サビキ釣りの基礎知識|仕掛け・道具・餌・コツ・時期【初心者必見】

サビキ釣りは比較的簡単に始めることができ、釣り女子や初心者に人気のある釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなサビキ釣りについて、サビキ釣りに適した時期やおすすめの仕掛け・餌、コツなどについて解説していきます。

初心者
スポンサーリンク

サビキ釣りの特徴

サビキ釣り

出典:写真AC

釣り初心者の方やファミリー層におすすめの釣り方がサビキ釣りです。

仕掛けやエサのつけ方も簡単で気軽に楽しむことができます。
初心者向けの仕掛けセットもありますし費用もさほどかかりません。

防波堤や海釣り公園で休日にのんびりと楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

サビキ釣りで釣れる魚・対象魚

サビキ釣り

出典:写真AC

どういった魚がサビキ釣りでは釣れるのでしょうか?
ここでは簡潔に釣れる魚を紹介します。

アジ

アジは、サビキ釣りで比較的よく釣れる魚です。
一度に3~5匹釣れることもあります。

>>>こちらの記事も読まれています
アジ釣りの始め方|おすすめの釣り方4選・道具・餌・時期【初心者必見】

サバ

サバも、サビキ釣りではアジと並んでよく釣れます。
時期によっては、アジよりも大きなサイズのものが釣れることもあります。

イワシ

イワシは大群で移動しているので、一度に大量に釣れることが多いです。
サビキ釣りで狙う対象魚として、有名です。

カマス

カマスは、少し聞きなれない名前の魚かもしれません。
特徴的な下顎を持つ魚で、サビキ釣りで釣ることができます。

スポンサーリンク

サビキ釣りに適した時期・時間帯

サビキ釣り

出典:写真AC

気軽に楽しめるサビキ釣りですが、時期・時間帯によって魚のサイズ、釣果が変わってきます。

それぞれの時期・時間帯でどのような魚が釣れるのか、釣りごろはいつなのか見ていきましょう。

春から秋にかけては大物が狙える!

サビキ釣りで大物を狙うのであれば春から秋にかけてがおすすめです。
春頃に産卵期を迎える大型のアジや、秋頃は夏に産まれて成長したサバが狙えます。

特に夏~秋頃(6月~9月の終わり頃)は水温も上がり魚の動きも活発になります。
魚群とうまく会えば100匹近く釣れることもあります。

冬(12〜3月)のサビキ釣りは難しい

逆に12月頃から3月にかけての冬場は水温も下がり海が荒れることも多くなり岸近くに魚が寄ってこないため、サビキ釣りにはあまり向いていません。

個体数は少なくても成長した大型のアジ(50cmオーバー)が釣れることもありますが、アタリ自体が少ないためあまり適した時期とは言えません。

サビキ釣りに適した時間帯はある?

サビキ釣りで釣れる魚は回遊魚がほとんどです。
潮が動いている時間帯にエサを追って回遊しますので、その時間帯を狙うことで大量ゲットのチャンスが生まれます。

時間帯としては朝や夕暮れが良いでしょう。
魚の活性が高くなりますし、特に水温が高くなる夏場は涼しい明け方の時間帯を狙うのがおすすめです。

スポンサーリンク

サビキ釣りのコツ・ポイント

サビキ釣り

出典:写真AC

誰でも気軽に楽しめるサビキ釣りですが、時期、時間帯、装備はもちろんのこと、基本的な釣り方やコツがわからなければ始まりません。

基本的な釣り方は、

  1. エサ(コマセ)をカゴに入れる
  2. 海中に仕掛けを落とす
  3. 竿を上下にゆっくり振りカゴに入っているエサを落とす
  4. 必要によっては撒き餌を撒く
  5. 寄ってきた魚がエサと間違えて針に食いつく
  6. 魚が食いついたら軽く合わせて巻き上げる

というものになります。

ルアー釣りなどとは違い着水後大きなアクションは必要なく、魚が食いつくのをじっと待つ場面が多いですが、やはり初めのうちは思うような釣果を得られないかもしれません。

その時は、以下の3ポイントを気にしてみましょう。

1.仕掛けを変えてみる

釣果が上がらない場合まず見直すべき点は、仕掛けを変えてみることです。

仕掛けは釣場やシーズンに合わせて変えるべきなので、今使っている仕掛けがマッチしていない可能性があります。

例えば、針のサイズを変えてみるのも一つの手です。

魚のサイズによっては針が大きすぎたり小さすぎたりするせいで、魚に警戒されて釣れない場合があります。
魚のサイズが20~30cm程度であれば1号~2号、40cm以上であれば3号以上など臨機応変に変えてみましょう。

また、狙うポイントを岸部ではなく遠投で少し遠くのポイントに変えてみるのもよいでしょう。

そのためには投げ釣りに必要な仕掛けに変える必要があります。
その際、遠方でもアタリが来た時に分かりやすいためのウキと、サルカンを使用しておもりをつける仕掛けに変えましょう。

