琵琶湖だけに生息?ビワマスのレシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、ビワマスの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ビワマスとは?その特徴・生態をご紹介

琵琶湖

出典:写真AC

まずは、ビワマスについてその特徴や生態をご紹介します。

見た目

ビワマスは同じヤマメの亜種であるサクラマスに似ています。
見分ける方法は、ビワマスの目がサクラマスより大きく、ウロコの数がサクラマスよりも少ないため比べてみると違いが分かり易いです。

見た目の特徴は、サケ類の幼体時に多いパーマークと言われる小判型の斑点模様と朱点が幼魚・稚魚の幼体に見られ、多くは成長途中で消えますが成体まで成長してもパーマークが消えない個体もいます。

ビワマスは、8cm程度まで成長するとスモルト化し体色が銀白色に変化します。
スモルト化すると、体高も下がり体型もスリムになり脂肪が落ちます。

スモルト化をした個体でも他のサケ科と異なり、ビワマスに海水耐性は付きません。

ビワマスの体長は、40cm〜60cm程ですが70cmを越す大物も発見されています。
生まれてから1年で20cm程まで成長し、2年で30cm、3年で40cm、4年で50cm程にまで成長します。

食性は、小魚や水生生物、アナンデールヨコエビなどを捕食します。

ビワマスの綺麗なサーモンピンクの身色は、エサであるアナンデールヨコエビに含まれる成分によって左右されます。

産卵期になると、雌雄共に体全体が赤褐色に変化する婚姻色が現れ餌を食べなくなります。
特に雄の個体には鼻曲がりと呼ばれる、上下の顎が内側へ曲がる現象が起きます。
産卵後のビワマスは生き絶え、次の世代へとバトンを繋ぎます。

ビワマスの呼び方

ビワマスの呼び方についてご紹介します。

漢字名

ビワマスを漢字名で表すと、琵琶湖の鱒と書いて琵琶鱒と表記します。
読み方と同じで覚えやすいです。

別称・別名

ビワマスの別名は、アメノウオ、アメノイオ、アメノウ、などと呼ばれています。
産卵期の大雨に集団で遡上することから雨の魚(アメノウオ)と呼ばれます。

英語・外国名

ビワマスの外国名は、「Biwa trout」と表記します。
直訳すると琵琶の鱒になります。

学名

ビワマスの世界的に分類される名称の学名は、「Oncorhynchus masou rhodurus」と表記されます。

生息地

ビワマスの生息地についてご説明します。

もともと琵琶湖の固有種だったビワマスですが、最近では栃木県の中禅寺湖、神奈川県の芦ノ湖、長野県の木崎湖などにも移入しています。

湖中でのビワマスが生息しているタナは、中層〜深層の水温が10°C〜15°C以下の層を回遊しています。
稚鮎など餌を捕食する時に表層付近へ現れます。

水深の違いにより水温が大きく変わる為、ビワマスは水温の違いを上手く活用して生活しています。

ビワマスの詳しい生態について知りたい方は、滋賀県立琵琶湖博物館にて展示されていますので、一度足を運んでみてください。

値段・相場価格

ビワマスの値段・相場価格についてご説明します。

キロあたり3000円以上が相場です。
養殖ビワマスと天然ビワマスでは、値段が大きく違うようです。

スポンサーリンク

ビワマスを使った料理・食べ方

琵琶湖

出典:写真AC

ここでは、ビワマスを使った料理・食べ方をご紹介します。

どんな味がするの?

ビワマスの味は、サケ目サケ科に属するのでサーモンに似ています。

ビワマスの身はマグロのトロよりも上品な味と称される程の味ですが、なかなか市場に出回らない上に価格も高級なので食べる機会も少ない為、ビワマスの味を知らない方は多いです。

栄養素・カロリー

ビワマスの栄養素は、抗酸化作用の高いアスタキサンチンやDHA、EPAなどの不飽和脂肪酸を多く含まれています。
カロリーは、100gあたり161kカロリー程です。

旬な時期・季節

ビワマスの旬な時期・季節は、夏場です。

おすすめ人気のレシピ・調理方法

ここでは、ビワマスを使用したおすすめ人気レシピ・調理方法をご紹介します。

刺身

ビワマス本来の味を堪能できるシンプルな調理方です。

詳しい調理方法を知りたい方はクックパッドなどをご参照下さい。

ビワマス刺身 by 滋賀県
サーモンのトロのようで、それでいて生臭みがないビワマス。やっぱり、刺身で食べていただきたいものです。…

生食での召し上がりの際には、寄生虫などの危険がありますのでご自身で刺身を作る際には注意が必要です。

燻製

ビワマスの切り身を、塩、コショウ、ハーブなどを入れたソミュール液に一晩浸けて、取り出して水分を飛ばします。
程よく乾燥したら、桜チップなどを使い燻製させます。

寿司

寿司は、ビワマスの旨味がさらに凝縮される調理法です。
詳しい調理方法を知りたい方はクックパッドなどをご参照下さい。

ビワマス(琵琶鱒)の寿司 by 滋賀県漁連
ビワマスは琵琶湖が誇る極上サーモン☆脂ののった身を贅沢に使って、お祝いやおもてなしにも最適な棒寿司を作りました!…

炊き込みご飯

材料と炊き込むだけで絶品料理になる調理法です。
ビワマスの下処理を丁寧にするとより美味しく召し上がれます。
詳しい調理方法を知りたい方はクックパッドなどをご参照下さい。

