【2020年】おすすめのアジング用ショックリーダー7選!選び方や結び方もご紹介

初心者でも手軽に釣れることから近年人気のアジングですが、そもそもアジングにリーダーは必要なのでしょうか?今回、釣りラボでは、アジング用のショックリーダーに着目し、おすすめの太さ・長さのリーダーや、2020年の新作、リーダーとラインの結び方を詳しく解説します。

アジング リーダー
スポンサーリンク

アジングにリーダーは必要?

アジング

出典:写真AC

アジングにショックリーダーを使用しない方ももちろんいます。
メインラインにナイロンラインやフロロカーボンラインを使用する場合には、十分強度がありますので使用しなくて大丈夫です。

しかし、メインラインにPEライン、あるいはエステルラインを使用する場合にはぜひショックリーダーを使用することをおすすめします。

アジはそこまで大きくないとはいえ、背ビレや岩でラインがこすれる可能性があり、ショックリーダーなしではラインが切れてしまうことが多いからです。
せっかくかかった魚に逃げられてしまわないように多少面倒でもショックリーダーを準備してみましょう。

スポンサーリンク

アジングのショックリーダー選び方

アジング

出典:写真AC

アジングのメインラインや場所などの条件を決めてからショックリーダーを選びましょう。
アジングに使用するメインラインの材質がPEライン、エステルラインのどちらかであれば、その材質に合わせたショックリーダーを選びます。

ワームとジグヘッドを使用する場合と、メタルジグを使用する場合とでは重量が多少異なりますので、メインラインの太さを少し変えます。
メインラインの太さに合わせてリーダーの太さを決めていきます。

また、アジングを行う場所が堤防なのか、船か磯かによってもどの程度の強度が必要かが変わってきます。

リーダーの素材

ショックリーダーには大きく分けてナイロンかフロロカーボンの2種類の素材があります。
それぞれの素材によって張りや感度に違いがありますので、参考にしてください。

ナイロンリーダー

ナイロンリーダーは、フロロカーボンに比べて柔らかく結びやすいというメリットがあります。
伸びがよく軽めなので、水面付近に浮かせたいときにはナイロンラインがよいでしょう。
ただ耐摩耗性に関してはフロロカーボンのほうが高いです。

フロロカーボンリーダー

フロロカーボンリーダーは、張りが強く初心者の方は結びにくいと感じるかもしれません。
その分感度が良く、アジングの感触を的確に知ることができます。
磯や岩場でアジングを行うときはフロロカーボンの方が安心です。

リーダーの太さ・号数

メインラインをエステルラインにするか、PEラインにするかによって変わってきます。

エステルラインの場合

エステルラインの3~4倍程度の太さのリーダーを選びましょう。
エステルラインが0.2号であればリーダーも0.6~0.8号にします。
やや大きめの30㎝以上を狙う場合は強度を上げるため4~5倍程度に太くします。

PEラインの場合

PEラインの大体3~5倍の太さのリーダーにすることがほとんどです。
PEラインが0.3~0.4号でしたら1号程度です。

リーダーの長さ

アジはそれほど大きくないので、リーダーの長さはアジの体長より少し大きめの30㎝程度にします。
ただ、大きめの魚が混じりそうなときはその魚の体長より多少長くするとよいでしょう。

磯など岩場でアジングを行う場合は、岩に引っかかっても切れないよう水面からルアーまでの距離分程度の長さにしましょう。

リーダーの色

リーダーの色は多くが透明です。
魚から見えにくいような色がついているものもあります。

スポンサーリンク

おすすめのショックリーダー5選を紹介

出典:写真AC

それではアジングにおすすめのショックリーダーを5つ紹介します。
耐摩耗性と感度がよいので、フロロカーボンのリーダーを使用する方が多いです。
ナイロンライン、フロロカーボンラインともに使ってみて、使い心地を比較するのもいいかと思います。

【ダイワ】月下美人 リーダー 30m

アジングのリーダーとして人気が高く、耐久性も高いリーダーです。
メバル、アジ用に開発された商品です。

【クレハ】シーガー R-18 フロロリミテッド

フロロカーボンですが、強度が高いのに柔らかい特性を持っています。
耐摩耗性も優れています。

【ヤマトヨテグス】フロロショックリーダー

価格を抑えたい方には大変おすすめです。
耐久性や性能も良く、使いやすいリーダーです。

【YGK】DMVナイロンショックリーダー 50m

ナイロンのリーダーですが、耐摩耗性が通常の20倍になっています。
ナイロン特有のしなやかさと伸びの良さがあります。

【DUEL】カーボナイロンライン POWERLEADER

カーボナイロンという素材で、ナイロンとフロロカーボンがブレンドされています。
フロロより柔らかく、ナイロンより感度がよい印象です。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめアジングリーダー2選

アジ

出典:写真AC

次に、2020年に発売されたおすすめのアジングリーダーを2つご紹介します。

【ティクト】ライトゲームコンパクトショックリーダー ボルドーレッド

根ずれにも強く人気のコンパクトショックリーダーにボルドーレッドが追加され、視認性が大幅に向上しました。

リーダー着色されていることでラインとの結束がとても簡単になり、独特の着色技術で魚のに警戒心を与える反射を抑えています。

低伸度のフロロカーボンでありながら、アジングに最適な弾性力も兼ね備えたショックリーダーです。

【ダイワ】ジャストロンフロロ

ダイワのジャストロンに新登場したフロロカーボンのラインで、ラインからショックリーダーまで幅広く使用できます。

高い強度を有するフロロカーボン100%でできていますが、しなやかで糸くせがつきにくい性質を有しており、キャストもスムーズです。

糸巻量が300mもあり、長く使え、ショックリーダーの他に、ラインとしても活用できます。

スポンサーリンク

アジングリーダーとラインの結び方

ライン

出典:写真AC

アジングのリーダーとラインの結び方では、トリプルエイトノットという方法で十分です。
比較的簡単な結び方ですので、初心者の方におすすめです。
結び方は以下の動画をご覧ください。

細いラインとリーダーの結束に最適『トリプルエイトノット』の結び方! 初心者の方必見!(トリプル8の字結び)【結束シリーズ #13】

PEラインでしたら、リーダーとラインはFGノットという結び方で結ぶことも多いです。
ただ、結び方が難しく慣れるまで少し時間がかかります。
丁寧に結ぶと強度が維持できますので外れないようがんばりましょう。

手順については以下の動画をご覧ください。

PEラインとリーダーの結び方 FGノット編 【最強ノットマニュアル】(566)
スポンサーリンク

アジングリーダーとジグの結び方

ジグ

出典:写真AC

リーダーとジグは、漁師結びで結ぶと丈夫で外れません。
軍手や革手袋を用意して引っ張るときに使用すると、手を切ったりしないので便利です。
以下の動画をご覧ください。

完全結び(中村 透)
スポンサーリンク

アジングに必要な道具・タックル

アジング

出典:写真AC

アジングに必要な道具は、アジング用ロッド、リール、ライン、ワーム、ジグヘッドで間に合います。
他にフィッシュグリップがあると、アジに触れずに針が外せるので便利です。

スポンサーリンク

アジング用のリーダーのまとめ

アジング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】おすすめのアジング用ショックリーダー7選!選び方や結び方もご紹介」というテーマに沿って、「アジングにリーダーは必要?」「アジングのショックリーダー選び方」「おすすめのショックリーダー5選を紹介」「【2020年新作】おすすめアジングリーダー2選」「アジングリーダーとラインの結び方」「アジングリーダーとジグの結び方」「アジングに必要な道具・タックル」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!
初心者でも比較的始めやすく、人気の高いアジング。今回、釣りラボでは、アジングの魅力や釣り方アクションを紹介した上で、アジ…
【2020年】おすすめアジングロッド12選!コスパ最強の商品からハイエンドまで
アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方…
【初心者必見】アジングの仕掛けについて|種類・選び方・作り方を徹底解説
【アジング初心者必見】アジング専用の仕掛けが近年数多く登場しています。今回、釣りラボでは、アジングの仕掛けの種類(ジグヘ…
【2020年】おすすめのアジングリール12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
アジングをする際に活躍するアジングリール。今回、釣りラボでは、アジングリールの選び方(番手・種類・ギア比)、人気メーカー…
【2020年】アジングラインおすすめ10選とその選び方|PE・フロロ・ナイロン・エステル
アジングをする際に活躍するアジングライン。今回、釣りラボでは、アジングラインの特徴、種類、選び方、リーダーとの結び方、初…