【2020年】シーバスラインおすすめ10選!素材ごとの特徴と選び方をご紹介

シーバス釣りにラインには実に様々な種類があります。今回、釣りラボでは、そんなシーバスラインの選び方や、おすすめのライン(PE・ナイロン・フロロ・ファイヤー)、2020年の新製品、おすすめのショックリーダー、結び方をご紹介。ぜひご覧ください。

ライン・釣り糸
スポンサーリンク

シーバスラインの選び方

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル8+ 150m 1.0号 トレーサブルピンク

シーバス釣りにおすすめのラインをご紹介する前に、まずは、シーバスラインの選び方を、ラインの種類、太さ、長さ、色・カラーの観点から解説します。

選ぶポイント1:ラインの種類

シーバス釣り用のラインについては、PEラインもしくはナイロンラインのどちらかを選択することになろうかと思います。
現在の主流はPEラインになります。

理由は他のラインと比較して、同じ強度であれば約1/4の細さのため、飛距離が出やすいこと、また、ラインの伸びがほとんどないため、ロッドアクションがルアーに伝えやすいことがあげられます。

なお、シーバス用ラインとして販売されているものには、PE、ナイロンの他に、フロロカーボンや、最近話題のファイヤーライン(新しい製法のPEライン)などがあります。
以下で、それぞれの特徴について説明していきます。

PEラインの特徴

シーバス釣りに使われるラインとして、最も多用されているものがPEラインです。
PEラインは、超高分子量ポリエチレンの繊維を数本(4本もしくは8本が多い)束ねて1本のマルチフィラメントに編み上げたものです。

非常に軽く、同じ太さであれば、強度がナイロンやフロロカーボンの約4倍あります。
そのため、ラインを細くすることができ、飛距離が大幅に向上するとともに、感度の高いラインとして、ショアジギングでもオフショアジギングでも、現在の主流になっています。

ただし、PEラインの弱点として、摩擦に大変弱く、根ズレなどでラインにささくれが入ると途端に強度が著しく低下するため、PEラインの先端にショックリーダーを締結する必要があります。

ナイロンラインの特徴

ナイロンラインを使用するケースは、ベイトリールを使う場合が多いです。

ベイトリールの欠点である、バックラッシュをPEラインで起こしてしまうと致命的に修正不可能になってしまうケースが多いため、ナイロンラインもしくはフロロカーボンラインを使うケースが多いですが、現在はコーティング技術の進歩や製糸技術の進歩で、ハリやコシのあるPEラインも増えてきており、必ずしもベイトリールに向かないと言うわけではないようです。

フロロカーボンラインの特徴

フロロカーボンラインは比重があり、ハリやコシの強いラインですが、メインラインはにするには少し硬すぎるかもしれません。

ファイヤーラインの特徴

バークレイから発売されている「ファイヤーライン」が注目されています。

これは、素材自体はPEラインと同じ、超高分子量ポリエチレン繊維なのですが、通常のPEラインはPEライン用の極細繊維を4本もしくは8本編み込んで製造するのに対し、ファイヤーラインは、フィラメントを熱延伸で製造し、まっすぐ束ねて融着させてラインに仕立てたものです。

さらに、ラインの表面には特殊なコーティングが施されており、摩擦に強く、吸水しない強靭なラインになっています。

選ぶポイント2:ラインの太さ

ラインの太さは、ルアーの重量やターゲットとするシーバスのサイズにもよりますが、だいたい下記のような組み合わせが多いでしょう。

例えば、シーバスのジギングでは、何号のラインを使えばよいでしょうか?

まずは、PEライン1号+フロロカーボンリーダー16lb(ポンド)を基準に、あとはルアーの重力、ターゲットサイズによりチューニングして行きます。

基本は、PEラインの強度とフロロリーダーの強度(号数ではなくポンド数)を合わせておけば問題ありません。
ざっくりと、PE1号はフロロリーダーの16lb(4号)に相当します。
すなわち、PE1.5号ラインには、フロロカーボンリーダー25lb(6号)前後を使います。

ナイロンラインをメインラインに使用するなら、4号(16lb)を基準にします。
ざっくりと、PEラインの1号が、ナイロンラインの4号に相当します。

選ぶポイント3:PEラインの長さ

PEラインの長さは、使用するリールに記載されているラインキャパいっぱいに巻きましょう。
ラインの量が少なすぎると飛距離が著しく低下しますし、逆に多すぎるとライントラブルが多発します。

必ず、ラインキャパの範囲内で、できるだけいっぱいに巻くことが大切です。

選ぶポイント4:ラインの色・カラー

ラインのカラーは、デイゲーム用とナイトゲーム用で使い分けることができればベストです。

デイゲーム用は、飛距離が分かるように、一定距離ごとに色分けされていたり、マーカーがついていたり、目視である程度距離が分かるものを使うべきです。

ナイトゲーム用は、視認性を優先し、白や蛍光黄色など、目立つものを選びましょう。

スポンサーリンク

おすすめのシーバスライン8選【素材別】

クレハ(KUREHA) PEライン シーガー R18完全シーバス 150m 1号 19lb ステルスグレー

ここからは、シーバス釣りにおすすめのラインを材質ごとに紹介して行きます。

シーバス釣りにおすすめのPEライン3選

まずは、どんな状況にも対応できるシーバス用PEラインを紹介します。

【シマノ】ピットブル8+ トレーサブルピンク 1号 150m

シーバス釣りのみならず、ジギング用ラインの定番中の定番と言えるPEラインです。
視認性の良いピンクが特徴です。

【クレハ】シーガー R18 完全シーバス 1号 グレー 150m

シーバスキャッチに特化したステルスカラー(グレー)のPEラインです。
クレハのPEラインシリーズ中最も強い、シーガーリミテッドPE原糸を使用し、飛距離重視の8本ブレイドでラインを組んでいます。
コスパに優れるハイパフォーマンスラインです。

【モーリス】アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 ショアマスター ホワイト 1号 200m

ナイトゲームでも視認性の高いホワイトカラーを採用、光が少ないシーンでもタックルのトレースがしやすいラインです。

シーバス釣りにおすすめのナイロンライン3選

ナイロンラインは適度な伸びがあり、しなやかで使いやすいラインです。
ショアからキャストする釣りより、ボートなどからのバーチカルな釣りに向いています。

【モーリス】ソルトウォーター VEP 3.3号(14lb) 150m

従来のナイロンラインと比較して約20倍の耐摩耗性能を誇り、堤防キワ、ストラクチャー周りなど、攻めにくい場所も気兼ねなく攻めて行ける高強度ナイロンラインです。

【ダイワ】モアザン デュラブラ1500 150m 3.7号(16lb) ライムグリーン

ダイワのシーバス専用タックルのブランド名称「モアザン」を冠したナイロンラインです。
耐摩耗性粒子をナイロン分子中に分散させ、脅威の耐摩耗性能を実現しています。

【サンライン】バススペシャル HG 4号(16lb) 100m

バス用のナイロンラインですが、非常に風合いがしなやかで、シーバス釣りにも好適です。
耐UV処理も施されており、紫外線劣化の少ないナイロンラインです。
価格も安価なので、こまめにラインを交換しながら、常にフレッシュな状態のラインで釣りができるでしょう。

シーバス釣りにおすすめのファイヤーライン2選

バークレイの新カテゴリーラインであるファイヤーラインはシーバス釣りには最も向いているラインでしょう。
今後続々と新しい商品が出てくると思われます。

【バークレイ】スーパーファイヤーライン 1号(16lb) 150m グリーン

PEラインと同じ、超高分子量ポリエチレン樹脂を使ったラインではありますが、PEラインとは違い、原糸を組んで編み上げておらず、束ねた原糸を熱延伸しながら引っ張り方向で融着させてラインに仕立てたものです。
飛距離も強度も向上するため、シーバスのロングキャスト釣りに最適です。
従来のPEラインと比較して、飛距離が17%ほど伸びるとされています。

【バークレイ】スーパーファイヤーライン300Mカラード

スーパーファイヤーラインのカラード300m品です。
ラインの表面に施された特殊コーティングが素早い水切れと、ハリとコシを与え、PE系ラインの中では抜群の使い勝手の良さを誇ります。

スポンサーリンク

【2020年新作】シーバスラインおすすめ2選

VARIVAS(バリバス) PEライン アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 ショアマスター 200m 1号 20.2lb 8本 ホワイト