ビワマスの炊き込みご飯 by 滋賀県
鮭より優しいお味に仕上がります。近年ではビワマスの養殖が実現し、いただける機会が少しずつ増えてきました。…

ビワマスを楽しめる人気の料理店・レストラン

ここではビワマスを楽しめる人気の料理店・レストランをご紹介します。

京極寿司:滋賀県長浜市元浜町6-11

創業60年の三代続く老舗のお店です。
詳細は食べログなどをご参照下さい。

京極寿司 (長浜/寿司)
★★★☆☆3.71 ■創業60余年。長浜大手門で3代続く老舗寿司店。海のない近江で伝統と革新の鮨に挑む。 ■予算(夜):…

近江懐石 清元:滋賀県大津市雄琴6丁目1-35

滋賀県の食材を提供する地産地消のお店です。
詳細は食べログなどをご参照下さい。

近江懐石 清元 (おごと温泉/懐石・会席料理)
★★★☆☆3.40 ■滋賀県産の食材を伝統技法を基本に生かし、ここでしか食べられない味をお楽しみいただけます。 ■予算(…

日本料理おおみ:滋賀県大津市浜町2-40 琵琶湖ホテル 2F

季節に合わせた料理を提供してくれるお店です。

日本料理おおみ (島ノ関/懐石・会席料理)
★★★☆☆3.42 ■和の伝統に創意を凝らした新しい日本料理をご提供いたします ■予算(夜):¥6,000~¥7,999…
スポンサーリンク

ビワマスにおすすめの釣り方・仕掛け・タックル

琵琶湖

出典:写真AC

ここではビワマスにおすすめの釣り方・仕掛け・タックルをご紹介します。

ビワマスを釣る際、おかっぱりではなくトローリングでの釣りがよく楽しまれています。

滋賀県の琵琶湖では、承認された遊漁船業者を使わずに個人でビワマスを釣る際は県にあらかじめ申請・許可が必要になります。
他の地域でも申請・許可が必要な場合が多いので前もって調べるようにしましょう。

釣竿・ロッド

【天龍】ロッド ラグナ

スリーピースの為ロッドケースなどにもしまいやすく、携行性が高いです。
程よい硬さで、よくしなるロッドです。

>>>こちらの記事も読まれています
ロッドおすすめ人気ランキング23選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介

リール

【ダイワ】電動リール レオブリッツ S500J

左右どちらの指でもジョグの操作が可能なジョグパワーレバーを搭載し、ドラグ性能を高めるATDを採用した高機能電動リールです。

>>>こちらの記事も読まれています
電動リールおすすめ人気4選【シマノ・ダイワ】|選び方・オーバーホール

>>>こちらの記事も読まれています
【リール】おすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方

ルアー・ワーム

【シマノ】スプーン カーディフ ウォブルスイマー TR ルアー

種類を選ばず多くの魚を魅了するデザインとカラーリング、釣果を上げてくれること間違いなしのスプーンです。

釣り餌

【ミミズちゃん熊太郎】太虫 釣り餌 渓流釣り 川釣り ヤマメ イワナ フナ 鯉

釣り餌の定番のミミズの太虫タイプです。
釣り場を選ばず使用できる万能性のあるミミズは、用意しておくと重宝します。

>>>こちらの記事も読まれています
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!|付け方・自作【初心者必見】

スポンサーリンク

ビワマスの締め方・捌き方

琵琶湖

出典:写真AC

ここでは、ビワマスの締め方・捌き方をご紹介します。

締め方

なるべく素早く、魚が火傷を負わないように締めましょう。
詳しい方法はYouTubeなどをご参照下さい。

ヤマメの脳締めと血抜き

捌き方(さばき方)・切り方

捌く際には、血合をしっかり取ると臭みが残りにくいです。
詳しい方法はYouTubeなどをご参照下さい。

宝石と呼ばれる巨大ビワマスを捌いて食う!
スポンサーリンク

ビワマスの基本情報まとめ

琵琶湖

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「琵琶湖だけに生息?ビワマスのレシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説」というテーマに沿って、「ビワマスとは?その特徴・生態をご紹介」「ビワマスを使った料理・食べ方」「ビワマスにおすすめの釣り方・仕掛け・タックル」「ビワマスの締め方・捌き方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

マス釣りの始め方|仕掛け・餌・時期・ルアー【初心者必見】
鱒(マス)は、釣りの対象魚として、とても人気のある魚の一つです。今回、釣りラボではマス釣りについて、マス釣りにおすすめの…
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!|付け方・自作【初心者必見】
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り…
出世魚の由来と代表的な魚の一覧を紹介!|ブリ・スズキ・マグロ・カンパチ
稚魚から成魚へ成長するにあたり、名前・名称が変わる魚のことを出世魚といいます。今回、釣りラボでは、出世魚の由来や出世魚と…
太刀魚の刺身を美味しく食べる方法とは?|捌き方・皮の剥がし方・切り方
太刀魚の調理方法として、とても人気が高いのが刺身です。今回、釣りラボでは、太刀魚の刺身を最も美味しく食べる方法、捌き方、…
大トロって中トロと何が違うの?部位をご紹介|レシピ・通販・食べ放題
大トロは、非常に高級なマグロの部位であるということは有名ですが、中トロや赤身とはそもそも何が違うのでしょうか?今回、釣り…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

魚図鑑・料理
釣りラボマガジン