高級魚アラとは一体どんな魚?人気のレシピ・釣り方・さばき方を解説

【人気の高級魚】アラは、漁獲量が少なく幻の魚とも言われる高級魚です。今回、釣りラボでは、アラの特徴、生態、呼び名、クエとの違い、生息地、値段相場を徹底解説した上で、アラの味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。

魚図鑑・料理
スポンサーリンク

高級魚アラとは?その特徴・生態をご紹介

アラは、スズキ目ハタ科アラ属に分類される魚で、北海道から九州南岸の太平洋側、青森県から九州南岸の日本海側、東シナ海に分布します。

回遊することはないとされる魚であり、岩礁地帯のキワ、砂泥底との境界線付近を好み、底棲の魚類やエビやカニ、イカなどを捕食しています。

漁獲は釣り、もしくは深海の底引き網となりますが、水揚げは多くなく、揚がったとしても、高級料理店向けで取引され、街のスーパーの鮮魚コーナーに並ぶようなことはほとんどありません。

産卵期は盛夏(7〜8月頃)で、この時期の成魚は、精巣や卵巣が著しく発達し、腹部がパンパンに膨れ上がります。
一度に100万粒近い卵を産み、産み落とされた卵は海中を浮遊します。

稚魚・幼魚の生態

稚魚・幼魚は、沿岸の浅い海域で過ごしますが、制成魚は外洋に面する、水深100〜400m程度の中深海域に生息します。
成魚は最大で1m程度になる大型魚ですが、沿岸で釣れるものは大きな個体は少なく、1m級の大物は幻の魚と言われています。

幼魚には体側に3本の縦縞模様が入りますが、成長につれて不明瞭になり、成魚では消失します。
エラ蓋やヒレには鋭い棘があり、取り扱いには十分に注意します。

アラは性転換する魚として知られており、若魚の頃は全て雌である雌性先熟魚です。
ハタ科の魚の多くが雌性先熟魚で、成長につれて雄になる個体が発現します。

美味しんぼに登場する?

雁屋哲氏が原作の漫画「美味しんぼ」では、幻の魚として、博多のアラ鍋が登場します。
東京で「アラ鍋」と呼んでいるものに使われている魚は実はクエであることが殆どで、ホンモノのアラを探しに福岡まで遠征する主人公・山岡の姿が描かれています。

アラの呼び方

アラと呼ぶ魚は、本種「アラ」の他に、体型やサイズが似ていますが全く別種のクエ(モロコ)のことをアラと呼ぶ地域もあります。

また、本種のことをクエと呼ぶ地域もあり、混乱を来たしています。

漢字名

アラは漢字で「𩺊」と書きます。

別称・別名

アラは別名、クエ、イカケ、シロマス、ヤナセ、アラマス、スズキアラ、キツネ、タラ、オキダラ、スケソウなどがあります。

こうした地方名を見ると、確かに混乱を極めています。

英語・外国名

アラは英語では saw-edged perch といいます。
直訳すると、「ノコギリ刃のとまり木」です。
鋭いヒレからそう呼ばれています。

学名

アラは学名では Niphon spinosus といいます。
「棘の多い日本種」を意味します。

クエとの違い

アラとクエは見た目がよく似ているため、しばしば混同されていますが、クエのほうが南方性で、水深50m以下の岩礁地帯に棲息し、アラのように深海には落ちません。

最大サイズはクエのほうが大きくなり、120cmを超えるものもいます。

アラの生息地

アラは、北海道、青森県以南の水深100〜400mの中深海域に棲息します。

神奈川県藤沢市の新・江ノ島水族館では、相模湾で揚がったアラの若魚が飼育展示されています。

2019/12/29 相模湾旬の魚図鑑 2nd season その12 | 新江ノ島水族館

アラの値段・相場価格

アラは通年流通はしていますが、小さな個体が多いです。

ある程度まとまって水揚げされるのは、6〜8月頃、底引き網にかかったものが水揚げされますが、2,000円〜3,000円/kgの高値で取引されます。
最も高値で取引されるのは冬季で、4,000円/kgを超えます。

大型の個体は、釣りによる漁獲が殆どでしょう。

スポンサーリンク

アラを使った料理・食べ方

出典:写真AC

アラは非常に美味な魚です。
サイズが大きければ大きいほど味が良くなります。
刺身はもちろんのこと、しゃぶしゃぶ、鍋料理も絶品です。

頭部は梨割りにして煮付けたり、潮汁にしても最高のダシが出ます。
唐揚げにすれば歯ごたえのある、フグの唐揚げに似た味わいです。

胃袋や肝などの内臓も大変美味です。

どんな味がするの?

大型のアラの刺身は、しっかりとした肉質の中に、脂をたくさんしたためており、甘みが強い、噛めば噛むほど味がしみ出て来ます。
甘みのあと、うまみがじんわりやって来て、なんとも贅沢な味わいです。

熱を入れれば、ふわふわの食感に、うまみがさらに凝縮します。
湯引きや炙りにすれば甘みも強くなります。

栄養素・カロリー

生のアラの身は、ビタミンB6、B12、ナイアシンを豊富に含みます。
また、うまみ成分のグルタミン酸をはじめ、アスパラギン酸、アラニン、ロイシンなどのアミノ酸も豊富に含まれます。

旬な時期・季節

アラの旬は冬場になります。
高級鍋料理の材料として、11月〜翌2月頃が最も美味しい時期となります。
冬の季節は非常に高値となり、庶民の口にはなかなか入らないかも知れません。

おすすめ人気のレシピ・調理方法

アラの美味しいレシピ、調理法を紹介します。
非常にうまみの強い魚ですので、刺身が絶品ですが、鍋料理も大変人気です。

刺身

新鮮なアラの身は、ハリがあって弾力が強く、甘みのあとにうまみがやって来ます。
寄生虫に気をつけて、薄くそぎ切りにすると、フグのような豊かな味わいが楽しめます。

釣った超高級魚アラ、クエのお刺身
アラ、クエは、幻の高級魚で、 高級魚で検索すると一番上にでてくるほどの高級魚で、 SSS ☆☆☆ …

煮付け

アラは煮付けると味が染みやすく、ダシが煮汁に溶け出して素晴らしい味わいになります。
濃い目に甘辛くにつければ、ごはんのおかず、酒のアテに最高です。

アラの煮付け レシピ・作り方 | 【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピ
しっかりとした味がご飯によく合います。手に入るアラを使ってどうぞ!アラの煮付け/杉本 亜希子のレシピ。のレシピです。…

大型のアラは鍋料理にするのが向いています。
大きければ大きいほど、身に脂やうまみを蓄えています。

飯家 くーた 西中洲店 内野勇己の「あら鍋」 | 九州の味とともに 冬 | 霧島酒造株式会社
福岡は飯家 くーた 西中洲店 内野勇己の「あら鍋」をご紹介します。「九州の味とともに」では、福岡でしか味わうことのできな…

アラを楽しめる人気のお店・レストラン

福岡県福岡市中央区にある、相撲茶屋大塚は、漫画「美味しんぼ」にたびたび登場した、アラ鍋の名店です。

ぐるなび - 相撲茶屋 大塚 (薬院/ちゃんこ(ちゃんこ鍋))
相撲茶屋 大塚(薬院/ちゃんこ(ちゃんこ鍋))の口コミや情報、地図・☎電話番号などを【ぐるなび】がご紹介。警固・薬院周辺…
スポンサーリンク

アラにおすすめの釣り方・仕掛け・タックル

タックル

出典:写真AC

アラ釣りは、深海域を狙う釣りですので、大掛かりなタックルが必要です。
また、1mを超える大物は数がたいへん少なく、まさに「幻の魚」ですので、60〜80cm台のサイズ狙いが中心となります。

