筏(イカダ)釣りとは?釣り方やおすすめの仕掛け・タックル・持ち物をご紹介

海上のイカダやカセ(小舟)から釣りを楽しむイカダ釣りは、釣り女子や釣り初心者にも人気のある海釣りの一つです。今回、釣りラボでは、そんなイカダ釣りについて、イカダ釣りのスポットやコツ、おすすめの仕掛け・持ち物などについて解説していきます。

釣り餌
スポンサーリンク

筏(イカダ)釣りとは?

イカダ釣り

出典:写真AC

イカダ釣りとは、海上に木材を組み設置された筏から魚を釣る漁法のことを指します。
筏はだいたい10名ほどが乗れる広さになっており、その上を自由に動き回ることができます。
とくに関西で盛んに行われていますが、関東や全国各地でも楽しむことができる漁法です。

イカダ釣りは料金も比較的リーズナブルで、釣り堀とはまた違う趣が味わえるため人気が高まってきています。
筏の上という限られたスペースで釣りを楽しむため、仲間たちだけで筏を貸切りのんびりと過ごすこともできます。
また、1人で本を読みながらゆっくりするなんていうのもアリですよ!

筏(イカダ)釣りで釣れる魚

イカダ釣りで釣れる魚として最もメジャーなのは、クロダイです。
クロダイはチヌとも呼ばれ、刺身や塩焼きでおいしく食べることができる魚です。

その他には、真鯛やアオリイカ、高級魚として知られているクエやヒラメなども釣れることがあります。
時期によって釣れる魚が異なるので、それぞれの季節で違った楽しみ方ができるのもイカダ釣りの魅力ですね!

筏(イカダ)釣りができるスポット・釣り場

イカダ釣りは北海道から沖縄まで様々な場所で行うことができますが、とくに盛んなのは関西です。
関西のイカダ釣りの名所としてあげられるスポットは、兵庫県の淡路島や三重県の古和浦、和歌山県の南紀白浜などがあります。

また、関西と比べ釣り場が少ない関東ですが、千葉県の房総半島や神奈川県の三浦半島は有名な釣り場です。

その他には、福井県や徳島県にも釣り場が多くあります。

筏(イカダ)釣りでのマナー・注意点

イカダ釣りではひとつの筏の上で複数人が釣りを行うので、騒いだり走り回ったりするのはもちろん厳禁。
チヌはとても敏感な魚なので、筏が激しく揺れると逃げていってしまいます。
他の人の迷惑にならないよう、静かに釣りを楽しみましょう。

また、イカダ釣りの釣り場にあるトイレはとても簡易的なものが多いため、女性やお子様がいる場合はきちんとした設備がある場所を選ぶのがおすすめです。
事前にネットで釣り場情報を調べておきましょう。

服装に関しては必ずライフジャケットを着用し、万が一に備えておくのが安心です。
急に大きな波が来る可能性もあるので、油断は禁物です。

スポンサーリンク

筏(イカダ)釣りのやり方・コツ

イカダ釣り

出典:写真AC

イカダ釣りにおいて重要視されているのが「ダンゴ」。
ダンゴとは、小さく丸めたボール状の餌のことを指します。
イカダ釣りはまずこのダンゴを足元に投げ入れ、魚を集めるところから始まります。

ダンゴは自作する人もいますし、簡単に作れる材料も販売しています。
慣れてきたら手作りしてみるのも楽しいですね。

また、イカダ釣りのコツとしては「やみくもに合わせない」ということ。
アタリを感じた時は竿先を少し送り込み、ラインを緩めて待ちましょう。
そしてググッと強いアタリを感じたら竿を水平に引き上げ、ゆっくりとリールを巻きます。

スポンサーリンク

イカダ釣りにおすすめの道具(タックル)・仕掛け

イカダ釣り

出典:写真AC

イカダ釣りの際に使用されるのは、かかり釣りという釣り方のタックルです。
イカダ釣りでは餌を遠くまで投げる必要がないので、投げ釣りではなくかかり釣りという釣り方が向いています。
かかり釣りのタックルはとてもシンプルな構造なので、初めての人でも準備しやすいのも嬉しいポイントです。

