【サゴシ(サワラ)の基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、サゴシの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、おすすめのレシピや人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚図鑑・料理
スポンサーリンク

サゴシ(サワラ)とは?その特徴・生態をご紹介

サゴシ

出典:写真AC

サゴシは、スズキ目サバ亜目サバ科サワラ属に分類されます。
サゴシの標準和名はサワラといい、こちらの方が聞きなじみのある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

サゴシの特徴は、銀色の細長い体で側線は波打っています。
口が大きく顎に鋭い歯も見られるので、噛まれないように注意が必要です。

サゴシは黒潮に乗って群れで回遊する回遊魚です。
そのため、外洋に面している場所での磯、サーフが釣りやすいポイントになります。

釣りやすい場所としては新潟県や福井県、鳥取県や福岡県などの全国の日本海側になります。
特に福井県の敦賀新港や鳥取県の境港はサゴシが釣りやすいと有名な港です。

サゴシの生態として温かい水を好むため、釣りの時期は春から秋にかけてがピークとなります。

サゴシのエサはカタクチイワシやイカナゴなどの小魚ですので、秋になるとこれらの小魚に引き寄せられるようにサゴシが釣りやすくなります。

サゴシの呼び方

サゴシはその大きさにより呼び方が変わる出世魚です。
大きさが40~50cmの魚が「サゴシ」、50~60cmの魚が「ナギ」、60cm以上の魚が「サワラ」となります。

つまり、サワラの子どもの魚がサゴシになります。

別称・別名

サゴシは上記での述べたようにナギやサワラ(鰆、馬鮫魚、狭腹)と呼ばれます。
また、地域によってはサゴチやカマチ、グッテリとの別名で呼ばれることもあるようです。

英語・外国名

サゴシは英語名でJapanese spanish mackerelと呼ばれます。
また、spotted mackerelと呼ばれることもあるようです。

学名

サゴシの学名はScomberomorus niphoniusです。
Cuvier(キュヴィエ)が1831年に命名しました。

サゴシの生息地

サゴシは、海水魚です。
日本では北海道南部〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、瀬戸内海の各地が生息地です。

サワラは人工飼育が難しく、水族館では中々見ることができません。

サゴシの値段・相場価格

サゴシの1匹の値段は、大体1000~1600円の間で推移しているようです。
大きいほど値段が高くなり、大型のものは高級魚として取引されています。

スポンサーリンク

サゴシを使った料理・食べ方

出典:写真AC

ここではサゴシの料理について紹介します。

どんな味がするの?

サゴシはさっぱりでタンパクな味です。
成長し大きくなったサワラの方は食べたことがある方も多いのではないでしょうか。

サゴシとサワラはそれほど味の違いはありません。
サワラの刺身は皿までなめると言われるほど上等ですので、サゴシも同等だと考えてよいでしょう。

栄養素・カロリー

サゴシの栄養素はたんぱく質が豊富であり、白身魚ですが脂質も多く含んでいます。
その中でもEPAやDHAなど、不飽和脂肪酸を多く含んでいます。
可食部100gあたりのカロリーは177kcalです。

旬な時期・季節

旬は春です。

大きいサイズのサワラの漢字が「鰆」なのも春が旬だからといわれています。
しかしこれは関西中心の旬の時期であり、関東では「寒鰆」と呼ばれる、産卵前の12月から2月にかけての冬の時期を旬としているようです。

おすすめ人気のレシピ・調理方法

サゴシは身が柔らかく、調理にコツが必要な魚です。
なかでも食べやすく調理しやすい方法・レシピを紹介します。

刺身

サゴシは脂がのっており、刺身にして食べるとおいしい魚です。

サゴシの刺身、酢〆、アラ汁 by ただっち
刺身はあっさりしていて美味しい。アラ汁もよくダシが出ている。…

こちらではサゴシ1匹を使用したサゴシの刺身、酢〆、アラ汁の作り方が紹介されています。

なお、生で食べる場合はアニサキスに注意してください。
アニサキスとは魚に寄生する寄生虫の仲間です。

クジラなどの大型魚類の排泄物とともに排出され、プランクトンがそれを食べ、更にそれを食べたサバなどに寄生します。

そんなアニサキスですが、1匹でも食べてしまうと激しい腹痛や吐き気、蕁麻疹などの症状を引き起こすことがあります。
アニサキスに季節はないため、1年中注意が必要となります。

