8月の堤防釣りで釣れる魚まとめ!難易度別におすすめの釣り方や注意点も解説!

真夏の8月の釣りシーズン、初心者でも簡単に釣れる小魚や、ベテランが狙いたい大物まで釣り人が楽しめます!そこで今回、釣りラボでは、8月の堤防釣りで釣れる魚とおすすめの釣り方をご紹介します。もっと釣りを楽しめるようになりますよ!

釣りの時期・時間帯
スポンサーリンク

8月は釣りシーズン真っ盛り!釣れる魚種が多い!

出典:写真AC

7月~9月は釣りを行いやすい環境であり、特に8月は海釣りが最も盛んな時期ではないでしょうか?

また、8月は釣りを行うことのできる時間帯も長く、おすすめです。

漁港や防波堤では多くの釣り人がサビキや遠投釣りを行っている様子を目にします。
夏と言えばサビキというイメージが付くほどです。

そんな8月にはターゲットが様々存在しているため、釣りを行っているだけでも楽しいです。

スポンサーリンク

8月の釣りで注意すべき点3つ!

出典:写真AC

8月に釣りを行う上で注意してほしいことがいくつか存在します。

注意点をしっかり把握したうえで安全な釣りライフを楽しみましょう。

無防備な肌の露出はNG!

無防備な肌はできる限り出さないように心がけましょう。

これは釣りを行う上で大切なことで、8月に限ったことではありません。
釣りの最中に防波堤から落ちてしまい、コンクリートで足をすってしまったということはしばしばあります。

肌を隠すだけで無駄な怪我を未然に防ぐことが可能です。

水分補給は欠かさずに!

8月は日差しが強く、防波堤などのコンクリートの上は温度が上がりやすく、熱中症になる確率が上がります。

それを防ぐために水分は必ず持ち歩くようにしましょう。
または帽子の着用は必須です。

ポイント選び&状況判断が重要!

危険な場所にはできるだけ避けることや海藻やごみの少ない場所を選んだりなどポイント選びは慎重に行いましょう。

海藻やゴミの多い場所は人間も近寄りませんが、魚も近寄りません。

また釣りでは天気や潮の状況をよく見る必要があります。
赤潮になればすぐに釣りを停止しポイントの変更を行いましょう。
天気が悪化し、身の危険を感じる場合も粘ることをやめてすぐに撤収しましょう。

スポンサーリンク

8月の堤防釣りで釣れる魚&おすすめの釣り方は?

堤防

出典:写真AC

8月に堤防から釣りことのできる魚を紹介していきます。

また魚ごとにおすすめの釣り方も紹介していくので参考にしていただくと幸いです。

アジ<難易度★☆☆>

アジは味もよく初心者でも簡単に釣ることのできる魚です。

堤防から下を見てみると群れになって行動しています。
主な釣り方はサビキです。

容易に釣り上げることが可能です。

サバ<難易度★☆☆>

サバは日本の暖流域に生息しています。
最大の個体で50cmにもなり、脂がのっているサバはおいしく食べることができます。

サバはあまり知られていませんがサビキで釣り上げることが可能です。
しかし堤防の近場にはサバはいないので、遠投サビキを用いると良いでしょう。

ハゼ<難易度★☆☆>

ハゼは海岸や河川にも生息しています。
環境適応能力が高く、どこにでも存在しているイメージの強い魚です。

天ぷらにするとおいしく食べることが可能です。
ハゼ専用のハゼ釣りという仕掛けが販売されているので、釣り具屋で購入すると良いでしょう。

マゴチ<難易度★☆☆>

マゴチは砂浜で釣れる印象のある魚ですが堤防でも釣り上げることのできます。
大きな個体は60cmにもなり釣りごたえのある魚でもあります。
夏が旬であり8月にはぜひ狙いたい魚です。

