【2022年】ジャークベイト向けのラインおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

数あるラインのなかでも、ジャークベイトに適したものをお探しの方は必見。今回、釣りラボでは、ジャークベイト向けのラインの特徴、おすすめのジャークベイト向けのライン、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のジャークベイト向けのラインをご紹介します。

ライン・釣り糸 ベイト
スポンサーリンク

ジャークベイト向けのラインの選び方

VARIVAS(バリバス) ラインアブソルート MG フロロカーボン 100m 14lb

ジャークベイトは主にバス釣りで使用され、その名の通りジャーキングアクションを得意とするハードプラグです。

適したラインを使用しないと思い通りのアクションを演出できないため、釣果に影響が出てしまいます。

ここからは、ジャークベイト向けのラインの選び方や、コスパに優れたおすすめのアイテムをご紹介していきます。
まずは、ラインの選び方を簡単にご説明します。

選ぶポイント1:ラインの種類

ラインの種類には「フロロカーボン」「ナイロン」「PE」がありますが、この中でジャークベイトに適したラインは「フロロカーボン」です。

フロロラインは比重が重く沈む特徴があるため、幅広いレンジを攻めやすくなります。
また、伸縮性があまりないためアングラーの意のままのアクションを演出できるほか、フッキング率を向上させてくれます。

選ぶポイント2:太さ(ポンド数)

ラインの太さは、扱うジャークベイトのサイズ、フィールドの状況、遠投性能など幅広い面を考慮して選択します。

基本的には「12ポンド〜16ポンド」前後の太さを基準にセレクトします。

スポンサーリンク

ジャークベイト向けのラインおすすめ人気6選【コスパ最強】

ダイワ(DAIWA) フロロライン モンスターブレイブZ 400M 14lb. 400m ナチュラル

ここからはおすすめの「ジャークベイト向けのライン」を6つご紹介します。
実績抜群の人気アイテムから、コスパに優れたものを厳選しました。

購入を検討している方、ぜひチェックしてみてください。

バリバス(VARIVAS)

【バリバス】ラインアブソルート MG

強度に優れたジャークベイト向けのラインです。
幅広い号数をラインナップしているため、状況に応じて選択することができます。

ラインのカラーには、カモフラージュ性能に優れたマジカルグリーンを採用しており、魚に違和感を与えません。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】モンスターブレイブZ

耐摩擦性に優れたジャークベイト向けのラインです。
ラインの表面にコーティングを施しているため、強度と耐摩擦性が大幅にアップしています。

伸びた状態からの粘り強さがあるため、モンスターバスの急な突っ込みに耐え確実なランディングへと導いてくれます。

サンライン(SUNLINE)

【サンライン】フロロカーボンライン ベーシックFC

フロロカーボンに必要不可欠な要素を高次元でクリアしたジャークベイト向けのラインです。

あらゆる釣りに対応するためベーシックフロロカーボンラインを採用しており、バス釣りをはじめソルトシーンにも対応することができます。

大容量300m巻きなので、ラインの巻き替えを頻繁にする方におすすめのアイテムです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】BASS-Xフロロ

ソフトな質感を持つジャークベイト向けのラインです。
非常に柔らかいため糸グセが付きにくく、操作性に優れたアイテムです。

また、強度もあるためクオリティの高いモンスターフィッシュにも難なく対応することができます。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】スティーズフロロ T-モンスター

モンスターバスを確実に取るために開発されたジャークベイト向けのラインです。
高強力で耐久性に優れているため、ポンド数を落としても強度を確保できるアイテムです。

また、適度な伸度設定を施しており、ルアーアクションの操作性やフッキング率を向上させます。

シーガー(Seaguar)

【シーガー】シーガーフロロマイスター

ラインの巻き替えを頻繁にする方におすすめのジャークベイト向けラインです。
大容量300m巻きなので、ストック切れの心配や急なライントラブルに素早く対応することができます。

フロロカーボンとしての基本性能をすべて備えているため、安心して使用することができます。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのジャークベイト向けのライン2選

サンライン(SUNLINE) フロロカーボンライン ベーシックFC 透明 300m 3.5号 14lb

最後に2021年以降に発売された「ジャークベイト向けのライン」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年の釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

RUNCL

【ランケル】フロロカーボンライン

大容量コストパフォーマンスに優れたジャークベイト向けラインです。
耐久性・低伸度・高感度でフロロラインの基本性能をしっかり備えており、幅広いシチュエーションに対応することができます。

ヤマトヨテグス(YAMATOYO)

【ヤマトヨテグス】フロロ バリュースター

ライントラブルを大幅に軽減してくれるジャークベイト向けのラインです。
ソフトタイプフロロカーボンを採用しているため、しなやかで扱いやすく糸ヨレといったトラブルを軽減してくれます。

マーキングシールが付いているので、巻き替えの際に便利な点も魅力の一つです。

スポンサーリンク

ジャークベイト向けのラインについてまとめ

ダイワ(DAIWA) フロロライン BASS-Xフロロ 100M 16lb. 100m ナチュラル

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ジャークベイト向けのラインおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ジャークベイト向けのラインの選び方
  • ジャークベイト向けのラインおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのジャークベイト向けのライン2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】コスパ抜群のPEラインおすすめ8選!強度の強い結び方や巻き方もご紹介
PEラインは、釣りでよく使われるラインの一種です。今回、釣りラボでは、そんなPEラインの選び方、フロロカーボンラインやナ...
【2023年】アジングラインおすすめ14選とその選び方|PE・フロロ・ナイロン・エステル
アジングをする際に活躍するアジングライン。今回、釣りラボでは、アジングラインの特徴、種類、選び方、リーダーとの結び方、初...
【2023年】おすすめの最強エステルライン9選|特徴・アジング・トラウト・メバリング
アジングやメバリングに使用されることが多いエステルライン。今回、釣りラボでは、そんなエステルラインについて、PEラインや...
【2023年】最強エギングラインおすすめ11選!太さ・色の選び方や結び方もご紹介
エギングをする際に活躍するエギングライン。今回、釣りラボでは、エギングラインの特徴、選び方、リーダーとの結び方、初心者に...
【2023年】オフショアジギングにおすすめのPEライン10選とリーダー5選をご紹介
オフショアジギングとは船の上から大物を狙うことができ、初心者にも人気の釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなオフショアジ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ライン・釣り糸
釣りラボマガジン