釣りは風速何mまで大丈夫?中止の目安やアプリでの予報の確認方法をご紹介

安全に釣りをするためには、どれくらいまでの風速なら大丈夫なのかを事前に知っておく必要があります。今回、釣りラボでは、風速ごとの釣りへの影響と、強風の日に釣りを楽しむための方法、釣り場ごとの風速・天気予報を確認するためのアプリなどをご紹介。

ライン・釣り糸
スポンサーリンク

強風は釣りにどのような影響を与える?

出典:写真AC

屋外で楽しむ釣りには、風が大きな影響を与えます。
風があまりない場合は問題ありませんが、強風の場合は釣りにどのような影響があるのでしょうか。
考えられる主な影響を、以下にピックアップします。

  • 転倒や落水といった身体に及ぶ危険性
  • 現場に持ち込んだ荷物が飛ばされる
  • 仕掛けやルアーがキャストしにくい
  • ライントラブルが起きやすい
  • 繊細なアタリや底が分かりにくい

また、悪影響ばかりではありません。
もちろん強風の度合いにもよりますが、以下のような好影響もあることを覚えておきましょう。

  • ターゲットとなる魚から、仕掛けが見えにくく警戒されにくい
  • 水中の酸素量が上がり、魚の活性が上がる
スポンサーリンク

風速ごとの釣りへの影響

出典:写真AC

風速は、サーフや防波堤といったショアからの釣りはもちろん、船といったオフショアからの釣りでも重要な要素です。
台風レベルの激しい風速の場合は例外として、大きな乗合船の場合は多少の風速でも出港することもありますが、カヤックやゴムボートといった小さな船の場合は強風で釣りが成立しない可能性も高いでしょう。

乗合船であれば船が中止を決定しますが、個人で行動する場合は自分で中止を決定する必要があります。
出発前には目的地の風速を確認し、釣りのスタイルや規模に鑑みて中止の目安としてください。
前提として、安全に釣りを行うことができるのはおおよそ風速4〜5m/sまでと覚えておくと安心です。

風速0〜1m/s

風速0〜1m/sであれば、ほぼ風がない状態と言えるでしょう。
釣りにも影響はないため、快適に釣りを楽しむことができます。

風速2〜3m/s

風速2〜3m/sの現場では、軽く風が吹いていることを体や顔に感じられます。
海面には小さい波が立ち始める風速です。
ほとんどの釣りではほぼ影響がありませんが、細いラインを用いるアジングなどでアタリを逃してしまう可能性は否定できません。

風速4〜5m/s

風速4〜5m/sは、小さな船で釣りが行える限界の風速です。
海面の波にはやや泡が立ち、ショアであってもフィールドによっては釣りを行いにくくなってしまいます。
横風や追い風の場合は軽い仕掛けやルアーを用いる釣りはやや困難になりますが、サビキ釣りなどは可能です。

風速6〜7m/s

風速6〜7m/sともなると、釣りの中止を検討することをおすすめします。
狙ったポイントにキャストすることやアタリを取ることは困難になり、糸フケによるライントラブルも増加するからです。

風速8〜9m/s

風速8〜9m/sは、スタイルや仕掛けの種類に限らず釣りが難しい状況です。
海面では波が激しく泡立ち、身を遮るものがない現場では風で体が押されてしまいます。
海も荒れて波が高くなり落水の危険性も高まるため、自身の安全を重視して釣りは中止してください。

風速10m/s以上

風速10m/s以上の場合は、釣りどころか海へ訪れることもやめた方が良いでしょう。
台風のような強さの風であるため、釣りができないことに加えて、風に煽られて転んでしまう可能性すらあります。
持ち物やタックルが風で飛ばされたり、風でフィールドによっては風で飛んできたもので怪我をしたりといった危険も考えられます。

スポンサーリンク

強風の日に釣りを楽しむための方法

出典:写真AC

風が強い場合でも釣りをしたければ、以下に紹介する2つの方法が考えられます。
安全を考慮することが第一ですが、場合によってはせっかく計画した釣りを諦めずに済むかもしれません。