普段は砂場に身を隠して獲物を狙っています。
ヒラメなどに近い生態です。

おすすめの釣り方はルアーです。
特にメタルジグを用いた釣りはボトムを攻めることができるため、適性があります。

クロダイ(チヌ)<難易度★☆☆>

クロダイは釣り人に人気の魚です。
チヌとも言われており、引きの強さが有名です。

主に海水と淡水が混ざる汽水域に生息しており、小魚を狙って回遊しています。

主な釣り方はルアーであり、シーバス釣りを行っている最中に釣れることがたびたびあります。

シロギス<難易度★☆☆>

シロギスはサーフつまり砂浜に生息する魚です。

砂浜から天秤を用いた仕掛けで、ゴカイを用いる釣り方が一般的です。
口が小さく、あたりが小さいため、わからないこともありますが比較的に容易に釣り上げることが可能です。

イワシ<難易度★☆☆>

イワシは日本人にはなじみのある魚です。
弱い魚と覚えている方も多いでしょう。

イワシは堤防から釣れないイメージがありますが、釣ることが可能です。
遠投の餌釣りで容易に釣り上げることができます。

夏が旬で脂がのっています。

アオリイカ・ケンサキイカ<難易度★★☆>

アオリイカ・ケンサキイカは夏に最も釣り上げることができる生物であり、とろけるような甘さがあり人気のターゲットです。

一般的にはエギを用いて釣ることが多く、夜でも堤防の光に集まることがあるため夜でも釣りが可能です。

しかし、足場が見えないため、気を付けて釣りを行うようにしましょう。

タコ<難易度★★☆>

タコは夏の堤防周辺に多く現れる生物です。
その理由は夏にはアジなどの群れが堤防に集まるためです。
それを狙いタコも集まってきます。

タコはエギで釣ることが可能であり、堤防の周辺をコンスタントにボトムまでエギを落とすことでタコを狙っていきましょう。

ツバス(ハマチ)<難易度★★☆>

ツバス(ハマチ)は青物であり人気のターゲットです。

ショアジギングで釣ることが一般的であり、ルアーでハマチを狙っていきましょう。
釣り方のコツとしては波の動きから魚影を確認し、そのポイントにルアーを投げ込んでハマチを釣り上げましょう。

カサゴ<難易度★★☆>

カサゴは根魚と言われており、おいしい魚としても有名です。
煮付けや刺身は格別です。

釣り方は根魚専用の仕掛けにゴカイを使い、カサゴを狙っていきましょう。

ヒラメ<難易度★★☆>

ヒラメは夏がシーズンの魚であり、餌に生きたアジを付けてほったらかして釣りましょう。

仕掛けは簡単ですが、長時間待つ必要があり待つことが苦手な人にはあまり向いていない釣りかもしれません。

タチウオ(太刀魚)<難易度★★☆>

太刀魚は引きの強さから人気のターゲットです。
ルアーを用いた釣りが人気であり、ほとんどシーバスがかかりますが太刀魚もコンスタントにルアーを投げることができれば釣り上げることができます。

刺身が絶品です。

ブリ<難易度★★★>

青物の代表はブリです。

ショアジギングでブリを狙いましょう。
ブリは冬に脂がのっておいしいことで有名ですが、夏でも淡白に食べることが可能です。

キス<難易度★★★>

シロギスと似ていますが若干異なります。

サーフに生息していることが多く、シロギスとキスを一緒に狙っていきましょう。
餌はゴカイを用います。

スポンサーリンク

【地域別】8月の釣りで釣れる魚をご紹介!

出典:写真AC

8月に釣ることのできる魚を地域別に紹介していきます。

【北海道】8月の釣りで釣れる魚

釧路、室蘭、紋別、稚内、道東、道南、函館、小樽では釣れる魚はあまり変わりません。

北海道の根魚と言えばアイナメであり北海道で釣りを行う際には釣り上げたい魚です。

また、北海道ではアジではなくサバが多く生息しており、容易に釣り上げることができます。

【東北】8月の釣りで釣れる魚

宮城県の仙台、陸奥湾、八戸、小名浜の太平洋側ではではアイナメやカレイ、ヒラメ、サバを釣ることが可能です。

日本海側の山形ではアオリイカを釣ることが可能です。

【関東】8月の釣りで釣れる魚

関東で有名な釣り場は千葉もしくは神奈川です。
千葉なら千葉港、木更津や房総半島周辺で盛んに釣りが行われています。
神奈川では江ノ島、相模湾、茅ヶ崎、湘南、葉山で釣ることが可能です。

釣れる魚はマゴチ、ヒラメ、スズキ(シーバス)、イナダがメインです。

八丈島はショアジギングでわざわざ足を延ばす人も多く、青物を狙うのであれば八丈島がおすすめです。

【中部】8月の釣りで釣れる魚

新潟県、福井県方面と名古屋方面で釣れる魚が異なります。

福井県の方面である舞鶴、敦賀新港、能登半島ではアオリイカ、太刀魚、イシモチを釣り上げることが可能です。

新潟では佐渡島まで行き、ショアジギングを行っている方が多くいます。

一方で愛知方面では知多半島、日間賀島、熱海港でクロダイやアジをメインに釣ることが可能です。
愛知方面では青物のショアジギングも盛んに行われています。

また静岡の有名な釣りの地域は沼津、焼津、東伊豆、銚子です。

【関西】8月の釣りで釣れる魚

関西では若狭湾で釣りを行う方が多いでしょう。
若狭海浜公園がおすすめです。

アオリイカがメインでショアジギングで青物も狙うことが可能です。

三重、和歌山でも釣りを行うことが可能です。
和歌山では昼のショアジギングがメインであり、シイラ、サゴシ、ソウダガツオ、ワラサを釣り上げることができます。
三重県では津市の周辺や四日市港でアジや根魚を狙うことができます。

兵庫県の淡路ではタコ釣りも盛んです。

【中国】8月の釣りで釣れる魚

中国地方と言えば瀬戸内海です。
山口、岡山、広島の呉、福山で釣りが盛んです。

瀬戸内海での釣りは、サビキで狙うことが一般的です。
アジや根魚を狙うことができます。

ショアジギングはあまり盛んではありません。
波が穏やかなため、適していないかもしれません。

島根と鳥取の中海は、汽水域という環境であるため、テナガエビや多様な生物が生息しています。

【四国】8月の釣りで釣れる魚

四国は主に高知県でショアジギングが盛んに行われています。

四国ではイカ釣りも有名であり、夜中でも多様な種類のターゲットを狙うことができます。
愛媛でも釣りを行うことが可能ですが、アジやクロダイがほとんどです。
高松や松山あたりは交通の便もよく比較的に車で行きやすいです。

【九州・沖縄】8月の釣りで釣れる魚

福岡の北九州が特に釣りで有名であり、アジやシーバス、ヒラメを釣ることが可能です。

宮崎や熊本、長崎ではショアジギングが盛んに行われています。

スポンサーリンク

8月に釣れる魚についてまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「8月の堤防釣りで釣れる魚まとめ!難易度別におすすめの釣り方や注意点も解説!」というテーマに沿って、「8月は釣りシーズン真っ盛り!釣れる魚種が多い!」「8月の釣りで注意すべき点3つ!」「8月の堤防釣りで釣れる魚&おすすめの釣り方は?」「【地域別】8月の釣りで釣れる魚をご紹介!」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

9月は海水の温度が高く釣り向きのシーズン!釣れる魚や釣り方、注意点を紹介!
9月は少しずつ暑さが落ち着き、外で活動しやすい時期です。しかも、実は9月は水温が高く、深場から魚が上がってくる釣り向きの…
7月は釣りが楽しい季節!おすすめのターゲットは?釣れる魚・釣り方を紹介!
7月は、夏の始まり。暑くなりはじめるこの時期、長時間の釣りは避けたいものです。けれど、7月は釣れる魚の種類が多く、初心者…
3月の堤防釣りで釣れる魚は?釣り方・難易度・地方別の魚種も詳しく紹介!
3月は暦の上では春ですが、釣りのシーズンとしては厳寒期なので釣れる魚は少なめ。ただ、釣り人が少ないなどのメリットもあるの…
【大物釣り】11月に釣れる魚まとめ!難易度別に釣り方も詳しく解説!
冬に近づくにつれて釣り人は少なくなっていきますが、11月はまだまだ釣りをするにはいい季節!大物がヒットする可能性が十分あ…
12月の堤防釣りで釣れる魚は?釣り方や難易度もわかりやすく解説!
12月でも釣りを楽しみたいという釣り人必見。冬でも釣れる魚はたくさんいます。そこで今回、釣りラボでは、12月の堤防からの…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン