【2020年】アジングワームおすすめ14選!色やサイズの選び方、付け方もご紹介

アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース、その他アジングに必要な仕掛け、おすすめのライン12選(種類別・初心者〜上級者向け)、2020年の新作2つをご紹介。ぜひご覧ください。

アジング ワーム
スポンサーリンク

アジングワーム(ソフトルアー)とは?

アジング

出典:写真AC

アジを釣るのにぴったりのミミズやザリガニ、小魚に似せて作られた柔らかいルアーをアジングワーム(ソフトルアー)と呼びます。
ジグヘッドとの組み合わせが、アジングでは鉄板になっています。

アジングワームの選び方

アジをたくさん釣るためには、どのようなアジングワームを選んだらいいのでしょうか?
色々なポイントから見ていきましょう。

アジングワームのサイズ

アジングワームのサイズは、どのくらいだと良いのでしょうか?

アジは、アジングワームを吸い込んで捕食するので、細いサイズのタイプがおすすめです。

アジングワームの長さは、長い(3インチ程度)と、海の中でしっかり動き、アジを惹きつけることができるので、釣れやすくなります。
しかし、風が強いとその長さの分だけ空気抵抗を受けてしまい、狙ったところに入らなくなります。

逆に、アジングワームの長さが短い(1.5インチ程度)と、水や空気の影響を受けにくくなり、狙ったところに入れやすいです。

長いアジングワームと短いアジングワームにはどちらも違ったメリットがあるので、使い分けるといいかもしれませんね。

アジングワームの色

一般的に、ワームの色には、

  • 透明
  • マット(透けていないもの)
  • チャート
  • グロー(発光するもの)

などがありますが、使いやすいのは透明や黒のアジングワームです。

アジングワームの付け方

アジングワームの付け方をご紹介します。

まず、針の先を外に出す場所を確認します。
次にアジングワームの中心に針先を入れ、針を動かさずにアジングワームを押し込んでいきます。

そして、あらかじめ確認していた場所から針を外に出します。
そのまま、アジングワームがジグヘッドにつくまで押し込みます。

最後に、針に対してアジングワームがまっすぐつけば完成です!

収納ケースの選び方

アジングワームの収納ケースですが、持ち歩きやすく、分けて収納しやすいものを選ぶようにしましょう。
おすすめの商品を2つ紹介しておきます。

【メイホウ】ライトゲームケースJ

【TICT】スタメンケース

ワームを自作することはできる?

結論から言うと、ワームは自作することが可能です。

ワームは、基本的に合成樹脂やラバーでできています。
ワームを自作するとき、材料となるシリコンラバーやゴム板などはネットや手芸品店、漁具店などでも買うことができます。

シリコンラバーだと柔らかめのゴム板の固めのものができます。

スポンサーリンク

おすすめアジングワーム人気ランキング12選

アジング

出典:写真AC

おすすめのアジングワームを、種類ごとにご紹介します。

味付きのアジングワーム

味付きのアジングワームは、アジが好む匂いがついているので、ほかのものに比べて釣りやすいです。

【エコギア】熟成アクア 活アジストレート

エコギアとは、釣り餌のトップメーカー「マルキュー」のルアー事業部「Well-F」が2013年に発足させたルアーブランドです。
リアルな餌よりリアルなワームを目指して開発されたアジング用ワームで、巷では「生餌以上にエサらしい」と言われるほどの製品が多いのが特徴です。

「熟成アクア 活アジストレート」は、生分解性ゴムを特殊な酵素と反応させ、熟成させるというセンセーショナルな製法で、2017年に発売され、アジの反応が段違いだと大きな話題になった商品です。

2.3インチ、3.2インチの2サイズ、各9色のバリエーションがあります。
2.3インチ品には、2020年、大盛りタイプが追加されました(10本入り→18本入り)。

【バークレイ】ガルプ! サンドワーム イソメタイプ太身

バークレイのガルプは、その強烈な臭いで魚にアピールするスタイルで人気を博しているワームです。
臭い成分の拡散性が高い生分解性ポリマーに、強烈な臭いを放つ集魚液を吸わせ、生餌同等以上の釣果を叩き出すベストセラーワームです。

ルアーアクション等は不要で、自然に潮の流れに乗せるだけで生きているイソメのような動きをします。
マルキュー・パワーイソメと双璧を成す人工ワームです。

アジングのみならず、ロックフィッシュゲーム、ウキフカセの対象魚など、ほぼすべての魚に効きます。

ストレートのアジングワーム

ストレートのワームはアジングワームの中でもスタンダードな形です。
とても安定しており、その長さを調節しながら釣りを行います。

【ダイワ】月下美人 美尾ビーム

ダイワの月下美人・美尾(ビビ)ビームは、太めの短いボディのテール部に極薄0.6mmの扁平テールがついたマイクロワームです。
ボディの中にはマイクロカプセルに入ったイカの内蔵やエビなどの成分が濃縮された集魚剤が詰められており、水中で拡散します。

