【2022年】ライトショアジギング用リーダーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

ライトショアジギング用のリーダーをお探しの方必見!おすすめなどお得な情報満載です!今回、釣りラボでは、ライトショアジギング用リーダーの特徴、おすすめのライトショアジギング用リーダー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のライトショアジギング用リーダーをご紹介します。

ショックリーダー ジギング
スポンサーリンク

ライトショアジギング用リーダーの選び方

クレハ(KUREHA) リーダー シーガー プレミアムマックス ショックリーダー30m 26.5lb 6号

ライトショアジギングでは、青物などの引きの強い魚を狙うことが多いため、メインラインに組むリーダー選びは重要です。

ここからは、ライトショアジギングに適したリーダーの選び方や、おすすめのアイテムをご紹介していきます。

まずは、リーダーの選び方を簡単にご説明します。

選ぶポイント1:リーダーの種類

ライトショアジギングに使用するリーダーは、大きく分けて「フロロカーボンライン」と「ナイロンライン」があります。

ナイロンラインは、しなやかで柔らかい特徴があり扱いやすいですが、根ズレに弱く、紫外線などによって劣化しやすい難点があります。

それに比べ、フロロラインは耐摩擦性に優れており、また伸縮性があまりないため高感度で僅かなアタリを感知してくれます。

初心者の方は、フロロラインを基準に選択すれば良いでしょう。

選ぶポイント2:太さ

リーダーの太さは、使用するPEラインの号数に合わせて選択します。
リーダーに対して太すぎたり、細すぎると結束強度が弱くなり、高切れなどの原因になります。

ライトショアジギングでは、0.8号〜2号のPEラインを多く使用するので「16〜30ポンド」前後のリーダーが適しています。

ノットの長さや結び方は、ネットに沢山の情報がありますので、ご自身にあったスタイルを見つけましょう。

スポンサーリンク

ライトショアジギング用リーダーおすすめ人気6選【コスパ最強】

ヤマトヨテグス(YAMATOYO) リーダー フロロショックリーダー フロロカーボン 30m 8号 30lb クリア

ここからはおすすめの「ライトショアジギング用リーダー」を6つご紹介します。
実績抜群の人気アイテムから、コスパに優れたものを厳選しました。
購入を検討している方、ぜひチェックしてみてください。

シーガー(Seaguar)

【クレハ】シーガープレミアムマックスショックリーダー

強度としなやかさを高次元で両立したライトショアジギング向けリーダーです。
吸水性がないため、劣化を防ぎ長持ちさせてくれます。

低伸度なので、繊細なアタリをキャッチしてしっかり伝達してくれます。

ヤマトヨテグス(YAMATOYO)

【ヤマトヨテグス】フロロショックリーダー

耐摩擦性に優れたライトショアジギング向けリーダーです。
ソフトフィニッシュ設計を採用しているため、ノットが編み込みしやすくなっています。

高感度なため、僅かなアタリをしっかり手元に伝達してくれます。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】エクスセンス EX フロロカーボン

独自の2層構造を採用したライトショアジギング向けリーダーです。
ラインの表面には柔らかいフロロを採用し、内側には硬いコアフロロを採用しています。

そのことにより、ノット強度を高めライントラブルを予防し高次元な釣りを展開することができます。

バリバス(VARIVAS)

【モーリス】バリバス フロロカーボン

高感度・低伸度なライトショアジギングリーダーです。
ルアーのアクションレスポンスを高め、アングラーの意のままのアプローチを可能にしてくれます。

また、コーティングを施しているので、抜群の耐摩擦性を誇ります。

クレハ(KUREHA)

【クレハ】シーガーグランドマックスショックリーダー

ライトショアジギングのリーダーに求められる基本性能を全て兼ね備えたアイテムです。
強度に優れているため、ラインを細く設定でき、魚の違和感を軽減することができます。

また、クリアカラーを採用しており、魚にプレッシャーを与えません。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】オシア EX フロロカーボン

高分子フロロカーボンを採用したライトショアジギング向けリーダーです。
結束強度や耐摩擦性に優れており、大型の青物に対してもしっかり対応することができます。

しなやかさもあるため、操作性に優れ、扱いやすいアイテムです。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのライトショアジギング用リーダー2選

シマノ(SHIMANO) ショックリーダー エクスセンス EX フロロカーボン 30m 6.0号 クリア CL-S23L 釣り糸

最後に2021年以降に発売された「ライトショアジギング用リーダー」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年の釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

東レ(TORAY)

【東レ】スムーズロック プラス

強度としなやかさを両立したライトショアジギング向けリーダーです。
ナノスリットを搭載しているので結束強度を向上させます。

豊富な種類をラインナップしている点も魅力の一つです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】フロロショックリーダーX

ショックリーダーとしての基本性能がしっかり詰まった、スタンダードモデルのライトショアジギング向けリーダーです。

しなやかな特徴があるため、耐衝撃性に優れラインブレイクを防いでくれます。
専用スプールバンドが付属している点もおすすめのポイントです。

スポンサーリンク

ライトショアジギング用リーダーについてまとめ

VARIVAS(バリバス) ショックリーダー フロロカーボン 30m 5号 20lb ナチュラル

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ライトショアジギング用リーダーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ライトショアジギング用リーダーの選び方
  • ライトショアジギング用リーダーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのライトショアジギング用リーダー2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】コスパ最強のショックリーダーおすすめ13選!長さ・太さ・号数の選び方もご紹介
PEラインを使用する際には必要不可欠とも言えるショックリーダー。今回、釣りラボでは、ショックリーダーの選び方や結び方に加...
【2023年】コスパ最強エギングリーダーおすすめ人気11選!選び方(太さ・長さ)や結び方も
エギングをする際に活躍するエギングリーダー。今回、釣りラボでは、エギングリーダーの必要性、選び方、ラインの種類、リーダー...
【2023年】おすすめのアジング用ショックリーダー11選!選び方や結び方もご紹介
初心者でも手軽に釣れることから近年人気のアジングですが、そもそもアジングにリーダーは必要なのでしょうか?今回、釣りラボで...
【2023年】タイラバにおすすめなショックリーダー7選を紹介!ラインとの結び方や選び方も
真鯛をメインターゲットとするタイラバは近年人気の釣りのひとつです。今回、釣りラボでは、タイラバ用のショックリーダーに着目...
【2023年】ショアジギングにおすすめのショックリーダー11選!選び方・結び方
ショアジギングとは陸(ショア)から大物を狙うことができ、初心者にも人気の釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなショアジギ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ショックリーダー
釣りラボマガジン