ロッドの硬さの違い・表記の見方を解説!硬さ別におすすめのロッドも紹介!

ロッドの硬さを表す表記の正しい見方をご存知ですか?今回、釣りラボでは、一般的に使われているロッドの硬さを表す表記の見方や、硬さによる特徴の違いをご紹介します。硬さ別におすすめのロッドも紹介するので、ぜひご覧ください。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

ロッドの硬さについて

ロッド

出典:写真AC

釣りの腕前を上達するにあたって、環境とターゲットに応じた適切な道具を用いることが重要なのはいうまでもありません。
ここでは、釣り人にとっての右腕ともいえるロッド・釣竿について、硬さに着目して説明します。

表記の見方

初めてロッドを選ぶ方には、硬さに関する数多くの表記に悩まされることがあることでしょう。
釣りに不慣れな人たちの中には、ロッドに印字されている文字のどれが硬さを表す表記なのか疑問に思う方や、おすすめのロッドをそのまま購入して、そもそも硬さについて特に認識せず使っている方も少なくありません。

ここで一度、ロッド硬さとその特徴について学んでみましょう。
また、既に簡単に知識を得ている方も改めてロッド硬さについて復習してみてはいかがでしょうか。

一般的な表記の見方

一般的に、ロッドの硬さ表記は大まかに3種類、細かく見ると10種類に分けられており、目的に応じて使い分けることが必要になります。

一番柔らかいロッド硬さは、XUL(エクストラウルトラライト)と呼ばれ、グニャグニャに感じるほどの柔らかさです。
そこから硬くなる順番に、SUL(スーパーウルトラライト)・UL(ウルトラライト)・L(ライト)と続きます。
このあたりまでが、大まかに「柔らかいロッド」と分類されるライト帯です。

続いて、ML(ミディアムライト)・M(ミディアム)・MH(ミディアムヘビー)と呼ばれるミディアム帯のロッド硬さが並びます。

そして、いわゆる「硬いロッド」といわれる、H(ヘビー)・XH(エクストラヘビー)・最高硬さのXXH(ダブルエクストラヘビー)と並ぶのです。
硬さだけでこれだけの種類があるので、できる限り自分の探している条件にあったロッドが見つかるよう、念入りに下調べをするのが良いでしょう。

シマノの表記の見方

また、一流釣具メーカーとして名を馳せているシマノのロッドは先の表記とは異なる表し方でロッド硬さを示しています。
シマノのロッドは表面に印字されている3桁〜4桁の数字、アルファベットにそのロッドの情報が載っていますが、最後の1文字が硬さを表すのです。
通称「シマノ表記」と呼ばれています。

最後の1文字は0〜5の数字が当てはまり、それぞれ一般的な硬さに換算すると以下のようになります。

  • 0:L(ライト)
  • 1:ML(ミディアムライト)
  • 2:M(ミディアム)
  • 3:MH(ミディアムヘビー)
  • 4:H(ヘビー)
  • 5:XH(エクストラヘビー)

最近ではシマノのロッドでもHML式で記載されることがありますが、物によっては数字での硬さ表記がなされていますので覚えておきましょう。

同じ表記でもメーカーやロッドによって硬さが異なる

またロッドの硬さ表記ついて、もう一点気をつけなければならないことがあります。
それは「同じ表記だからといって全て同じ硬さとは限らない」ということです。

メーカーやロッドごとに基準となる硬さが異なり、同じ表記だからといってきちんと検討せずに購入すると今までとの感覚の違いに悩まされることになるかもしれません。

しっかりロッドを選ぶなら試投会で選ぶのが良いでしょう。

硬さによる違い・特徴

ここまではロッドの表記とそれぞれの硬さについて説明しましたが、ここからは硬さが違うことでどんな影響があるのかについて説明します。

柔らかいロッド

柔らかいロッドは、そのしなやかさと追従性の良さが大きな特徴になります。

小型ルアーを遠くまで飛ばせる

ロッドがしなやかに曲がることで軽いルアーでも十分な反動をつけることが可能になるので、小型ルアーの飛距離を伸ばすことができます。

じっくりファイトを楽しめる

柔らかいロッドを使うと、魚の食いつきに対するロッドの追従性が高いため、魚に気づかれにくいという特徴があります。
魚とのファイトをじっくり楽しむことができるのも良いポイントでしょう。

重たいルアーは不向き

軽量ルアーだと飛距離を稼げる反面、重量ルアーについては苦手です。
しなりすぎてうまく反動を活かすことができなくなるためです。

フッキングの難易度が高い

ロッドが柔らかいことで、ルアーから手元への力の伝達が鈍化する傾向にあります。
そのため、フッキングがうまく決まらないことが多く、高度なテクニックが要求される場面もあります。