船釣りの場合も同様の仕掛けが使え、キスやヒラメ、小型のクロダイや高級魚のメバルが釣れる場合もあります。

2.釣果情報を確認する

せっかく釣りに出かけても魚がいなければ意味がありませんし、初心者のうちはいつ釣れるのかをなかなか掴むことができません。

そんな時は釣果情報を調べてみましょう。

海釣り施設ではその日の釣果情報をアップしているサイトもありますし、SNSやブログで釣り名人達の動向を探るのもいいでしょう。
そうすることで釣れている場所、時間帯は把握できます。

3.釣れている人のマネをする

釣れている人には偶然ではなく、やはり何かしらの理由があります。
仕掛けのつけ方なのか、エサの使い方なのか、釣る場所なのか、何かしらのヒントが隠されているはずです。

横目でチラチラと確認するよりも、思い切って話しかけて教えを乞い玄人の技を盗みましょう。
釣り人とのコミュニケーションを図ることで、また釣りに行きたいという意欲もわきますし、勉強になることも沢山あります。

また、YouTubeにアップされている動画から仕掛けや釣り方のコツを盗むのもよいでしょう。

スポンサーリンク

サビキ釣りで使用する道具(タックル)・仕掛け・餌

出典:写真AC

サビキ釣りで使用する道具(タックル)・仕掛け・エサをご紹介します。

基本装備が一式セットになった初心者用セットが各メーカーから販売されているので、入門編として一度購入されてみてはいかがでしょうか。

ロッド・釣り竿

ロッド・釣竿は、1.8~3m程度の波止竿が良いでしょう。
長いものだと重くなり、お子さまや女性には扱いずらくなってしまいます。

リール付きの竿であれば何でも対応出来ます。

>>>こちらの記事も読まれています
ロッドおすすめ人気ランキング16選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介

リール

リールは、ラインが初めから巻かれている初心者向けのスピニングリールをおすすめします。

海での使用はラインを伝って海水がリールに付着し錆びやすくなるため、海水対応のものを使うのが良いでしょう。

>>>こちらの記事も読まれています
【リール】おすすめ人気ランキング6選|選び方・使い方・糸巻きのやり方

ライン

ラインはナイロンラインの2~3号を選びましょう。
価格も安くライントラブルも起きにくいため、初心者の方におすすめです。

餌(エサ)

エサ(仕掛けのカゴに詰めたり魚を集めるために撒くエサをコマセと呼びます)にはアミエビを使います。
イソメやメタルジグなどをエサとして使う釣りよりは、エサ代がかかったりエサをつける手間はなく簡単です。

冷凍タイプや常温タイプなど種類はありますが、基本は仕掛けのカゴに入れて使用するため針にエサをつける手間もなくスムーズに行えます。

冷凍タイプは本物のオキアミを冷凍しただけなので魚の反応もよく、ツブも大きいのが利点ですが、解凍する手間がかかったり匂いが強いのが特徴です。

常温タイプはチューブ式のものがあり、手を汚さずカゴに入れることができます。
ただ、容量の割に値段が高く、また、加工されたアミエビのため、魚の食いつきがよくない場合があります。

一日かけてじっくり釣りを楽しみたい方は容量も多く、魚の反応も良い冷凍タイプをおすすめします。

>>>こちらの記事も読まれています
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!|付け方・自作【初心者必見】

その他必要な道具

基本的な仕掛けやエサ以外にも、釣れた魚を保存するクーラーボックスや、針から魚をはずすためのフィッシュグリップ、エサを使用するための水汲みバケツ、アミエビバケツ、安全面を考えてライフジャケットの着用も忘れないようにしましょう。

また、天気が悪い時用の雨ガッパの用意もあれば尚よいでしょう。
これだけ揃っていれば万全の体制でサビキ釣りに挑めます。

スポンサーリンク

サビキ釣りについてまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「サビキ釣りの基礎知識|仕掛け・道具・餌・コツ・時期【初心者必見】」というテーマに沿って、「サビキ釣りの特徴」「サビキ釣りで釣れる魚・対象魚」「サビキ釣りに適した時期・時間帯」「サビキ釣りのコツ・ポイント」「サビキ釣りで使用する道具(タックル)・仕掛け・餌」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ジグサビキの始め方|おすすめの仕掛けや自作方法も紹介!【初心者必見!】
ジグサビキとは、サビキの針にメタルジグをつける釣り方で、「ボウズ逃れ」とも称されるほど、安定感抜群の釣り方です。今回、釣…
アジ釣りの始め方|おすすめの釣り方4選・道具・餌・時期【初心者必見】
アジは、釣りの対象としてとても人気の魚です。今回、釣りラボでは、そんなアジの釣り方について、代表的なおすすめの釣り方(サ…
【初心者必見】海釣りの道具・仕掛け・釣り方をご紹介|釣竿・仕掛け
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…
カゴ釣りの基礎知識|やり方・仕掛け・餌・竿・リール【初心者必見】
カゴ釣りはどのような釣り方かご存知ですか?今回、釣りラボでは、釣り初心者の方にも人気なカゴ釣りについて、カゴ釣りのやり方…
【釣り餌の定番】アミエビとオキアミの違いとは?使い道や入手方法も解説
釣り餌の定番として、多くの釣り人に親しまれているアミエビ。今回、釣りラボでは、アミエビとオキアミの違いやアミエビの使い道…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン