【2022年】バス釣り用リーダーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

オールシーズン楽しめる人気のバス釣り。リーダーを付けて強度が増せば安心です。今回、釣りラボでは、バス釣り用リーダーの特徴、おすすめのバス釣り用リーダー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のバス釣り用リーダーをご紹介します。

ショックリーダー バス釣り
スポンサーリンク

バス釣り用リーダーの選び方

クレハ(KUREHA) リーダー シーガー グランドマックスショックリーダー30m 8lb 1.5号

バス釣り用リーダーとは、peラインでのバス釣りに使用するショックリーダーのことです。

peラインは伸縮性がなく引っ張り強度が高いため、空気の抵抗が少なくルアーを遠くに飛ばすことができるというメリットがあります。
しかし、細い糸を使って作られているため、傷に弱く衝撃を吸収することができないという欠点もあります。

そこで、peラインの代わりに衝撃を吸収してくれるのがショックリーダーです。
ショックリーダーを結ぶことによってpeラインのメリットを活かしつつ、欠点を打ち消すことができます。

peラインとショックリーダーを使ったバス釣りは知識と慣れが必要な方法で、特に結び方には注意が必要です。
上手く結べてないとスッポ抜けてしまったり、ガイドに当たってしまったりしてトラブルの原因になるので、正しい結び方を練習して習得しておくようにしましょう。

まずは、バス釣り用リーダーの選び方を紹介します。

選ぶポイント1:太さ、長さで選ぶ

リーダーの太さはpeラインの太さの2〜3倍のものを選ぶといいです。
例えば、pe1号を使う時は3号までのリーダーを合わせると使いやすくなります。
peラインの強度とリーダーの強度が同じくらいになるように考えて選びましょう。

リーダーの長さは1m〜1.5mで使うことが基本です。
50m巻きや30m巻きで販売されているものが多く、太さによって規格が異なる製品もあるので確認しましょう。

選ぶポイント2:種類で選ぶ

リーダーにはフロロカーボンラインとナイロンラインがあります

フロロカーボンラインは水に沈みやすいのが特徴です。
吸水性が低く、耐摩耗性に優れているというメリットがありますが、素材が硬いのでPEラインと結束するのが難しいです。

ナイロンラインはフロロカーボンラインと比べて素材が柔らかく、水に沈みにくいです。
peラインとの結束もしやすいですが、根擦れに弱く、吸水性が高いので劣化が早いです。

スポンサーリンク

バス釣り用リーダーおすすめ人気6選【コスパ最強】

クレハ(KUREHA) リーダー シーガー フロロショックリーダー

おすすめのバス釣り用リーダーをランキング上位の人気商品を中心に6つ紹介します。
バス釣り用リーダーを選ぶ際の参考にしてみてください。

シーガー(Seaguar)

【クレハ】シーガー グランドマックスショックリーダー

強度や耐摩耗性を徹底的に追及したフロロカーボンラインを使用したバス釣り用リーダーです。
価格は少し高めですが、それに見合った優秀なリーダーなので、一度試してみることをおすすめします。

【クレハ】シーガー フロロショックリーダー

このバス釣り用リーダーはフロロカーボンラインを使用していますが、しなやかなライン特性になっているので、peラインとスムーズに結束できます。
ラインのスムーズな引き出しを可能にするスプールバンド付きです。

ヤマトヨテグス(YAMATOYO)

【ヤマトヨテグス】フロロショックリーダー

しなやかで巻きグセがつきにくいのが特徴のバス釣り用リーダーです。
低価格ながら扱いやすいリーダーとなっているので、リーズナブルに抑えたいという方におすすめです。

モーリス(MORRIS)

【バリバス】ショックリーダー VEP ナイロン

このバス釣り用リーダーは、素材は通常の約20倍の超耐摩耗性能を誇るVEP製法ナイロンを使用しているので、平凡なナイロンよりも劣化が遅いのが特徴です。
強度も強いのでバス釣りはもちろん、ブリなどの大型青物を狙うことも可能です。

サンライン(SUNLINE)

【サンライン】ソルティメイト ステートクラッチ

ルアー操作からランディングまでの過程を考え抜いて作られたバス釣り用リーダーです。
巻き量は50m巻きとなっています。

DUEL(デュエル)

【DUEL】パワーリーダー カーボナイロン

素材はフロロカーボンとナイロンをブレンドしたカーボンナイロンを使用したバス釣り用リーダーです。
ナイロンの操作性、結節強度とフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたショックリーダーです。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのバス釣り用リーダー3選

ヤマトヨテグス(YAMATOYO) リーダー フロロショックリーダー フロロカーボン 20m 4号 16lb クリア

続いて、2021年に発売されたバス釣り用リーダーの新製品を2つ紹介します。
新作のバス釣り用リーダーを使って2022年のバス釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

エックスブレイド(X-Braid)

【エックスブレイド】UP-Gリーダー M2

耐磨耗性や強度、低吸水性などマルチ性に優れた最新のバス釣り用リーダーです。
クッション性が高く、抜群の衝撃吸収力を誇っています。

東レ(TORAY)

【東レ】ショックリーダー スムーズロック プラス

衝撃吸収性としなやかさに優れている最新のバス釣り用リーダーです。
ライン表面に微細な凹凸溝を付与する技術「ナノスリット」を搭載しているので、高い結束性能を発揮します。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】フロロショックリーダーX

フロロショックリーダーXは、2022年にダイワから発売された、全てのルアーアングラーが、バーサタイルに使用出来るショックリーダーです。

トラウトやバスフィッシングでのフレッシュゲーム、ソルトではライトゲームからショアジギングまで、多種多様なルアーゲームで応用が効く、スタンダードなショックリーダーです。

スポンサーリンク

バス釣り用リーダーについてまとめ

モーリス(MORRIS) ショックリーダー バリバス VEP ナイロン 50m 10号 35lb ナチュラル

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】バス釣り用リーダーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • バス釣り用リーダーの選び方
  • バス釣り用リーダーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのバス釣り用リーダー3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】コスパ最強のショックリーダーおすすめ13選!長さ・太さ・号数の選び方もご紹介
PEラインを使用する際には必要不可欠とも言えるショックリーダー。今回、釣りラボでは、ショックリーダーの選び方や結び方に加...
バス(ブラックバス)釣りのコツを徹底解説!おすすめのルアー・仕掛けなどもご紹介
釣り初心者で、バス釣りに挑戦したいが難易度が高いと考えてる方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、バス釣り初心...
【2023年】コスパ最強エギングリーダーおすすめ人気11選!選び方(太さ・長さ)や結び方も
エギングをする際に活躍するエギングリーダー。今回、釣りラボでは、エギングリーダーの必要性、選び方、ラインの種類、リーダー...
【2023年】おすすめのアジング用ショックリーダー11選!選び方や結び方もご紹介
初心者でも手軽に釣れることから近年人気のアジングですが、そもそもアジングにリーダーは必要なのでしょうか?今回、釣りラボで...
【2023年】タイラバにおすすめなショックリーダー7選を紹介!ラインとの結び方や選び方も
真鯛をメインターゲットとするタイラバは近年人気の釣りのひとつです。今回、釣りラボでは、タイラバ用のショックリーダーに着目...
【2022年】サウナハットおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
近年はやっているサウナ。サウナハットを被ることで、のぼせや頭髪が傷むのを防げます。今回、ベストハックでは、サウナハットの...
【2022年】いわしの缶詰おすすめ人気ランキング6選!人気の商品やレシピも
そのままでもよし、アレンジして食べても美味しくて保存に便利ないわしの缶詰はどんな世代にも人気です。今回、ベストハックでは...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ショックリーダー
釣りラボマガジン