テールが縦向きになるよう針に刺せばフォールスピードが速くなり、横向きになるよう針に刺せば遅くなります。

【ハヤブサ】アジクルー ニードルストレート UVプラネタリウム

非常に細くて長いピンテールが水中でひらひらと動き、アジの食い気を誘います。
触手型のレッグが水流を受け、リトリーブのたびに波紋を起こし、ワームに自然な生命感を与えます。

また、紫外線に反応して、水中では青白く光り、さらにエビの濃縮エキスが集魚効果を高め、アジのバイトをアシストします。
また、長いピンテールの根元はボール形状になっており、通常のテールよりも可動域が大きく、通常のピンテールよりも広く揺れを起こします。

ピンテールのアジングワーム

ピンテールとは、頭にボリュームがあり、しっぽが細い形のワームのことです。
流れに沿って、しっかりと動き魚をひきつけることができます。

【エコギア】アジ職人 アジマスト

アジングするならマストと豪語する、エコギア・アジ職人 アジマストは、ボディをわずかに扁平させることで、左右にひらひらと揺れながら落ちて行くスライドフォールの動きがアジに効きます。
1.6インチ、2インチ、2.4インチの3サイズで、各サイズ15色ものラインアップがありますので、その日のコンディションによって数パターンを使い分けましょう。

ただ巻きでも十分釣れますが、このワームが真価を発揮するのはリフトアンドフォールです。
大きくリフトしたあと、静かにフォールさせるとガツンとアタってきます。

【ダイワ】月下美人 ビームスティック

基本的にただ巻きでOKの、スタンダードなワームで、細かいアクションを必要としない、初心者にも非常に使いやすいワームでです。
特殊な素材によるピンテールの動きと水流が高めのアピールをしてくれます。

「柔らかくて硬い」という不思議な特性から、フックを刺す際にはコツがいりますが、慣れてしまえば、ソフトルアーをフックに対してまっすぐ刺せるなど、メリットもあります。

釣り場で最初に投げるサーチワーム的な使い方が向いています。
1.5インチと2.2インチの2サイズ、各サイズ17色の豊富なラインアップを取り揃えています。

シャッドテールのアジングワーム

尻尾にひれがついているので、水中でひらひらと動き魚を引きつけます。

【エコギア】グラスミノー

グラスミノーを知らないルアーニストはいないと言っても過言ではないでしょう。
発売から20年以上経つ商品ですが、現在でもシャッドテール系ソフトルアーの定番ブランドとして、絶大な人気と釣果を誇っています。
アジングのみならず、メバリング、チニング、フラットフィッシュ(マゴチ、ヒラメ)にも使われる、万能ソフトルアーです。

基本的に魚種を選ばない万能ルアーではありますが、アジングに使う際は、一番小さなSSサイズ(28mm)を使うことをおすすめいたします。

アジの他にメバルやカマスなども同時に狙いたい場合はSサイズ(42mm)が良いでしょう。

【メジャークラフト】パラワーム-SHAD

メジャークラフトのパラワームも、ソフトルアーの先駆けともいうべきロングセラー商品です。
その中でも、「シャッドテール」は、同社ブランドの大ブレイクにつながった商品です。

パラワーム-SHADは派手なアクションをするタイプではありませんが、レンジキープがしやすく、シャッドテールの先端がバイブレーションのように左右にせわしなく動き、魚の食い気を誘います。

ボディ背面には、フックが刺しやすいように溝加工が施されています。
1.5インチ、2.3インチ、3インチ、3.5インチのサイズバリエーションがありますが、アジングに使うなら1.5インチで決まりです。

その他変わったタイプのアジングワーム

少し変わったタイプのワームをご紹介します。

【レイン】アジリンガー 夜な夜なオキアミ

アジが一口で食べることができるほど、非常にシルエットが小さいサイズのアジング用ワームです。
やや太めのボディは、2〜3g程度のジグヘッドにピッタリとフィットし、歪みなく取り付けることができます。

カラーリングは数十種類ありますが、この夜な夜なオキアミは、特にアジの反応がイマイチの時に効きます。

ラメ入りの半透明ボディは夜の常夜灯周りで妖しくキラキラひかり、ボディが起こす波動と相まってアジの興味をそそります。
「夜な夜なオキアミ」の名前の通り、ナイトアジングに向いているワームです。

逆テーパー形状ピンテールの波動によってアジを誘います。

【レイン】アジリンガー Pro アジキングシルバー

柔らかさ、フックに刺した際の形状安定性、魚のバイトによる劣化に対する耐性など、トータルバランスが非常に良いアジング用ワームです。

スーパーソフトマテリアルを採用しているため、アジがバイトする際はテールがアジの口の中で折れ曲がるためフッキングの障害になりません。
自由に切って長さをチューニングすることで、フォール姿勢やフォールスピードを変えることもできます。

ノレソレ(アナゴの稚魚)が発生しているパターンの時に大変効果のある、ロングスリムタイプのワームです。
大きいアジや、バチ抜け時のシーバスにも効果覿面です。

アジングワームセット【初心者向け】

釣り初心者の方は、アジングワームセットを買うのもいいでしょう。

【Levistone】エビ風味付き

5色各10本ずつ計50本がケースに入ったお得なワームセットです。
長さ38mm、重量0.35gの小型ワームです。
2g程度のジグヘッドに挿して、ゆっくり巻きながら小さくトゥイッチを入れるようにして、フォールで食わせます。

また、エビの濃縮エキスが含浸されており、匂いでもアジを引き寄せます。
スレたアジにも見切られない、リアルベイトのような動きと臭いでアピールしてくれます。

【シェアーズ】SOLFIESTA CHALLENGER

初心者に特におすすめなのがこのセットです。
スーパーライトゲーム用のワームが9種類と、ジグヘッドが4個ついている激安セットです。
アジングにもメバリングにも使えるでしょう。

安いので、ロストを恐れず、果敢に攻めることができますね。
カラーローテーションの構築や、キャスト及びキャスト後のアクションの練習に最適です。

もちろん、安いからと言って釣れないということは全くありません。
ワームはこれだけでも足りますが、ジグヘッドは追加でたくさん持ち込みましょう。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめアジングワーム2選

アジ

出典:写真AC

続いて、2020年の新作アジングワームを2つご紹介します。

【レインズ】チビアジアダー

とても良く釣れると人気のあるアジアダーのミニサイズの新商品で1.5インチのミニサイズながらメバリング用にも使用できます。

10種類の色がありUVカラーやグロー等もあり、バリエーションも豊富で、細かい凹凸が海水と絡んで細かいアクションを表現します。

ベイトが小さい場合や魚が神経質になっているハイプレッシャー時に特に力を発揮するワームになっています。

【フィッシュアロー】フラッシュJ シャッド 1インチ SW

小魚に良く似せたリアルな外観で人気のフィッシュアロー社のフラッシュJシリーズの新作でジャッドテール仕様になっています。

カラーは6色になっており、含まれているアルミが小魚のような反射でアジを誘い釣果を稼ぐことができます。

ボディは薄く、なめらかな動きとフッキングのしやすさが特徴で、シャッドテールは、軽いリトリーブでも大きなアクションを起こし、さらにフォール中にもシャッドテールがアクションを起こし、魚を誘います。

スポンサーリンク

アジングに必要なそのほかの仕掛け・タックル

出典:写真AC

アジングにはワームのほかにどんな仕掛けやタックルが必要なのでしょうか?
見ていきましょう。

ジグヘッド

ジグヘッドは、おもりに針・フックがついたものです。
重さの種類や形の種類がたくさんあるので、ジグヘッドは釣り方に合わせて選びましょう。

キャロ

キャロ(キャロライナリグ)を使えば、ジグヘッド単体の場合には届かないような沖に沈めることができます。

メタルジグ

メタルジグは、鉛などの金属で作られたルアーのことです。
金属のメタルジグを使えばキャロを使った時よりも沖に届かせやすくなります。
小魚を食べるような大きいアジを釣ることもできます。

アジングライン

ラインとは釣り糸のことで、アジングの際はナイロンラインが使いやすいとされています。

アジングリーダー

リーダーは、メインラインとルアーの間をつなぐためラインのことです。
アジングリーダーを使うことで、メインラインがこすれて切れてしまうのを防ぐことができます。

スポンサーリンク

アジングワームまとめ

アジング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】アジングワームおすすめ14選!色やサイズの選び方、付け方もご紹介」というテーマに沿って、「アジングワーム(ソフトルアー)とは?」「おすすめアジングワーム人気ランキング12選」「【2020年新作】おすすめアジングワーム2選」「アジングに必要なそのほかの仕掛け・タックル」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

アジの代表的な釣り方4つを徹底解説!おすすめの道具・仕掛け・餌・時期もご紹介
アジは、釣りの対象としてとても人気の魚です。今回、釣りラボでは、そんなアジの釣り方について、代表的なおすすめの釣り方(サ…
アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!
初心者でも比較的始めやすく、人気の高いアジング。今回、釣りラボでは、アジングの魅力や釣り方アクションを紹介した上で、アジ…
【2020年】アジングラインおすすめ10選とその選び方|PE・フロロ・ナイロン・エステル
アジングをする際に活躍するアジングライン。今回、釣りラボでは、アジングラインの特徴、種類、選び方、リーダーとの結び方、初…
【2020年】おすすめアジングロッド12選!コスパ最強の商品からハイエンドまで
アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方…
【2020年】おすすめのアジングリール12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
アジングをする際に活躍するアジングリール。今回、釣りラボでは、アジングリールの選び方(番手・種類・ギア比)、人気メーカー…