【2021年】シーバスリールおすすめ人気13選!選び方やコスパ最強の製品をご紹介

シーバス釣りに大活躍のシーバスリール。今回、釣りラボでは、シーバスリールの選び方(番手・ギア比・スピニング・ベイト・PE/ナイロンライン)、人気メーカー、コスパ抜群リール(初心者〜上級者)、2021年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。

リール シーバス
スポンサーリンク

シーバスリールとは?

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 サハラ C3000HG シーバス エギング ライトショアジギング

シーバスゲームは、幅広いフィールドで楽しむことができ、それぞれで最適なタックルが異なってきます。
シーバス用タックルの中でも、一番重要な役割を担う道具がリールです。

シーバスリールは、口径が大きく遠投性に優れています。
流れや違和感などが感じ取れるように、巻き心地がスムーズなのも特徴です。

普通のリールとの違い

シーバスリールは、スムーズな巻き心地を実現させるため、ベアリングを多く搭載しています。
そのため、価格帯が高くなってしまいますが、性能は間違いなく良いです。

なお、シーバスリールは、他の釣りに代用できる汎用性の高いリールですので、良いものを1つ持っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

シーバスリールの選び方

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス LT4000-CXH (2020モデル)

では、シーバスリールを選ぶ際のポイントについて、いくつかの項目に分けてご紹介します。

選ぶポイント1:サイズ・番手

リールのサイズ・番手ですが、2500番~4000番が良いでしょう。
ロッドと組み合わせた時の重量バランスが良く、シーバス相手にもパワー負けしません。

選ぶポイント2:リールの種類

シーバスリールには、大きく分けると「スピニングリール」と「ベイトリール」の2種類あります。

スピニングリール

スピニングリールは、トラブルが少なく扱いやすいので、シーバス釣り初心者から上級者まで幅広く使用されています。
また、遠投性も優れています。

ベイトリール

ベイトリールは、キャスト動作が容易なので、手返しが良いリールです。
そのため、シーバスリールでも、人気が高いです。

ただ、巻き上げ力が強く、感度も良いのですが、糸絡みのトラブルが発生しやすいので、扱いに注意が必要になります。

シーバス用ベイトリールについて、もっと知りたいという方は、こちらの記事もご覧ください。

選ぶポイント3:ギア比

ギア比とは、ハンドルを1回転巻いたときの、ローター(又はスプール)の回転数の比率です。
シーバスゲームには、ノーマルギアかハイギアのリールが使われます。

ノーマルギアのリールの特徴

ノーマルギアは、ギア比が5~5.7のもので、少ない力で巻くことができます。
ですので、シーバス釣りで登場することの多い、抵抗の強いルアーや、重たいルアーでも巻きやすいです。

ハイギアのリールの特徴

ハイギアは、ギア比が5.8以上のもので、巻き心地は重くなりますが、巻き上げスピードが早いので、手返しが良くなります。

選ぶポイント4:最大ドラグ力

シーバスは青物よりも走らないので、最大ドラグ力は5kg程度あれば大丈夫です。

選ぶポイント5:スプールの大きさ・糸巻き量

メインラインにPEラインを使用するのであれば、シーバスゲームには0.8号~1.2号を150m巻ける大きさのスプールが良いでしょう。

選ぶポイント6:左巻きか右巻きか

自分の巻きやすい方で良いのですが、おすすめはハンドルが利き腕と反対側に位置するリールです。
キャストしてから持ち替える必要もなく、ロッド操作においても、利き腕の方が繊細な動作ができるためです。

選ぶポイント7:デザイン・色

近年のリールはデザイン性も高く、カラーも豊富に発売されています。
後から付け替え可能なカラーパーツもあるので、カスタマイズして自分だけのシーバスリールを作るのも、楽しみの1つです。

シーバスリールの人気メーカーから選ぶという手も

各人気メーカーからも、シーバスリールが豊富に発売されています。
迷ったら、メーカーからリールを選ぶというのも一つの手です。

では、メーカーごとのそれぞれの特徴と、おすすめのシーバスリールを1つずつご紹介します。

ダイワのおすすめシーバスリール

ダイワには、入門用のエントリーモデルから、上級者の高級モデルまで、幅広いラインナップが揃っています。
男心をくすぐるカッコいいデザインも魅力です。

【ダイワ】リール 17 Xファイア 2510RPE-H

高剛性かつ軽量で、腐食に強いザイオンボディを採用した、シーバス専用モデルです。

シマノのおすすめシーバスリール

シマノのリールは、基本的な構造がシンプルで、メンテナンスがしやすくなっています。
巻き心地も非常に滑らかです。

【シマノ】スピニングリール エクスセンス CI4+ 4000S

ボディとローターにカーボン素材を採用し、軽量で感度も優れたシーバスリールです。

アブガルシアのおすすめシーバスリール

アブガルシアは、斬新なデザインが特徴の海外メーカーで、リールギアが頑丈な造りになっています。

【アブガルシア】ベイトリール クロスフィールド

幅広いターゲットや釣り方に対応可能な、汎用性が高く使いやすいベイトリールです。

テイルウォークのおすすめシーバスリール

テイルウォークは、手頃な価格で、本格的なルアーフィッシングを楽しめる、入門にも最適なリールやロッドを販売しています。

【テイルウォーク】エラン ワイドパワープラス 71L/R

最大ドラグ力12kgを誇る、大型のターゲットにも安心して使用できる、ソルト対応ベイトリールです。

スポンサーリンク

おすすめのシーバスリール9選【コスパ最強】

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 セドナ C3000/C300DH/C3000HG シーバス ライトゲーム ショアジギング

