バス(ブラックバス)釣りの始め方|おすすめの仕掛け・タックル

バス(ブラックバス)釣りの始め方|おすすめの仕掛け・タックル

釣り初心者で、バス釣りに挑戦したいが難易度が高いと考えてる方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、バス釣り初心者の方に向け、おすすめの仕掛けやタックル、ポイントについて解説していきます。



バス(ブラックバス)の生態・特徴

バス釣り

出典:写真AC

ブラックバスはスズキ目サンフィッシュ科の外来種で標準和名は「オオクチバス」です。
全国の河川や湖、ダムに多く生息しており、爆発的に繁殖しているため、リリースを禁止している地区もあります。

バス(ブラックバス)の釣り方

バス釣り

出典:写真AC

ブラックバス釣りは特に若い年齢層の釣り人に人気で、車にロッド、リール、ルアー(ワーム)さえ積んでおけばいつでも手ごろに楽しめます。
バス釣りの専門学校や専門youtuberがいることからもわかるように、競技人口が広く、それだけ魅力があります。

もちろん、簡単に釣れるというわけではないですし、道具もルアーだけでも何千種類という数があります。

釣り場に合わせた道具をチョイスし、テクニックを駆使してその釣り場のバスを攻略していくのがブラックバス釣りの楽しみです。
シーズンも年間通して楽しめ、季節ごとにバスの動きも変わってきますので、四季を通じて色んな顔を見ることができます。

バス釣りのコツ・ポイント

手軽に出来るからこそ奥深いのがブラックバス釣りです。
道具、釣り場のポイント、テクニックなど、いろいろな要素を組み合わせてブラックバス釣りを楽しみましょう。
その中でも初心者の方は以下のポイントに注意してまずは始めてみましょう。

バスがいる(好む)場所を把握する

いくら良い道具を揃えてテクニックを磨いても見当はずれの場所へキャストしても意味がありません。

各釣り場には時間帯ごとでバスが好む場所がある程度絞られます。
最良の場所を探してアタックしてみましょう。

テクニックを磨く

バスを誘い込むテクニックには様々な種類があります。
食いつきが悪い時にはややオーバー気味にしたり、かといって不自然な動きではバスに警戒されてしまいます。

いろいろなアクションや投げ方を覚えて、場所、時間帯でどのアクションが有効か試してみましょう。

考察する

釣れたことに喜んだ後はなぜ釣れたのかをもう一度考えてみましょう。
道具なのか、場所なのか、誘い方なのか何か理由があるはずです。

偶然釣ることもありますが、釣れたことに理由付けをすることで今後のアングラーとしての成長に繋がります。

バス釣りの時期・季節ごとの解説

ブラックバスは時期により様々な場所に生息し、また、動きも変わってきます。
それに合わせて道具やアクションも変えなければいけません。

ここではそれぞれの時期のブラックバスの特徴を紹介します。

春(3月から5月)

春(3月から5月ごろ)はバスの産卵の時期です。
冬場過ごした深場(ディープ)から浅場(シャロー)に移動してきます。
浅場で産卵の準備をしながら水温の上下によりディープとシャローを行き来します。

夏(6月から8月)

水温が上がる夏場(6月から8月ごろ)はマズメの時間帯(日の出、日の入りの間)に釣りを行うのがおすすめです。
比較的涼しいこの時間帯はバスがエサを求めて動き回るため、釣果もグッと上がります。

秋(9月から11月)

秋(9月から11月ごろ)は、1年の中でも最もバスが釣りやすい時期と言われています。
この時期は冬に向けてバスがエサを乱獲する時期なので、1年を通じて最も活発に動きます。

冬(12月から2月)

秋が過ぎて冬(12月から2月)になり、水温が下がり始めるとバスの活性も下がり最も釣れにくい時期になります。
狙うとすると水温が高そうな場所(日光が当たりやすい場所)や時間(お昼過ぎ)を狙いましょう。

