【2022年】マゴチ釣り用ジグヘッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

近年大注目のマゴチ釣り!今年度激推しのマゴチ釣り用ジグヘッドはこちら!今回、釣りラボでは、マゴチ釣り用ジグヘッドの特徴、おすすめのマゴチ釣り用ジグヘッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のマゴチ釣り用ジグヘッドをご紹介します。

ジグヘッド ワーム

マゴチ釣り用ジグヘッドの選び方

ダイワ ジグヘッド FJジグヘッドSS 21g 3/0

マゴチは主に、砂地の海底に住んでいます。
小魚がメインベイトのフィッシュイーターです。

ヒラメと似た習性から、同じような釣り方で釣れます。
ルアーに好反応を示し、食べても美味しいことから人気のルアーフィッシングです。

メタルジグやミノーだけでなく、ジグヘッドとワームの組み合わせにも好反応を示します。
たくさんある釣り方の中でも最も一般的なのが、ジグヘッドとワームの組み合わせです。

ジグヘッドとワームの組み合わせは、初心者にも扱いやすくコスパに優れています。
今やマゴチやヒラメといった、フラットフィッシュ専用のジグヘッドやワームが各メーカーから発売されています。

今回は、ジグヘッドに焦点を置いて解説していきます。
おすすめの商品もご紹介するので、参考にしてみてください。

選ぶポイント1:重さを選ぶ

マゴチ釣り用のジグヘッド選びで、最も重要なポイントが「重さ」です。
マゴチが主に海底に住んでいることから、ボトム(海底)が取れることが前提になります。

ジグヘッドが海底に到達しなければ、マゴチを釣り上げることは不可能です。
まずは、しっかりと海底に届く重さが必要になります。

だからといって、重すぎるとボトムを引きずってしまいます。
これでも釣れることはありますが、釣果は下がりますし、根がかりが頻発して釣りにならないことも考えられます。

適切な重さの選択が重要です。
一般的には、10g〜30gくらいの間を使うことが多いです。

20g前後から開始して、しっかり着底が感じられる場合は、より軽くします。
反対に着底がわからなければ、重たいものに変更します。

着底と操作感がしっかりわかれば、その重さで大丈夫です。
自分の思う通りに、ジグヘッドが動いている事が一番大切です。

選ぶポイント2:形で選ぶ

形は、アクションや根がかりに影響します。
釣り場や魚の状況に合わせた、ジグヘッドの選択が必要です。

主に使用されるジグヘッドの形状と、その特性を解説します。
形状を選ぶ際の参考にしてください。

砲弾型

名前の通り、砲弾のような形です。
先端は丸みがあり、水を受け流します。

ワームの自然な動きを引き出す事が、可能なジグヘッドです。
リトリーブやリフト&フォールの釣りに、適しています。

やじり型

矢の先端のように、ジグヘッドの先端が尖っているのが特徴です。
キビキビとしたアクションが、持ち味になります。

ワインドの様に、ジグヘッドを大きく動かす釣りに適しています。
リアクションで、そこにいる魚に強制的にスイッチを入れる事が可能です。

ただスレやすいので、最終手段かランガンするのをおすすめします。

アイの位置

ラインを結束するための、輪っかの部分です。
これが前方か後方についているかで、ジグヘッドの動き方が異なります。

前方についている場合は、浮き上がりやすいのが特徴です。
浅い場所やリフト&フォールが、得意となります。

反対に後方についている場合は、浮き上がりにくいのが特徴です。
浮き上がりにくい分、早く巻いてもレンジキープしやすいです。
リトリーブの釣りが得意となります。

マゴチ釣り用ジグヘッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

シマノ(SHIMANO) ジグヘッド 熱砂 サンドライザー 28g OO-228R 09T ハデイワシ

マゴチ釣りをはじめとした、フラットフィッシュゲームの人気の高まりと共に、各メーカーより専用のジグヘッドが多く発売されています。
今回ご紹介したポイントを踏まえて、おすすめ商品をご紹介します。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】フラットジャンキージグヘッドSS

フラットフィッシュ専用のジグヘッドです。
特徴はアイの位置にあります。

前後だけでなく、上下にもアイがついています。
これによりフックの向きを変更することが可能になっています。
シンカーが斜めにカットしてあり、ボトムで斜めに立つことも特徴です。

さまざまな場面で使えるため、タックルボックスに入れておいて損はないです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】熱砂 サンドライザー

サーフでのフラットフィッシュゲームに、特化した製品です。
ワームの装着が容易で、尚且つしっかりと固定される優れもの。
トリプルフック2つが標準装備されていて、アシストフックは不要です。

専用のワームを装着するので、動きを妨げられることなく釣りに集中できます。
コスパが悪いのが難点ですが、使いこなせば釣果は抜群です。

DUO(デュオ)

【DUO】ビーチウォーカー ハウルヘッド

サーフでのフラットフィッシュといえば「ハウルヘッド」と、言われるほどの人気商品。
迷った時は、とりあえずこちらの商品で間違いないです。

長く愛されるだけあり、その性能は抜群です。
サーフでのマゴチ釣りを考えている方には、ぜひおすすめしたい商品です。

ノーブランド品

【ルーディーズ】根魚狩り

こちらは、根魚釣りがコンセプトの製品です。
特徴はなんといっても、ジグヘッドの形状です。

リトリーブの際には、安定した姿勢で泳ぎ、着底時には、ジグヘッドが立ち上がります。
根魚をターゲットにしていることからも、根がかり回避に優れるのがポイントです。

ボトムを徹底的に攻めることができますので、マゴチをはじめフラットフィッシュも釣り上げることができます。
根が荒く魚影が濃い時には、重宝します。

Gamakatsu(がまかつ)

【がまかつ】レンジスイマー

砲弾型のジグヘッドで、アイが上下に付いているタイプです。
針の向きを選択できるので、釣りのバリエーションが広がります。

安定した姿勢でのリトリーブが可能で、非常に使い勝手がいいのが特徴です。
専用のワームもなく、自由度が高くアングラーの腕次第で釣果が左右されることもあります。

なんといってもコスパは、最強クラスです。
根がかりを恐れずに、ボトムを攻略してしまいましょう。

OZ(オンスタックル)

【オンスタックル】ZZヘッド

こちらは、ワインド釣法専用ジグヘッドです。
キレのあるダートから出る波動で、フィッシュイーター達を虜にします。
専用ワームであるマナティーを装着することで、釣果はさらにアップします。

効果は大きいですが、その分すぐにスレて釣れなくなるという諸刃の剣です。
坊主逃がれで、バックに入れておくといいかもしれません。

【2022年新作】おすすめのマゴチ釣り用ジグヘッド2選

デュオ ビーチウォーカー ハウルヘッド 21g ヒラメゴールド AHA0063

マゴチ釣りの人気が高まるに伴い、人気のジグヘッドも改良がされています。
改良して新作として登場した製品をご紹介します。

すでに、一定の評価を得た製品の改良版です。
その性能は申し分ありません。

ぜひこの機会に手にとっていただきたい、おすすめの製品です。

Major Craft(メジャークラフト)

【メジャークラフト】浜王

名前の通りサーフでの使用が、コンセプトの商品です。
マゴチ釣りに必要な性能は一通り揃っています。

2019年の発売ですが、その人気から2021年にウエイトを追加しています。
同時に専用ワームにも、新作のカラーが追加されています。

専用ワームを使用するため、自由度が少ないのが難点ですが、コスパは最強です。
根がかりを恐れず、しっかりと海底を攻める事ができます。
マゴチ釣りに、初めて挑戦される方にはおすすめです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】フラットジャンキー ロデム3TG

ダイワのフラットジャンキーシリーズより、2021年新作の新製品です。
タングステンでシルエットが小さいままに、30gのウエイトを追加。
飛距離が必要な場面では、大きなメリットです。

ワンタッチで簡単にワームの着脱ができるにも関わらず、そのキープ力も確保されています。
着底の感度も高く、地形の把握に優れています。

30gで少し重たい部類に入りますが、申し分ない性能ですのでぜひ試してみてください。

マゴチ釣り用ジグヘッドについてまとめ

ルーディーズ 根魚狩り J・H(ジグヘッド)(ロックフィッシュ) 20g-#2/0

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】マゴチ釣り用ジグヘッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • マゴチ釣り用ジグヘッドの選び方
  • マゴチ釣り用ジグヘッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのマゴチ釣り用ジグヘッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

マゴチ釣り用ジグヘッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ジグヘッド
釣りラボマガジン