【2022年】シーバスロッドおすすめ人気17選!コスパ最強の製品から万能竿まで

【2022年】シーバスロッドおすすめ人気17選!コスパ最強の製品から万能竿まで

近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッドの選び方、人気メーカー、コスパ最強のおすすめのロッド、2022年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。

  1. そもそもシーバスロッドってどんなロッド?
  2. シーバスロッドの選び方
    1. 選ぶポイント1:ロッドの長さ
    2. 選ぶポイント2:ロッドの硬さ
    3. 選ぶポイント3:ロッドの種類
    4. 選ぶポイント4:ロッドのデザイン
    5. 選ぶポイント5:ロッドの色
    6. 選ぶポイント6:PEラインに対応したガイドの有無
  3. 【コスパ最強】安いおすすめのシーバスロッド4選!
    1. 【シマノ】ルアーマチック S86ML
    2. 【シマノ】18 ディアルーナ S86ML
    3. 【メジャークラフト】クロステージ CRX-862L
    4. 【ダイワ】スピニング ハンターX 96ML
  4. 【人気メーカー別】おすすめシーバスロッド4選
    1. ダイワのおすすめシーバスロッド1選
    2. シマノのおすすめシーバスロッド1選
    3. アブガルシアのおすすめシーバスロッド1選
  5. 【2021年〜2022年新作】おすすめシーバスロッド8選
    1. 【ダイワ】オーバーゼア AIR 109ML/M
    2. 【ダイワ】シーバスハンターX 93ML・R
    3. 【シマノ】21 ムーンショット S106M
    4. 【ダイワ】ラテオ モバイル 86ML-4
    5. 【シマノ】ルナミス S90ML
    6. 【シマノ】エクスセンス ジェノス B108M+/R
    7. 【エバーグリーン】ゼファー アバンギャルド ZAGS-87M/MH
    8. 【メガバス】Cookai(空海) CK-96MS
    9. 【ヤマガブランクス】Ballistick 94M TZ/NANO
    10. 【ジャンプライズ】ツーリミット 93 ストリームバトル
    11. 【ヤマガブランクス】Ballistick 96MMH TZ/NANO
  6. シーバスロッドは万能竿って本当?
    1. エギングでシーバスロッドは使える?
    2. アジングでシーバスロッドは使える?
    3. タイラバでシーバスロッドは使える?
    4. 青物釣り(ジギング)でシーバスロッドは使える?
  7. シーバス釣りタックルの選び方
    1. シーバスリール
    2. シーバスルアー
  8. シーバスロッドについてまとめ
  9. シーバスロッドに関する記事一覧

そもそもシーバスロッドってどんなロッド?

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド OVER THERE 109ML/M 釣り竿

シーバスロッドとは、シーバス(スズキ)を釣るためのロッド(釣竿)です。

シーバスという名前が付いているとはいえ、シーバスロッドは汎用性が高く、家族連れでも楽しめるサビキ釣りでアジやイワシ、砂浜などからの投げ釣りでキスやカレイ、同付き仕掛けでカワハギやメバル、ワインドでタチウオなど、様々な場面で活躍してくれます。

シーバスロッドがあれば、海釣りだけではなく、川釣り、船釣りまで楽しめます。
初心者から上級者まで持っていて損のない1本がシーバスロッドです。

本記事では、シーバスロッドだけでなく、ルアー(疑似餌)やリールの選び方を交えながら、コスパの良いもの、最新の新作ロッド情報をあわせてご紹介します!

>>>こちらの記事も読まれています
シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方

シーバスロッドの選び方

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ルアーマチック 2本継ぎ S80L ソルト全般 シーバス タチウオゲーム

シーバスロッドは、釣る場所、ターゲットとするシーバスのサイズ等によって長さや硬さ等を選ぶ必要があります。

>>>こちらの記事も読まれています
【入門】シーバスロッドの選び方(長さ・硬さ・番手)を徹底解説!おすすめ商品も紹介

選ぶポイント1:ロッドの長さ

シーバスを狙う場合、長さ7〜10フィートのロッドを選ぶのが一般的です。
その中でも、8フィート~9フィート(約2.5m~2.9m)程度のシーバスロッドは最も汎用性が高く、扱いやすい長さです。

シーバス以外の魚を狙う際にも使い勝手がよいので、最初の1本としてもおすすめしたい長と言えます。

釣り初心者、または船釣りやボートの利用を視野に入れるのであれば、少し短め(7ft〜)を選ぶと扱いやすいです。

選ぶポイント2:ロッドの硬さ

ロッドの硬さは、簡単に言えばロッドのパワーを表しています。
そして、同モデルの同じ長さのロッドでも、数種類の硬さのロッドが販売されています。

ルアーの重さによってロッド硬さを選ぶことが多く、軽いルアーを使うなら柔らかめ、重いルアーには固めを選ぶことになります。

シーバス釣りの最大の魅力は、アタリが来た時の引きの強さにあります。

柔らかすぎるロッドでは、シーバスにロッドを折られてしまう可能性がありますし、逆に硬すぎるロッドでは、シーバスのアタリが分かりにくく、タイミングを逃してしまうこともあるかもしれません。

とはいえ、何本ものシーバスロッドをそろえるのは出費が大きく大変です。

汎用性を考えるなら、「M(ミディアム)」から「MH(ミディアムヘビー)」のパワーのシーバスロッドを選ぶと様々な場面で活躍してくれますので便利です。

>>>こちらの記事も読まれています
ロッドの硬さの違い・表記の見方を解説!硬さ別におすすめのロッドも紹介!

選ぶポイント3:ロッドの種類

シーバス釣りで使われるロッドの種類には、「スピニングロッド」と「ベイトロッド」があります。
シーバスゲームには、スピニングロッドが使われることが多いですが、最近ベイトロッドを使う人も増えています。

ただし、ベイトロッドでシーバス釣りに挑むのは、ややテクニックが必要なので、初心者はスピニングロッドを使うと良いでしょう。

>>>こちらの記事も読まれています
【2022年】シーバス用ベイトロッドおすすめ18選!ダイワ・シマノ・メガバスのコスパ最強製品も

選ぶポイント4:ロッドのデザイン

シーバスロッドには、大きく分けて「1ピース」「2ピース(3ピース)」「振り出し(パックロッド)」の3種があります。

1ピースのロッド

「1ピース」は竿の先端から持ち手まで1本でつながっているロッドをさします。
長さがあり持ち運びには向きませんが、中には「1ピースロッドしか使わない!」というこだわりを持つアングラーの方もいます。

2ピース(3ピース)のロッド

「2ピース(3ピース)」は、ロッドの途中に次ぎ目があり、携帯性良く、種類も豊富です。

振り出しロッド(パックロッド)

「振り出し(パックロッド)」は、ロッドが伸縮し、持ち手部分にほぼすべて収納できるロッドをさします。
とにかくコンパクトなので、電車での移動でも邪魔にならず、持ち運びに便利です。

機動性を求めるのであれば、パックロッドを選ぶと良いでしょう。

選ぶポイント5:ロッドの色

最近では、カラフルでおしゃれなカラーのシーバスロッドもたくさん売られています。
ぜひ、お気に入りの1本を見つけてください。

選ぶポイント6:PEラインに対応したガイドの有無

ポリエチレン素材でできたライン(釣糸)をPEラインと言います。
強度が非常に強く、収縮率が低いのでアタリが来た時の感度が良いのが特徴です。
現在はこのPEラインが釣り用ラインの主流となっています。

ただ、PEラインはよれたり絡まったりしやすいデメリットがあります。
PEラインを使用する予定があるならば、お目当てのシーバスロッドにPEライン対応ガイドがあるかないかを必ず確認するようにしてください。

>>>こちらの記事も読まれています
【2022年】コスパ抜群のPEラインおすすめ8選!強度の強い結び方や巻き方もご紹介

【コスパ最強】安いおすすめのシーバスロッド4選!

シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド 18 ディアルーナ スピニング S86ML 港湾 河川 干潟 ウェーディングゲーム

それではまずは安いのに品質が良い、コスパ最強のおすすめシーバスロッドを4つご紹介します!
迷ったら、こちらの製品から選ぶと良いでしょう。

【シマノ】ルアーマチック S86ML

シマノで人気のルアーマチックシリーズ。
幅広いターゲットで活躍する1本であり、もちろんシーバス釣りに最適なロッドになります。

初心者にも扱いやすくコストパフォーマンスに優れています。

【シマノ】18 ディアルーナ S86ML

こちらのロッドは、シマノのロッドテクノロジーを集結した「スパイラルX」により、クラス越えのパフォーマンスロッドになっています。
シーバスを狙うのであれば、是非とも持っておきたいロッドです。

【メジャークラフト】クロステージ CRX-862L

シーバスフィッシングの初心者から中級者まで満足できる、コストパフォーマンスに優れた1本です。

【ダイワ】スピニング ハンターX 96ML

こちらのロッドは、ブレーディングX搭載のクラス以上の性能を誇るハイパフォーマンスのシーバスロッドです。

【人気メーカー別】おすすめシーバスロッド4選

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド リバティークラブシーバス 86ML 釣り竿

続いて、人気メーカー別におすすめのシーバスロッドをご紹介します。

日本国内の釣具の2大人気メーカーは「ダイワ」と「シマノ」です。
アフターサービスもしっかりとしているので、初心者からベテランまで安心して使用することができます。

また、アブガルシアのシーバスロッドもダイワ・シマノに引けを取らないほどの人気があります。

ダイワのおすすめシーバスロッド1選

ダイワは釣具メーカーとして世界中から支持されている最大手メーカーです。

プロから初心者まで、釣りをするならダイワの道具を選べば間違いないと言われるほど、豊富な種類と品ぞろえを誇っています。

>>>こちらの記事も読まれています
【2022年】ダイワのおすすめシーバスロッド11選!スピニング・ベイト・振出しロッドをご紹介

【ダイワ】リバティクラブ 86ML

こちらのリバティクラブは、カーボン含有率67%の強さとしなやかさを兼ねそろえた、ロッドテクノロジー満載のモデルです。

シマノのおすすめシーバスロッド1選

シマノもダイワと並ぶ釣具メーカーの最大手メーカーです。
アフターサービスも充実しており、釣りに関するものなら何でもそろえることができます。

>>>こちらの記事も読まれています
【2022年最新版】シマノ(SHIMANO)のおすすめシーバスロッド10選!選び方もご紹介

【シマノ】ルアーマチック スピニング S80L

「ルアーマチック」シリーズは幅広い釣りが楽しめる大人気のモデルです。
シーバス釣りにとても向いています。

アブガルシアのおすすめシーバスロッド1選

アブガルシアは、スウェーデンの総合釣具メーカーです。
世界中で人気があり、非常に古い歴史を持ちます。

>>>こちらの記事も読まれています
【2022年】アブガルシアのシーバスロッドおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介

【アブガルシア】ソルティーステージ KR-X

こちらは、最近増えているシーバス用のベイトロッドです。
値段以上の性能を持ち、コスパの良い製品です。

【2021年〜2022年新作】おすすめシーバスロッド8選

メジャークラフト 釣り竿 スピニングロッド 3代目 クロステージ シーバス CRX-862L 8.6フィート

続いて2021年以降に発売された商品を中心に、最新のシーバスロッドをご紹介します。
新作だけあって、見るだけでもワクワクするような仕上がりのロッドばかりです。

【ダイワ】オーバーゼア AIR 109ML/M

近年流行しているSWショアキャスティングゲーム向けにダイワからリリースされた新しいシリーズが、オーバーゼアです。

様々なジグやプラグに対応でき、ショアからシーバスや青物を狙うための飛距離もバッチリ出る長めのロッドばかりです。

オーバーゼアAIRは最新技術が搭載されたハイグレードモデルとなっており、こちらの109ML/Mでは、シーバスを始めヒラメやマゴチ、マダイや根魚まで対応できます。

【ダイワ】シーバスハンターX 93ML・R

2021年に発売されたこちらの製品は、価格も比較的安く、シーバスフィッシングを楽しむことができる専用ロッドです。
軽量で高い感度のHVFカーボンとブレーティングXをブランクスに採用し、キャスティング時の感覚が良好なロッドに仕上がっています。

癖が少ない設計でシーバスの他、サーフからのヒラメ、マゴチなどにも使用できるライトショアジギングに向いたロッドです。

【シマノ】21 ムーンショット S106M

シーバスをベースに多様なターゲットを狙える2021年新モデルです。

シマノオリジナルの強化構造ハイパワーXが採用され、軽量モデルからパワーロッドまで12機種の展開となっております。
1万円台と手にとりやすい価格ながら、センターカット2ピースで扱いやすく、持ち運びにも便利です。

どんな場面でも活躍してくれる万能の1本です。

【ダイワ】ラテオ モバイル 86ML-4

シーバスロッドのスタンダードモデルとして人気の高い「ラテオモバイル」の最新作です。
スタンダードモデルとはいえ、ハイエンドモデルに近いスペックとなっています。

【シマノ】ルナミス S90ML

これまでのルミナスシリーズより最大10%の軽量化に成功した新生ルミナスには、シーバスはもちろん、様々なターゲットを対象とした釣りを楽しむことができます。

【シマノ】エクスセンス ジェノス B108M+/R

シマノから2020年に発売された、ベイトキャスティングシーバスロッドになります。

エクスセンス ジェノス B108M+/Rは、ベイトモデルである利点を生かして大型プラグと太糸を使用したパワーゲーム向きのロッドです。
ロングレングスを生かして、突堤やサーフからの遠投性能に長けており、リールのバックラッシュを防ぐ為にスパイラルXコアをブランクスに採用して、キャスト後のロッドのバタつきを抑えています。

