。
他にもボラやイナッコ、甲殻類の捕食も見られます。

シーバス釣りができる時間帯

シーバス釣りはデイゲームでもナイトゲームでもよく釣れます。
特に朝と夕方のマズメ時(まずめどき)がおすすめです。

マズメというのは、日の出までの約1時間と日の入りまでの約1時間のタイミングを指します。

シーバス釣りにおすすめの場所・スポット

シーバスが釣れる場所には主に10のスポットがあります。

  • 河川
  • 渓流
  • 河口
  • 運河
  • サーフ(海岸)
  • 漁港
  • 港湾
  • 沖堤防
  • 干潟

中でも堤防や磯、河川の護岸などの陸地から釣るスタイルを「おかっぱり」と呼び、手軽に楽しめるスポットとして人気です。

シーバス(スズキ)の釣り方

シーバス

出典:写真AC

次はいよいよ、シーバスの釣り方についてです。
おすすめのタックル、釣り方のコツなどをまとめました。

おすすめの道具(タックル)・仕掛け

シーバス釣りに使える道具・仕掛けを紹介ていきます。
道具選びのポイントも押さえながら、チェックしてみてください。

ロッド・釣竿

ロッド(釣竿)選びのポイントは「硬さ」と「長さ」です。
フィールドによって適した「硬さ」と「長さ」が変わってきます。

硬さ

硬さの種類は7種類あります。

UL(ウルトラライト)<L(ライト)<ML(ミデイアムライト)<M(ミディアム)<MH(ミディアムヘビー)<H(ヘビー)<XH(エクストラヘビー)

シーバス釣りでは、ML〜Mがおすすめです。
ルアーによって適した硬さも変わってくるので、同時にチェックしましょう。

長さ

サーフや磯でシーバス釣りをする時は、10〜11フィートの長いものを使用します。
岸や港湾、河川では7〜9.6フィートが適しています。

つまり、キャストとロッドの長さは比例しているということです。
初心者の方は8.6〜9.6フィートあたりが扱いやすく、おすすめです。

おすすめのロッド3選

シーバス釣りにオススメのロッドを3つご紹介します。

【シマノ】ルアーマチックS86ML



【シマノ】ディアルーナS96ML



【ダイワ】スピニング ラブラックス AGS 106M



リール

リールはボディとスプールのサイズに違いがあります。
番手と呼ばれるサイズ表記がありますが、これはスプールに糸がどれだけ巻けるかを表しています。

番手

シーバスロッドには2500番〜3000番を合わせるのがおすすめです。

おすすめのリール3選

シーバス釣りにオススメのリールを3つご紹介します。

【シマノ】19 ストラディック C3000HG



【シマノ】シーバス モアザン 17 -LBD 2510PE-SH



【ダイワ】18 イグジスト LT3000S-C



ライン

ラインには「素材」「太さ」「強度」に違いがあります。

素材

素材は以下の3種類が代表的です。

  • PE(ポリエチレン)ライン
  • ナイロンライン
  • フロロカーボン

シーバス釣りでは、PEラインを使用するのが一般的です。

太さ

太さは号数で表記されます。

シーバスアングラーの中では”0.8号”(PE)が最もよく使われています。
初心者におすすめなのは”1.0号”(PE)、大概のシチュエーションに対応してくます。

サーフや磯、ライトショアジギングでは”1.2〜1.5号”が太糸を使う人も多いです。

強度

ラインのパッケージには号数や長さの他に”lb”と表記されているものがあります。
これが強度を表している数字です。

PEラインには3本編み〜12本編みまで種類がありますが、この縒りによっても強度が変わってきます。

おすすめのライン3選

シーバス釣りにオススメのラインを3つご紹介します。

【ラパラ】ラピノヴァX



【ダイワ】UVF モアザンセンサー 8ブレイド+Si



【モーリス】VARIVAS キャスティングMAXパワーX8



リーダー

シーバス釣りではPEラインを用いるのが主流ですが、このPEラインを使用する際の必須アイテムがリーダーです。

ショックリーダーとも呼ばれ、道糸(メインライン)とルアーの間に使用しPEラインの磨耗を防ぎます。

素材

  • ナイロン:伸びと張りがあり、しなやかなのでバイトを弾きやすい場合に向いています。
  • フロロカーボン:耐摩耗性に優れているので、根ズレが心配な場所に有効です。

シーバス釣りではフロロカーボンが主流ですが、状況によって使い分けるのがベストです。
初心者で結び方がわからない、苦手だという方はナイロンラインで練習するのがおすすめです。

強度(lb)

ショックリーダーの強度は道糸(メインライン)と同じか、それ以下にするのが基本です。

道糸(メインライン)よりリーダーの強度の方が大きいと、根掛かりをした時にルアーとの結束部分やメインラインで糸が切れる可能性があります。
その為、ラインシステムを作り直す手間や費用を考えるとデメリットになります。

