【2022年】フリーリグ用ワームおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

釣り師さん必見です!今年度ぜひ手に入れたいフリーリグ用ワームはこちら!今回、釣りラボでは、フリーリグ用ワームの特徴、おすすめのフリーリグ用ワーム、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のフリーリグ用ワームをご紹介します。

ワーム リグ

フリーリグ用ワームの選び方

JACKALL(ジャッカル) ハニーナゲット 3.8インチ コーラブルー/ライトコーラ

フリーリグはシンカーが着底したあとに、ワームがフリーの状態でフォールするのが特徴です。
静と動のアクションで魚を魅了し誘います。

フリーリグは、障害物の回避能力も非常に優れており、カバーやウィードなどストレスなくアプローチできます。

その実績が認められ、近年のバス釣りで最も流行したリグと言えるでしょう。

最近では各メーカーから、フリーリグ専用に開発されたワームがたくさん販売されています。

フリーリグ用ワームで悩まれている方へ、選び方のポイントをご紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

選ぶポイント1:ワームの形状

フリーリグは、ワームがフォール姿勢から水平姿勢に切り替わる瞬間が一番のバイトチャンスです。

水中での抵抗を受けやすいワームが、ナチュラルにゆっくりとフォールをするためおすすめです。

選ぶポイント2:ワームの種類

フリーリグで主に使用されるワームの種類は、ギル系・クロー系・ホッグ系・ストレート系の4種類です。

フィールドで捕食されているエサを意識して選択してみましょう。

フリーリグ用ワームおすすめ人気6選【コスパ最強】

ノリーズ(Nories) エスケープツイン 503 バンドウゴビィ

ここからは実際に、現在発売中のフリーリグ用ワームをご紹介します。

フリーリグ用ワームで人気ランキング常連のものや、コスパを重視して選びました。

おすすめなので、ぜひ参考にしてみて下さい。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】ハニーナゲット

フリーリグ専用ワームとして発売され話題になりました。

扁平ボディに2種類のパーツが付いた、フリーリグに特化した大人気ワームです。

シンカー着底後はスローなフォールに切り替わり、パーツが複合的にアクションすることで強烈なアピールが期待できます。

フリーリグで重要な静と動を演出できますのでおすすめです。

ノリーズ(Nories)

【ノリーズ】エスケープツイン

発売されてからロングセラーの大人気ワームです。

かなり存在感がある肉厚なダブルパドルが付いています。
このパーツが水中で強い存在感と波動を発生させます。

deps(デプス)

【デプス】ブルフラット

琵琶湖でデカバスが釣れると話題になり、一時期は入手困難になりました。

独特のスパイラルフォールが特徴のワームです。

ブルーギルをイミテートし円を描きフォールをしていきます。

フリーリグで使用することにより、スパイラルフォールを出しやすいためおすすめです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】DBユーマ

見た目は細身のシルエットで、ボディ全体が生命感のある動きをします。
フォール中にボディに付けられたアームとテールが振動し、自発的アクションをしてくれます。

魚や虫、エビを捕食している状況でおすすめです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】スティーズホグ

ホッグ系では珍しい扁平ボディでゆっくりフォールしてくれます。

カーリーテールとパドルが付いており、強い水押しをしてくれます。

コスパがいい商品なのでおすすめです。

deps(デプス)

【デプス】リバウンドスティック

ボディのくびれが特徴なストレートワームです。

カバーへの入りやすさも考え設計されています。
ストレスフリーでウィードエリアへのアプローチが可能です。

【2022年新作】おすすめのフリーリグ用ワーム3選

deps(デプス) ワーム ブルフラット 3.8インチ #115 グリーンパンプキン/パープル&グリーンフレーク

次に2021年2022年に発売された新製品から、おすすめのフリーリグ用ワームをご紹介します。

新作を使い、他のアングラーと釣果で差をつけましょう!

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】ドリフトグラブ

ジャッカルのドリフトグラブです。

カニを模した形状になっており、見た目はもちろん匂いも甲殻類です。

バス釣りのワームでカニを模したワームは見かけないので、スレた魚やカニが多いフィールドでは特に有効なワームです。

ディスタイル(DSTYLE)

【ディスタイル】ギルーラ

リアルな顔と目はブルーギルを忠実に再現しています。

ワイドに広がるテールで水を噛み、小刻みにボディを震わせるアクションです。

オフセットフックを横付けにセッティングし、カバーの中に落としてアピールしてみましょう。

ブルーギルが好きな魚は確実に食ってくるでしょう。

マグバイト(Magbite)

【マグバイト】プルグラブ 3.8インチ

プルグラブ 3.8インチは、2022年にマグバイトから新発売された、フォーミュラー配合のフラットグラブになります。

リフト&フォールを繰り返すテキサスリグやフリーリグなど、アクションの連続する動作で、手足がバタつくことで波動を発生させ、魚の好奇心を引き付けてくれます。

ロックフィッシュだけでなく、バスフィッシングでもしっかり仕事をしてくれます。

フリーリグ用ワームについてまとめ

JACKALL(ジャッカル) DBユーマ フリー 4.5インチ メロンブルー/クリアーパール

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】フリーリグ用ワームおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • フリーリグ用ワームの選び方
  • フリーリグ用ワームおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのフリーリグ用ワーム3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ワーム
釣りラボマガジン