では、実際にコスパが良くて、おすすめのシーバスリールを、レベル・ランクごとに3つずつ、合計9個ご紹介します。
人気ランキング形式でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【初心者・入門向け】リールランキング3選

初心者の方は入門用として、価格を抑えつつ扱いやすいリールが良いでしょう。

第3位 【シマノ】スピニングリール 17 サハラ C3000HG

無駄な力を必要とせず、スムーズに回転する構造・ギアの設計となっています。
シーバスゲームだけでなく、エギングやライトショアジギングにも使うことができます。

第2位 【シマノ】スピニングリール 17 セドナ C3000HG

ハンドル位置が左右付け替え可能になっていて、コンパクトなサイズながら、安定した操作性を誇るリールです。
こちらもショアジギングやライトゲーム用のリールとして使うこともできます。

第1位 【ダイワ】スピニングリール レガリス LT3000-CXH

軽量でありながら、タフなボディを兼備していて、デザインもカッコいいリールです。

【中級者向け】リールランキング3選

中級者の方は、より軽くてフィット感の良い、ミドルクラスのシーバスリールをおすすめします。

第3位 【シマノ】ベイトリール 両軸 14 ブレニアス

軽量ルアーでも、立ち上がりの良いキャスティングが可能な、ソルトベイトフィネス対応モデルです。

第2位 【ダイワ】スピニングリール 3000 カルディア(2018) LT3000-CXH

防水性に優れ、滑らかな回転が長く持続します。
エアベール搭載により、ライントラブルも激減しています。

第1位 【シマノ】ベイトリール 16 メタニウム MGL HG

シマノの優れた技術を多く備えたベイトリールで、軽さと巻き心地が抜群です。

【上級者向け・最高峰】リールランキング3選

上級者になると、より繊細な駆け引きで勝負できるように、最高峰のパフォーマンスを誇るシーバスリールが良いでしょう。

第3位 【シマノ】スピニングリール 18 ステラ 4000XG

永遠に変わらない、滑らかな巻き心地を求めて設計された、シマノ最高峰のリールです。
サーフ・ショアでの釣り全般にも使うことができる汎用性の高いリールです。

第2位 【ダイワ】18イグジスト LT3000S-C

モノコックボディを採用し、優れた防水性と軽さを実現させた、フラッグシップモデルです。

第1位 【ダイワ】スピニングリール シーバス モアザン 17 3012H

上級者に最もおすすめのシーバスリールはこちらのモアザンです。
パワーと快適性を兼ね備えるため、ダイワテクノロジーの粋を集結させた、高級感あふれるリールです。

スポンサーリンク

【2020年〜2021年新作】おすすめシーバスリール3選

ダイワ(DAIWA) スピニングリール レガリス LT3000-CXH

2020年に発売された、新作シーバスリールを3つご紹介します。
※2021年の最新情報は、随時更新していきます。

【シマノ】スピニングリール 20 ツインパワー 4000XG

高剛性と高耐久を誇るツインパワーは、金属ローターとHAGANEボディの組み合わせで、ステラを彷彿とさせる、安定した巻き心地を実現しています。

【ダイワ】リール 20 ルビアス LT4000-CXH

前作ルビアスより、小型・軽量化した新作ルビアスは、モノコックボディ採用で、剛性もアップしています。

【シマノ】エクスセンス BB

シマノのシーバス用リール「エクセンスBB」が2020年にモデルチェンジしました。

こちらのリールでは、表面の撥水処理と水が入り込みにくい構造によって水の侵入を防ぐXプロテクトを、BBシリーズで初めて導入しています。

シマノの上位モデルで搭載されているHAGANEギアやラピッドファイヤドラグといったシマノ独自技術も搭載されており、値段以上の高コスパリールに仕上がっています。

【ダイワ】ルビアスエアリティ LT3000-XH

フルメタルモノコックボディで軽量化を極め、タフデジギアで回転性能と耐久性を実現、またZAIONエアローターでレスポンスが高く巻き始めの軽さを感じることができます。

ボディ、スプール、ハンドルに至るまで軽量化を極めており、軽くてタフなシーバスリールとなっています。
LT3000-XHはバーサタイル性が高く、ソルトから淡水まで幅広く使用できます。

スポンサーリンク

シーバスラインの選び方・特徴

シーバス

最後に、シーバスリールによく使われるラインの特徴をご紹介します。
シーバスリールに使用するラインは、主にPEラインとナイロンラインの2種類です。

PEラインの特徴

PEラインは、伸縮性が少なく感度が良いので、アタリを感じ取りやすくなります。
遠投性にも優れていますが、擦れに弱いので、約4倍の太さのリーダーを使用すると良いでしょう。

ナイロンラインの特徴

ナイロンラインは、ライントラブルが少ないので、シーバスゲーム初心者の方にもおすすめです。
3号のナイロンラインを直結するだけで、すぐに始められます。

スポンサーリンク

シーバスリールまとめ

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 14 ブレニアス 右ハンドル ソルト ベイトフィネス

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】シーバスリールおすすめ人気13選!選び方やコスパ最強の製品をご紹介」というテーマに沿って、

  • シーバスリールとは?
  • シーバスリールの選び方
  • おすすめのシーバスリール9選【コスパ最強】
  • 【2020年〜2021年新作】おすすめシーバスリール3選
  • シーバスラインの選び方・特徴

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】シマノのリールおすすめ人気ランキング10選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、…
【2021年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング10選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、…
【2021年】おすすめコスパ最強のエギングロッド15選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2021年】コスパ最強のベイトリールおすすめ人気ランキング10選!使い方・投げ方
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2021年】シーバスロッドおすすめ人気8選!コスパ最強の製品から万能竿まで
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン