【高級魚マナガツオの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・捌き方を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、マナガツオの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚図鑑・料理
スポンサーリンク

マナガツオとは?その特徴・生態をご紹介

マナガツオ

出典:写真AC

マナガツオの見た目の特徴は、全長50~60cm程度の長さで、色は黒っぽい銀色で金属光沢があります。
形は楕円形でタイやマンボウに似て、側扁しています。

また、尾ビレと背ビレは大きく発達しているのですが、頭が小さいのでそれに伴って、目と口が小さいのも特徴的です。

その生態ですが、マナガツオは6月〜7月頃には産卵の為に瀬戸内海に入ります。
産卵が終わると、また外海に出ますが、産まれた後の稚魚は晩秋になるまで、内海で成長します。

マナガツオの呼び方

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

マナガツオの呼び方についての起源は、江戸時代に薬物についての知識をまとめた本草書、「本朝食鑑」にあります。
当時江戸では、鰹を「生」食べることが出来たそうですが西日本では、入手が困難な為に同じ時期に獲れるマナガツオを「生」で食べたことから「学ぶ鰹」が更に変化して「学鰹」と呼ばれたそうです。

付け加えると、カツオも夏に産卵して、秋になると外海に行くので、その性質が似ているということも大きな要因です。
このように、鰹に見立てられて名付けられたマナガツオは地域によっての呼び名や、漢字は様々です。

漢字名

マナガツオの漢字での記載は「鯧」、「真名鰹」、「真魚鰹」の三つで表記されます。
これは、カツオが取れない瀬戸内海の地域で初夏に獲れるマナガツオをカツオに見立てて、「真似鰹」と名付けたものが、訛って、マナガツオに変換されたと言われています。

また、別の理由としては、「真」に美味しい「魚」ということで真魚鰹という表記になったとも言われています。

別称・別名

マナガツオの別称・名称ですが、地域によったり、マナガツオの成長段階によって呼び方が変わってきます。(ただし、出世魚ではありません。)
和歌山では、未成熟のマナガツオを「チョウチョウ」と呼びます。
岡山では、「チョウキン」「ケイフク」「メンナ」と様々な呼び方があります。

その他には、「ギンダイ」富山県、「マハ」山口県、「フーイチャー」沖縄県、「マナガタ」(長崎県、熊本県、福岡県)「マナ」(関西)などがあります。

英語・外国名

続いて、マナガツオの外国名について紹介します。
英語では「Harvestfish」,「Silver pomfret」,「rudder-fish」,「butterfis」、中国、台湾では「鯧科」と呼ばれています。

学名

マナガツオの学名は、「Pampus punctatissimus (Euphrasen)」です。

マナガツオの生息地

マナガツオには「西にサケなし、東にマナガツオなし」ということわざがあります。
つまり、西日本では多く獲れるが、東日本では獲れないということです。
マナガツオは東日本では多く流通していませんが、西日本の特に中国、四国地方では高級魚として珍重されています。

具体的な生息地は、西日本から東シナ海で、特に東シナ海と瀬戸内海に多く分布しています。
東シナ海産のものでは冬場、瀬戸内海産のでは夏場が旬です。
これは産卵時期の相違などが原因です。

また、生まれたばかりのマナガツオは浅場の中層でプランクトンなどを食べて成長する為、河口域付近でも見ることが出来ます。
そして、産まれて約3ヶ月後に外海に泳いでいきます。

マナガツオの値段・相場価格

マナガツオの価格は、旬である6月~8月の終わりにかけて、2500円~3000円程度の値段で売られています。
そして冬にかけて相場は上がっていき、12月頃には3500円を超える値段で取引されます。

スポンサーリンク

マナガツオを使った料理・食べ方

マナガツオ

出典:写真AC

マナガツオは刺身がとても美味しいと言われています。
また、料理でしたら、塩焼き、ムニエル、唐揚げ、煮付けなどの多岐に渡った食べ方が挙げられます。

どんな味がするの?

新鮮なマナガツオは、脂身が豊富でトロのような味わいです。
また身に癖がなく、甘いのでシンプルな味付けでもジューシーな身を楽しむことが出来ます。

栄養素・カロリー

マナガツオは1尾(300g)で525kcalあります。
これは100gに換算すると175kcalです。

また、1尾に含まれる栄養素は、たんぱく質51.3g, 脂質32.7g,エネルギー525kcal,炭水化物0gとたんぱく質、脂質が豊富な魚です。
また、顕著な栄養素としてビタミンDとビタミンB12があります。

旬な時期・季節

マナガツオの旬な時期は、生息地によって差異があります。

瀬戸内海では、産卵時期の6~7月頃から夏にかけてが旬です。
一方、東シナ海では冬がマナガツオの漁の最盛期で身に脂も最ものっていることから、冬が旬とも言われています。

つまり、瀬戸内海で取れるものと、東シナ海で取れるもので旬の季節が違うということです。

また、美味しいマナガツオの見極め方ですが、大きさに大小がなく、2、3キロほどのマナガツオが最も美味しいと言われています。

おすすめ人気のレシピ・調理方法

マナガツオを使った、おすすめの人気レシピ、調理方法をご紹介します。
マナガツオは身に癖もなく、多岐に渡る調理が可能ですので、色々なレシピを楽しむことが出来ます。

刺身

マナガツオには、多くの魚にも含まれるアニサキスという寄生虫がいますが、筋肉や肝臓に生息していることが多く、衛生面と適切な調理を行えば心配することはありません。
鮮度が心配な方は加熱での調理をおすすめします。

刺身の具体的な調理法は、以下のブログで紹介されています。
マナガツオの炙り刺身はとても美味しそうです。

マナガツオの刺身、炙り刺し
  ∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です。皆さん、お元気ですかあ~皆様、残暑厳し...…

味噌漬け

マナガツオは、味噌との相性が良いので、時間が経っても美味しく楽しむことが出来ます。
ただし、味噌漬けには準備に時間がかかるので、余裕を持ってかかることをおすすめします。

マナガツオの味噌漬け by HACK
冷めても美味しい、最高に品のいい味です。…

煮付け

煮付けは、すごくシンプルな手順で作ることができるのでおすすめです。
子供から大人まで、好まれるレシピです。

活マナガツオの煮付け by naonao*
旬のマナガツオを美味しく食べたい♫…

塩焼き

マナガツオに塩を薄く振り、皮がパリッとなるまで焼きます。
引き締まった身をシンプルな味付けで堪能することができます。

照り焼き

照り焼きは、調味料を混ぜ合わせて作ってしまえば、あとはシンプルにできる調理法です。

マナガツオの照り焼き - 岡山県ホームページ(水産課)

ムニエル

ムニエルとは、フレンチにおける魚の代表的な調理方法です。
マナガツオには甘みがありますので、ムニエルにしても非常に美味しく食べることができます。

朝日放送テレビ|上沼恵美子のおしゃべりクッキング レシピ|

マナガツオを楽しめる人気のお店・レストラン

高級魚として知られるマナガツオを楽しむことが出来る人気のレストランを紹介します。
東京にあるこちらのお店では、マナガツオの幽庵焼きなどを楽しむことができます。

日本橋蛎殻町 すぎた - 水天宮前/寿司 [食べログ]
日本橋蛎殻町 すぎた (水天宮前/寿司)の店舗情報は食べログでチェック!江戸前の真髄をいまに伝える握り。進化し続ける職人…
スポンサーリンク

マナガツオにおすすめの釣り方・仕掛け

マナガツオ

出典:写真AC

マナガツオの基本的な漁獲の方法は、底引き網や定置網ですので、個人で釣ることは少し難しいです。

ただ、釣果を見る限り釣れる可能性が全くゼロというわけではないようですので、ここでは実際に釣れたという釣果報告があるおすすめの釣り方を紹介します。

マナガツオの釣り方

マナガツオは、投げ釣りや、ウキ釣りなどの手法を用いることで釣ることができます。

マナガツオを釣る際に使われる餌

また、マナガツオを釣るためにつける餌はゴカイや、アオイソメです。

スポンサーリンク

マナガツオの捌き方(さばき方)

マナガツオ

出典:写真AC

マナガツオは、鱗がとても剥がれやすいので、楽に剥がして捌くことができます。
頭と内臓を取った後、血合いをよく洗い水気を獲ることポイントです。

真魚鰹(まながつお)のさばき方 – How to filet Harvestfish -|日本さばけるプロジェクト
スポンサーリンク

マナガツオの基本情報まとめ

マナガツオ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【高級魚マナガツオの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・捌き方を解説!」というテーマに沿って、「マナガツオとは?その特徴・生態をご紹介」「マナガツオを使った料理・食べ方」「マナガツオにおすすめの釣り方・仕掛け」「マナガツオの捌き方(さばき方)」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

海釣り初心者必見!おすすめの道具や仕掛け、釣り方のコツ、人気のスポットをご紹介
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!付け方や自作方法、代用餌までご紹介
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り餌…
【2020年】釣りウキおすすめ10選を種類ごとにご紹介!選び方や号数・浮力による違い、付け方も
釣りをするなら必要不可欠とも言えるウキ(浮き)。ウキに関する基礎知識はぜひ押さえておきたいところです。今回、釣りラボでは…
【ウキ釣り入門】海・堤防釣りにおすすめの仕掛け・タックルをご紹介
ウキ釣りは初心者でも手軽に始めれることから人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボでは、そんなウキ釣りについて、ウキの…
代表的な出世魚の一覧と呼び名の順番をご紹介|ブリ・スズキ・ボラ・カンパチ
稚魚から成魚へ成長するにあたり、名前・名称が変わる魚のことを出世魚といいます。今回、釣りラボでは、出世魚の由来や出世魚と…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

魚図鑑・料理
釣りラボマガジン