アラ釣りにおすすめの釣竿・ロッド

アラ釣りは、パワーのある深海魚釣り用のロッドが必要です。

【ダイワ】ゴウイン ブル GS 195HH

その名の通り、「強引」に獲物を浮かせて抜き上げるパワーを備えたロッドです。
深海からの長いファイトにも耐え抜くバットバワーで一気に引き上げます。

アラ釣りにおすすめのリール

アラ釣りに使うリールは、200号程度の錘が使えるパワーと、PE6〜8号が400m程度巻けるラインキャパが必要です。

【ダイワ】シーボーグ 500AT

200〜300mの中深海域からアラを抜き上げるには、電動リールが必須です。
ダイワの電動リールのフラッグシップ機であるシーボーグであれば、深海から一気に獲物を引きずり出すことが可能です。

アラ釣りにおすすめのルアー・ワーム

水深100m以浅の場所であれば、ジギングも可能です。
なるべく重いタイプのルアーを使いたいです。

【メジャークラフト】ジグパラバーチカルロングスロー イワシ 300g

アラをジギングで狙うなら、出来る限りウエイトのあるメタルジグを使う必要があります。
ジグパラバーチカルは、100g〜400gまでのラインアップがあり、自在に深海を攻めることができます。

アラ釣りにおすすめの釣り餌

アラ釣りにおすすめの釣り餌はイカです。
泳がせ釣りをする場合はアジが良いでしょう。
近海の小型のアラ狙いであれば、ムツやアカハタ、キンメを狙う仕掛けで代用が利きます。

スポンサーリンク

アラの締め方・捌き方

出典:写真AC

最後に、アラの締め方、さばき方を紹介します。

アラの締め方

アラを締める際は、脳締め、神経締めが現場で出来れば最高です。
ポイントは、手早く脳を破壊し、無駄に暴れさせないことです。

脳の場所が分からなくても魚は絞められます!

アラの捌き方(さばき方)・切り方

アラには背びれとエラ蓋に大変鋭い棘があります。
さばく際は十分注意して行いましょう。
事前にハサミで棘を切り落としてからはじめましょう。

【超高級魚】𩺊(アラ)沖スズキのさばき方~薄造りになるまで

スポンサーリンク

アラの基本情報まとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「高級魚アラとは一体どんな魚?人気のレシピ・釣り方・さばき方を解説」というテーマに沿って、「高級魚アラとは?その特徴・生態をご紹介」「アラを使った料理・食べ方」「アラにおすすめの釣り方・仕掛け・タックル」「アラの締め方・捌き方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【沖縄三大高級魚】スジアラとは?人気のレシピ・釣り方・さばき方を解説!
【沖縄で人気の高級魚】スジアラ(アカジンミーバイ)は、沖縄で人気の高級魚です。今回、釣りラボでは、スジアラの特徴、生態、…
【高級魚アカハタの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!
【人気の高級魚をご紹介】今回、釣りラボでは、アカハタの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、アカハタの…
ヒラマサはブリと何が違う?人気のレシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!
【人気の魚図鑑】ヒラマサは、国内で非常に多く消費される人気の魚です。今回、釣りラボでは、ヒラマサの特徴、生態、ブリとの違…
ユムシって食べられるの?その味や飼育方法、釣り餌としての使い方を解説!
【閲覧注意?人気の釣り餌をご紹介】ユムシは、その見た目の特異性もあって比較的知名度の高い魚です。今回、釣りラボでは、ユム…
甲殻類最強のシャコとは?食べ方・エビとの違い・シャコパンチの威力を徹底解説!
今回、釣りラボでは、シャコの特徴、生態、呼び名、エビのと違い、生息地、値段相場を徹底解説した上で、シャコパンチの威力や速…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

この記事に関連するキーワード

魚図鑑・料理
釣りラボマガジン