【2022年】最強エギングラインおすすめ11選!太さ・色の選び方や結び方もご紹介

エギングをする際に活躍するエギングライン。今回、釣りラボでは、エギングラインの特徴、選び方、リーダーとの結び方、初心者にもおすすめの最強ライン6選(ダイワ・シマノ)、2022年の新作2選をご紹介。ぜひご覧ください。

ライン・釣り糸 エギング
スポンサーリンク

エギングラインとは?

ダイワ(DAIWA) PEライン UVFエメラルダスデュラセンサーX8+Si2 0.6号 150m 3カラー(カラーマーキング付)

エギングラインとは?他のラインとの違いをご紹介します。

普通のラインとの違い

エギングラインと普通のラインとではどんな違いがあるのでしょうか。
ラインはナイロンライン・フロロカーボンライン・PEラインの種類が代表的ですが、エギングではPEラインを使用することがほとんどです。

PEラインを使用する理由は「感度の高さ」「強度」「ルアーアクションの精度」の部分が大きく関係しています。

ナイロン・フロロカーボンともに伸張性が高いなどのメリットがありますが、エギングにおいては伸張性が高いとエギを上手くしゃくれないというデメリットに繋がってしまう可能性があります。

また、強度・感度の高さにおいてもPEラインがナイロン・フロロカーボンを上回っているため、エギングに最も適しているのはPEラインになります。

エギングライン以外のPEラインでも、もちろんエギングは可能ですし強度面での差もほとんどありません。
では、なぜエギング用のラインがおすすめなのでしょうか?特徴とあわせてご紹介します。

エギング用のPEラインの特徴

エギング用のPEラインの特徴の1つは視認性の高い色のものが多いということです。
エギングはフォール中や糸ふけが出ている状態でアタリが出ることも多く、人が視認しやすい色のラインであれば目で見てアタリがとりやすくなるので釣果にも繋がります。

また、エギング用のPEラインには「高比重PE」というタイプのものがあります。
通常のPEラインは水よりも比重が小さいので水に浮くという性質がありますが、高比重PEの場合は水よりも比重が大きいため水に沈むという性質があります。

高比重PEを使用することでエギの着底やアタリが分かりやすくなるので、エギング初心者の方には高比重PEもおすすめです。

エギングラインの選び方・ポイント

エギングラインの選び方・ポイントをご紹介します。

号数・太さ

号数・太さは0.6〜0.8号をメインに使用します。
春イカなど、大型のイカを狙う場合以外は1号以下の太さのラインで問題ありません。

また、PEラインには4本の糸を撚って作られた4本撚りと8本の糸を撚って作られた8本撚りがあります。
しなやかさや強度の部分では8本撚りがおすすめですが、実際に使い比べてみて自分のスタイルに合ったラインを選んでみてください。

巻き量

巻き量は150~200m程度です。
エギを遠投したり、根掛かりや根ずれなどのトラブルも考慮して150mは巻いておくようにしましょう。

デザイン・色

デザイン・色は目で見て視認しやすい色を選ぶようにしましょう。
ピンクやイエロー、蛍光色であれば夜でも見つけやすいのでおすすめです。

エギング用のラインには一定の長さで色分けされているものがあり、飛距離や水深などを把握するのにとても便利ですので購入する際の参考にしてみてください。

ナイロンラインをおすすめしない理由

エギングでナイロンラインをおすすめしない理由は、比較的劣化がしやすく伸張性が高いという点です。

冒頭でも少しお伝えしましたが、ナイロンラインはラインが伸びてしまうためにエギをしゃくったときに上手く操作できないという現象に繋がってしまいます。
PEラインの方が飛距離・強度・感度の面でも圧倒的にエギングに向いているため、ナイロンラインはおすすめしません。

エギングリーダーとの結び方

PEラインは摩擦に弱いという弱点があります。
岩などの根ずれでラインが切れてしまわないように、必ずショックリーダーを結ぶようにしましょう。

リーダーとの結び方はFGノットやノーネームノットがおすすめです。
エギングでは摩擦に強いフロロカーボンを使用するのが一般的なので、2号程度の太さのフロロカーボンラインをリーダーに選んでみましょう。

スポンサーリンク

おすすめの最強エギングライン人気ランキング6選

ダイワ(DAIWA) PEライン UVFエメラルダスセンサー12ブレイドEX+Si 0.6号 150m 3カラー(カラーマーキング付)

おすすめの最強エギングライン人気ランキング6選をご紹介します。

ダイワのおすすめエギングライン

ダイワのおすすめのエギングライン2選です。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】UVFエメラルダスデュラセンサーX8+Si2

タフPEという新原糸が採用されており、従来のPEと比較し耐摩耗性は300%以上という驚異的な数字が実現されたラインです。
4本撚り・8本撚りと用意されています。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】UVF エメラルダスセンサー 12ブレイドEX+Si

12本の基糸を超高密度でダイワ独自に作り上げたエギング用ライン。
感度・強度・耐摩耗など、全てにおいてスペックアップが実現されています。

シマノのおすすめエギングライン

シマノのおすすめのエギングライン2選です。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】セフィア G5 マルチカラー PL-E65N

5本編構造の高比重PEライン。
高比重のため沈みが良く、風が強い時などにもおすすめのラインです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】セフィア8

コストパフォーマンスの高いシマノのエギングライン。
緻密に編みこまれたラインのおかげでキャスト時のライン抵抗も少なく、飛距離も期待できます。

その他メーカーのおすすめエギングライン

その他メーカーのおすすめ2選です。

バリバス(VARIVAS)

