アジングワームおすすめ12選【色・サイズ】|選び方・付け方もご紹介

アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース、その他アジングに必要な仕掛け、おすすめのライン12選(種類別・初心者〜上級者向け)をご紹介。ぜひご覧ください。

アジング ワーム
スポンサーリンク

アジングワーム(ソフトルアー)とは?

アジング

出典:写真AC

アジを釣るのにぴったりのミミズやザリガニ、小魚に似せて作られた柔らかいルアーをアジングワーム(ソフトルアー)と呼びます。
ジグヘッドとの組み合わせが、アジングでは鉄板になっています。

>>>こちらの記事も読まれています
アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!

アジングワームの選び方

アジをたくさん釣るためには、どのようなアジングワームを選んだらいいのでしょうか?
色々なポイントから見ていきましょう。

ワームのサイズ

ワームのサイズは、どのくらいだと良いのでしょうか?

アジは、アジングワームを吸い込んで捕食するので、細いサイズのタイプがおすすめです。

アジングワームの長さは、長い(3インチ程度)と、海の中でしっかり動き、アジを惹きつけることができるので、釣れやすくなります。
しかし、風が強いとその長さの分だけ空気抵抗を受けてしまい、狙ったところに入らなくなります。

逆に、アジングワームの長さが短い(1.5インチ程度)と、水や空気の影響を受けにくくなり、狙ったところに入れやすいです。

長いアジングワームと短いアジングワームにはどちらも違ったメリットがあるので、使い分けるといいかもしれませんね。

ワームの色

一般的に、ワームの色には、

  • 透明
  • マット(透けていないもの)
  • チャート
  • グロー(発光するもの)

などがありますが、使いやすいのは透明や黒のアジングワームです。

アジングワームの付け方

アジングワームの付け方をご紹介します。

まず、針の先を外に出す場所を確認します。
次にアジングワームの中心に針先を入れ、針を動かさずにアジングワームを押し込んでいきます。

そして、あらかじめ確認していた場所から針を外に出します。
そのまま、アジングワームがジグヘッドにつくまで押し込みます。

最後に、針に対してアジングワームがまっすぐつけば完成です!

収納ケースの選び方

アジングワームの収納ケースですが、持ち歩きやすく、分けて収納しやすいものを選ぶようにしましょう。
おすすめの商品を2つ紹介しておきます。

【メイホウ】ライトゲームケースJ

【TICT】スタメンケース

ワームを自作することはできる?

結論から言うと、ワームは自作することが可能です。

ワームは、基本的に合成樹脂やラバーでできています。

ワームを自作するとき、材料となるシリコンラバーやゴム板などはネットや手芸品店、漁具店などでも買うことができます。
シリコンラバーだと柔らかめのゴム板の固めのものができます。

アジングに必要なそのほかの仕掛け・タックル

アジングにはワームのほかにどんな仕掛けやタックルが必要なのでしょうか?
見ていきましょう。

>>>こちらの記事も読まれています
アジングにおすすめのコスパ最強タックルと選び方|ロッド・リール・ライン

ジグヘッド・キャロ・メタルジグ

ジグヘッドは、おもりに針・フックがついたものです。
重さの種類や形の種類がたくさんあるので、ジグヘッドは釣り方に合わせて選びましょう。

キャロ(キャロライナリグ)を使えば、ジグヘッド単体の場合には届かないような沖に沈めることができます。

メタルジグは、鉛などの金属で作られたルアーのことです。
金属のメタルジグを使えばキャロを使った時よりも沖に届かせやすくなります。
小魚を食べるような大きいアジを釣ることもできます。

アジングライン

ラインとは釣り糸のことで、アジングの際はナイロンラインが使いやすいとされています。

>>>こちらの記事も読まれています
アジングラインの選び方|おすすめ8選・PE・フロロ・ナイロン・エステル

アジングリーダー

リーダーは、メインラインとルアーの間をつなぐためラインのことです。
アジングリーダーを使うことで、メインラインがこすれて切れてしまうのを防ぐことができます。

>>>こちらの記事も読まれています
【初心者必見】アジングの仕掛けについて|種類・選び方・作り方を徹底解説

スポンサーリンク

おすすめアジングワーム人気ランキング12選

アジング

出典:写真AC

おすすめのアジングワームを、種類ごとにご紹介します。

味付き

味付きのアジングワームは、アジが好む匂いがついているので、ほかのものに比べて釣りやすいです。

【エコギア】熟成アクア 活アジストレート

【バークレイ】ガルプ! サンドワーム イソメタイプ太身

ストレート

ストレートのワームはアジングワームの中でもスタンダードな形です。

とても安定しており、その長さを調節しながら釣りを行います。

【ダイワ】月下美人 美尾ビーム

【ハヤブサ】アジクルー ニードルストレート UVプラネタリウム

ピンテール

ピンテールとは、頭にボリュームがあり、しっぽが細い形のワームのことです。
流れに沿って、しっかりと動き魚をひきつけることができます。

【エコギア】アジ職人 アジマスト

【ダイワ】アジング 月下美人 ビームスティック

シャッドテール

尻尾にひれがついているので、水中でひらひらと動き魚を引きつけます。

【エコギア】ワーム グラスミノー

【メジャークラフト】ワーム パラワーム-SHAD

その他変わったタイプ

少し変わったタイプのワームをご紹介します。

【レイン】アジリンガー 夜な夜なオキアミ

こちらのワームは、アジが一口で食べることができるサイズ。
逆テーパー形状ピンテールの波動によってアジを誘います。

【レイン】アジリンガー Pro アジキングシルバー

こちらのワームは、アジの口の中で折れ曲がり、しっかり引っかかります。
また、大きいアジも狙えます。

アジングワームセット【初心者向け】

釣り初心者の方は、アジングワームセットを買うのもいいでしょう。

【Levistone】アジング ワーム エビ風味付き

【シェアーズ】SOLFIESTA CHALLENGER

スポンサーリンク

アジングワームまとめ

アジング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「アジングワームおすすめ12選【色・サイズ】|選び方・付け方もご紹介」というテーマに沿って、「アジングワーム(ソフトルアー)とは?」「おすすめアジングワーム人気ランキング12選」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

アジ釣りの始め方|おすすめの釣り方4選・道具・餌・時期【初心者必見】
アジは、釣りの対象としてとても人気の魚です。今回、釣りラボでは、そんなアジの釣り方について、代表的なおすすめの釣り方(サ…
アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!
初心者でも比較的始めやすく、人気の高いアジング。今回、釣りラボでは、アジングの魅力や釣り方アクションを紹介した上で、ア…
アジングラインの選び方|おすすめ8選・PE・フロロ・ナイロン・エステル
アジングをする際に活躍するアジングライン。今回、釣りラボでは、アジングラインの特徴、種類、選び方、リーダーとの結び方、初…
釣り針の名称・種類・選び方|おすすめの釣り針5選や自作方法も紹介!
釣り人には必要不可欠なアイテムである釣り針。釣りを始めるなら釣り針に関する基礎知識はぜひ押さえておきたいところです。今回…
【釣り餌の王道】イソメの基礎知識|保存方法・付け方・飼育・値段
イソメは釣り餌の代名詞として知られるほど有名です。今回、釣りラボでは、そんなイソメについて、イソメの種類や違い、購入方法…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン