【2024年】フリーリグ用ワームおすすめ人気ランキング12選!選び方やコスパ最強製品も

釣り師さん必見です!今年度ぜひ手に入れたいフリーリグ用ワームはこちら!今回、釣りラボでは、フリーリグ用ワームの特徴、おすすめのフリーリグ用ワーム、コスパ最強製品、2024年シーズンに向けた新製品のフリーリグ用ワームをご紹介します。

スポンサーリンク

フリーリグ用ワームの選び方

JACKALL(ジャッカル) ハニーナゲット 3.8インチ コーラブルー/ライトコーラ

リーリグはシンカーが着底したあとに、ワームがフリーの状態でフォールするのが特徴です。
静と動のアクションで魚を魅了し誘います。

フリーリグは、障害物の回避能力も非常に優れており、カバーやウィードなどストレスなくアプローチできます。

その実績が認められ、近年のバス釣りで最も流行したリグと言えるでしょう。

最近では各メーカーから、フリーリグ専用に開発されたワームがたくさん販売されています。

フリーリグ用ワームで悩まれている方へ、選び方のポイントをご紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

“,”type”:”wp-embed”,”providerNameSlug”:”釣りラボマガジン”} –>

選ぶポイント1:ワームの形状

フリーリグは、ワームがフォール姿勢から水平姿勢に切り替わる瞬間が一番のバイトチャンスです。

水中での抵抗を受けやすいワームが、ナチュラルにゆっくりとフォールをするためおすすめです。

選ぶポイント2:ワームの種類

フリーリグで主に使用されるワームの種類は、ギル系・クロー系・ホッグ系・ストレート系の4種類です。

フィールドで捕食されているエサを意識して選択してみましょう。

スポンサーリンク

【2024年最新】フリーリグ用ワームおすすめ人気12選|コスパ最強

ノリーズ(Nories) エスケープツイン 503 バンドウゴビィ

ここからは実際に、現在発売中のフリーリグ用ワームをご紹介します。

フリーリグ用ワームで人気ランキング常連のものや、コスパを重視して選びました。

おすすめなので、ぜひ参考にしてみて下さい。

フリーリグの作り方と使い方を徹底解説|作り方・アクション
近年新たに登場し、徐々に人気を博しているフリーリグ。今回、釣りラボでは、そんなフリーリグについて、リグの特徴、作り方、使...
マグバイト(Magbite)

【マグバイト】プルグラブ 3.8インチ

マグバイトのフラットグラブ

プルグラブ 3.8インチは、2022年にマグバイトから新発売された、フォーミュラー配合のフラットグラブになります。

リフト&フォールを繰り返すテキサスリグやフリーリグなど、アクションの連続する動作で、手足がバタつくことで波動を発生させ、魚の好奇心を引き付けてくれます。

ロックフィッシュだけでなく、バスフィッシングでもしっかり仕事をしてくれます。

こんな人におすすめ

  • 手足をバタつかせるアクションで、波動の発生を重視している方
  • リフト&フォールを繰り返す釣りで、ウェイトレスやフリーなどのリグを利用する方
Major Craft(メジャークラフト)

【メジャークラフト】ぷりぷりタコクラブ

標準搭載された「専用カニワーム」のほかに、餌やワームの装着も可能なアイテムです。

搭載されている「ぷりぷりクラブ」は、その名の通り柔らかいマテリアルを採用しているため、潮流にレスポンス良く反応を示し自発的アクションを生み出します。

海中で爪・脚を動かし続けて広範囲のタコを魅了し、バイトを誘発します。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】DBユーマ

フォール中にボディ全体から微波動を発しナチュラルアピールをするため、喰い渋ったバスに効果的なワームです。

スリムなボディに搭載された細かなパーツが、フォール中にブレーキとなりスローフォールで喰わせの間を演出します。

フリーリグに最適化したアイテムとして開発されているため、フリーリグの最大のメリットである緩急を演出しやくイメージ通りのアプローチが可能です。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】スティーズホグ

エビやザリガニをイミテートした万能ホグワームです。
ボディに搭載された大小の爪とリブを搭載しており、強い水押しで強烈アピールをします。

また、深めのリブによって針先を隠すことができるため「スナッグレス性能」も抜群です。
フリーリグのほかダウンショット、キャロ、ラバージグのトレーラーなど、さまざまなリグに対応するオールランダーです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】ドリフトクラブ

カニ形状の効果的ワーム

ジャッカルのドリフトグラブです。

カニを模した形状になっており、見た目はもちろん匂いも甲殻類です。

バス釣りのワームでカニを模したワームは見かけないので、スレた魚やカニが多いフィールドでは特に有効なワームです。

こんな人におすすめ

  • バス釣りでカニをターゲットにしたい方
  • スレた魚やカニが多い釣り場に行く方
ノリーズ(Nories)

【ノリーズ】エスケープツイン

厚みのあるボディと2枚の分厚いパドルにより、圧倒的な水押しと強波動で広範囲にアピールをします。
搭載されたパーツ全て、アクション・フォール中に稼働するため、水に濁りが入った時や、薄暗く視認性が悪いシチュエーションでも水中で存在感抜群です。

また、高比重マテリアルに多めのソルト、味、匂いの粒子を配合しているため、集魚力、喰わせ共に最高クラスのワームです。

プロトラスト

【プロトラスト】PRO TRUST PT-8016

テール部に搭載されたブレードによって生み出される強波動とフラッシングにより、広範囲のタコにアピールが可能なルアーです。

太軸の大型Wフックが標準搭載されておりフッキング率を高め、レインボーティンセルを装備することでよりアピール力を高めています。

大型のタコが掛かってもフックを伸ばされる心配がなく、しっかりキャッチできるでしょう。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】ハニーナゲット

静と動を演出するフリーリグ専用ワーム

フリーリグ専用ワームとして発売され話題になりました。

扁平ボディに2種類のパーツが付いた、フリーリグに特化した大人気ワームです。

シンカー着底後はスローなフォールに切り替わり、パーツが複合的にアクションすることで強烈なアピールが期待できます。

フリーリグで重要な静と動を演出できますのでおすすめです。

こんな人におすすめ

  • フリーリグをよく使用する方
  • アクション性の高いワームを好む方
LUOYISI

【LUOYISI】タコベイト

タコの好物であるエビをイミテートしたルアーです。
よりリアルなフォルムを実現するためにボディ全体に「3Dコーティング」が施されており圧倒的生命感を演出しています。

また、脚のパーツには自発的アクションを生み出す「ソフトラバー素材」が採用され、アクション時はもちろんのこと放置していてもアピールが可能なアイテムです。

デプス(deps)

【デプス】ブルフラット

デカバス狙いのワーム

琵琶湖でデカバスが釣れると話題になり、一時期は入手困難になりました。

独特のスパイラルフォールが特徴のワームです。

ブルーギルをイミテートし円を描きフォールをしていきます。

フリーリグで使用することにより、スパイラルフォールを出しやすいためおすすめです。

こんな人におすすめ

  • デカバスを狙いたい方
  • フリーリグで釣りをすることが多い方
ディスタイル(DSTYLE)

【ディスタイル】ギルーラ

ブルーギル釣りに最適

リアルな顔と目はブルーギルを忠実に再現しています。

ワイドに広がるテールで水を噛み、小刻みにボディを震わせるアクションです。

オフセットフックを横付けにセッティングし、カバーの中に落としてアピールしてみましょう。

ブルーギルが好きな魚は確実に食ってくるでしょう。

こんな人におすすめ

  • ブルーギルを主なターゲットにしている方
  • フリーリグ釣りでよく釣りをする方
deps

【デプス】リバウンドスティック

バルキーなボディにくびれを設けた「パワフル」な波動を生み出すワームです。
パーツは一切搭載していないため障害物のスリ抜け性能が抜群となっており、ウィードやパッド、ブッシュやレイダウンなど、根掛かりが多発するエリアを手返し良く攻略できます。

フォール中は独特な形状が織りなす複雑水流波動で誘い、着底後は厚めのボディを大きく跳ねさせる「リバウンドアクション」でビッグバイトを誘います。

スポンサーリンク

フリーリグ用ワームについてまとめ

JACKALL(ジャッカル) DBユーマ フリー 4.5インチ メロンブルー/クリアーパール

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2024年】フリーリグ用ワームおすすめ人気ランキング12選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • フリーリグ用ワームの選び方
  • 【2024年最新】フリーリグ用ワームおすすめ人気12選|コスパ最強

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

フリーリグ用ワーム
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...
【2024年】アジングワームおすすめ21選!色やサイズの選び方、付け方もご紹介
アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース...
【2024年】シーバスワームおすすめ15選!選ぶポイントや釣り方・仕掛けをご紹介
シーバス釣りにワーム(ソフトルアー)を使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなシーバスワームの選び方、おすすめシ...
【2024年】メバリングワームおすすめ11選!人気カラーや選び方をご紹介
メバルのルアー釣りとして人気の高いメバリングでは、ワーム(ソフトルアー)がよく使われます。今回、釣りラボでは、そんなメバ...
【2024年】バス釣りワームおすすめ19選!選ぶポイントや人気のリグもご紹介
バス釣りに安くて釣果を出せるワーム(ソフトルアー)を使うという方も多いと思います。今回、釣りラボでは、そんなバス釣りワー...
【2024年】野球用バット収納可能リュックおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
野球をしている方のために、持ち運びに便利なバットを収納できるリュックがあります。今回、スポウィズでは、野球用バット収納可...
https://sports-with.com/baseball/baseball-bat/639
...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ワーム
釣りラボマガジン