【バリバス】アバニ エギング マックスパワーPE X8

高い強度と飛距離性能・耐久性も兼ね備えたバリバスのエギングライン。
なめらかさが魅力の8本撚りタイプです。

DUEL(デュエル)

【デュエル】HARDCORE X8 PROエギング

原糸には強力ポリエチレン繊維が採用されており、高い耐摩耗性が実現されています。
あわせてシリコンコーティングにより、ハリとコシのあるラインになっています。

スポンサーリンク

【2021年〜2022年新作】おすすめエギングライン5選

シマノ(SHIMANO) PEライン セフィア G5 200m 0.5号 マルチカラー PL-E65N 釣り糸

それでは最後に、2020年に発売された新製品のエギングラインをご紹介します。
※2021年の最新情報は、随時更新していきます。

サンライン(SUNLINE)

【サンライン】ソルティメイトPEエギスタ

エギングに最適なPEラインの中でも、適度なハリとコシを持つ「HQ‐PE」ラインです。

表面の部分が滑らかになるように加工されているため、ガイドへの摩擦抵抗が和らぎます。
ホワイト・ピンク・ライトグリーンの3色に10mずつ分かれていて、それぞれ2.5m毎のマーキングがされています。
そのため、海の上でも距離感やラインの沈み具合が確認しやすくなっています。

0.4号、0.5号、0.6号、0.8号の4種類からサイズを選ぶことができます。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】Sephia8+

シマノのセフィアシリーズの新商品で、従来のセフィアとの違いは2点あります。

1つ目は、ヒートシンクコーティングです。
耐熱性に優れた特殊シリコン加工を施すことで、エギング時の摩耗熱にも耐えられるラインとなっています。

2点目は、「TOUGH CROSS 2」加工が用いられている点です。
TOUGH CROSSはシマノ独自の加工方法で、低伸度・耐摩耗性の向上が実現されました。
それにより、感度と操作性が大幅にアップされています。

日本製なのも安心ですね。

よつあみ(YGK)

【YGK】エックスブレイド アップグレイドX4 0.8号

高密度ピッチ製法やWX4加工などを組み合わせることで、耐摩耗性と直線強力を両立させ、高いパフォーマスを発揮する世界最高糸質のエギング用PEラインです。

対象魚種はエギングの他にシーバス、フラットフィッシュ、タチウオ、ロックフィッシュ、アジなどにわたり、釣法はキャスティング、ショアジギング、イカメタル、エギング、ティップランエギングなど多岐にわたります。

エックスブレイド(X-Braid)

【よつあみエックスブレイド】アップグレードX8 ペンタグラム

2020年7月、よつあみエックスブレイドから発売のキャスティング汎用PEラインになります。
エギングはもちろんのこと、シーバス・ジギング等、ルアーゲームに対応した汎用PEラインです。

編み込みは8本よりの為、強度・耐久性に関しては申し分なく、水馴染みも良いラインですので、ルアーをサスペンドさせるゲームに適しています。

よつあみ(YGK)

【よつあみ】エックスブレイド アップグレード X4

エックスブレイド アップグレード X4は、2020年によつあみから発売になった、4本撚りのPEラインになります。

エギングゲームやシーバスゲームなどで、アクションを重視したい方は、8本撚りよりしなやかな、こちらの4本撚りを選択する事で、よりライトなルアーやエギのアクション演出を自然に行えるでしょう。

スポンサーリンク

エギングラインについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ライン PEライン エギング セフィア8 200m 0.6号 LD-E61S 釣り糸

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】最強エギングラインおすすめ11選!太さ・色の選び方や結び方もご紹介」というテーマに沿って、

  • エギングラインとは?
  • おすすめの最強エギングライン人気ランキング6選
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめエギングライン5選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

エギングの始め方|時期・タックル・道具・仕掛け【初心者必見】
エギングは、ルアーの一種である「餌木(エギ)」を使用した釣り方のことで、アオリイカを釣る方法として人気です。今回、釣りラ...
【2022年】エギング用PEラインおすすめ15選!失敗しない選び方も解説!
エギングでは、PEラインが主流です。釣果を上げるためにもライン選びは重要。ただ、PEラインの種類は多くどれを選んでいいの...
【2022年】コスパ抜群のPEラインおすすめ8選!強度の強い結び方や巻き方もご紹介
PEラインは、釣りでよく使われるラインの一種です。今回、釣りラボでは、そんなPEラインの選び方、フロロカーボンラインやナ...
釣り糸にはどんな種類がある?選び方やおすすめのライン6選、結び方をご紹介!
釣りをする上で絶対に欠かせない釣り糸。ナイロンやPEラインなど色々な種類があり、どれを選べば良いか迷ってしまう初心者の方...
【2022年】フロロカーボンライン&リーダーおすすめ人気9選!選び方や結び方、強度もご紹介
釣りで使われるラインの一種であるフロロカーボンライン。今回、釣りラボでは、そんなフロロカーボンラインの素材の特徴、PEラ...
【2022年】少年野球のキャッチャーミットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
キャッチャーミットにはさまざまな種類があり、どれにするか悩む方も多いかと思います。今回、スポウィズでは、少年野球のキャッ...
【2022年】軟式投手用グローブおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
グローブにはさまざまな種類があるので、どれにするか悩んでしまう方も多いかと思います。今回、スポウィズでは、軟式投手用グロ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ライン・釣り糸
釣りラボマガジン