【2020年】おすすめアジングロッド12選!コスパ最強の商品からハイエンドまで

アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方、人気メーカー、おすすめロッド(初心者〜上級者)、2020年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。

ロッド・釣竿 アジング
スポンサーリンク

アジングロッドとは?

アジ

出典:写真AC

アジングロッドとは、アジをルアーで釣るアジングの際に使う釣竿のことです。

アジと言えばサビキ釣りというアングラーもいますが、手軽さとゲーム性の高さからルアー釣り(アジング)の人気も負けてはいません。
アジングは、小さく軽量なルアーをキャスティングし、アジの繊細なアタリを感じとる釣りなので、専用のアジングロッドは必須です。

各釣具メーカーは、様々な種類のアジングロッドを販売しています。
豊富な商品展開はありがたいことですが、選ぶ際に迷ってしまうのもまた事実です。

アジングロッドの特徴や選び方について、一緒に確認していきましょう。

アジングロッドで挑戦できる釣り

アジングロッドは、柔らかめで5〜7フィート程度の長さが一般的です。
加えて、重いルアーや仕掛けに耐えるように作られていません。
ターゲットも、引きの強い大物を狙うことはできません。

以上のことを踏まえて、アジングロッドで挑戦できる釣りを紹介します。

アジング

アジングは、当然アジングロッドで挑戦することができます。

アジングでは、ワームをジグヘッドに付けたものを、仕掛けとして使います。
夜の堤防や港で、常夜灯周辺に集まるアジを狙うのが一般的です。

エギング

エギと呼ばれる疑似餌を使ってイカを釣るエギングには、エギの重さに耐えられる硬さとエギをキャストするための長さが必要です。

アジングロッドでエギングを行う際は、極力軽いエギを選び、小さめのイカをターゲットにしましょう。

トラウト釣り

アジングロッドは、長さや硬さなどがトラウトロッドに似ているので、トラウトゲームに比較的流用しやすいと言えます。

管理釣り場のようなエリアでも渓流や湖のようなネイティブでも、アジングロッドで対応可能です。
軽めのミノーやスプーンなどで、ニジマスやヤマメを狙ってみましょう。

シーバス釣り

アジングロッドでシーバス釣りをするには、いくつかの条件があります。

まず、シーバス釣りには、シーバスとやり取りできるだけのタフさが必要です。
それだけでなく、ルアーを遠投しアクションさせるための長さと操作性も重要になってきます。

軽めのルアーを使い、大物を狙わず、狭い範囲を探るのであれば、シーバス釣りを楽しむことができます。

その他アジングロッドで楽しめる釣り

上記で紹介した釣り以外にも、ブラックバスやワカサギ、タチウオやメバル、カサゴなどの小さめのロックフィッシュやサバなどの小型青物であればターゲットにできます。

また、ブラクリ仕掛けでの穴釣りや軽い仕掛けでのフカセ釣り、カワハギを狙ったエサ釣りやヘチ釣りでのチニング、イカメタルなどでもアジングロッドは代用可能です。

いずれの場合も、仕掛けやターゲットとロッドとのバランスを考えて行いましょう。

アジングロッドの選び方

釣りにおいて、ロッドの選択は釣果に直結する大切なポイントです。
アジングロッドの選び方について、確認していきましょう。

選ぶポイント1:ロッドの長さ

まずチェックしたいのは、ロッドの長さです。

短いアジングロッドの特徴

アジングロッドでは、5〜6フィート程度が短めのロッドに当たります。

短いロッドの利点は、軽いルアーを正確にキャストしやすい点と、感度が良くアワセやすい点です。
また、当然ですが短いぶん軽いので、連投しても疲れにくいというメリットもあります。