硬いロッド

一方、硬いロッドだとその強さを生かしたダイナミックな釣りを楽しむことができます。

重たいルアーに向いている

大きく重量級のルアーを遠くまで飛ばそうと思ったら硬めのロッドに限ります。
十分に力を伝えて豪快に飛距離を稼ぐことが容易なのです。

水中の感覚を鋭敏に感じ取りやすい

ロッドが硬いことで、衝撃や力の伝達がクリアになります。
そのためボトム感触や魚の食いつきが簡単に感じ取れるようになるのです。

軽いルアーを飛ばしにくい

軽量ルアーだとロッドが十分に曲がってくれないため、思うように飛ばすことができません。
ルアーの重量とロッドの硬さはきちんと対応したものを組み合わせましょう。

上手く食いついてくれないことが多い

硬いロッドは反動が大きいため、魚が食いつこうとしても弾いてしまうことが多くなります。
そのため、手元でアタリの感覚があっても逃してしまう傾向が高くなります。

スポンサーリンク

【硬さ別】おすすめのロッド10選

ロッド

出典:写真AC

先程説明したようにロッドの硬さは、釣りの場面と自分の楽しみ方に応じて使い分けることが必要不可欠といえます。
ここからはそれぞれの硬さに応じたおすすめロッドを紹介しますので、自分が使う場面を想定しながらロッドを見ていきましょう。

UL(ウルトラライト)

柔らかく追従性の良いULタイプのロッドです。

【MAXIMUMCATCH】Maxcatch Ultra-lite

主に渓流釣りで活躍するウルトラライトロッドです。
渓流ルアーを使って飛距離を狙うよりもコンパクトに狙い通りに飛ばすことが得意なモデルとなっています。

L(ライト)

しなやかに曲がり、ヒットから独特のファイトを楽しめるライトタイプのロッドです。

【シマノ】ルアーマチック S80L

ライトモデルでありながら幅広いターゲットに対応した優れものです。
シーバス釣りを楽しむことができるのもポイントです。
軽くてしなりやすいため、根がかり時の対処には気をつけましょう。

ML(ミディアムライト)

多くの釣り人に好まれるMLロッドです。

【シマノ】ルアーマチック S90ML

エギングに最適なMLタイプのロッドです。
飛距離も十分に出せ、入門用に選ばれる方が多いロッドとしても有名です。
オールラウンドで活躍できるスタンダードな品です。

【ダイワ】リバティクラブ 86ML

細部の作りとデザイン性にこだわった、自由な釣りをテーマにしたMLタイプのロッドです。
特にシーバス狙いで存分に活躍することでしょう。

M(ミディアム)

オールラウンドで多様な場面で活躍できるMロッドです。

【ダイワ】エメラルダス アウトガイド 86M

独自のカーボンシート巻き上げ構造によって振り抜き時のシャープさを実現しています。
エギングの際に用いるのが最適ですが、アジング用にも使うことができます。
また、太刀魚釣りで活躍できるのも特徴です。
重さと硬さのバランスの良さが際立っておりディープなファンを生み出し続けているロッドです。

【シマノ】ルアーマチック S50M

穴釣りを楽しみたいならこの一本です。
価格に対する性能の良さは抜群で、適度な硬さが手元への感覚を鋭敏にしてくれます。

MH(ミディアムヘビー)

やや重量感のあるルアーでも使いやすいMHタイプです。
入門として使うことも多い硬さです。

【シマノ】ルアーマチック S70MH

入門用から中級者の普段遣い用まで幅広い人に馴染んで使いやすいロッドです。
汎用性の高さが特徴で、どんな使い方にもおおよそ対応できるのがメリットです。
特化しているタイプではないので、他のロッドと組み合わせて使うことでメリハリのある釣りを楽しめるでしょう。

【アブガルシア】バスフィールド BSFC-672MH

比較的安価で長く使える物を求めるならこのロッドが最適です。
入門向けとして使う方が多い一方で、大きく派手なジギングで壊れる覚悟で豪快に使う方もいるのが特徴です。

H(ヘビー)

独特の感覚でダイナミックな釣りを楽しめるHタイプのロッドです。

【ダイワ】ジグキャスター 106H

重量級のショアジギングでも問題なく対応できるロッドです。
100g程度のジグ・ベイトを使えば100m近くまで飛ばすことができ、ダイナミックな釣りを楽しみたい方にはうってつけの品です。
重量タイプのロッドのため、疲れやすい点は念頭において検討しましょう。

XH(エクストラヘビー)

その硬さから大型魚への切り札として使われることもあるXHロッドです。

【シマノ】コルトスナイパー S98XH

スパイラルXコアによってダントツの高強度を実現した、超高剛性ロッドです。
海釣りで10kgを超える大型青物や雷魚に対しても大活躍すること間違い無しの一品になります。

スポンサーリンク

ロッドの硬さの違いと表記の見方まとめ

ロッド

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ロッドの硬さの違い・表記の見方を解説!硬さ別におすすめのロッドも紹介!」というテーマに沿って、「ロッドの硬さについて」「【硬さ別】おすすめのロッド10選」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣…
【2020年】おすすめコスパ最強のエギングロッド14選|ダイワ・シマノの人気商品は?
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2020年】おすすめシーバスロッド7選!コスパ最強の製品から万能竿までご紹介
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…
【2020年】おすすめアジングロッド12選!コスパ最強の商品からハイエンドまで
アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方…
【2020年】おすすめのショアジギングロッド12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
ショアジギングになくてはならないショアジギングロッド。今回、釣りラボでは、ショアジギングロッドの選び方、人気メーカー、お…