アニサキスは加熱調理や-20℃以下の冷凍には弱いため、心配ならば刺身はやめて加工した方がよいでしょう。

西京焼き

さっぱりめで癖のないサゴシは西京焼きの濃い味にもピッタリです。
こちらのレシピならば野菜もたっぷりとれます。

サゴシの西京焼き by アングラーズ(公式)
~サゴシの西京焼き~…

ムニエル

サゴシは柔らかく身の崩れやすい魚ですが、ムニエルにすれば崩れにくくおいしく食べられます。
無駄な小麦粉は軽くはたいてあげると焼き上がりが綺麗で更にカロリーオフになります。

さごしのムニエル*味噌バターソース by なお★nao
さごし(鰆の幼魚)は、クセがなくて調理もしやすいので、今回は簡単ムニエルに(^m^*)とってもご飯に合うソースですよ♪…

サゴシを楽しめる人気のお店・レストラン

サゴシを楽しめるレストランはとても珍しいです。
富山エクセルホテル東急のレストラン「リコモンテ」では、ランチタイムにサゴシを楽しむことができます。

ランチ | 富山エクセルホテル東急
スポンサーリンク

サゴシにおすすめの釣り方・仕掛け

出典:写真AC

基本的には夜釣りですが、朝方でも釣ることはできます。

サゴシは小魚などを食べて成長していきます。
磯や防波堤などの海に面している場所までエサを追って来ることが多いため、ライトショアジギングで釣りあげるのがおすすめです。

メタルジグをしっかりと沈めた後は、しっかりと寄せて高速巻きで食わせていきます。
ただ巻くのではなく、途中で一息空けてみるとサゴシが食いついてくることが多いです。

サゴシはとても獰猛で鋭い歯を持っているので、釣りあげの際にはケガをしないよう注意しましょう。

釣竿・ロッド

釣り竿・ロッドの紹介をします。

【メジャークラフト】3代目 クロステージ CRX-942SSJ 9.4フィート

30g前後のジグでショアジギングを存分に楽しめるスーパーライトなモデルです。
軽量で扱いやすく、適度にしなやかなのでジグが飛ばしやすいと好評です。

リール

次にリールの紹介をします。

【シマノ】17 アルテグラ 4000XG

ソルトウォーターに対応したシーリングのため、海釣りに最適。
突然のバイトにも速やかに反応できる大径ドラグノブで、巻き心地もバッチリです。

リーダー

リーダーの紹介をします。

【VARIVAS】ショックリーダー フロロカーボン 30m

ノンストレスコーティングで魚の歯やヒレ、ストラクチャーとのコンタクトにもキズつきにくい仕様となっているため、鋭い歯を持つサゴシに最適です。

ルアー・ワーム

サゴシはサゴシ専用のルアーが発売されているため、そちらを紹介します。

【Jackson】ミノー ピンテール サゴシチューン 90mm 28g

サゴシを釣るために開発された「サゴシチューン」はサゴシ専用ルアーです。
一定レンジの横の動きでリアクションバイトを誘発させるのでサゴシがよく食いつきます。

釣り餌

最後に釣り餌の紹介です。

冷凍キビナゴ 3kg

もともと小魚を食べているサゴシですが、キビナゴを好んで食べるようです。
新鮮な方が食いつきは良いですが、手軽に手に入る冷凍キビナゴでも十分に食いつきます。

スポンサーリンク

サゴシの締め方・捌き方

出典:写真AC

サゴシはサバ科のため、釣った後に適切な処理をしないと身が傷みやすく、匂いが出やすくなります。
ここでは締め方・さばき方を紹介します。

締め方

エラの付け根から眼の上を刺し、エラから先ほど刺した場所に向かってもう一度刺していきます。
その後エラを掴んで血抜きをします。
しっぽの付け根を切って神経棒を確認し、取り除きましょう。

究極の血抜き サワラ編 津本式バージョン vol.45

捌き方(さばき方)・切り方

両ヒレから刃をいれて頭を切り落とし、腹から肛門まで切れ込みを入れていきます。
内臓を取り除き、洗って3枚おろしにしていきます。

サゴシの捌き方~刺身・焼き物・揚げ物用~
スポンサーリンク

サゴシ(サワラ)の基本情報まとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【サゴシ(サワラ)の基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説」というテーマに沿って、「サゴシ(サワラ)とは?その特徴・生態をご紹介」「サゴシを使った料理・食べ方」「サゴシにおすすめの釣り方・仕掛け」「サゴシの締め方・捌き方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…
海釣り初心者必見!おすすめの道具や仕掛け、釣り方のコツ、人気のスポットをご紹介
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
ショアジギングとは一体何?釣り方のコツやおすすめのタックル・仕掛けもご紹介
ショアジギングとは、メタルジグを使い、ショア(岸)から遠投して行う釣りのことです。今回、釣りラボでは、ショアジギングで釣…
【2020年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

魚図鑑・料理
釣りラボマガジン