【出世魚イナダの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、イナダの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚図鑑・料理
スポンサーリンク

イナダとは?その特徴・生態をご紹介

イナダ

出典:写真AC

イナダとは、簡単に言うと成長途中のブリのことです。
ブリは地方や大きさによって呼び名が変わる出世魚のひとつなので混乱しやすいですが、イナダは中型のブリだと考えて問題ありません。
主に関東で使われる呼び名で、35センチから60センチ程度に成長したブリを指します。

ブリ(イナダ)はスズキ目アジ科ブリ属の海水魚で、季節のよって回遊する大型フィッシュイーターです。
水温が高くなる春頃に九州近辺で産卵期を迎え、稚魚は流れ藻に添って小型甲殻類を食べて成長していきます。
流れ藻に付くという生態から、稚魚は「藻雑魚(モジャコ)」と呼ばれます。

夏には10センチ程度に成長して藻から離れ、小魚を食べるようになります。
幼体となったブリは秋には外洋で回遊し始め、中層から低層に生息します。
ほぼ同じサイズに成長した個体同士で群をなすので、イナダの群れにブリが混じるようなことはありません。

イナダの呼び方

それでは、非常にややこしいイナダの呼び方について詳しく解説していきます。

漢字名

イナダは漢字では「鰍」と書きます。
イナダの旬である秋の字が入っており、覚えやすいですね。
また、成長したブリは「鰤」と書き、同じく旬である季節の師走を表しています。

成長すると名前が変わる出世魚

イナダはブリの成長途中の名前だと言うことはお伝えしました。
ブリは成長に伴って名前が変わる出世魚で、その分け方は地方によって分かれています。

関東では、モジャコ(稚魚)、ワカシ(35センチ以下)、イナダ(35〜60センチ)、ワラサ(60〜80センチ)、ブリ(80センチ以上)となります。

関西では、モジャコ(稚魚)、ワカナ、ツバス(40センチ以下)、ハマチ(40〜60センチ)、メジロ(60〜80センチ)、ブリ(80センチ以上)です。

北陸や南四国ではまた別の分類と名前がある上、昨今は関東で天然ものをイナダ、養殖をハマチと呼び分けることもあり、紛らわしさに輪がかかっています。

イナダと言われたら、中程度に成長したブリだと言う認識で十分です。
一般的にブリはイナダ程度の大きさから市場価値がつき、流通に乗るようになります。

英語・外国名

英語ではブリ同様「Amberjack」、あるいは「Japanese amberjack」と言います。
「Amberjack」はヒラマサやカンパチなどを含むブリ属の魚の総称です。

学名

学名もブリと同じ「Seriola quinqueradiata」です。
「Seriola」は「ブリ属」という意味です。

生息地

ブリ(イナダ)は沖縄を除く日本各地が生息地です。
季節によって回遊する習性があるので、冬から春にかけて南下し、春から夏にかけて北上します。
富山県の魚津水族館には富山湾大水槽という水槽トンネルがあり、イナダやワラサなどブリの成長過程を観察することができます。

値段・相場価格

値段や相場価格は、季節や漁獲高によって変動しますが、一般的にブリの成長につれて値段が高くなります。
同じ1キロ辺りの相場価格は、ブリよりもイナダが安いということです。
安い時期であれば、イナダは1キロ500円を切ることもあります。

スポンサーリンク

イナダを使った料理・食べ方

イナダ

出典:写真AC

イナダを使った料理や食べ方について紹介します。

どんな味がするの?

