【2022年】スルメイカ釣り用電動リールおすすめ人気ランキング10選!メリットやコスパ最強製品も

スルメイカを狙いたい方必見!適した電動リールはこちら!今回、釣りラボでは、スルメイカ釣り用電動リールの特徴、メリット、おすすめのスルメイカ釣り用電動リール、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のスルメイカ釣り用電動リールをご紹介します。

リール ライン・釣り糸

スルメイカ釣り用電動リールを使うメリットとは?

ダイワ(DAIWA) 電動リール レオブリッツ S500 S500 2016年モデル

電動リールの特徴は、電動のモーターを用いてスプールを回転させることで、巻き上げができることです。
スルメイカ釣り用電動リールを使うメリットについて解説します。

メリット1:パワーがある

電動リールは、バッテリーを電源としてモーターによってスプールを回転させるので、

手巻きのリールに比べてパワーがあり、沢山のスルメイカがかかった際にも、簡単に引きあげることができます

メリット2:長いラインの巻き取りが楽

電動リールは、100mや200m、あるいはそれ以上の深い海から仕掛けを巻き取るのも、モーターの力で、楽に巻き上げることができ、疲労も少なくなっています

メリット3:手返しが早い

電動リールは、スイッチの切り替えのみで、フォールから巻き上げに移ることができ、手返しが速いのがメリットの一つです。

スルメイカ釣り用電動リールの選び方

ダイワ(DAIWA) 電動リール シーボーグ 500MJ 500MJ (右ハンドル) 2019年モデル

スルメイカ釣り用電動リールの選び方について解説します。

選ぶポイント1:ラインキャパで選ぶ

スルメイカ釣り用電動リールを選ぶ際には、ラインキャパに注目しましょう。
スルメイカ釣りは水深100mや150m程度の深さで行う釣りなので、ラインキャパもそれなりに必要です。

ラインの太さはPE4号以上で、400m以上巻くことができるラインキャパを持つ電動リールがおすすめです。

選ぶポイント2:巻き上げ力

スルメイカ釣り用の電動リールを選ぶ際には、巻き上げ力について考えてみましょう。
同じ番手の電動リールでも、使用しているモーターの能力は異なり巻き上げ力は違ってきます。

一般的には、高機能な電動リールほどパワーは大きくなりますが、価格も高くなってくるので、予算と相談しながら決めていきましょう。

スルメイカ釣り用電動リールおすすめ人気7選【コスパ最強】

ダイワ 20 レオブリッツ 500JP

スルメイカ釣り用電動リールおすすめ人気6選をご紹介します。
コスパ最強のものもあるので参考にしてみてください。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】16レオブリッツ S500

電動リールの基本的な仕様を満足する高いパフォーマンスを発揮するモデルで、おすすめです。

小型の電動リールではパワーが足りない場合でも十分なパワーで、汎用性の高さが特徴です。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】19シーボーグ 500MJ

500番手でありながら、一つ上のターゲットを狙うことができる、パワーとスピードを兼ね備えた電動リールで人気があり、ランキングにあがることもあります。
スルメイカ釣り(多点掛け)の他に、ヒラマサ、ブリ、カンパチなどにも対応できます。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】20レオブリッツ 500JP

2020年に発売された電動リールで、価格は安く設定され、必要十分な機能を持っておりおすすめです。

シマノ独自のMAGMIGHT構造により、コンパクトながらパワーとスピードを実現しています。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】20ビーストマスター MD3000

HAGANEボディで高い剛性を持ち、強化されたギアにより不意の大物にも十分対応でき、スルメイカ釣りにも向いています
パーミングしやすいボディ形状で、取り扱いやすさも良くなっています。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】18プレイズ 3000XP

汎用性が高く、使い勝手の良いモデルで、コストパフォーマンスも良く、おすすめの電動リールです。
多点掛けでのスルメイカ釣りにも十分なパワーを持っています。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】15プレミオ 3000

シンプルで扱いやすいのが最大の特徴の電動リールで、求めやすい価格でコスパは最強となっています。
シマノの電動リール技術の粋を集めた初心者向けモデルです。

【2021年〜2022年新作】おすすめのスルメイカ釣り用電動リール3選

シマノ(SHIMANO) 電動リール 20 ビーストマスター MD3000 カンパチ ヒラマサ ブリ スルメイカ多点掛け

2021年新作、おすすめのスルメイカ釣り用電動リール2選をご紹介します。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】21シーボーグ 600MJ

2021年新製品の、電動リールで、軽量でありながらPE5号500mのラインキャパを持っています。

最新技術のMAGMAXモーターにより、機動性と瞬発力で、スルメイカ釣りにも最適の仕様となっています。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】21ビーストマスター 3000EJ

2021年新作の、シマノの電動リールで、電動ジギング対応モデルですがスルメイカ釣りにも十分対応できます。
新搭載のGIGA-MAXモーターで、タフさとスピードが特徴の電動リールです。

テイルウォーク(tailwalk)

【テイルウォーク】ELAN SW DENDO 150

テイルウォークから2019年発売の小型電動リールになります。
ELAN SW DENDO 150は、ライトゲームはじめ、深場からレンジを探っていく各種の釣りに対応出来る電動リールです。

オプションで替えスプールが発売されますので、レンジと魚種に合わせたライン交換が容易になり、シチュエーションに臨機応変に可変できる電動リールとして扱うことが出来ます。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】シーボーグ 500MJ-AT

シーボーグ 500MJ-ATは、ダイワから2022年に発売された、500番手電動リールのフラッグシップモデルになります。

AUTOMATIC MEGA MONSTER仕様で、深場からパワーゲームに滅法強く、多連胴付のスルメシャクリモードや、深場からのカンパチジギングのハイパワーにも対応し、これからの世代の電動リールになるでしょう。

スルメイカ釣り用電動リールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) 電動リール 18 プレイズ 3000XP フカセ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】スルメイカ釣り用電動リールおすすめ人気ランキング10選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • スルメイカ釣り用電動リールを使うメリットとは?
  • スルメイカ釣り用電動リールの選び方
  • スルメイカ釣り用電動リールおすすめ人気7選【コスパ最強】
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのスルメイカ釣り用電動リール3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スルメイカ電動リール
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】電動リールおすすめランキング13選!シマノやダイワの人気製品から使い方・選び方も
電動リールは、電動で巻き上げを行うことができるリールのことです。今回、釣りラボでは、電動リールについて、ジギング・ワカサ...
【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】コスパ最強のベイトリールおすすめ人気ランキング15選!使い方・投げ方
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ...
【2022年】喪服ロングスカートおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
女性用喪服の中でロング丈のスカートをお探しの方も多いのではないでしょうか。今回、エンウィズでは、喪服ロングスカートの特徴...
【2022年】モダンな神棚おすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
自宅にモダンな神棚が欲しいけど、どのようなものがあるか分からないという方は多いですよね。今回、エンウィズでは、モダンな神...