【2022年】Lクラスのシーバスロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

Lクラスのシーバスロッドは柔らかいので、軽いルアーが使えます。今回、釣りラボでは、Lクラスのシーバスロッドの特徴、おすすめのLクラスのシーバスロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のLクラスのシーバスロッドをご紹介します。

シーバスロッド シーバス

Lクラスのシーバスロッドの選び方

メジャークラフト 釣り竿 スピニングロッド ファーストキャスト シーバスFCS-862L

現在発売されているシーバスロッドの硬さは、L・ML・Mが中心となっています。
その中でLクラスのシーバスロッドは、柔らかい部類に入ります。

軽量ルアーの扱いが得意なLクラスのシーバスロッドは、最近人気となっています。
そこで、Lクラスのシーバスロッドの選び方を簡単に紹介します。

選ぶポイント1:ロッドの長さ

Lクラスのシーバスロッドを選ぶポイントの一つ目は、ロッドの長さです。
大型河川のような広いフィールドで行う場合には、10フィートなど長めのLクラスのシーバスロッドを、港湾部などであれば8フィート程度の長さが使いやすいでしょう。

選ぶポイント2:対応ルアー重量

Lクラスのシーバスロッドは、軽量ルアーを使うことが得意で、対応ルアー重量もそれに合わせた商品が多くなっています。
しかし、シーバスゲームを楽しむ中で状況に応じて使うルアーを変えたい方も多いでしょう。

なるべく汎用性が高く、対応ルアー重量が幅広いLクラスシーバスロッドを選ぶと良いでしょう。

Lクラスのシーバスロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

アブガルシア(Abu Garcia) フレッシュ&ソルトウォーターロッド スピニング ロッド クロスフィールド(XROSSFIELD) XRFS-764L-TE パックロッド 4ピース 釣り竿

それでは実際におすすめのLクラスシーバスロッドを6つ紹介します。
ランキング上位の人気Lクラスシーバスロッドはもちろん、性能重視やコスパ重視など、幅広い面から評価した6つを選んでいます。

これからシーバスゲームを始める方も、新しくLクラスシーバスロッドを購入して快適なシーバスゲームを楽しみたい方も、ぜひ参考にしてみて下さい。

【メジャークラフト】ファーストキャスト シーバス FCS-862L

これからシーバスゲームを始めようとする方におすすめしたいLクラスシーバスロッドが、メジャークラフトのファーストキャストです。
実売6千円前後と圧倒的なコストパフォーマンスの良さがありながら、ルアーは7~23g対応と、汎用性も高いLクラスシーバスロッドです。

【アブガルシア】クロスフィールド XRFS-764L-TE

どんなフィールドでも活躍するという意味を込めたクロスフィールドは、Lクラスシーバスロッドとしておすすめの一本です。
テレスコタイプで、携帯性にも優れるので、電車や自転車で釣行する方にもおすすめです。

【ヤマガブランクス】ブルースナイパー 103L

気持ちよく曲がるロッドを作ることで有名なヤマガブランクスのブルースナイパーは、ショアジギング用のロッドですが、シーバスロッドとしてもおすすめです。
しなやかに曲がる10ftのロッドは、大型河川でのキャストに有効で、広い範囲を探ることができるLクラスシーバスロッドです。

【ダイワ】モアザン ワイズメン AGS 90L

ダイワのフラッグシップシーバスロッドであるモアザンの中で、一種類のみラインナップされているLクラスシーバスロッドです。
細身・軽量にこだわっており、高感度であるために潮の流れの変化をしっかりと手元で感じ取れる一本です。

【シマノ】ディアルーナMB S706L-4

4ピースに分割された、持ち運びに優れたLクラスシーバスロッドです。
マルチピースロッドとは思えないほどきれいに曲がり、Lクラスロッドの良さであるしなやかさを活かすことができるロッドです。

【シマノ】ムーンショット S90L

購入しやすい価格帯と、しっかりとした基本性能をもったコストパフォーマンスに優れたロッドが、シマノのムーンショットです。
軽量・細身のブランクスはシャープな振り抜きで、キャスティングゲームが楽しくなるロッドです。

【2022年新作】おすすめのLクラスのシーバスロッド2選

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ブルースナイパー 103L プラグスペシャル

次に2021年、2022年に発売された最新のLクラスシーバスロッドを2つ紹介します。
Lクラスシーバスロッドは各メーカーが新製品開発に力を入れているジャンルです。

新作のLクラスシーバスロッドを使って、安全で快適なシーバスゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【ダイワ】21シーバスハンターX 90L

ダイワのシーバスロッドの中では、エントリークラスに位置する新作Lクラスシーバスロッドです。
エントリークラスながらも、HVFやブレーディングXで補強されており、曲がり込みながらしっかり強度のある一本です。

【ダイワ】21ラブラックス AGS 90L

細身でシャープに作られたブランクスは、振った瞬間に気持ちいいと感じるキャストフィールにこだわっています。
軽量・高感度なロッドで、小型ミノーやシンキングペンシルを使ったフィネスゲームを楽しみたい方におすすめの一本です。

Lクラスのシーバスロッドについてまとめ

ダイワ(DAIWA) シーバス(ヒラスズキ)ロッド モアザン WISEMEN AGS 90L 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】Lクラスのシーバスロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • Lクラスのシーバスロッドの選び方
  • Lクラスのシーバスロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのLクラスのシーバスロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

Lクラスのシーバスロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

シーバスロッド
釣りラボマガジン