【2022年】9ftのシーバス用ベイトロッドおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も

釣り師さん必見!今知って欲しい9ftのシーバス用ベイトロッド厳選集はこちら!今回、釣りラボでは、9ftのシーバス用ベイトロッドの特徴、メリット、おすすめの9ftのシーバス用ベイトロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の9ftのシーバス用ベイトロッドをご紹介します。

シーバスロッド ベイト
スポンサーリンク

9ftのシーバス用ベイトロッドを使うメリットとは?

アブガルシア(Abu Garcia) シーバスロッド ベイト ソルティースタイル 鉄板バイブスペシャル STSC-962MR-TV-KR 沖堤シーバス

シーバス用のベイトロッドには様々な長さがラインナップされています。

9ftのシーバス用ベイトロッドを使うメリットについて見てみましょう。

メリット1:高い遠投性能

長さ9ftのシーバス用ベイトロッドは、シーバスロッドとしては少し長いと感じる方も多いでしょう。

この長さは、開けた河口付近やサーフからの遠投などに有利で、飛距離を出したい時に最適な長さになります。

メリット2:万能性

9ftのシーバス用ベイトロッドは、万能性の高いロッドが多いです。

各メーカーからのラインナップも豊富です。
軽いルアーを扱えるものから、メタルジグを扱える高い性能のものまで幅広く出ています。

そしてサーフなどでの遠投性の高さはもちろんですが、漁港などの少し手狭な場所でも対応できる長さが9ftです。

取り回しのしやすさも、9ftシーバスベイトロッドのメリットのひとつです。

メリット3:太いラインが使える

ベイトロッドならではで、太いラインを使えるのがメリットです。

スピニングタックルの細いラインでは少々不安という方は、ベイトタックルで太いラインを使うのがおすすめです。

スポンサーリンク

9ftのシーバス用ベイトロッドの選び方

アブガルシア(Abu Garcia) シーバス ベイト ロッド ソルティースタイル トリプルコンセプト SSTC-912MT-KR. ライトショアジギング ワインド

9ftのシーバス用のベイトロッドは、ラインナップが豊富です。
シーバス用のベイトロッド選びには、いくつかポイントがあります。

良かったら参考にしてみてください。

選ぶポイント1:長さ

9ftシーバス用ベイトロッド選びにおいて、長さもポイントになります。

9ft前半のロッドは取り回しのしやすさが特徴です。
漁港などの障害物が気になる場所でも、使用できる長さです。

9ft後半のロッドは、開けたサーフや河口付近などで使用すると良いでしょう。
遠投性能が活かせるので飛距離が出せます。

選ぶポイント2:硬さ

9ftのシーバスロッドの硬さは、L(ライト)~M(ミディアム)が多いです。
使用するルアーに応じて、選ぶと良いです。

スポンサーリンク

9ftのシーバス用ベイトロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド 18 ディアルーナ ベイト B96ML ロングベイトロッド

現在販売されているものの中から、ランキング上位の9ftシーバス用ベイトロッドのおすすめを6選ご紹介します。

コスパ最強もありますので、良かったら参考にしてみてください。

アブガルシア(Abu Garcia)

【アブガルシア】ソルティステージ STSC-962MR-TV-KR

アブガルシアのソルティステージ・シーバススタイルの9.6ftのベイトロッドです。
鉄板バイブ、スピンテール系のルアーに特化しているのが特徴です。

9.6ftは大遠投可能な長さで、重めのルアーも簡単に遠投できます。
バックラッシュを軽減し、キャストしやすい設計になります。

アブガルシア独自のXカーボンテープラッピング仕様です。
河口や沖堤防からの遠投におすすめの1本です。

アブガルシア(Abu Garcia)

【アブガルシア】SS トリプルコンセプト SSTC-912MT-KR

ソルティスタイルのトリプルコンセプト、9.1ftのシーバス用ベイトロッドです。

硬さはM(ミディアム)で、テーパーはレギュラーになります。
アブガルシア独自のXカーボンテープラッピング仕様です。

9.1ftは取り回ししやすく、シーバスはもちろんエギングやライトショアジギングも楽しめる、汎用性の高い1本です。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】18 ディアルーナ B96ML

シマノのディアルーナ9.6ft、シーバス用ベイトロッドです。
硬さはML(ミディアムライト)で、遠投性と操作性を両立させたバランスの良いロッドです。

スパイラルX仕様でネジレ・つぶれを抑制しています。
独自素材のカーボン強化素材CI4を使用し,、軽量化・高強度化・高感度を実現しています。

軽いルアーから30gクラスのルアーまで対応できるモデルです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】20 エクスセンス ジェノス B96M/R

シマノのエクスセンスジェノスB96M/Rは、パワーと遠投性を重視したモデルです。

エクスセンスシリーズのベイトモデルは、最高のクオリティの高弾性化を実現しました。
また、スパイラルXコア搭載で、ネジリ強度1.4倍、つぶれ強度2.5倍になっています。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ラテオ R93MB

9.3ftのシーバス用ベイトロッドです。

ブランクは高強度のHVFナノプラス仕様で、X45採用によりネジレにも対応しています。

リールシートには、高強度のカーボン製エアセンサーシートを採用し、軽量・高強度・高操作性を実現しています。

Major Craft(メジャークラフト)

【メジャークラフト】トリプルクロス TCX-902H/B

メジャークうラフトの9.0ftロックフィッシュ用ベイトロッドですが、シーバス用にも使用可能です。

パワーHと硬めなので、硬いシーバスロッドを探している方におすすめです。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめの9ftのシーバス用ベイトロッド3選

シマノ(SHIMANO) シーバスロッド 20 エクスセンス ジェノス B96M/R ベイトモデル

2021年・2022年に発売になった新製品の中から、9ftのシーバス用ベイトロッドのおすすめ2選をご紹介します。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】22 ルミナス B96M

シマノの2022年3月新発売のシーバス用ベイトロッド、ルミナスの9.6ftです。
スパイラルXコア搭載で、ネジリ強度・つぶれ強度ともに進化しています。

ガイドはXガイド、グリップはカーボンモノコックグリップを採用し、軽さと操作性・キャスト性・感度を向上させています

ルミナスのベイトロッドには、シマノ独自のマルチパーミングシートCI4+を搭載し、持ち手を選ばない高感度の低重心シートに仕上げています。

Obei

【Obei】ハリケーン ベイト270-FUJI

2021年、秋の新製品のシーバス用ベイトロッドです。
FUJI製ガイドのアップグレードモデルで、コスパ最強の1本です。

硬さはMH、長さは2.72m約9.0ftです。
対応ルアーは10g~49gになります。

アブガルシア(Abu Garcia)

【アブガルシア】XSBC-972ML

SaltyStage ProtoType(ソルティステージプロトタイプ) XSBC-972MLは、2021年にアブガルシアから発売になった、バーサタイル間の強いベイトモデルのシーバスロッドです。

レギュラーファストテーパーですのでベイトリールでのキャストも安定し、アクションとバイトキャッチに集中したい時に、バックラッシュトラブル発生頻度が低いシーバスロッドです。

スポンサーリンク

9ftのシーバス用ベイトロッドについてまとめ

ダイワ LATEO93MB・R

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】9ftのシーバス用ベイトロッドおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 9ftのシーバス用ベイトロッドを使うメリットとは?
  • 9ftのシーバス用ベイトロッドの選び方
  • 9ftのシーバス用ベイトロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの9ftのシーバス用ベイトロッド3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

9ftのシーバス用ベイトロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シーバス用ベイトロッドおすすめ18選!ダイワ・シマノ・メガバスのコスパ最強製品も
ルアーフィッシングの中でも初心者・玄人問わず、数多くの釣り人に人気のシーバス釣り。今回、釣りラボでは、そんなシーバス釣り...
シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方
シーバスとは、スズキをルアーフィッシングする際の通称で使われる用語です。今回、釣りラボでは、シーバス(スズキ)について、...
【2022年】シーバスロッドおすすめ人気17選!コスパ最強の製品から万能竿まで
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ...
【2022年】ダイワのおすすめシーバスロッド12選!スピニング・ベイト・振出しロッドをご紹介
釣具の総合メーカーとして多くの釣り人に愛用されているダイワ(DAIWA)。今回、釣りラボでは、ダイワのシーバスロッドにつ...
【2022年最新版】シマノ(SHIMANO)のおすすめシーバスロッド11選!選び方もご紹介
シマノ(SHIMANO)は数多くの釣り人から支持を集める釣具ブランドの一つです。今回、釣りラボでは、そんなシマノのシーバ...
【2022年】トレーニングチューブおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
トレーニングチューブをお探しの方は必見。今回、トレウィズでは、トレーニングチューブの特徴、おすすめのトレーニングチューブ...
【2022年】ミニステッパーおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
自宅で簡単に有酸素運動を始めたいという方におすすめ!今回、トレウィズでは、ミニステッパーの特徴、おすすめのミニステッパー...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

シーバスロッド
釣りラボマガジン