イカダ釣りにおすすめのロッド・釣り竿

言わずと知れたロッドの人気メーカーであるシマノ。
こちらのロッドは初心者にも使いやすく、価格もとてもリーズナブルです。

視認性が高く、アタリが来たときの感度も抜群なグラスソリッドを採用しています。
上向きでも下向きでもリールをしっかりと固定し、手へのフィット感も文句なしです。

イカダ釣りにおすすめのリール

イカダ釣りでは仕掛けを遠くに飛ばす必要がないため、リールはシンプルなもので十分です。
こちらのリールは軽量で初心者でも扱いやすいため、筏釣りの入門モデルとしておすすめ。

ダンゴや砂がリール内に進入しない構造になっており、安価ながら耐久性にも優れています。

イカダ釣りにおすすめのライン

かかり釣りに使用されるラインは1.5号~2号のものが主流。
こちらのラインは1.7号で、その名の通り筏でのチヌ釣りに特化している商品です。

素材はフロロカーボンを使用し、強い引き込みにも負けないパワフルな糸に仕上がっています。
また、二重構造技術とFNT製法の融合により、メーカー独自の強度抜群なラインを作り出しています。

イカダ釣りにおすすめのオモリ

海の中で餌がふわふわしてしまうのを防ぐため使用されるオモリ。
イカダ釣りでは潮の流れを読みながらオモリを調整する必要があるため、簡単に調整ができるものを選びましょう。

こちらのオモリは様々なサイズがあり、使い勝手も好評価されています。
ケースも付いているので、持ち運びも便利ですね!

イカダ釣りにおすすめの針(ハリ)

イカダ釣りで主に使用されるのは、かかり釣り専用の針です。

こちらの針には先打ち加工が施されており、強靭な針先を実現しています。
また、かかり釣り特有のタテの合わせに対応するための設計になっているため、いざという時に頼りになる商品となっています。

イカダ釣りにおすすめのルアー

イカダ釣りでは付け餌とダンゴを使用する釣り方がメジャーですが、ルアーでも魚を狙うことができます。
シーバスなどを狙う際は、ルアーが使われることが多いです。

ルアーは魚の餌であるベイトの大きさに合わせたものを選びましょう。
こちらのルアーのように5cm~8cm程度のものがおすすめです。PAGE_BREAK: PageBreak

その他イカダ釣りにおすすめの道具・持ち物

その他イカダ釣りで使えるおすすめのタックルは、こちらの釣り専用のクッション。
筏釣りの最中は長時間同じ姿勢で座っているため、腰に負担がかかります。
こちらのクッションはそれを軽減してくれ、快適な筏釣りを応援してくれるのです。

また、あると便利な持ち物としては、クーラーボックス・氷・釣竿を立てるための三脚・長靴などがあげられます。
中古販売のサイトなどをチェックしてみるのもおすすめですよ!

繰り返しイカダ釣りを行うことで、自分にとって必要なものを徐々に分かっていくことが大切です。

イカダ釣りにおすすめの撒き餌(エサ)

こちらはイカダ釣りの撒き餌として使用される商品です。
リーズナブルなだけでなく、浅い場所でも深い場所でも問題なく使うことができます。

水の分量を変えてみたり、他の餌と混ぜてみたりして試行錯誤するのも楽しいですね!

スポンサーリンク

筏(イカダ)釣りの始め方まとめ

イカダ釣り

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「筏(イカダ)釣りとは?釣り方やおすすめの仕掛け・タックル・持ち物をご紹介」というテーマに沿って、「筏(イカダ)釣りとは?」「筏(イカダ)釣りのやり方・コツ」「イカダ釣りにおすすめの道具(タックル)・仕掛け」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!付け方や自作方法、代用餌までご紹介
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り餌…
チヌ(クロダイ)の釣り方・コツを徹底解説!おすすめの仕掛け・餌・タックルもご紹介
様々な料理に利用でき、釣りの対象魚としても人気のあるクロダイ(チヌ)。今回、釣りラボでは、クロダイ・チヌ釣りについて、初…
【2020年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
【2020年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン