【2020年】おすすめのロックフィッシュロッド12選|ダイワ・シマノの人気商品も

ロックフィッシュロッドは、人気の根魚を狙うことができます。今回、釣りラボでは、ロックフィッシュロッドの特徴、選び方、人気メーカー、おすすめロッド(ソフト・ハード・万能竿)、2020年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。

ロッド・釣竿 ロックフィッシュ
スポンサーリンク

ロックフィッシュロッドとは?

ロックフィッシュ

出典:写真AC

ロックフィッシュロッドとは、その名の通りロックフィッシュを釣るための専用ロッドのことです。
まずは、このロックフィッシュロッドの特徴や、その選び方までご紹介します。

ロックフィッシュロッドの特徴

ロックフィッシュロッドの特徴の1つは「バットパワーが強い」ということです。
ロックフィッシュは岩礁帯や海藻などのいわゆる障害物(ストラクチャー)のある場所に好んで暮らしています。

ロックフィッシュはエサを待ち伏せし、捕食した後はすぐに巣穴に戻ろうとするため、魚の潜る力に負けないようにバットパワーが強く作られています。

ロックフィッシュロッドの選び方

ロックフィッシュロッドの選び方は狙う魚や釣り場によって変わってきます。
ホームフィールドの特徴や自分の釣りのスタイルに合わせて選んでみましょう。

選ぶポイント1:どういった魚を狙うか?

ロックフィッシュゲームにも2種類あり、ライトなタックルで狙うライトロックフィッシュとハードなタックルで狙うハードロックフィッシュがあります。
それぞれどういった魚が狙えるのかをご紹介していきます。

ライトロック:カサゴ・メバル

ライトロックフィッシュではカサゴ・メバル・ハタ類などの小型~中型の根魚がターゲット。
堤防や漁港などでライトなタックルから始められるため、初心者の方でも始めやすく人気の釣りです。

ハードロック:アイナメ・キジハタ・クエ

ハードロックフィッシュではアイナメ・キジハタ・クエ・ハタ類などの中型~大型の根魚がターゲット。
大型の魚を狙うため、ゴロタ場や磯場などがメインの釣り場になります。
初心者向けというよりは中級者・上級者向けの釣りになります。

選ぶポイント2:ロッドの種類

ロッドの種類はベイトロッドとスピニングロッドの2種類あります。
それぞれの特徴をご紹介します。

ベイトロッド

ベイトロッドとはベイトリールを使用したタックルのことです。
ベイトロッドにはロックフィッシュゲームに適したメリットが多数あります。

巻き上げの力が強いので魚を根から引き剥がすパワーが強く、太いラインを巻けるため、根ズレにも強いというメリットがあります。
また、キャストコントロールもしやすいため狙った場所にピンで打ちやすいのもベイトロッドの良いところです。

スピニングロッド

スピニングロッドとはスピニングリールを使用したタックルのことです。
ベイトロッドとはまた違ったメリットがあり、スピニングロッドであれば飛距離が出しやすく、軽いルアーでも扱いやすいという点があります。

それぞれのロッドのメリット・デメリットを理解した上で、自分に適したタックルを選ぶのがおすすめです。

選ぶポイント3:ロッドの長さ

ロッドの長さは釣りをする場所に適したものを選ぶようにしましょう。

漁港内や堤防、磯場などで釣りをする場合は6~8ftの長さ、足場の高い堤防やゴロタ場などの飛距離を出したい場所で釣りをする場合は8ft以上の長さを目安にするのがおすすめです。

選ぶポイント4:ロッドの硬さ

ロッドの硬さにも幅があるので、やりたい釣りや使用するルアーに適した硬さのロッドを選びましょう。

基本的にはM(ミディアム)~XH(エクストラヘビー)の硬さを使用するのが一般的です。
20g前後までのルアーをメインに使用する場合はM(ミディアム)、30g以上のルアーや大型魚を狙うハードロックであればMH(ミディアムヘビー)~XH(エクストラヘビー)の硬さがおすすめです。

選ぶポイント5:デザイン・色

デザイン・色はメーカーによって様々なこだわりが施されているので、ロッドを選択する際の1つの判断基準にしてみてください。

人気メーカーのおすすめロックフィッシュロッド

人気メーカーのダイワ・シマノよりおすすめのロックフィッシュロッドを1つずつ紹介します。

ダイワのおすすめロックフィッシュロッド

ダイワのおすすめのロックフィッシュロッドです。

【ダイワ】HRF 710MS

軽さとルアーの操作性に特化した軽くて強いダイワのロックフィッシュロッド。
710MSの適合ルアー重量は5~30gでライトロックにおすすめです。

シマノのおすすめロックフィッシュロッド

シマノのおすすめのロックフィッシュロッドです。

【シマノ】19 ハードロッカー BB S83MH

ルアーの操作性、バットパワー、遠投性にも優れたロックフィッシュロッド。
S83MHは柔らかめのティップになっており、バイトもしっかり掛けられます。

スポンサーリンク

【コスパ最強】おすすめのロックフィッシュロッド9選

ロックフィッシュ

出典:写真AC

コスパ最強のおすすめのロックフィッシュロッド9選をご紹介します。

万能ロッド3選:青物・シーバス・エギング・ジギングも

ロックフィッシュだけでなく、青物・シーバス・エギング・ジギングもできる万能ロッドのおすすめ3選をご紹介します。

【ダイワ】ハードロック X 86M

パワーはありながら硬すぎないロッドなのでキャストもしやすく、初心者の方でも使いやすくなっています。
ライトショアジギングにも対応しているロッドです。

【シマノ】ソルティーアドバンス ロックフィッシュ S606ML

根についた魚を引き剥がすバットパワーとルアーの操作性の高さが特徴のロッドです。
短めのロッドで取り回しもしやすく、漁港内の岸壁沿いなども探りやすくなっています。

【テイルウォーク】ノーザンロック VII S76M

軽いけれど強靭なパワーも併せ持っており、しなやかさもあるのでルアーの操作性も高く扱いやすいのが特徴です。
テキサスリグやジグヘッドからミノーやビックベイトまで使える万能ロッドです。

ライトロックフィッシュロッド3選

ライトロックフィッシュにおすすめのロッド3選をご紹介します。

【メジャークラフト】ファーストキャスト FCS-T732L

メバルやカサゴなどをメインターゲットにしたメジャークラフトのライトゲームモデルロッド。
1.5~3g程度のジグヘッドが扱いやすく、漁港内や堤防での釣りにおすすめです。
コストパフォーマンスも抜群で初心者の方にも使いやすいロッドです。

【アブガルシア】クロスフィールド(XROSSFIELD) XRFC-702M

ロックフィッシュに限らず、様々な魚種も狙えるオールラウンダーな1本。
ロッド表面の塗装を施さない仕様を採用したことで、軽くて高感度が実現されています。
初めてのベイトタックルにもおすすめのロッドです。

【アピア】Brute’HR LONG EXPRESS(ロングエクスプレス) 90MH

遠投性が高く、広範囲の魚を狙えるアピアのロックフィッシュ用ロッド。
ブランクには高強度の中弾性素材が使用されており、根に潜る魚にもしっかり対応できます。

ハードロックフィッシュロッド3選

ハードロックフィッシュにおすすめのロッド3選をご紹介します。

【アブガルシア】ソルティースタイル ロックフィッシュ STRC-802EXH-KR

1万円台で購入できる価格も魅力的な1本。
高感度に設計されており、遠投してもしっかりボトムの感覚が伝わります。
大型の魚をしっかり寄せられるパワーもあり、安心して使えるロッドです。

【メジャークラフト】3代目 クロステージ 根魚 CRX-822H/B

強靭なバットパワーに軽さと感度も備わったロッドです。
8ftのロッドの長さで遠投性も高く、広範囲の魚を狙うことができます。

【天龍】ロッド ロックアイ ヴォルテックス RV78S-H

感度・操作性・パワーに磨きをかけた天龍のロックフィッシュロッド。
重たいリグも使いやすく、特にスイミング系のリグが扱いやすくなっています。
見た目もカッコよく仕上がっている1本です。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめロックフィッシュロッド3選をご紹介

ロックフィッシュ

出典:写真AC

2020年の新作ロックフィッシュロッドのおすすめ3選をご紹介します。

【ジャクソン】ロックトライブ RTC-804H-MHST

ジャクソンから新しく発売されたロックフィッシュ専用ロッド。
RTC-804H-MHSTは誰でも扱いやすいスタンダードタイプのロッドです。
操作性・感度・食い込みを考え、ハードソリッドティップが採用されています。

【バレーヒル】サイファリストHRX CPHS-76MH

バレーヒルのサイファリストシリーズから新しくリリースされた少し硬めのロックフィッシュロッドです。
短めのロッドなので、船での使用にもおすすめです。

【ダイワ】月下美人 AIR AGS メバルモデル

このロックフィッシュロッドは、ライトロックであり、アタリの微細な振動を吸収することなくダイレクトに伝えることができます。
フィッシュの中でもメバル専用に作られています。
ショートレングス2種、ロング3種の5種類のモデルが揃っています。

ダイワ独自のエアガイドシステム(AGS)が搭載され、微細なアタリの信号を吸収することなく、ダイレクトに伝えることができます。

スポンサーリンク

ロックフィッシュロッドまとめ

ロックフィッシュ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】おすすめのロックフィッシュロッド12選|ダイワ・シマノの人気商品も」というテーマに沿って、「ロックフィッシュロッドとは?」「【コスパ最強】おすすめのロックフィッシュロッド9選」「【2020年新作】おすすめロックフィッシュロッド3選をご紹介」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣…
ロックフィッシュとは?釣り方のコツやおすすめタックル・仕掛けをご紹介
ロックフィッシュ釣り(ゲーム)は、近年とても人気が上昇している釣りの一つです。今回、釣りラボでは、ロックフィッシュ(根魚…
タックルとは?釣りで大活躍のコスパ最強タックル・釣具の選び方をご紹介
どのようなタックルを選ぶべきのか?という問題は、釣り初心者が最初にぶつかる壁です。今回、釣りラボでは、タックルの意味、種…
【2020年】おすすめのベイトロッド12選!バス・トラウト・ソルト別にご紹介
ベイトロッドは、とてもパワーがあるロッドで、バス釣りやシーバス釣りなどで大活躍します。今回、釣りラボでは、ベイトロッドの…
【2020年】ジグヘッドおすすめ10選!選び方・付け方・結び方・自作方法もご紹介
アジングなどをする際に活躍するジグヘッド。今回、釣りラボでは、ジグヘッドの選び方、自作の可否、ラインとの結び方、ワームへ…