ここからは、2020年に発売された最新のシーバス用ラインを紹介します。

【ゴーセン】ルーツ PEx4 マルチカラー 200m 1.2号(21lb)

4本組PEラインの品質には特に定評のある大阪のゴーセンによる国産PEラインです。
強度、耐摩耗性、耐久性すべてを高い次元で発揮する高性能ラインです。

【ユニチカ】シルバースレッド バス ジャーキング12lb 100m

バスプロのヒロ内藤氏監修のジャーキング用ナイロンラインです。
ポンド数毎に伸長度を設定し、12lbは高伸度設計、16lbは低伸度設計などこだわり抜き、ロッドのパワーをルアーに正確に伝えることに長けた扱いやすさが特徴です。

スポンサーリンク

シーバス釣りにおすすめのショックリーダー2選

VARIVAS(バリバス) ナイロンライン ソルトウォーター VEP 150m 約3.3号 14lb ソルティーブルー

PEラインを使うのであれば、ショックリーダーの締結は必須です。
PEラインとショックリーダーの締結には、摩擦系と呼ばれる特殊名結び方が必須となります。

結び方はたくさんありますが、どれでも良いので、自分がどんな状況でも完璧に結べるものをひとつふたつマスターしておきましょう。

【クレハ】シーガー プレミアムマックス 4号(17.5lb)30m

引張強度、結節強度ともにクレハのフロロカーボンリーダー史上最も強い、プレミアムマックスの名に恥じない高性能ショックリーダーです。
FNT製法(Flexible Non-Twist製法)により、糸ヨレや縮みの軽減も実現しています。

【シマノ】リミテッドプロ サスペンド 50m グリーン

シマノのサスペンデットタイプのナイロンリーダーです。
軽量ルアーやジグヘッドリグなどで、中層レンジを探るのに向いています。
磯でのPEフカセ釣りのリーダーとしても、仕掛けをゆったりと馴染ませて行くのに優れた挙動を示します。

スポンサーリンク

シーバスラインとリーダーの結び方

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン シーバス モアザン デュラブラ1500 150m 3.7号 16lb ライムグリーン

シーバスラインにPEを使用する場合は、必ずショックリーダーを使いますが、その締結には必ず「摩擦系」と呼ばれるノットで結ばなくてはいけません。

摩擦系ノットは色々ありますので、ネットなどで調べて片っ端から練習しましょう。

そのうち、自分にしっくりくるノットがひとつふたつ出てきますので、それを徹底的に練習し、完璧にノットシステムが組めるようになりましょう。

因みに、筆者は「ノーネームノット」を多用しています。

PEラインとリーダーを結ぶ ~ノーネームノット~

スポンサーリンク

シーバスラインについてまとめ

サンライン(SUNLINE) ナイロンライン バススペシャル HG 100m 4号 16LB

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】シーバスラインおすすめ10選!素材ごとの特徴と選び方をご紹介」というテーマに沿って、「シーバスラインの選び方」「おすすめのシーバスライン8選【素材別】」「【2020年新作】シーバスラインおすすめ2選」「シーバス釣りにおすすめのショックリーダー2選」「シーバスラインとリーダーの結び方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方
シーバスとは、スズキをルアーフィッシングする際の通称で使われる用語です。今回、釣りラボでは、シーバス(スズキ)について、…
【2020年】おすすめシーバスロッド7選!コスパ最強の製品から万能竿までご紹介
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…
【2020年】おすすめの定番シーバスルアー14選!ダイワ・シマノの人気商品も
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスルアー。今回、釣りラボでは、シーバスルアーの選び方、種類、人気メーカー、定…
【2020年】おすすめのシーバスリール12選!選び方やコスパ最強の製品をご紹介
シーバス釣りに大活躍のシーバスリール。今回、釣りラボでは、シーバスリールの選び方(番手・ギア比・スピニング・ベイト・PE…
ダイワのおすすめシーバスロッド10選|スピニング・ベイト・振出しロッドをご紹介
釣具の総合メーカーとして多くの釣り人に愛用されているダイワ(DAIWA)。今回、釣りラボでは、ダイワのシーバスロッドにつ…