バス釣りに最適な場所の選び方

ブラックバスは、基本的に障害物の下に潜むのが好きですので、そのような場所を釣り場として選ぶようにしましょう。
特に夏場は水温が上がるので、橋げたや立木、桟橋の下といった涼しい場所に、ブラックバスは好んで生息します。

また、流れ込みなど、酸素量が多くベイト(小魚や甲殻類など)が多く生息する場所も好みます。
上記場所が複合したような場所があれば積極的にアタックし、余裕のある方は小型のボート(ゴムボート)やレンタルボートを利用してアタックポイントを広げましょう。

全国各地には、ブラックバスの聖地と呼ばれる場所が点在しています。
有名なポイントでは大会やイベントが開催されているので、より深くブラックバス釣りを楽しみたい方はぜひ参加してみましょう。

ブラックバスの聖地として有名なポイントを一部紹介!

  • 八郎潟【秋田県】
  • 檜原湖(桧原湖)【福島県】
  • 霞ヶ浦・北浦【茨城県】
  • 榛名湖・近藤沼【群馬県】
  • 荒川・多摩川【東京付近】
  • 相模湖・津久井湖【神奈川県】
  • 野尻湖【長野県】
  • 河口湖・山中湖【山梨県】
  • 琵琶湖【滋賀県】
  • 遠賀川【福岡県】

自然の釣り場以外にも釣り堀(管理釣り場)も全国各地にあり、一定の料金を支払うことで利用できます。
初心者で釣り場のポイントがわからない方は入門編として一度試してみるのもよいでしょう。

バス釣りの道具(タックル)・仕掛け

さて、ブラックバスの生態と釣り場が把握出来たら次は道具を揃えましょう。

基本的な装備はロッド、リール(ライン付)、ルアーのみで大丈夫ですが、何種類もの部材があるため初心者の方は迷われると思います。
初心者セットが各メーカーから販売されており、お手ごろな価格の物もありますので一度お試しください。

バッグ、ウェア、手袋などの服装やケースなどの必需品以外にも、ライフジャケットやサングラス(偏光サングラス)、タモなど、アングラーらしいファッションに身を包んでゲームを楽しみましょう。

また、雨天時のレインウェアや夜間用のヘッドライトなど、少しづつ装備を増やして様々な場面での釣りを楽しみましょう。

ロッド・釣竿

バス釣りに適したロッドの長さは、6フィート6センチと言われています。
また硬さの基準も分かれており、ウルトラライトからエキストラヘビーまでの7段階に分かれます。
専用のロッドケースも用意しておくと持ち運びにも便利です。

>>>こちらの記事も読まれています
ロッドおすすめ人気ランキング16選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介

リール

初心者の方には、スピニングリールをおすすめします。
ライントラブルが起きにくいため手軽にスタートできます。
また、何度もキャストして巻きなおしてを繰り返すので軽めの物を選ぶと疲れにくいです。

慣れてきたらベイトリールを使いましょう。
最初はキャストの際にライントラブル(バックフラッシュ)が起きやすく遠投には向いてませんが、手早いキャストと正確なポイントへのリリースが可能になります。

>>>こちらの記事も読まれています
【リール】おすすめ人気ランキング6選|選び方・使い方・糸巻きのやり方

ライン

ラインの種類はナイロン、フロロカーボン、PEラインの3種類があります。
よく使われるのはフロロカーボンですがバックフラッシュしやすいため、初めはナイロンラインを選びましょう。
各ロッドには適したラインが表記されているので参考にして選んでください。

ルアー(ワーム・リグ)

ルアーの種類は大きく分けて、ハードルアーとワームの2種類に分かれます。

ハードルアーには、様々な形、色、重さがあります。
また、フローティング(水面に浮かぶ)、サスペンド(水中で一定の深さを保つ)、シンキング(沈んでいく)の3種類があります。
ポイントに適したルアーを使い分けることで釣果も伸びるでしょう。

ワームにもさまざまな種類があり、色、味、形と種類が多いですので、初心者の方は釣具屋確認しておすすめの物を購入するのが良いでしょう。
最近は100均で購入できるものもあります。
また、タックルボックスを用意して、種類別に収納し整理しておくと時間短縮につながります。

バス釣りにおすすめの餌(エサ)

バスは好奇心旺盛な魚のため、エサだと比較的簡単に釣れることが多いです。
ミミズや沢蟹など動きの多いものだとアクションを起こさずに良いですし、ブラックバスの稚魚の背に針をつけて泳がすだけでも釣れてしまいます。

エサでブラックバスを狙う場合は、海釣りでも使用できるエサ専用のジグヘッドを購入しましょう。

エサは現地調達できますので、手ごろな価格でブラックバス釣りを始めることができます。

>>>こちらの記事も読まれています
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!|付け方・自作【初心者必見】

バス(ブラックバス)釣りの始め方まとめ

バス釣り

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「バス(ブラックバス)釣りの始め方|おすすめの仕掛け・タックル」というテーマに沿って、「バス(ブラックバス)の生態・特徴」「バス(ブラックバス)の釣り方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。


スポンサーリンク

バス釣りに関連する記事一覧

バス釣りに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、バス釣りに関連する様々な記事を多数掲載しておりますので、必要な情報を集めることができます。

【2020年】おすすめのベイトリール6選|選び方・使い方・投げ方

近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ)、おすすめリール(初心者・上級者)、2020年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。 リール ベイトリ...

バスロッドのおすすめメーカー13選!選び方や初心者向けも紹介

おすすめメーカーや目的にあったバスロッドはどのように選べばいいでしょうか?釣りラボでは今回、バスロッドについて【人気メーカー】【初心者向け】【コスパ最強】別に解説します。釣り初心者も必見の内容になっていますので、最後までぜひご覧ください。 ...

アカエイの毒針に注意!対処法・生態・レシピ・釣り方・さばき方を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、アカエイの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、毒針への対処方法・対策、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。 リール ...

【2020年】おすすめのベイトフィネスロッド9選|ダイワ・シマノ

ベイトフィネスロッドでは、非常に繊細な釣りを楽しむことができ、人気があります。今回、釣りラボでは、ベイトフィネスロッドの選び方、人気メーカー、バス・トラウト・ソルト別のおすすめのロッド、2020年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。 ...

クリンチノットの強度は弱い?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】

クリンチノットは、金属環とラインの結束方法として簡単かつ強度が安定していることから人気があります。今回、釣りラボでは、クリンチノットの特徴、やり方(通常の方法・村田式)から、強度に関する考察まで幅広く解説します。ぜひご覧ください。 ...

ルアーの種類をできる限りご紹介|おすすめ釣具20選【初心者必見】

ルアーには実に様々な種類があり、その見分け方も非常に難しいです。今回、釣りラボでは、海釣り・川釣りなど様々な場面で活躍するルアーについて、その種類・特徴をできるだけ多くご紹介!また釣れる魚もご紹介。ぜひご覧ください。 ルアー ...

【海のゴジラ】オオカミウオのレシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、オオカミウオの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。 餌 オオカミウオ...

おすすめのビッグベイト10選【これを選べば間違いなし】|ロッド・リール

シーバス・バス釣りの際に使われることが多いビッグベイト。今回釣りラボでは、そんなビッグベイトの魅力やおすすめのビッグベイト10選をブランド別に紹介します。ビッグベイトにおすすめのタックルも紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。 ...

外来ブルーギルは天皇陛下が持ち込んだ魚?釣り方・レシピ・生態を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、ブルーギルの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方などをご紹介します。ぜひご覧ください。 バス ブルーギルとは?その特...

フリーリグの作り方と使い方を徹底解説|作り方・アクション

近年新たに登場し、徐々に人気を博しているフリーリグ。今回、釣りラボでは、そんなフリーリグについて、リグの特徴、作り方、使い方、結び方、必要なパーツ、タックル(シンカー・ワーム・リール ・ストッパーなど)に関する説明をご紹介していきます。 ...