おすすめのリーダー3選

シーバス釣りにオススメのリーダーを3つご紹介します。

【ヤマトヨテグス】フロロショックリーダー



【サンヨーナイロン】APPLOUD ナノダックスリーダー



【DUEL】フロロライン クイックリーダー



ルアー

ルアーの種類は数知れません。
素材で言えば、木製やプラスチック製、金属でできたメタルジグなんかもあります。

ここではシーバス釣りで使われる基本の2種類を紹介します。

ミノー

細長い形をしていて、イワシやサヨリといったベイトフィッシュによく似ています。
サーフやナイトゲーム(夜釣り)では必須です。

バイブレーション

リールを引いた時に震えるルアーです。デイゲームには欠かせません。

おすすめのルアー3選

シーバス釣りにオススメのルアーを3つご紹介します。

【シマノ】エクスセンス サイレントアサシン



【エバーグリーン】バイブレーション マービー



【メガバス】X-80SW



シーバス釣りのやり方・コツ

シーバス釣りのやり方・コツを3つご紹介します。

ロッドの構え方

基本的には竿の先端を頂点として、への字になっているかと思います。

これが鋭角になると、竿先が曲がり震えてきます。
この曲がった状態だと、リトリーブの力を吸収してしまうので注意が必要です。

また反対に、竿からラインが一直線に近くなると、ルアー付近での衝撃が吸収できなくなり、ラインブレイクや道具を傷める原因になります。

ロッドは緩いへの字くらいが良いでしょう。

ただ巻き

ルアーフィッシングの基本とも言えるただ巻き(リトリーブ)は一定の力でリールを巻いていき、ルアーを泳がせる方法です。

ポイントはロッドのブレを無くすことと、同じスピードでリールを巻いていくことです。

ロッドのブレを無くす為には、リールを握っている部分以外にも支点を作ることが大切です。
例えば、グリップエンドを脇で支えるといった方法も効果的です。

ルアードリフト

ルアードリフトとは水の流れに任せて、ルアーを動かすテクニックです。
ドリフトをすることによって自然なベイトの動きにより近づき、ラインが緩んでいるためシーバスの食い込みが良くなります。

基本の動きは、自分の真正面にキャストしたルアーが水の流れに乗ってカーブを描きながら自分の元に戻ってくるという形です。

リトリーブの際、ルアーを引っ張る感覚ではなく、余分なラインの緩みを取っていくイメージで巻いていくことがポイントです。

シーバス(スズキ)の食べ方・レシピ

シーバス

出典:写真AC

釣りの楽しみの一つは、釣った魚を自分で食べることにもあります。
シーバス(スズキ)の美味しい食べ方を紹介していきます。

まずは、さばき方を覚えましょう。

焼くだけでは物足りないという時には、ムニエルがおすすめです。

シーバスのまとめ

シーバス

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方というテーマに沿って、「シーバスとはどんな魚?」「シーバス(スズキ)の釣り方」「シーバス(スズキ)の食べ方・レシピ」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

シーバスに関連する記事一覧

シーバスに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、シーバスに関連する様々な記事を多数掲載しておりますので、必要な情報を集めることができます。

【2020年】おすすめのベイトリール6選|選び方・使い方・投げ方

近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ)、おすすめリール(初心者・上級者)、2020年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。 リール ベイトリ...

バスロッドのおすすめメーカー13選!選び方や初心者向けも紹介

おすすめメーカーや目的にあったバスロッドはどのように選べばいいでしょうか?釣りラボでは今回、バスロッドについて【人気メーカー】【初心者向け】【コスパ最強】別に解説します。釣り初心者も必見の内容になっていますので、最後までぜひご覧ください。 ...

【ワラサの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、ワラサの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、おすすめのレシピや人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。 ジギング ワラサとは?その特徴・生...

【深海魚】アブラボウズのレシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、アブラボウズの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。 ロッド アブラボウズ...

アカエイの毒針に注意!対処法・生態・レシピ・釣り方・さばき方を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、アカエイの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、毒針への対処方法・対策、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。 リール ...

塩イソメの作り方を徹底解説!塩イソメのメリットや保存方法もご紹介します

万能餌として知られるイソメですが、塩漬けにすることでイソメを長期間保存できる「塩イソメ」をご存じでしょうか?今回、釣りラボでは、塩イソメの作り方やメリット、釣れる魚の例などについて詳しく解説していきます。 餌 塩イソ...

【マトウダイの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、マトウダイの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、おすすめのレシピや人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。 ロッド マトウダイとは...

【幻の魚アカメの基本知識】生態・生息地・釣り方・レシピを解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、アカメの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。 ルアー 三大怪魚アカメ...

クリンチノットの強度は弱い?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】

クリンチノットは、金属環とラインの結束方法として簡単かつ強度が安定していることから人気があります。今回、釣りラボでは、クリンチノットの特徴、やり方(通常の方法・村田式)から、強度に関する考察まで幅広く解説します。ぜひご覧ください。 ...

【次世代の人工餌】パワーイソメの特徴・付け方を紹介|釣り方・仕掛け

パワーイソメというハイブリットな人工餌をご存じでしょうか?本物のイソメに引けを取らない魚の食いの良さでここ近年注目を浴びているワームの一種です。今回、釣りラボでは、パワーイソメの特徴や付け方、オススメの釣り方などをご紹介します。 ...