風裏のポイントに変更する

ひとつめの方法は、釣りを行うフィールドを風裏に変更することです。
風裏とは、強風を遮る山などの障害物がある「風の当たる裏側」にあたるポイントを指します。
風裏のポイントであれば風速による影響を受けにくい地形であるため、比較的釣りを行いやすいでしょう。

別の釣り場へ移動する

ふたつめの方法は、別の釣り場へ移動することです。
訪れるポイントの風速をチェックした際に釣りが難しそうであれば、思い切って場所を変えてみることで解決できる可能性があります。

例えば、太平洋側が荒れている場合は、日本海側の風速を調べてみてください。
強風のフィールドと反対に位置するポイントであれば、風が弱くなっており釣りが楽しめることもあります。

スポンサーリンク

風速や天気の予報を確認できるアプリ2選

出典:写真AC

風速をチェックする際に便利なのが、風速や天気の予報を確認できるアプリです。
スマートフォンに入れておくことで、移動先であってもこまめにチェックすることができます。
iosとAndroidへのリンクを貼るので、是非試してみてください。

WINDY

WINDYは、世界中の天気予報を無料で調べることができるアプリです。
風速はもちろん、降水量や波の高さ、水温といった細かな情報を確認することができます。
デフォルトでは風速を示す単位がノットに設定されているため、日本でポピュラーなm/sに変更しておきましょう。

https://apps.apple.com/jp/app/windy-com/id1161387262
Windy.com - 風、波とハリケーン予測 - Google Play のアプリ
気象レーダー、衛星、風、波、ハリケーン予報。広告なし!…

タイドグラフBI

タイドグラフBIは、全国の風速や天気、潮汐といった釣りに必要なデータに特化した無料アプリです。
BIという爆釣指数が示されている上、日本中の釣り場をピンポイントでチェックすることができるため、確実に釣果を上げたいアングラーにぴったりです。

https://itunes.apple.com/jp/app/id1431593126?mt=8
タイドグラフBI / 3,000ヶ所の釣り場に対応した潮見表アプリ - Google Play のアプリ
潮見表アプリで業界初となる3,000の釣り場に対応した潮見表アプリ!潮汐情報・天気・風・波・気圧はもちろん魚が釣れる時間…
スポンサーリンク

風速以外に釣果に影響を及ぼす要因

出典:写真AC

上記で説明した風速の他にも、釣果に影響を及ぼす様々な要因が存在します。
風速に加えて、以下のようなポイントにも気を付けて釣りを行いましょう。

  • 暑さや寒さといった気温
  • 雨や雷といった天候
  • 水位の上昇
  • 自身の疲労
スポンサーリンク

風速ごとの釣りへの影響についてまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「釣りは風速何mまで大丈夫?中止の目安やアプリでの予報の確認方法をご紹介」というテーマに沿って、

  • 強風は釣りにどのような影響を与える?
  • 風速ごとの釣りへの影響
  • 強風の日に釣りを楽しむための方法
  • 風速や天気の予報を確認できるアプリ2選
  • 風速以外に釣果に影響を及ぼす要因

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

海釣り初心者必見!おすすめの道具や仕掛け、釣り方のコツ、人気のスポットをご紹介
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…
雨の日は釣果が増える!?雨の日に釣りをするメリットや服装・持ち物をご紹介
雨だと、あまり釣りに行く気が起きないという方も多いと思います。ですが、雨の方が釣れる魚がいたりするなど、実は雨の日は釣り…
船釣り(沖釣り)のやり方とは?おすすめの服装や持ち物、船の予約方法をご紹介!
船での釣りは、堤防釣りとはまた違う魅力があります。子供を連れてファミリーで楽しむのもおすすめです。今回、釣りラボでは、船…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
サビキ釣りのコツを徹底解説!最適な時期やおすすめの仕掛け・タックルをご紹介
サビキ釣りは比較的簡単に始めることができ、釣り女子や初心者に人気のある釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなサビキ釣りに…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン