【2022年】チニング用ジグヘッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

チヌ(クロダイ)を狙いたい方にぜひ知ってほしい!今年度激推しのチニング用ジグヘッドはこちら!今回、釣りラボでは、チニング用ジグヘッドの特徴、おすすめのチニング用ジグヘッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のチニング用ジグヘッドをご紹介します。

ジグヘッド
スポンサーリンク

チニング用ジグヘッドの選び方

がまかつ(Gamakatsu) ジョイントノッカー チヌ ブラック #4-5G.

強い引きを味わえるゲーム性の高いチニングは大人気の釣りです。
チヌを効率よく釣るためには、ワームとジグヘッドを組み合わせてボトムを攻略します。

そこで重要なのが釣り場に対して、最適なジグヘッドを選ぶことです。
ジグヘッドの種類によってアクションが異なったり、攻略するレンジが違います。

今回は、チニング用ジグヘッドの選び方や、おすすめの商品をご紹介していきます。
まずはジグヘッドの選び方を簡単にご説明します。

選ぶポイント1:ジグヘッドの形状

チニングで使用されるジグヘッドは大きく分けて3種類あります。
まず一つ目は「ラウンドタイプ」です。

ラウンドタイプは、3種類の中で最もオールマイティに使えるタイプです。
さまざまなアクションに対応することができるので、初心者の方におすすめです。

二つ目は「ダートタイプ」です。
ダートタイプはヘッドの先端部分が尖った見た目をしており、その名の通りダートアクションをさせやすい特徴があり、リアクションバイトを誘うことができます。

三つ目は「チニング特化型タイプ」です。
チニングで効果的なボトムでのズル引きに適した形状をしています。
根掛かり回避能力に優れたタイプです。

選ぶポイント2:重さで選ぶ

チニングで使用するジグヘッドの重さは「2g〜16g」が適しています。
この重さを基準に、釣り場の状況や攻略したいレンジに合わせて選択しましょう。

シャローレンジを攻略したい場合は、軽めのジグヘッドを選び、ディープエリア攻略したい場合は、重いジグヘッドを選びましょう。

スポンサーリンク

チニング用ジグヘッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

Arukazik Japan(アルカジックジャパン) BM.キール 7.0g #1/0

ここからはおすすめの「チニング用ジグヘッド」をご紹介します。
人気ランキング上位の商品から、コスパに優れたものを6つ厳選しました。
初心者の方や購入を検討している方は、ぜひチェックしてください。

Gamakatsu(がまかつ)

【がまかつ】ジョイントノッカーチヌ

ラウンド形状を採用したチニング用ジグヘッドです。
フックが可動式なのでナチュラルなアクションを生み出す特徴があります。

また、値段もリーズナブルなため積極的にアプローチすることができます。

アルカジックジャパン(Arukazik Japan)

【アルカジックジャパン】BM.キール

ボトムチニングに特化したチニングジグヘッドです。
ヘッド部分に房型を採用しているので、ボトム攻略に欠かせないすり抜け性能に優れ、根掛かりのリスクを軽減してくれます。

カツイチ(KATSUICHI)

【カツイチ】デコイ フラッシュボム

アピール力とフッキング性能に優れたチニング用ジグヘッドです。
フラッシュファイバーを標準搭載しているので、水中で艶かしい演出をしてくれます。

また、ヘッド部分はラウンド型なので、高いレスポンス性能を発揮します。

ハヤブサ(Hayabusa)

【ハヤブサ】チヌ・根魚専用ジグヘッド 底まっすぐ

エアロフットボールと言う独自のヘッド形状なので、ボトムでズル引きをさせやすいチニング用ジグヘッドです。

フックが上向きなので、根掛かり回避能力に優れるほか、フッキング性能も高い特徴があります。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】ちびチヌヘッド

ボトムチニングに特化したチニング用ジグヘッドです。
ヘッドの上部にフックが搭載されているので、根掛かりのリスクを軽減させます。

カラーの種類も豊富なので、幅広い状況に応じて対応できるところもおすすめのポイントです。

カツイチ(KATSUICHI)

【カツイチ】デコイ SV-30 チヌヘッド

貫通力の高いフックが採用されたチニング用ジグヘッドです。
チヌの硬い口を簡単に貫き、確実にランディングへ持ち込むことができます。

また、高強度な素材を採用しているので、噛み潰される心配もありません。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのチニング用ジグヘッド2選

カツイチ(Katsuichi) デコイ SV-40B フラッシュボム ブラックタンク #7g (1/4oz)

最後に2021年以降に発売された「チニング用ジグヘッド」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年チニングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

SILANON

【SILANON】丸型ジグヘッド

お得な20本入りのチニングジグヘッドです。
防サビ性なので、安心して長く使用することができます。

値段が安価なので、ボトムに対しても積極的にアプローチすることが可能になります。

SILANON

【SILANON】ジグヘッドセット

円柱型のヘッド形状を採用したチニング用ジグヘッドです。
丸型のジグヘッドより抵抗力が大きいため、障害物やボトム変化の感知能力に優れています。

また、スレッドキーパーを搭載しているので、遠投してもワームがずれにくいようになっています。

スポンサーリンク

チニング用ジグヘッドについてまとめ

ハヤブサ(Hayabusa) FINA チヌ・根魚専用ジグヘッド 底まっすぐ #8/3.5g FS204-8-3.5

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】チニング用ジグヘッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • チニング用ジグヘッドの選び方
  • チニング用ジグヘッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのチニング用ジグヘッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ジグヘッドおすすめ13選!選び方・付け方・結び方・自作方法もご紹介
アジングなどをする際に活躍するジグヘッド。今回、釣りラボでは、ジグヘッドの選び方、自作の可否、ラインとの結び方、ワームへ...
【2022年】アジングにおすすめの最強ジグヘッド人気ランキング9選!選び方や結び方もご紹介
アジングの際、欠かせないのがジグヘッドです。今回、釣りラボでは、そんなアジングで使うジグヘッドについて、釣果への影響、選...
【2022年】メバリングにおすすめのジグヘッド人気ランキング8選!選び方・結び方
メバリングの際、ジグヘッドを使った仕掛けが人気です。今回、釣りラボでは、そんなメバリングで使うジグヘッドについて、釣果へ...
ジグヘッドワッキーとは?おすすめのフック・ルアーや作り方を徹底解説
バスフィッシングにおいて重宝するジグヘッドワッキーというリグをご存じでしょうか?独特なアクションで魚を誘き寄せることがで...
【2022年】ジグヘッドケースおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
釣り具も大事に扱いたい!今手に入れたいジグヘッドケース厳選集はこちら!今回、釣りラボでは、ジグヘッドケースの特徴、おすす...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ジグヘッド
釣りラボマガジン