出世魚の由来と代表的な魚の一覧を紹介!|ブリ・スズキ・マグロ・カンパチ

稚魚から成魚へ成長するにあたり、名前・名称が変わる魚のことを出世魚といいます。今回、釣りラボでは、出世魚の由来や出世魚として知られている代表的な魚について解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

シーバス
スポンサーリンク

出世魚とは?その意味は?

出世魚

出典:写真AC

出世魚とは、成長にともなって名前が変わっていく魚のことです。
成長と共に名前が変わっていく様が、武士が出世する際に名前を改名する慣習に似ていたことから、江戸時代頃から出世魚と呼ばれるようになりました。

よく知られている出世魚にブリやスズキなどがあり、稚魚から成魚になるまで少なくとも3つ以上の名前を持っています。

ここでは、出世魚が名前を変えていく理由や、代表的な出世魚についてご紹介します。

なぜ出世魚は名前が変わるの?

出世魚は、成長していく過程で生息海域や漁の方法、そしても見た目も味も大きく異なります。

漁師や料理人にとっては、同じ種類の魚でも、成長過程によって異なる名前で呼んでわかりやすくするためというのが、出世魚が名前が変わる理由のひとつです。

また、「出世」という言葉の通り「名前が変わるごとにおいしくなる」のも出世魚の特徴のひとつ。
名前がおいしさの段階を表現する手段にもなっています。

出世魚は英語でなんと表現する?

英語では、出世魚と同じ意味を持つ言葉は存在しません。
ブリはどの成長過程でも「Yellow tail」と呼ばれ、大きさによって「big」や「small」などが付け加えられます。

出世魚という言葉は、先ほど紹介したように、武士が元服や昇進のたびに名前を変える習わしが起源とされており、日本特有のものであるからだと考えられます。
また、同じ魚を成長過程ごとに区別して味の違いを楽しむというのも、日本ならではの文化と言えそうです。

スポンサーリンク

代表的な出世魚の一覧と名前の順番

出世魚

出典:写真AC

よく見るおなじみの魚でも、どんな名前を経てきた出世魚なのかを知る機会は少ないものです。

ここでは、代表的な出世魚について、成長過程ごとの名前を順番にご紹介します。

ブリ

出世魚といえばまず最初に挙げられるのが、ブリ(鰤)です。

寒ブリと呼ばれるようにブリの旬は冬ですが、釣り人にとっては夏から秋にかけてのイナダやワラサの時期が馴染み深いのではないでしょうか?

関東:モジャコ(稚魚)→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35~60cm)→ワラサ(60~80cm)→ブリ(80cm以上)

関西:ツバス(~15cm以下)→ハマチ(15~40cm)→メジロ(40~60cm)→ブリ(60cm以上)

>>>こちらの記事も読まれています
【出世魚イナダの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!

スズキ

スズキは北海道南部から九州まで日本列島沿岸に生息する回遊魚で、淡白であっさりした白身はタイにも匹敵すると言われる人気の魚です。
ヨーロッパスズキの英名が「seabass」ということから、釣り人の間ではシーバスと呼ばれルアーフィッシングを中心に楽しまれています。

セイゴ(40cm以下)→フッコ(40~60cm)→スズキ(60cm以上)

関西ではフッコのことをハネと呼び、地域によって大きさの区分には若干の違いがあります。

>>>こちらの記事も読まれています
シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方

コハダ

コハダは日本の沿岸から汽水域にかけて生息する夏が旬の魚です。
アジやキスと同様に光り物と呼ばれ、寿司ネタとして人気の魚ですが、コハダの味で寿司職人の腕がわかると言われるほど、扱いが難しく繊細な味わいです。

シンコ(8cm以下)→コハダ(8~10cm)→ナカズミ(10~15cm)→コノシロ(15cm以上)

