【2022年】高浮力のワームおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も

数多くあるワームの中でも、高浮力のものを試したい方は必見。今回、釣りラボでは、高浮力のワームの特徴、メリット、おすすめの高浮力のワーム、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の高浮力のワームをご紹介します。

ワーム リグ
スポンサーリンク

高浮力のワームを使うメリットとは?

バークレイ(Berkley) ワーム アオキムシ グリパンチャート PBMAM15-GPCH バス釣り ルアー

高浮力ワームはワームに浮力を持たせる設計または素材を採用しているため、ワームが水面に浮く特徴があります。

バスフィッシングの本場アメリカでは、昔から多くのアングラーが多用していましたが、日本ではあまり目にすることはなかったです。

しかし近年では高浮力ワームのポテンシャルの高さが認められ、多くのメーカーが発売しています。
ここからは高浮力ワームを使うメリットをご紹介します。

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...

メリット1:ナチュラルな動き

通常のワームに比べ高浮力ワームは水面でナチュラルに浮くため、魚の警戒心が強い状況で威力を発揮してくれます。
弱って水面に浮く小魚や、木から落ちた虫などいろいろな使い方ができるメリットがあります。

メリット2:さまざまなリグに対応する

高浮力ワームはシンカーを使うことでさまざまなリグに対応し、レンジをコントロールすることができます。

例えばネイルシンカーを入れて使用すればネコリグで誘うことができます。
またフリーリグで使用する際はシンカーが着底した時に高浮力ボディを活かし、よりナチュラルに自発的アクションをしてくれます。

スポンサーリンク

高浮力のワームの選び方

JACKALL(ジャッカル) フリックシェイク サイトマジック 3.8インチ エビミソレッドフレーク

高浮力ワームのメリットが分かったところで、ここからは高浮力ワームの選び方のポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

選ぶポイント1:ワームの種類

高浮力ワームの種類にはさまざまなベイトをイミテートして作られたものがあります。
フィールドの魚が何を捕食しているのかよく観察し合わせていくことが一番のポイントです。

例えば湖や河川では小魚をよく捕食するので、小魚系のワームを選択すればいいでしょう。
野池といった小規模フィールドでは、ミミズ系・カエル系・セミなどを模したワームがおすすめです。

選ぶポイント2:ワームのサイズ

ワームのサイズを選ぶうえで一番重要なことは狙う魚のサイズに合わせて決めることです。
大型の魚は大きな餌を好む傾向があり、小型の魚は口が小さいので捕食するサイズも限られます。

デカい魚を釣りたい方は5インチ以上のワームを選択し、数釣りを楽しみたい方は4インチ以下のワームを選びましょう。

スポンサーリンク

高浮力のワームおすすめ人気6選【コスパ最強】

オーエスピー マイラーミノー 3.5inch OSP Mylarminnow MW-028瀕死ワカサギ 3.5inch

ここからは実際におすすめの高浮力ワームを6つご紹介します。
ネットや店頭を見ても数えきれない程の種類があり、迷われている方もいると思います。

そんな方のために、高浮力ワームの中で実績が高く人気な商品を厳選しました。
ぜひ参考にしてみてください。

Berkley(バークレー)

【バークレイ】青木虫

日本のトップバスプロ、青木大介氏がプロデュースした虫系ワームです。
リアルなシルエットなので、着水と同時にバイトしてくることが多いです。
浮いた魚にも有効なワームです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】フリックシェイク サイトマジック

高浮力ワームといえばこのワームと言っても過言ではないです。
ワームの形状を意図的にカーブさせ、通常のストレートワームでは演出することができない生命感ある艶かしいアクションをしてくれます。
ソルトでも高い実績を残しているのでぜひ参考にしてみてください。

オーエスピー(O.S.P)

【O.S.P】マイラーミノー

小魚を模したワームで、見た目はベイトフィッシュそのものです。
マス針をチョン掛けして弱った小魚を演出してみましょう。
反則級に釣れるため初心者の方におすすめです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】キッケルキッカー

虫とカエルをハイブリットしてイミテートされたワームです。
虫パターンや梅雨のカエルパターンで有効になるでしょう。
またエラストマー素材なので針持ちがいいのもおすすめポイントの一つです。

レイドジャパン (RAID JAPAN)

【レイドジャパン】2WAY

虫系ワームの中で大人気のワームで、発売当初は品薄状態が続き入手困難でした。
サイト専用ワームとして開発されたので、喰わせ能力が非常に高いです。

Berkley(バークレー)

【バークレイ】ホローベリーフィンテール

テールの先端にボール付いており水流を受けるとが艶かしくアクションをします。
使い方はi字引きやホバスト、ミドスト、ダウンショットなどさまざまなリグに対応できます。
繊細なアクションを可能としスレた魚に有効なワームです。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめの高浮力のワーム3選

ダイワ(DAIWA) フロッグ キッケルキッカー ダークアカガエル ルアー

最後に2022年最新の高浮力ワームをご紹介します。
近年発売される新製品は、今までにない斬新的なアイデアを採用した商品が多いです。

最新の情報をキャッチして、大型の魚をキャッチしましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

レイドジャパン

【レイドジャパン】リトルスイーパー

小魚に模した作りとなっており、水中では高浮力ボディによって安定したローリングアクションができるのが特徴です。
仕掛けはダウンショットで使用することをおすすめします。

ロッドで細かくシェイクをし、ボディをフラッシングさせアピールしてみましょう。
やる気のある魚なら確実に食ってくるでしょう。

ティムコ(TIEMCO)

【ティムコ】CTハッタクローラードバECO

ボディ全体にリブを配置しているため、水を掴みやすく自発的アクションをします。
またストレートワームにしては、シルエットに厚みを持たせているのでアピール力も高いです。

メガバス(Megabass)

【メガバス】フワバグ 1.8inch

フワバグ 1.8inchは、2021年にメガバスから発売になった、中空ボディーを形成した小型軽量のクローワームになります。

浮力素材もさることながら、中空構造が更に浮力を増強し、フックやライン重量を調整すれば、トップでのステイゲームも可能になります。

狙いたいレンジに合せて、ネイルシンカーで調整し放題です。

スポンサーリンク

高浮力のワームについてまとめ

レイドジャパン (RAID JAPAN) ツーウェイ (2WAY) (#020 ダークシナモン/ブルーフレーク)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】高浮力のワームおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 高浮力のワームを使うメリットとは?
  • 高浮力のワームの選び方
  • 高浮力のワームおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの高浮力のワーム3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...
【2023年】アジングワームおすすめ18選!色やサイズの選び方、付け方もご紹介
アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース...
【2023年】シーバスワームおすすめ12選!選ぶポイントや釣り方・仕掛けをご紹介
シーバス釣りにワーム(ソフトルアー)を使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなシーバスワームの選び方、おすすめシ...
【2023年】メバリングワームおすすめ11選!人気カラーや選び方をご紹介
メバルのルアー釣りとして人気の高いメバリングでは、ワーム(ソフトルアー)がよく使われます。今回、釣りラボでは、そんなメバ...
【2023年】バス釣りワームおすすめ16選!選ぶポイントや人気のリグもご紹介
バス釣りに安くて釣果を出せるワーム(ソフトルアー)を使うという方も多いと思います。今回、釣りラボでは、そんなバス釣りワー...
【2022年】ワンタッチテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
アウトドアのさまざまなシーンで活躍するワンタッチテント。今知っておきたい情報はこちら!今回、キャンプライクでは、ワンタッ...
【2022年】ポップアップテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ピクニックなどで手軽に設営できるポップアップテント。今回、キャンプライクでは、ポップアップテントの特徴、おすすめのポップ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ワーム
釣りラボマガジン