【2024年】軽量スキレットおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も

アウトドアの料理も楽しく!近年注目の軽量スキレットはこちら!今回、キャンプライクでは、軽量スキレットの特徴、メリット、おすすめの軽量スキレット、コスパ最強製品、2024年シーズンに向けた新製品の軽量スキレットをご紹介します。

スポンサーリンク

軽量スキレットを使うメリット

スキレットは鋳鉄製のフライパンです。
キャンプで使用するのはもちろん、普段使いにも人気です。
軽量の素材のものも数多く発売されています。

スキレットの特徴は蓄熱性と耐久性に優れている点です。
見た目にもおしゃれなので、調理してそのまま出せばカフェ気分を味わえます。

スキレットで調理するとどんなメリットがあるのかご紹介します。

メリット1:食材に均一に火を通すことができる

スキレットは厚みのあるフライパンなので、熱が食材にゆっくり均一に伝わります。
素材の旨味を引き出してくれるので、通常のフライパンよりもおいしく調理できるのです。

また熱伝導率に優れているので、分厚い肉も隅々までしっかり焼き上げることができます

メリット2:さまざまな調理方法を楽しめる

焼く・煮るといった調理方法はもちろん、そのままオーブンに入れて使用することもできます
さらに蓋付きのスキレットを使うと、蒸す・燻すといった調理も可能になります。

メリット3:キャンプ以外でも使える

スキレットはキャンプなどのアウトドアでの利用に適しているだけでなく、普段使いのフライパンとしても人気です。
軽量スキレットは家庭での1人分の調理をする時にも扱いやすいです。

スポンサーリンク

軽量スキレットの選び方

COOK'N'ESCAPE チタン クッカー 軽量 フライパン コッヘル キャンプ 鍋 ポット クッカーセット 調理器具 キャンプ用品 登山用鍋 収納袋付き (フライパン 18.5cm+トング付)

スキレットは厚みがあるので通常のフライパンより重いです。
女性にも扱いやすい軽量のスキレットもたくさんあるので選ぶポイントをご紹介します。

選ぶポイント1:用途に合ったサイズ・深さを選ぼう

スキレットの適したサイズ・深さは用途や使用人数によって変わるので、しっかりチェックしましょう。
ソロキャンプなどの1人用なら15cmくらいのもの、3〜4人の家族用なら22〜25cmのものがおすすめです。
キャンプで人気のアヒージョや煮込みハンバーグなどを調理するなら、深さは4cm以上のものが使いやすいです。

選ぶポイント2:素材で選ぼう

スキレットの素材は鋳鉄製のものが一般的です。
蓄熱性・耐久性に優れていてキャンプで使用するのに最適なのですが、重量が重いのが難点です。

軽量のスキレットでおすすめなのはアルミ製とチタン製です。
どちらもさびにくい素材で、軽量なので扱いやすいです。
キャンプでは持ち運びしやすいというのも大切なポイントになります。

特にチタンは鋼鉄以上の強度を持つ素材です。
食べ物の風味を壊さないという特徴があるので、キャンプでおいしい食事を楽しむことができます。

選ぶポイント3:使用する熱源に対応しているかで選ぼう

自宅でIHを使用している人は、IH対応のスキレットを選びましょう
直火やオーブンだけでなく、IHに対応しているスキレットも数多くあります。

IHコンロは機種によってフライパンの適応サイズが異なります。
使用するIHコンロにサイズが合うかどうかも確認してください。

スポンサーリンク

【2024年最新版】軽量スキレットおすすめ人気6選

コーナン オリジナル コーナンオリジナル 軽くて錆びにくいアルミスキレット 17cm

さまざまな種類の軽量スキレットの中から、2022年最新のおすすめ人気6選をご紹介します。
軽量のスキレットを探している人は、参考にしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

【CAPTAIN STAG】たためるミニパン16cm UH-4111

  • サイズ:約直径17×深さ3.5cm
  • 重量:約200g

アルミ製の扱いやすい軽量スキレットです。
内面はこびりつきにくいフッ素樹脂加工が施されています。
ハンドルが折りたたみ式なので、コンパクトに収納できます

北陸アルミニウム(Hokuriku Alumi)

【アルキューブ】デミプロファミリースキレット17cm S-1049

  • サイズ:約直径17×深さ2.6cm
  • 重量:約272g

IHでも使える軽量のアルミ製スキレットです。
ハンドルがステンレス製でオーブンでも使用できるので、いろいろな調理を楽しめます。
内面はフッ素コーティングなので汚れが落ちやすいです

コーナン オリジナル

【コーナン】アルミスキレット17cm

  • サイズ:約直径17×深さ3cm
  • 重量:約252g

アルミニウム合金のスキレットで表面はフッ素コーティングが施されています
軽量で焦げつかず、手入れも簡単です。
お手頃価格なのでキャンプだけでなく、家庭での1人分の調理にも便利です。

COOK'N'ESCAPE

【COOK'N'ESCAPE】チタンフライパンB18.5cm

  • サイズ:約直径18.5×深さ2cm
  • 重量:約330g

表面はセラミック釉薬ノンスティックコーティングで丈夫です。
ハンドルは折りたたみ式で、バーベキュートングクリップが付いています。
軽量でコンパクトに収納することができるので、キャンプなどのアウトドアに最適です。

北陸アルミニウム(Hokuriku Alumi)

【北陸アルミニウム】アルスキ両手16cm A-1671

  • サイズ:約直径16×深さ3.5cm
  • 重量:約260g

軽量のアルミ製スキレットで取っ手が両側についています。
内面はテフロン(TM)クラシック加工で料理がこびりつきにくく手入れも簡単です。
キャンプはもちろん、ホームパーティーなどでディッシュ代わりに使用できます

【Boundless Voyage】チタンミニスキレット12.8cm Ti15170B

  • サイズ:約直径12.8×深さ3.8cm
  • 重量:約65g

99.8%純チタン製のスキレットは驚くほど軽く、丈夫で錆びません
金属臭がしないので、食べ物の風味を壊さず食事を楽しむことができます。
ハンドルは折りたたみ式で持ち運びしやすく、ソロキャンプにぴったりです。

スポンサーリンク

軽量スキレットについてまとめ

北陸アルミ スキレット 16cm [ガス火専用] 軽量 両手 アウトドアアルスキ テフロン加工 日本製

いかがでしたでしょうか?

今回「【2024年】軽量スキレットおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 軽量スキレットを使うメリット
  • 軽量スキレットの選び方
  • 【2024年最新版】軽量スキレットおすすめ人気6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、キャンプに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、キャンプに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

https://camp-like.jp/tent/708
...
【2024年】軽量の1人用テントおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
初心者さんから上級者さんまで必見!軽量の1人用テントは厳選集!今回、キャンプライクでは、軽量の1人用テントの特徴、メリッ...
https://camp-like.jp/storage/154
...
【2024年】軽量のペグハンマーおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
アウトドアの定番!持ち運びにも便利!軽量のペグハンマーはこちら!今回、キャンプライクでは、軽量のペグハンマーの特徴、メリ...
【2024年】軽量のランタンスタンドおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
荷物は少しでも軽くが必須!今年度注目する軽量のランタンスタンドはこちら!今回、キャンプライクでは、軽量のランタンスタンド...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

調理器具/食器
釣りラボマガジン