上級者の方であれば、一発の大物を狙うロッドとして重宝します。

【エバーグリーン】ゼファー アバンギャルド ZAGS-87M/MH

エバーグリーンから2021年発売のシーバスロッドです。
ゼファー アバンギャルド ZAGS-87M/MHは、オヌマンさん監修のパワーモデルのシーバスロッドです。

大型ミノーやプラグをストレスなくキャスト可能ですので、港湾エリアのビッグベイトゲームやボートシーバスで効力を発揮します。
とにかく軽量で取り回しの良いロッドに仕上がっています。

【メガバス】Cookai(空海) CK-96MS

メガバスから2021年発売のシーバスロッドになります。
Cookai(空海) CK-96MSは、軽量ミノーから重量プラグまで、幅広いウェイトのルアーを操作できるメガバス中番手のシーバスロッドです。

ブランクスの構成はメガバス独自の5-Dグラファイトシステムを採用し、カーボンシートを多面貼りすることで、しなやかさとしっかりしたロッドの張りを併せ持ったハイスペックのロッドに仕上がっています。

【ヤマガブランクス】Ballistick 94M TZ/NANO

ヤマガブランクスから2016年発売のシーバスロッドになります。
Ballistick(バリスティック) 94M TZ/NANOは、発売から経年経過していますが、日本喫水のブランクスメーカーの元、未だ一線級のシーバスロッドです。

ナノアロイブランクを採用することにより、硬度としなやかさの長所を併せ持ち、ロングキャストからショートキャストまで、アキュラシーの高いシーバスロッドに仕上がっています。

【ジャンプライズ】ツーリミット 93 ストリームバトル

ツーリミット 93 ストリームバトルは、2020年にジャンプライズから発売された、シーバスゲーム専用ロッドになります。

オールラウンド仕様のロッドになり、立ち込みからサーフまで卆なくこなせるブランクス設計と、ティップ設計はフィネスよりに開発されていますので、バチ抜けやコノシロパターンのフィネスゲームにもしっかり対応出来ます。

【ヤマガブランクス】Ballistick 96MMH TZ/NANO

ヤマガブランクスから2016年に発売されたBallistick(バリスティック) 96MMH TZ/NANOは、シリーズ4作品の中で、最もバーサタイルなシーバスゲームを展開できるスピニングロッドです。

感度重視で製作設計されたシーバスロッドですので、バイトキャッチ率にとどまらず、地形形状の把握も同時に行え、メソッドの確率と根掛回避にも一躍買えるハイスペックロッドです。

シーバスロッドは万能竿って本当?

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド シーバスハンターX 96ML 釣り竿

シーバスロッドは、万能ロッドとも言われていますが本当なのでしょうか?

結論から言うと、シーバスロッドは幅広い釣りに対応してくれる万能竿です!
シーバスロッドが1本あれば、様々なシーンで活躍してくれます。

>>>こちらの記事も読まれています
【2022年最新】万能シーバスロッドおすすめ17選!特徴や選ぶポイントも紹介

エギングでシーバスロッドは使える?

エギングには、専用のエギングロッドがありますが、シーバスロッドでもエギングは可能です。
エギングも視野に入れるなら、長さ8.6フィートがベストです。

>>>こちらの記事も読まれています
シーバスロッドでエギングは楽しめる?兼用できるロッドの特徴・人気商品を紹介!

アジングでシーバスロッドは使える?

アジングでも、シーバスロッドは使うことができます。
ただし、飛距離が出ないため苦戦する方も多く、おすすめはしません。

タイラバでシーバスロッドは使える?

タイラバロッドは通常、6~7フィートほど、シーバスロッドは7~10ftほどなので扱い辛いかもしれません。
タイラバでのシーバスロッドの使用は、できないことはありませんがあまりおすすめはできません。

青物釣り(ジギング)でシーバスロッドは使える?