初めてアジングロッドを選ぶという場合は、短めのロッドがおすすめです。

長いアジングロッドの特徴

7〜8フィート程度が、長めのアジングロッドに当たります。

長いロッドの利点は、重いルアーをキャストしやすい点と、飛距離が出るので広範囲を探れる点です。

選ぶポイント2:ロッドの硬さ

続いてのポイントは、ロッドの硬さです。

軽い仕掛けをキャストしたりアクションさせるには柔らかいロッドが向いており、逆に重い仕掛けの場合は硬いロッドが向いています。
ルアーロッドは、ロッドの硬さが表記されているので確認して選びましょう。

UL(ウルトラライト)、L(ライト)、ML(ミディアムライト)、M(ミディアム)、MH(ミディアムヘビー)、(ヘビー)、XH(エクストラヘビー)の順で硬くなります。
アジングロッドでは、ULからML程度の硬さが適しています。

選ぶポイント3:ティップの種類

アジングロッドは、ティップと呼ばれる穂先の種類も忘れずにチェックしましょう。

ティップには、チューブラータイプとソリッドタイプがあります。
チューブラーがT、ソリッドがSで表記されています。

チューブラータイプ

チューブラータイプは、穂先が空洞になっており、硬めでハリがあるのが特徴です。

感度が良く操作性が良い点が魅力ですが、アワセが上手くいかないと魚を弾いてしまうという難点もあります。
アワセの技術を持つアングラーにおすすめです。

ソリッドタイプ

ソリッドタイプは、穂先が詰まっており、しなやかで柔らかいのが特徴です。

強度があり食い込みが良い点が魅力ですが、チューブラータイプよりも操作性で劣ります。
穂先の食い込みによってほぼ自動的に魚にフッキングするため、初心者に向いています。

選ぶポイント4:デザイン・色

ロッドは長く使う道具なので、機能だけでなくデザインや色にもこだわってみましょう。

優れたデザイン性により人気が高いアブガルシアは、釣具メーカーの中でもロッドのカラー展開が豊富です。

赤やピンク、オレンジや水色などのロッドもありますので、他とは違うカラフルなロッドが欲しいという場合はチェックしてみてください。

アジングロッドの人気メーカー

アジングロッドは多くのメーカーが展開していますが、中でも古い歴史を持つ人気メーカーを2つ紹介します。

ダイワのおすすめアジングロッド

ダイワは、ロッドやリールなど様々な釣具をリリースする人気メーカーです。
独自の技術を搭載したタックルは、海外にも多くのファンを持っています。

専用ロッドも豊富で、中でも月下美人シリーズは高い評価を得ています。

【ダイワ】月下美人アジング 611L-S

月下美人シリーズから、中程度の長さで、硬さはL、先調子のソリッドタイプのアジングロッドです。

ジグ単仕掛けに最適で、アジングのために設計されたカーボンソリッドトップが搭載されています。
エントリーモデルながら攻める釣りが可能で、中級者以上になっても使い続けられる一本です。

シマノのおすすめアジングロッド

シマノは、ダイワと共に日本の釣具業界を牽引している釣具メーカーです。
リールのような金属加工を伴う技術力が高く、幅広く支持を得ています。

アジングでは、ソアレシリーズが人気です。

【シマノ】ソアレ BB アジングロッド S610L-S

ソアレシリーズのエントリーモデルから、中程度の長さで、硬さはL、ソリッドタイプのアジングロッドです。

程良い長さなので、近場から少し遠めのポイントまで探ることができる汎用性の高さがあります。
ソリッドタイプですが感度が良く、アタリを感じやすいのが魅力です。

スポンサーリンク

おすすめのアジングロッド人気ランキング9選

アジ

出典:写真AC

アジングロッドは、価格やデザイン、携帯性も様々です。

初心者のうちはリーズナブルで扱いやすいロッドを選び、慣れてきたら自分のスタイルや好みに沿った上位モデルを選び直しても良いでしょう。

1万円前後:初心者向けアジングロッド

アジングを始めとしたライトゲームは、手軽に楽しめるのが魅力です。
アジングロッドもお手頃な安い価格帯から始めてみましょう。

【メジャークラフト】ファーストキャスト アジ

ファーストキャストは、手軽にルアーフィッシングを楽しむための入門用モデルです。
値段もリーズナブルで、近場も深場も対応できる汎用性があります。
ソリッドタイプとチューブラータイプが選べますが、最初の一本であればソリッドがおすすめです。

【アブガルシア】クロスフィールド XRFS-642UL

オールラウンドな釣りを目指すクロスフィールドシリーズから、アジング向きの2ピースロッドです。

感度が良いチューブラータイプで、良くしなるので軽量ルアーのキャスティングに向いています。
ライントラブルを防ぐ機能を持つガイドが搭載されているので、細いPEラインの使用も安心です。

【シマノ】ソルティーアドバンス S64UL-S

ソルトルアーゲーム向けのソルティーアドバンスシリーズから、軽量ルアー向きのアジングロッドです。

ライントラブルを抑止するKガイドを搭載しており、アタリを逃さないソリッドタイプと初心者に向いています。
中程度の長さですが軽いため、疲れにくいのも魅力です。

2〜3万円程度:中級者向けアジングロッド

初心者向けアジングロッドで満足できなくなったら、少しグレードアップした中級者向けモデルをチェックしてみましょう。

【ダイワ】月下美人 MX モバイル 610L-S-5

こちらは、月下美人シリーズから出ている5ピースのパックロッドです。

仕舞寸法は47cmと非常にコンパクトで、持ち運びに優れており電車移動や旅先での釣りに適しています。
モバイルモデルながら、月下美人シリーズなので性能も侮れません。

【シマノ】ソアレ CI4+ アジング S608UL-S

CI4+はシマノ独自のカーボン強化素材であり、リールシートに搭載されています。
そのため、非常に軽く感度の良いロッドになっています。

ティップはソリッドタイプで、硬さはULと、繊細なアジングに適した性能です。

【メジャークラフト】クロスライドメバル&アジ XRS-T762AJI

長めの7.6フィート、チューブラータイプの中級者向けアジングロッドです。
遠投性に優れているので、フィールドを幅広く攻めることができます。

メタルジグなどのハードルアーから軽量ジグヘッドまで、オールマイティーに活躍させられます。

3万円以上:上級者向けアジングロッド

上級者向けのハイエンドモデルは、価格が高いだけあり、各メーカー渾身の技術が詰まったアジングロッドばかりです。

【ダイワ】月下美人EX AGS A64LS-SMT・E

ライントラブルに強く感度の高いAGS(エアガイドシステム)、超弾性チタン合金を使用したSMT(スーパーメタルトップ)など、ダイワの技術力の集大成のようなアジングロッドです。

胴調子に設定されており、粘り強いパワフルさも持ち合わせています。

【ティクト】SRAM UTR-55one-TOR CQC

短めの5.5フィートで重さが55gと、近距離戦に特化した操作性抜群の上級者向けアジングロッドです。
とにかく軽いため感度が良く、小さなアタリでも逃すことがありません。

取り回しが良く、長時間キャスティングしても疲れないのでおすすめです。

【ヤマガブランクス】ブルーカレント ジグヘッドスペシャル65/TZ

ブルーカレントには、糸抜けと軽量化を向上させたトルザイトリングガイドが搭載されています。

チューブラータイプで感度良く、操作性も抜群です。
軽さと感度、長さと硬さ、全てにおいてバランスの良いロッドです。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめアジングロッド3選をご紹介

アジ

出典:写真AC

2020年に出たばかりの新製品のアジングロッドの中で、おすすめを紹介します。

【ダイワ】20月下美人 AJING 55UL-S・R

ダイワの月下美人は、2020年にモデルチェンジをしました。
何と言っても注目はその軽さで、こちらの 55UL-S・Rは55gしかありません。

新作月下美人は5つありますので、他のモデルも是非チェックしてみてください。

【テイルウォーク】AJIST SSD 68

テイルウォークのSSDシリーズのアジングモデルが2020年新たに追加されました。
装飾部を簡素にしたことにより、性能はそのままで一層コスパが良くなっています。

長さは5.5フィートから7.1フィートまで、7種類から選べます。

【オリムピック】コルトUX20GCORUS-6102L-HS

日本で最も古くからある釣具メーカーとされるオリムピックは、現在ではルアーフィッシング向けのロッドをメインにリリースしています。

こちらのコルトUXはアジングロッドであるコルトの中で最も低価格帯のエントリーモデルに該当する位置付けですが、中級者以上の二本目、三本目のロッドとしてもおすすめできる性能です。

特に、軽さと感度の良さ、広範囲をサーチすることが可能な遠投性はアジングに最適です。

スポンサーリンク

アジングロッドの代用になりうるロッド

アジ

出典:写真AC

アジは餌をすぐに吐き出してしまい、なおかつアタリが繊細です。
小さく軽いルアーをキャストでき、微かなアタリを逃さないロッドが求められます。
釣果をしっかり上げるためには、やはり専用のアジングロッドがおすすめです。

もし他の専用ロッドで代用するのであれば、細い糸が使えて穂先が柔らかくキャストしやすいロッドを使いましょう。
反対に、アジングロッドを他の釣りに代用することも可能です。

エリアやネイティブでのトラウトを対象にしたルアーフィッシングや、キスを狙ったちょい投げ釣り、ライトなウキ釣りなどに使うことができます。

エギングロッド

エギングロッドは、エギという疑似餌を使ってイカを狙うための専用竿です。

長いものでは10フィートを超えるロッドもありますが、アジングロッドの代用にするのであれば、7フィート程度の短いロッドにしましょう。

また、エギングロッドは硬さがあるため、一般的なアジングより重さのある仕掛けを選びましょう。

【シマノ】セフィアBBティップエギングS66ML-S

こちらはエギングロッドにしては長さが短めかつ硬さはMLで、アジング向きです。
短くて軽いため、手返しよく釣りを行うことができます。

トラウトロッド

トラウトロッドは、長さや硬さなどがアジングにぴったりで、代用しやすいロッドと言えます。

ただし、トラウトロッドが淡水用である場合、海水によって劣化するというリスクは承知しておかなければなりません。

【ダイワ】プレッソ ST 62MF

こちらはエリアトラウトロッドですが、ルアーアクションが得意なのでアジングでも便利です。
コスパも良く、カラーリングもおしゃれです。

スポンサーリンク

アジングロッドまとめ

アジ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】おすすめアジングロッド12選!コスパ最強の商品からハイエンドまで」というテーマに沿って、「アジングロッドとは?」「おすすめのアジングロッド人気ランキング9選」「【2020年新作】おすすめアジングロッド3選をご紹介」「アジングロッドの代用になりうるロッド」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣…
アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!
初心者でも比較的始めやすく、人気の高いアジング。今回、釣りラボでは、アジングの魅力や釣り方アクションを紹介した上で、アジ…
アジの代表的な釣り方4つを徹底解説!おすすめの道具・仕掛け・餌・時期もご紹介
アジは、釣りの対象としてとても人気の魚です。今回、釣りラボでは、そんなアジの釣り方について、代表的なおすすめの釣り方(サ…
【ソアレ(Soare)】シマノの人気アジングロッドからおすすめの製品を5つご紹介
釣りブランドの代表格ともいえるシマノ(SHIMANO)。今回、釣りラボでは、シマノ(SHIMANO)から発売されているラ…
【2020年】おすすめのアジングリール12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
アジングをする際に活躍するアジングリール。今回、釣りラボでは、アジングリールの選び方(番手・種類・ギア比)、人気メーカー…