イナダは中型のブリなので、基本的にはブリと似た味です。
成長過程なのでブリほど脂がついておらず、比較的さっぱりとした青魚の旨味を楽しむことができます。

栄養素・カロリー

イナダには現代人に嬉しい栄養素が豊富に含まれています。
生活習慣病を予防したり記憶能力を向上させるEPA・DHAをはじめ、抗酸化作用を持つビタミンE、疲労回復効果のあるビタビンB1、アセトアルデヒドの分解を助けるナイアシンなど、その効果は様々です。

しかし、ブリよりはさっぱりしているとは言え、他の魚よりは脂を含んでおり100グラム辺り256キロカロリーとされているため、健康に良いからと言って摂取し過ぎないようにしましょう。

旬な時期・季節

イナダは通年で釣ることができるので、旬がないと言われることもあります。

しかし、鰍という漢字が示すように、「夏から秋にかけて」が旬で美味しく食べることができる季節です。
養殖の場合はこの限りではありません。

おすすめ人気のレシピ・調理方法

イナダは値段も安く調理法も豊富な魚です。
おすすめの食べ方やレシピを紹介しますので、イナダが手に入った時は是非作ってみてください。

以下に紹介する料理以外にも、なめろうや竜田揚げ、ムニエルやユッケ、ブリ大根ならぬイナダ大根もおすすめです。

刺身

手に入れたイナダが旬のものであれば、是非刺身で食べたいものです。
ブリよりもさっぱりと食べることができ、値段も安いので気兼ねがありません。
この記事の最終段落で、イナダの捌き方・切り方についての動画を紹介していますので、そちらで刺身の作り方を確認してください。

刺身でイナダを食べる場合、気を付けなければいけないのは寄生虫です。
寄生虫といえばサバやイカにつくアニサキスをイメージすることが多いですが、イナダにつくのはブリ糸状虫という寄生虫です。
食べてしまっても害はありませんが、見た目が良くないので見つけた場合はピンセットなどで取り除きましょう。

漬け丼

イナダの旨味と漬けだれが溶け合った漬け丼は、酢飯でも普通の白飯でも合います。
ネギやミョウガ、海苔や大葉などの薬味をたっぷり用意しましょう。

イナダの漬け丼♪ by *neige*
ひとりご飯の時によく作る丼物。特売のイナダで漬け丼を作ってみたら、美味しかったので覚書に。…

煮付け

イナダの煮付けは、醤油と砂糖、みりんでしっかりと味をつけご飯のお供にしましょう。
生姜を入れて臭みを消すのがポイントです。

ハマチの照り煮 by マロンへてん
飴色の煮汁が食欲をそそる、照り焼きみたいな煮付けです♪…

塩焼き

シンプルなイナダの塩焼きは、おかずにもおつまみにも最適です。
料理酒で蒸すように焼き、ふっくらと仕上げます。

はまちの塩焼き by erin_cook
タカラ「料理のための清酒」を使って蒸し焼きするので、身がフワフワになります。…

あら汁

あら汁は、イナダの出汁がたっぷり出るので味噌を控えめにしても十分美味しいです。
あらも捨てずに全て食べましょう。

極上☆イナダのアラ汁 by フシッチェ
魚の出汁がたまらなく美味っ! 野菜たっぷり召し上がれ♪ …

カルパッチョ

おしゃれな見た目のカルパッチョは、塩胡椒とレモンで洋風でも、醤油で和風にしても美味しい料理です。
トマトやベビーリーフ、レタスなども合わせてヘルシーに頂きましょう。

極上☆イナダのカルパッチョ by フシッチェ
上品な味わいのイナダ、 カルパッチョに最適です❤…

しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶは、イナダを刺身のように薄くスライスし、鍋に沸かした出汁で軽く火を通します。
薬味を巻いても、おろしポン酢でさっぱり食べても美味しいです。

週末漁師〜ブリしゃぶ〜イナダワラサでも by ブケブケキッチン
イナダ→ワラサ→ブリ!お刺身用をしゃぶしゃぶで♪良質な脂ののったお魚の上品な甘みがお口でふわ〜っ&おろしポン酢でさっぱり…

照り焼き

イナダの照り焼きは、ご飯のお供にもお弁当のおかずにも最適です。
ベーシックな照り焼きも安定の美味しさですが、バターを効かせても豆板醤でピリ辛に仕上げても、目先が変わっておすすめです。

フライパンで簡単!いなだの照り焼き by dentack
脂ののったいなだは照り焼きもうまい!…

イナダを楽しめる人気のお店・レストラン

魚を目玉にしている和食屋や小料理屋であれば、イナダを仕入れている可能性は高いです。
また、寿司屋で供されることもあります。
こちらの東京の人気寿司店ではイナダ丼が名物のようです。

京すし (京橋/寿司)
★★★☆☆3.71 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999…
スポンサーリンク

イナダにおすすめの釣り方・仕掛け

イナダ

出典:写真AC

イナダをターゲットにする場合、釣り船からのジギングでも堤防や磯からのキャスティングでも釣ることができます。
釣り方やタックルについて確認しておきましょう。

釣竿・ロッド

イナダを狙う場合、メタルジグやミノー、トップウォーターをおかっぱりや船からキャスティングするジギングか、カゴ釣りや泳がせ釣りなどの餌釣りを楽しむことができます。
どちらの場合も、遠投性のあるロッドが適しています。

【メジャークラフト】3代目 クロステージ CRX-1002LSJ

ショアジギングに最適な遠投性の高いロッドで、少し長めの10フィートです。
ロッドにパワーがあるので、イナダが食いついた後も余裕をもってやりとりができます。

リール

リールはスピニングリールを選びましょう。
ジギングの場合は4000~5000番、餌釣りの場合は3000〜4000番がおすすめです。

【シマノ】セドナ 4000XG

ジギングにも餌釣りにも最適な、コスパの良いスピニングリールです。
ギア比が高いので、スピーディな釣りが可能です。

ルアー・ワーム

イナダ釣りでは、ミノーやトップウォーター、メタルジグといったルアーを使います。
イナダは動くものに反応が良いので、アクションのさせやすさを重視しましょう。

【メジャークラフト】ジグパラ ショート

イナダのベイトに合わせ、ショートタイプがおすすめです。
距離も出る上、アピール力も高く、初心者でも釣果の出やすい定番のメタルジグです。

釣り餌

イナダの餌釣りは、遠投カゴ釣りか泳がせ釣りがポピュラーです。
カゴ釣りの場合はオキアミ、泳がせ釣りの場合はアジやイワシなどの小魚を釣り餌にします。

【マルキュー】アミ姫 600g

こちらはキャップで口を閉めることのできるチューブのオキアミです。
粒感の残ったオキアミが漂い、イナダを誘います。

スポンサーリンク

イナダの締め方・捌き方

イナダ

出典:写真AC

イナダの締め方、捌き方と切り方についての動画を紹介します。
イナダのウロコが小さいので、丁寧に取り除きましょう。

締め方

エラから血を抜き、脳締めを行うと旨味を損なわずに済みます。
こちらの動画は図解が非常に分かりやすいので、イナダに限らず一般的な血抜き・脳締めの参考にしてください。

わかりやすい血抜き&脳絞め

捌き方(さばき方)・切り方

エラと内臓を外したら、流水で綺麗に洗って開いていきましょう。
こちらの動画は、捌き方から刺身の切り方まで解説しています。
丁寧な説明もさることながら、アラや皮を捨てずに美味しく調理している点がとても魅力的です。

イナダのさばき方
スポンサーリンク

イナダの基本情報まとめ

イナダ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【出世魚イナダの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!」というテーマに沿って、「イナダとは?その特徴・生態をご紹介」「イナダを使った料理・食べ方」「イナダにおすすめの釣り方・仕掛け」「イナダの締め方・捌き方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ジギングとは?釣り方のコツ・おすすめのタックル(ロッド/リール/ジグ)を徹底解説!
ジギングは、ルアーの一種である「メタルジグ」を使用した釣り方のことで、非常に人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボで…
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!付け方や自作方法、代用餌までご紹介
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り餌…
【2020年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
【2020年】釣れるおすすめのメタルジグ7選!選び方・付け方・自作方法もご紹介
メタルジグは海釣りのルアーとして欠かすことのできないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、メタルジグの種類や選び方につ…
【2020年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

魚図鑑・料理
釣りラボマガジン