ジギングと呼ばれる青物(ワカナ・ハマチ・ヒラマサ・メジ・ブリ・ヤズなど)釣りは、格闘技に例えられるほど引きが強く、迫力があります。

シーバスロッドはそんなジギングやライトショアジギングも得意とするところです。
速い動きに対応したルアーを選べば、青物も難なくターゲットにできます。

シーバス釣りタックルの選び方

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド 20 ルナミス S90ML シーバス 青物・回遊魚・五目(~3kg)

最後に、シーバスロッドの他にも、シーバス釣りには欠かせないタックル(釣具)をご紹介します。

シーバスリール

シーバスリールには2500番台~3000番台の「スピニングリール」を使います。
釣り場を問わす、またルアーでもエサでも使えるので、汎用性も抜群です。

ネット購入の場合は、レビューなどを参考にして、使いやすさ、巻きやすさを重視し、慎重に選んでください。

>>>こちらの記事も読まれています
【2022年】シーバスリールおすすめ人気19選!選び方やコスパ最強の製品をご紹介

シーバスルアー

シーバスルアーには非常にたくさんの種類がありますが、その中から、季節・釣り場・シーバスのサイズにマッチしたものを選ぶ必要があります。

>>>こちらの記事も読まれています
【2022年】おすすめの定番シーバスルアー17選!ダイワ・シマノの人気商品も

シーバスロッドについてまとめ

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド ラテオ モバイル 86ML-4 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】シーバスロッドおすすめ人気17選!コスパ最強の製品から万能竿まで」というテーマに沿って、

  • そもそもシーバスロッドってどんなロッド?
  • シーバスロッドの選び方
  • 【コスパ最強】安いおすすめのシーバスロッド4選!
  • 【人気メーカー別】おすすめシーバスロッド4選
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめシーバスロッド8選
  • シーバスロッドは万能竿って本当?
  • シーバス釣りタックルの選び方

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

シーバスロッドに関する記事一覧

シーバスロッドに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、シーバスロッドに関連する様々な記事を多数掲載しておりますので、必要な情報を集めることができます。

【2022年】シーバス向けビックベイトロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

人気のあるシーバス釣り。ビックベイトなら大型も狙えます。今回、釣りラボでは、シーバス向けビックベイトロッドの特徴、おすすめのシーバス向けビックベイトロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のシーバス向けビックベイトロッドを...

【2022年】9ftのシーバス用ベイトロッドおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も

釣り師さん必見!今知って欲しい9ftのシーバス用ベイトロッド厳選集はこちら!今回、釣りラボでは、9ftのシーバス用ベイトロッドの特徴、メリット、おすすめの9ftのシーバス用ベイトロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の9...

【2022年】シーバス青物兼用ロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

どっちも狙える!近年大注目のシーバス青物兼用ロッドはこちら!今回、釣りラボでは、シーバス青物兼用ロッドの特徴、おすすめのシーバス青物兼用ロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のシーバス青物兼用ロッドをご紹介します。 ...

【2022年】Lクラスのシーバスロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

Lクラスのシーバスロッドは柔らかいので、軽いルアーが使えます。今回、釣りラボでは、Lクラスのシーバスロッドの特徴、おすすめのLクラスのシーバスロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のLクラスのシーバスロッドをご紹介します...

【2022年】超高感度のシーバスロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方や新製品も

超高感度のシーバスロッドには何を選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、超高感度のシーバスロッドの特徴、おすすめの超高感度のシーバスロッド、2022年シーズンに向けた新製品の超高感度のシーバスロッドをご紹介します。 シーバスロ...

【2022年】8ft台のシーバスロッドおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も

8ft台のロッドを使って、シーバスゲームに挑戦したいと考えている方必見。今回、釣りラボでは、8ft台のシーバスロッドの特徴、メリット、おすすめの8ft台のシーバスロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の8ft台のシーバス...

【2022年】振り出しシーバスロッドおすすめ人気ランキング10選!メリットやコスパ最強製品も

2022年度超おすすめ!振り出しシーバスロッドのご紹介!今回、釣りラボでは、振り出しシーバスロッドの特徴、メリット、おすすめの振り出しシーバスロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の振り出しシーバスロッドをご紹介します。...

【2022年】10ft台のシーバスロッドおすすめ人気ランキング10選!メリットやコスパ最強製品も

10ftという長いロッドを使って、シーバスゲームに挑戦する方が増えています。今回、釣りラボでは、10ft台のシーバスロッドの特徴、メリット、おすすめの10ft台のシーバスロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の10ft台...

【2022年】最高峰のシーバスロッドおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も

シーバスゲームの勝敗を決めると言っても過言ではないロッド。できれば最高峰と呼ばれる製品を使ってみたいものです。今回、釣りラボでは、最高峰のシーバスロッドの特徴、メリット、おすすめの最高峰のシーバスロッド、コスパ最強製品、2022年シーズン...

【2022年】7ft台のシーバスロッドおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も

7ft台のロッドを使って、シーバスゲームに挑戦したいと考えている方必見。今回、釣りラボでは、7ft台のシーバスロッドの特徴、メリット、おすすめの7ft台のシーバスロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の7ft台のシーバス...