出世魚は名前が変わるごとに味が良くなりますが、コハダについては全く逆で、値段が高く最も好まれるのがシンコ、次いでコハダと、逆出世魚とも言えるのが特徴です。

ボラ

釣り人には外道としてあまり好かれないボラですが、ボラの卵巣は高級食材のカラスミとして珍重されるなど、出世魚と呼ぶにふさわしい魚です。
ボラの呼び名は、以下のように変化していきます。

オボコ(18㎝以下)→イナ(18~30cm)→ボラ(30~40cm)→トド(40cm以上)

トドのつまりの語源は、ボラの成魚のトドのことです。
出世魚が名前を変えて最後にトドになり、それ以上にはならないことから、「結局は」「最終的に」といった意味として使われるようになりました。

スポンサーリンク

出世魚と間違えられやすい魚たち

出世魚

出典:写真AC

ここでは、出世魚とよく間違えられる魚をご紹介します。
中には、成長に伴って名前を変えるにも関わらず、出世魚と呼ばれないものもあります。

マグロ

誰もが認める人気ナンバーワンの魚といえばマグロです。
このマグロも成長により名前を変える魚になります。

メジ(幼魚)→チュウボウ(10~60kg)→オオマグロ(60㎏以上)

ただ、成長により名前が変わるという意味ではマグロも出世魚ですが、江戸時代以前は価値が低い魚として避けられていたため、上記で紹介したサケ、うなぎ、サワラと同様に名前が変わっても縁起が良いとはされず、出世魚とは呼ばれませんでした。

カンパチ

カンパチはブリと見た目や味が似ていて混同されやすい魚ですが、顔を正面から見ると八の字に見えることが、最もわかりやすい判別方法です。
また、冬が旬のブリに対してカンパチは時期を問わず味が良く、さらには1年を通して釣りが可能なため釣り人にも人気の高級魚です。

カツオと同様に春に北上、冬に南下する回遊魚で、日本ではほとんどが刺身として食され、その美味しさは青物の中でも随一と言われています。

このカンパチも、上記で紹介した出世魚のように、成長すると以下のように共に名前を変えていきますが、マグロと同様の理由で出世魚とは呼ばれません。

ショッコ(35cm以下)→シオゴ(35~60cm)→アカハナ(60~80cm)→カンパチ(80cm以上)

ヒラマサ

ヒラマサは、出世魚であるブリや、成長と共に名前を変えるカンパチと見た目はよく似ていますが、成長しても名前を変えることはありません。

そのため、ヒラマサは出世魚ではありません。

>>>こちらの記事も読まれています
ヒラマサはブリと何が違う?|レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説

スポンサーリンク

出世魚についてまとめ

出世魚

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「出世魚の由来と代表的な魚の一覧を紹介!|カンパチ・ブリ・スズキ・マグロ」というテーマに沿って、「出世魚とは」「代表的な出世魚の一覧と名前の順番」「出世魚と間違えられやすい魚たち」といったことをご紹介してきました。

出世魚と呼ばれる魚は色々ありますが、詳しく見ていくと、それぞれの名前ごとに特徴を持っていることがわかります。
姿とともに味わいも変化しますので、それぞれの良さを比べてみてくださいね。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ヒラマサはブリと何が違う?|レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説
【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、ヒラマサの特徴、生態、ブリとの違い、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、…
【出世魚イナダの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!
【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、イナダの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレ…
太刀魚の刺身を美味しく食べる方法とは?|捌き方・皮の剥がし方・切り方
太刀魚の調理方法として、とても人気が高いのが刺身です。今回、釣りラボでは、太刀魚の刺身を最も美味しく食べる方法、捌き方、…
ユムシって食べられるの?その味や飼育方法、釣り餌としての使い方を解説!
【人気の釣り餌をご紹介】今回、釣りラボでは、ユムシの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、調理方法や食…
ダツは死亡事故例もある危険な魚!刺さるって本当?その生態や釣り方を紹介
【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、ダツの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、おすすめのレシピや…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

魚図鑑・料理
釣りラボマガジン